Hatena::ブログ(Diary)

シナトラ千代子 Twitter

[熊手部しなちょうメルクマール][Bookmark] [Archive] [About]
●●●食べられるはてなダイアリー
twitterbanner  はてなRSSに追加  はてなアンテナに追加 Subscribe with livedoor Reader この日記のはてなブックマーク数
[寄稿しました→]SNSの研究

しりとりへ Opera コウノトリライブカメラ 南極ペンギンカメラはこちら

2006-08-31

[]ふうさんの疑問に答える[裸族アンケート追記]

ふうさん(id:fou)から疑問の声が寄せられました。

http://b.hatena.ne.jp/fou/20060830#bookmark-2653171

真冬に統計を採ってこそ、真の裸族率がわかるのだと思う。

そう、それはわたしも考えたのです。

ただやはり現代のニホンではいまだに裸族への偏見根強く、学会でもよく出る

「冬場に堂々と裸族でいられるなんてのは少数の(イデオロギー的にも)突出した主義者のみではないか?」

という説にはやはりそれなりの説得力があります。

肌の露出が目立ってしまう冬には、裸族は身をひそめているようなのです。

そこで「夏だから不思議ではない……」という開放的な(と本人たちが思っている)雰囲気のなかでこそ「裸族は自分をさらけ出せるにちがいない」と思い至り、今回のアンケート実施となりました。

ただ正確さを期すためにも、真冬にも調査をすべきですね。


あと、真の裸族とメタ裸族*1は混同しやすいので気をつけたいところです。


*1:「どうだい、裸のつき合いをしようじゃないか?」と言ってくるおっさんとか。

2006-08-30

[]はてなユーザーの3人に1人は全裸もしくは半裸でダイアリー更新をしている。

みなさん裸族アンケートにご協力ありがとうございました。

http://q.hatena.ne.jp/1156839156


結果はこのようになりました。

アンケート結果

これで全裸回答が50を超えたりすると怪しいのですが、どうやらきちんとした結果が出たようです。

  • はてなユーザー20万人(適当)とすると、ざっと8000人は全裸で更新している
  • 6万2000人ほどが全裸ないしは半裸状態で更新している
    • これは愛知県における平成18年4〜6月期の情報通信業に従事する人口と等しい数です
    • また玉名市(熊本)、一関市(岩手)、福生市(東京)、伊那市(長野)、ワイマール(ドイツ)、オシュコシュ(アメリカ)、トロムセ(ノルウェー)などの人口とほぼ等しい数です
  • 九州四国沖縄には裸族がいない
  • 半裸率がもっとも高かったのは北海道
  • 裸族は関東、信越、東海、近畿に分布している
  • くだらない質問には女性はあまり回答しない(回答率男3:女1)

以上のことがわかりました。


結論

これらの結果から、

  • はてながつぎに考慮すべきなのは「全裸ないしは半裸状態のユーザーに優しいインターフェイス」である

と言えるのではないでしょうか。

裸族


補足

わたしの知る限り、いわゆる裸族というのは

の三人なのですが、どうやらほかに少なくとも5人はいるようです。

怪しいのは

id:noon75さん(タイトルから推測)

id:AyanoIchijoさん(タイトルから推測)

id:akoginaさん(証拠→google:世界の裸族

あたりだと睨んでいるものの、直接に質問するわけにはいかないのでここだけの話ということにしておいてください。


[オチはありません][夏の風物詩]


2006-08-29

[]裸族について人力で質問してみた

ブロガーあるいはダイアラーのかたに質問です。

この暑い時期、あなたはPCに向かっているときになにか服を着ていますか? それとも全裸でしょうか?

