Hatena::ブログ(Diary)

シナトラ千代子 Twitter

[熊手部しなちょうメルクマール][Bookmark] [Archive] [About]
●●●食べられるはてなダイアリー
twitterbanner  はてなRSSに追加  はてなアンテナに追加 Subscribe with livedoor Reader この日記のはてなブックマーク数
[寄稿しました→]SNSの研究

しりとりへ Opera コウノトリライブカメラ 南極ペンギンカメラはこちら

2004-08-10

[]コンビニの食事について考える。(3)

さて。

前回、うっかりとこのように書いたわけですが。

そのなかからやがて家庭での食事にありつけない層、学生や若い労働者(つまり近代の都市に特有の層)に内食の代理となる食事を提供する店、定食屋が現れるようになる。

定食屋だけではなく、そこには喫茶店もありました。かつての喫茶店はかんたんな食事を提供するところだったわけですが、いわゆる「昔ながらの喫茶店」は1981年に事業所数154,630(1975年から60%増加)とピークを迎え、十年後の91年には約20%減少、その十年後の2001年にはさらに約30%減少(81年の事業所数の60%を切っている)*1というふうに減少傾向にあるらしい。

あいたところを埋めるようにコーヒースタンドやカフェが増えているので、喫茶店の店舗数自体は1998年から2002年を見ても前年比で110%前後を維持している*2。逆に前年比で客単価が98%前後で移行しているのは、低価格なコーヒースタンドが市場のおおきな割合を占めつつあるということなのだろうか*3。というか、それはこの話とはあまり関係ないか。


ところでその喫茶店が衰退して、途中あれこれあって(略)、カフェが台頭してきた。カフェめしが台頭してきた、と言い換えてもいいでしょう。

カフェめしの台頭にはさまざまな要素があって、それはメニューの新しさとか店の雰囲気の新しさとか、そういうことはとりあえずすっ飛ばして、ここでは「新しさ」が受け入れられた(もっと正確には「従来からあったもの」と「新しさ」の組み合わせが受け入れられた)、というふうに結論してしまいます。


わざわざ「新しさ」という要素をつまみ出したのは、それがイベントと成りうる、外食にとって重要な要素と思えるので、コンビニへと応用して考えてみたいから。

コンビニは「新しさ」を日常の食品類に導入し、イベント性をもたらそうとしつづけています。コンビニがつねに新商品であふれているのはこのためでもあるわけで、ただ「売れないものを切りすてて、新しいものを入れて効率よく商品を回転させている」だけではなく、店全体にイベント性をもたらす必要があるからなのです(たぶん)。

コンビニがかつての雑貨店と異なるのは、その「新しさ」を支える巨大な商品開発力でしょう。24時間のスーパーと24時間のコンビニがあって、ワカモノが後者を選ぶとしたら、そこにはいつもちょっとしたイベントがあるからです。手軽なジャンクフード、新しいジャンクフードがあふれている、それがコンビニ。

そして考えるも恐ろしいことに、この「新しさ」というイベントには終わりがない。時間の経過によって、あらゆるものが確実に古くなるなかで、新しさを供給しつづけなければならない。そこにはコンビニだけでなく、商品を供給するメーカーさえもが巻きこまれつつある。そのメーカーと競争するメーカーもまた巻きこまれていく。

膨大なジャンクフードが、ものすごい勢いで回転していく。その勢いはここ数年の、コンビニ市場の飽和にともなってますます加速しつつあるように見える。「サメは泳ぎつづけなければ死んでしまう」どころの騒ぎではなく、もう全力で逃げ回るマグロの勢いで前進しつづけなければならない、という勢い。

そしてこの「新しさ」というイベントを中心に商品を展開しているうちは、コンビニは永久に内食の代理でもなく、外食でもない、「内食っぽい外食」を供給する場所としてしか機能することができない。

なぜなら、味はつねに「二の次」となるから。「手軽さ」「新しさ」「味」という感じで、かならず最後になる。そして「手軽さ」が優先される以上はどうしても味はどうしようもなくなる。ジャンクになる。


なんか半端な感じでつづく。

*1:喫茶店の事業所及び従業員数(http://coffee.ajca.or.jp/siryo/kissa.htm

*2:外食産業(JF会員社)の市場動向(1998〜2002年)(http://www.jfnet.or.jp/data_c_o07_2003.htm

*3:上に引用した総務省データと食い違うのは、後者が社団法人日本フードサービス協会に所属している喫茶店だけのデータだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20040810/p2

人気記事

1. 昨日はじめたばかりのダイアリー初心者が最初に覚えたい「5つのはてな記法」 - シナトラ千代子
2. 「非はてな村人」のための、はてなダイアリーガイド - シナトラ千代子
3. イラストで見る「はてなブックマークのトップページは迷宮」 - シナトラ千代子
4. シナトラ千代子 - 「はてなスター不要というユーザーよ、はてなを去れ」とjkondoは言った
5. はてなの歴史 - シナトラ千代子
6. シナトラ千代子 - はてなプロフィールアイコン大図鑑
7. シナトラ千代子 - 「はてなは二階建てにすべき」とはなにか
8. ブログ界隈において、はてなダイアラーが最もダイハードなのはなぜなのか - シナトラ千代子
9. 図解「世界のはてなブックマーカー」 - シナトラ千代子
10. ブックマーカーはどこから来て、どこへ向かうのだろう - シナトラ千代子
11. 議論が満杯のはてなの村、村長が「議論禁止」を通達 - シナトラ千代子
12. 「そろそろmixiの先へ……」というひとのためのVoxレビュー - シナトラ千代子
13. 「ブログの寿命が尽きそうだ……」と思ったら - シナトラ千代子
14. はてな創世記 - シナトラ千代子
15. シナトラ千代子 - ブロガーはすでに滅びの道を歩んでいる
16. 優雅で奇妙なはてなブックマーカーの一日 - シナトラ千代子
17. シナトラ千代子
18. ネットはサファリなので、棲み分けが生じる。 - シナトラ千代子
19. あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか - シナトラ千代子
20. ブログのプロフィールをまだ書き足りないひとへ - シナトラ千代子
21. 「わかりやすくまとめる」ブロガーがブログ界隈をテレビ番組化していく - シナトラ千代子
22. シナトラ千代子 - はてなid読み方辞典(付録呼び方一覧)
23. 学生は「一般人」ではないし、ブログが相手にする必要もないんじゃないか - シナトラ千代子
24. 日本のはてブをキモくしている真犯人は - シナトラ千代子
25. 「みんなになりたい」大手小町の仕組みはネットになにをもたらすのだろう - シナトラ千代子
26. ネットの時間を削れないひとは、情報収集の効率化なんて考えるべきではない。 - シナトラ千代子
27. シナトラ千代子 - ブロガーは一度ブロガーになったら、ブロガーでありつづける
28. 絵で見る「はてなブックマーカーの働き」 - シナトラ千代子
29. 匿名実名論争をムダにしないためにも小倉先生にお願いしたいこと - シナトラ千代子
30. 絵で見る「はてなユーザーをとりまく世界」 - シナトラ千代子

0000-00-
2004-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2005-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2006-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2007-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-
2008-01-02-03-04-05-06-
2011-09-
2013-08-11-


(C)wetfootdog