(原則として職場は含めませんが、職場でも全裸の場合はお答えください)

http://q.hatena.ne.jp/1156839156

2006-08-24

[]どうやらネットを便所だと思っているらしい落書き系ニュースサイト『J-CAST ニュース』

ネットではテキストの引用が楽なので、コピペしてエントリ書き上げたつもりなブログがとても多い。というか、引用・コピペはブログ文化の一部なのかもしれない。あたりらへんから。


エントリのなかで引用文が占める割合

引用が多い(あるいはほとんど)、というエントリを時々見かけます。

書籍やブログ、話題などの「紹介」という意味合いがある場合はともかく、通常はあまりオススメできないというか、引用ばかりで結局なにが言いたいのかよくわからないエントリなどを読むと「薄いからやめろ」とさえ言いたくなります。薄くてマズい。

で、引用部分を除いたオリジナルな文章の量と引用文の量を比べることで、そのエントリの濃度を計ることができるのではないか、と考えてみたわけです。

たとえばジュースなどに表示されている果汁▲%、みたいな。果汁では変なので、バリュー80%、とか*1


ちょうどいいサンプルがあったので、実際に計ってみました。


『J-CAST ニュース』のバリューを計る

『J-CASTニュース』で話題になってたものをサンプルに。

女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然 : J-CASTニュース

こういった記事はニュースとして書かれたものなので、状況を示すために引用が増えるのはしかたがないかもしれません。けれどもここで引用されているのは批判のみであって、ニュース記事としての公平さはまったくない。つまりこれはニュースではなく、ただの(週刊誌的な)煽り、もしくは記者の主張と見ていい。記者個人の主張であるにもかかわらず、記事の大部分を引用によって水増ししていることは以下の数字を見ればわかります。

引用部分、それに固有名詞や日時、「掲示板」「エッセイ」などの意味のない単語をすべて消去した文章の、文字数をカウントしてみた結果↓

  • 元の文章 1356文字
  • 消去後  416文字

消去後をオリジナルな文章とすると、たったの31%しかない。バリュー31%。低い。これは説明的な文章を除いたらほとんど空っぽ、ということです。で、空っぽな文章のあちこちに悪意だけが残る。これはかなり甘く見ても引用部分が「主従」の「主」であって、オリジナルな文章は「従」でしかないので、引用の要件さえ満たしていない。

こんな内容ではなんらかの「主張」をしたいがために大量に引用すること(さらには「人気ブログ」からの引用)で権威付けをし、ただ面白おかしく読者を誘導している、と言われてもしかたがないでしょう。

もうひとつ。

大毅対戦相手 「偽チャンピオン」? : J-CASTニュース

  • 元の文章 1350文字
  • 消去後  731文字

こちらは54%。わりとまともに見えるかもしれませんが、問題は

と書かれたブログがいくつかある。

全面的にバックアップしてきた経緯があるだけに、あるブログには、

「(引用者略)」

など疑問の書き込みがあるのは当然だ。

と、どっかのブログから引用しているわりにどこからの引用なのかを明記していないこと。これは最初のほうの記事でも同様のことが見られます。これらの記事はきっと学校でもあまり成績のよくない中学生が夏休みにバイトで書いているのだと思いますが、もうちょっとお勉強したほうがいいかと思います。


さて、「J-CAST ニュース : 創刊のご挨拶」には、こんなふうに書かれています。

ジェイ・キャストは企業理念の一つとして、「メディアにはそれにふさわしいコンテンツがある」を掲げています。Webにふさわしいコンテンツを提供しようというのが、j-cast.comの目標です。

どうも『J-CAST ニュース』はネットを便所と思っているらしく、ネット=便所にふさわしい落書きレベルのコンテンツを垂れ流そうと思っているらしいのですが、ネットは『J-CAST ニュース』の便所ではありませんし(だれかの便所かもしれませんが)、どちらかというと『J-CAST ニュース』が便所のニュースなのかもしれませんね。

週刊誌的な記事をすべて否定するつもりはありませんが、ネットにはすでにそういうものはいくらでもあるので、今さら後発で堂々とやってこられてもなぁという感想です。


最後は

サンプルに使った記事の文章を改変して終わりにします。

真相ははっきりしないが、『J-CAST ニュース』に不評が付きまとうのは確かだ。

はっきりしないけど確かなのだ。


[これなんて小学生新聞?]

*1:たとえばちょっと前のエントリ「亀田まとめ」などはほぼリンクと引用のみなのでバリュー0%。コーラみたいなものです。ま、コーラにはコーラの価値があるかもってことで。

2006-08-22

[]「情報と伝える情熱」とキャッチボールの関係

夏休み駄文。

べつにゲームに限らずな感じで。


「ネットではゲームソフトが口コミの話題になってる」

とか言ってるところを見かけたけど、売れているだろうDSのソフトを長いあいだ(数週間以上)にわたってネットで書いてるところってあまり見かけない。せいぜい2、3回やって終わり。アニメのハルヒの場合は継続的なものをわりと見かけたけど。つまり

  • ゲームはもうそんなに長くやるのではなく、短期でささっとやって終わり
  • そもそもゲームを継続的にレビューするのは困難

あたりの理由があるのかもしれない。前者についてはよくわからないので、後者について。


情報を伝播するためには

  1. 伝える情熱と技術
  2. 伝える相手となる層

というふたつの条件がうまく組み合わされなければならない。たぶん。

キャッチボールのときの「投げるひとの腕力とコントロール技術」、それに「ボールを受けるひと」というふうに喩えるとなんとなくわかるかもしれない。投げるほうの腕力とテクニックが向上すれば、受け手の負担が減る(=受け手の層が拡がる)。

情報の電波とキャッチボール

まぁこのへんは、はてなのサービスとも関連があるようなないような(ごにょごにょ……


ゲームソフトレビューの場合、「投げるひと」が難しい立場にいる。

というのも、

  • ゲームの場合、文で説明するにはそれなりの文章力が必要となる(腕力とスキル)
  • 画像を使用するとなると、キャプチャする手間がかかる(スキル)
    • あとで思い出して書く、という手法が通用しない(あらかじめキャプチャするつもりでゲームをしなければならない)。

という、いずれをとっても「メンドくさ」問題にぶつかる。DSなどの携帯ゲーム機であればキャプチャは困難なので、選択肢さえ限られている。文章だけで書くとなると、たとえばid:matakimikaさんぐらいのレベルでないと面白いものが書けないわけだけれど、そういったレベルは例外中の例外と考えるべき。

つまり「メンドくさ」=手間ひまがかかる、をクリアしなければならないわけで、さらにはゲームしなければならないとなると時間的制約がかなり大きくなってしまう。

まー逆に言えばテキスト書き能力をアップさせるよりは、キャプチャとかそのへんのスキルを身につけるほうがたぶん簡単なので、ブログで差をつけようと思ったらまずこのあたりから……と考えてもいいかもしれない。


テキストあるいは動画(Youtube)の場合は引用が楽で、ブログとの親和性もある。

つまりネットで宣伝したいのなら、

  • そのモノの、言及しやすいサンプルを用意する(Permalinkを明示)
  • テキスト、素材など引用が簡単

このあたりは押さえておく必要がありそう。というか、ネットでの流行り廃りにこのあたりは今後密接に関わってくるはずで、たとえばプラグインが必要なstage6あたりはまだYoutubeとのあいだに隔たり(敷居の高さ)がある……らへんはともかく。プロモーションのためには大量の画像をばらまくというのはひとつのテかもしれない。

最初に戻って。

「継続的に……」というところがポイントで、そういった影響を与えるポジションがネットではなかなか根づかないというか、ネットの多様性ゆえの長所でありまた短所なのかもしれない……というあたりでお終い。


[口コミあんま関係ない]

2006-08-16

[]ブロガーはすでに滅びの道を歩んでいる

現在、20代後半〜30歳前後のひとがブログブームの牽引力になっているという印象がありますが――。

はたしてブログはこの先どうなるのでしょうか。


『団塊ブロガー以外全部沈没』〜今のブロガーは足場を失いつつある〜

すこし先、といってもせいぜい5年後ぐらいのことを考えてみると、

  • 一般的に、このあたりのひとたちはこれから仕事・私生活で忙しくなっていき、ブログに割ける時間がどんどん減っていく傾向にある
  • 2年も3年もやっていると"ブログ疲れ"が出てくる
  • 経験を積むことで、アウトプットに慎重になる(自分のなかでの情報淘汰と迷い)

といった変化が考えられます。これらをすでに経験しているブロガーもいることでしょう。

こういった変化から予測される"ブログ界隈"は、どういった状況になるのでしょうか。


つぎの図表を見てください(画像は国立社会保障・人口問題研究所こちらから。)。

ブログピラミッド

(図は6年前のデータなので、6を足した数字が現在の年齢と重なります)

20代のひとたちのあとに来る10代の人口(図表のブルー部分)を見てみるとわかりますが、人口が激減します。これがどういうことかというと、

  • あとからブログを押し上げるべく入ってくるひとたちが少ない
  • 新しい血(活力や刺激)が足りなくなる

ということでもあるのです。わかりやすく言うと「ブクマとかブログで見かけるひとたちがいつも同じ」という状況がこの先ずっとつづきかねないのです。


団塊ブロガーにより、さらなる圧力がかかる

じつはこの図表のもっと怖ろしいところは、上のほうにある部分、「定年退職を間近に控えた、そろそろ暇な世代」の部分にあります。いわゆる団塊世代。

図表でわかるように、ここの世代はつぎの若い世代はおろか、現在の主力ブロガー世代さえも凌駕するような人的パワーを持っています。

今後数年のあいだに、その彼らがブログにどっと進出してくる怖れがあるのです。

彼らには

  • リタイアしたので暇である
  • 年齢的に「自伝書こうかな」欲が強い
  • 団塊の世代は子供のころから競争のなかを生き抜いてきたので基本的にタフに出来ている(競争に強い)
  • 団塊の世代はバブル期を生き抜いたので、生存能力に優れている(しぶとい)
  • すでに人生経験があるので、書くネタが豊富(コンテンツ力)
  • とにかく数が多い(王蟲)

というように、ブログをやるための格好の条件が揃っています。おまけにすでに先鋒として散人先生のようなアルファブロガーさえ存在しているのです。つまり、「すでに土手は決壊した」と見ていいでしょう。

実際に彼らがどっと押し寄せてきたとき、今の主力ブロガーたちは

  • はてブコメント問題」「無断リンク問題」「意味のないトラバ問題」などなどの「またか……」という話題につき合わされてうんざりする
  • タフさとしぶとさに根負け
  • Youtubeの人気ビデオが孫を撮ったホームムービーばかりに
  • やたらと活字のでかいブログばかりになる
  • 自伝ブログサービスの台頭
  • コメント欄に長文コメントが激増

などにより、徐々に圧迫され、住処を失う怖れさえあります。こういった状況のためにも下の世代からの押し上げが欲しいところですが、上記のようにそれは期待できませんし、そもそも若い世代がもし増加したらそれはそれでまた脅威なわけです。

段階ブロガー

もしこうなったとき、あなたは生き残ることができるでしょうか?


おまけ論

唯一の生き残る方法、それは旧世界を蹂躙する団塊ブロガーの集団をなんとかやり過ごすことです。

辺境の谷間でじっと息を殺すようにして生き延びるのです。

やがて王蟲団塊ブロガーたちの骸(廃ブログ)が朽ち果てた大地からは新しい生命が生まれ育つことでしょう。

[お盆][寝た]


2006-08-10

[]夏休みにはてなグループを利用した共同編集ブログを5分で作る方法

キーワード機能とカレンダー機能を利用して、無料で共同編集ブログを作ることが出来ます。

現在のところ以下で運用中。

どういうことかというと、ダイアリーの有料オプションを使わずにグループのキーワード、カレンダー機能を使って無料で共同編集ブログをやろう、ということですね。

わたしが考えたのではなく、無体さん(id:nobody)の発案です。さすが。

で、今回はそれをちょっと紹介。


たとえば

  • 自分が今書いているダイアリーを共同編集にはしたくない、でもやってみたい
  • 有料オプションを使いたくない、でもやってみたい
  • ***ファンクラブなどで共有カレンダー的に使いたい
  • なれ合わなければネットじゃない、だからやってみたい
  • die_kumaとかいうはてな野郎が共同編集ブログやってるみたいなので、アンチな共同編集ブログを作ってキュっと言わせてやりたい

というかたにはお勧め。


一番簡単な導入方法

  1. グループを作る(もしくは自分が管理しているグループを利用
  2. 管理画面で、テーマを「city」にする
  3. 以下のCSS、htmlをコピペする
    1. 2006-08-03 - カレンダーで共同編集ブログ
    2. 適当に説明文などを修整する
  4. トップページを見る
  5. 「カレンダーの日付をクリック→編集→書き込み」で日付毎の書き込みができます。

以上。上記リンクのCSS、htmlはYuichirouさん(id:Yuichirou)によるものです。すばらしい。


そのほか

キーワード(書き込み)のRSS

http://グループ名.g.hatena.ne.jp/keywordlist

から取得できます。ただしタイトルのみ*1

それぞれの決まり事として

  • 上に追加して書いていくか下に追加して書いていくか
  • 時間(*t*タグ)を入れるかどうか

らへんを決めておくほうがいいかも。

注意事項としては、

  • 編集履歴が残るので、匿名での編集には向かない
    • というかどういう編集をしたのかすべて記録される(idと時間、編集個所)

あたりでしょうか。


夏休みのおまけ的「はてなグループの作り方」

まずは

はてなグループ

へ行き、右端にあるボタンを押します。

グループ作成

そうするとパスワードを要求されるので、はてなのパスワードを入力↓。

グループ:パスワード画面

つぎに自分が参加しているグループの一覧画面が出ます。参加していない場合は出ません。

下のほうに「グループを作成」ボタンがあるので、これを押します。

グループ作成画面

するとつぎのような画面が出るので、「アルファベット文字で始まり、アルファベットか数字で終わる3文字以上、24文字以内の半角英数」を入力します。グループを作るときには最初にこれを考えておくといいでしょう。

ここではたとえば「antiprivatetalk」などとしておきます。

グループ名登録画面

そうして右下にある「規約に同意し新しいグループを作成する」ボタンを押せば完了。

以上のような手順のあと、上の「一番簡単な導入方法」に従えば、たとえば

はてなグループ

このような共同編集ブログも簡単にできます。

上記のブログは参加自由になっているので、テストなどにご利用ください。参加申請時のコメント欄は空白のままにしてください。


そのほかの参考:

小事象【SHOJISHO】 - はてなグループを薦めてみるよ

今「はてなグループ」にはまりたい方向けリンク集 - 別冊はてな話 - betaグループ


追記

はてなブックマーク - nobodyのブックマーク / 2006年8月10日

まじめに補足説明しておくと, この手法の利点(有料optionの日記編集許可と比較して)には"編集の衝突が起きて同時に書かれてた記事のどれかが失われてしまうという事態を回避しやすいこと"があります.

という無体さんのコメントを追記しておきます。


[あやしいタイトル]


*1:たぶん。

2006-08-04

[]「紳士が歩くべきは車道側でも歩道側でもない」という簡単なことがなぜわからないのか

はてなダイアリー(およびコメント欄)

これらの議論を見てたいへん嘆かわしいと感じたので、その理由をくわしく説明したいと思います。

まず強く言っておきたいのが、

  • 女性を道路側に立たせるかどうかなどというのは極めてナンセンスであり、その解決のために男性がすべきことはただひとつ、肩車である。

ということです。左右の立ち位置による危険性のコントロールなどというのは極めて男性中心主義的な思考であり、女性のことを考えているようでいてじつは表面的で薄っぺらい行為にすぎません*1。肩車歩行をすれば、道幅やひったくりの問題などは嘘のように解決します。

くり返します。嘘のように解決します。


肩車の歴史

日本には自動車のない古来から、飛脚(自動車)、大名行列(列車)、猪(ママチャリ)などがふつうに道を通行しており、これらの危険を避けるために発達したのが

肩車

です。あまり知られていませんが、女性の着物の裾が割れやすくなっているのもこの肩車を簡単にするためなのです。また日本男性がいっぱんに短足であったのも、同様の理由によります。

歩行中の男性が女性を守るための卓越した技術であった肩車が衰退した最大の理由は、

  • 女性がスカートを着用するようになり、肩車している男性が前方視界を遮られて事故が多発した
  • ちょんまげがなくなったので、まげコン(女性がちょんまげをつかんで男性の進行方向をコントロールしたためにこう呼ばれた)が使えなくなった

のふたつだと考えられていて、おそらく明治期までの日本では肩車歩行は「なんば歩き」同様、どこにでもありふれた光景だったとされています。

現代では女性もパンツ類を着用することがふつうになり*2、また馬(男性)の耳を引っ張ることでもまげコンと同様の効果を得られることが研究によりわかってきており、肩車が復活すべき環境は整ってきているようです。


現代版肩車

このような体勢の弱点として、上への移動(ジャンプ)、前後左右の移動(ステップ)が著しく制限を受けるため、馬(男性)は非常にぜい弱になります。

行動範囲

そのため、騎手(女性)は武装する必要が出てきます。近距離用の武器としては近所の金物屋などでも手に入る青竜刀がもっともポピュラーかつ効果的なものといえるでしょう。

肩車青龍刀

ただ女性はその性質的に「とても飽きっぽい」というところがあり、しかもほとんどの女性がなぜか青龍刀などには興味をもたないため、途中で担いでいることに飽きてだらりと下に垂らしてしまい、馬の腹部もしくは急所を痛撃する可能性があります。

肩車痛撃

馬としてもこれは避けたいところです。

くり返します。馬としてもこれは避けたいところです。

したがって、武器はできるだけ軽く、不慮の扱いをしても馬(男性)にダメージを与えにくいものを選ぶべきでしょう。たとえば長めの棍棒などが最適です。値段も手頃で、Amazonやダイエーなどでも購入できます。


武装肩車によって変わる生活

肩車攻撃範囲

武装肩車によって

  1. 周辺への高い位置からの打撃が可能
  2. 馬よりも高い視点を確保して、眺望が効く

となり、生活上のいくつかの欠点とくに女性に多い自分の周囲しか見ない欠点をカバー可能です。

また、棍棒は買い物袋をぶら下げるなどの多彩な活用方法が期待できる(下図参照)ので、

肩車荷物

騎手(女性)からも「ロハスになった」「彼がはじめて役に立った」と大変好評です。

さらに肩車はバーゲン会場や劇場映画館、ジェットコースターなどでもよりアクティヴでハイパフォーマンスな能力を発揮すると予想されます。

どうぞご利用ください。

くり返します。どうぞご利用ください。


おまけ

あまり考えずに作った画像。

肩車蛸壺

参考:

つながってつながって、その先にあるものはネットというものではなく - シナトラ千代子


*1:リンク先の議論のなかで唯一女性のことを真摯に考えているのはちんこ師だけです。

*2:もちろんミニスカートでもかまいません。むしろそうしてください。

2006-08-03

[]亀田まとめ

試合後の雰囲気の記録、ということでネットの記事を集めてみました。書き方がわりとふつうでない感じなので。

強調は引用者による。

一般紙

亀田選手が新チャンピオンになったことを告げるアナウンスが流れると、歓声とともに「えーっ」という驚きの声が上がった。

亀田興毅:勝利のアナウンスに驚きの声…横浜アリーナ−その他のスポーツ:MSN毎日インタラクティブ

ランダエタ選手は試合を終えると、勝利を確信したように陣営が肩車したが、結果を聞くと、何度も首を振ってぶぜんとした表情。「亀田は弱い。ボクサーとしても人間としても、もっと成長しなければならない」と不満をぶちまけた。

亀田興毅:「手元にベルトがあるからな」…口調変わらず−その他のスポーツ:MSN毎日インタラクティブ

テレビで観戦した元WBCライト級チャンピオンのガッツ石松さんは開口一番に「まいったね。なんでこの人が勝ちなの」と判定に不満を示した。ガッツさんの判定では、ランダエタが7ポイントもリードしていたという。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <亀田興毅>立ち上がりにダウン 判定に疑問の声も

「もちろん私が勝っている。リングの上で亀田は分かったと思うが、彼は、ただの子供だ

asahi.com:亀田に敗れたランダエタ、「私が勝者」 - スポーツ

亀田に新王者の喜びは薄い。力が及ばなかったことを、誰より自覚していたように思えてならない。

asahi.com:亀田、初回ダウン・終始劣勢…残る疑問 WBA - スポーツ

金沢会長自身は「判定はドローかと思った。11、12回は相手に完全に取られていたが、前半の貯金で勝てたのではないか」と見る。「亀田は苦戦したが、よく頑張った。楽に勝てなかったことは、今後のためにいい経験になったと思う」と話した。

asahi.com:亀田勝った、観客「えっ?」 専門家「前半の貯金」… - スポーツ

信じられない判定だった。亀田が新王者となったが、試合内容は完敗だった。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060802ie27.htm

亀田選手の判定勝ちが決まった直後、読売新聞にも、多くの読者から、すっきりとしない試合の結末に不満を寄せる意見が多く寄せられた。

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「露骨な判定では…」亀田勝利に不満の声多数

TBSの広報担当者は「判定がおかしいのではないかという苦情と、番組開始から試合まで時間がかかったことについて苦情があった」と話している。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <亀田興毅>中継のTBSに電話殺到

最上階の席は亀田選手側の意向で、タイトルマッチとしては異例の1席500円。

NIKKEI NET:スポーツ - (8/2)若い女性の悲鳴続く・驚きと喜びの亀田ファン

2―1と割れた判定は、どんな作用によってもたらされたかは不明だ。しかし誰が見ても、負けたと思った選手の「勝利」は、ボクシングへの信頼性を損なう。

NIKKEI NET:スポーツ - (8/2)亀田自身も傷つく判定・説明できない奇妙な採点

しかし3人のジャッジの判定は2人が「亀田勝ち」、1人が「ランダエタ勝ち」。リングサイドの専門家からは「日本ボクシング史上に残る不可解な判定」の声が上がった。

NIKKEI NET:スポーツ - (8/2)史上に残る不可解判定・亀田、後味悪い王座獲得

 ただ「知り合いか」という問いに「全然、知らないんだけど」と苦笑いしていた。

asahi.com:亀田勝利に「納得いかない」 西武・カブレラ - スポーツ

スポーツ新聞

同通信は「ファン・ランダエタ(ベネズエラ)が終始、試合を支配したが、チャンピオンベルトとともに会場を去ったのは日本の新星だった」と報じた。

AP通信が打電「議論呼ぶ」/ボクシング - 亀田興毅特集 : nikkansports.com

1回終了間際に、強烈な右フックをもらいプロ入り初のダウンを喫した。しかしゴングに救われ、自コーナーに戻ったところでセコンドの父史郎氏から往復ビンタをくらい奮い立った。

興毅号泣!10代世界王者だ/ボクシング - 亀田興毅特集 : nikkansports.com

no title

(テキストによる試合経過)

見たか、炎のパンチ645発!! 世界戦に初挑戦した「亀田3兄弟」の長兄・興毅(19)が、フアン・ランダエタ(27)に2−1の僅差判定勝ち、王座をつかみ獲った。

SANSPO.COM > ファイト - 【BOX】興毅、涙の世界王座奪取!…WBA・Lフライ級

そのぶん、興毅と大毅がトレーニングに寝坊したときには、タンスを投げつけるなど激しく叱責した。3兄弟はそんな父を「宇宙人」と呼ぶ。

SANSPO.COM > ファイト - 【BOX】父・史郎さんも男泣き!興毅と“夢”つかんだ

マイクを握って、そう叫ぶと、興毅は史郎氏の腰にチャンピオンベルトを巻いた。親子の長年の夢がかなった最高に幸せな瞬間。そして史郎氏は興毅を肩ぐるまし、2人でガッツポーズ。

Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - 父も泣いた…2人でつかんだ王座

3人のジャッジは、全員が11回をランダエタ、最終12回も金氏を除く2人がランダエタのラウンドとした。数字上は興毅が逃げ切った展開だ。だが、判定のポイントはこの最終回の金氏。金氏が他の2人のジャッジと同じ採点なら、試合は引き分けだった。微妙な判定を物語る採点だった。

Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - 興毅“不可解判定”で世界奪取

通信社

亀田は低迷するボクシング界の救世主だ。テレビの高視聴率が物語るように人気は全国区。若い女性を中心にファン層を掘り起こし、観客の閉鎖的なイメージを一新させた貢献は大きい。この日も入場券1万5000枚は完売。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 亀田、後味悪い世界奪取=地元ひいきに救われる?−WBA世界戦

だが、中立であるべき世界の統括団体が事前にこのような準備をしていたこと自体、見識を疑われても仕方ない。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 判定結果に周囲は戸惑い=WBAは父にプレゼント−ボクシング世界戦


かなり厳しい見方の多い一般紙に比べて、スポーツ新聞はあまり否定的な書き方はしてないという印象。


おまけ

Yahoo!ニュース - トピックス 亀田興毅が判定で世界タイトルを獲得。あなたの判定は?


2006-08-02

[]ローコスト恋愛にmixiのコミュニティは向いているという話

「恋愛至上主義」という言葉が使われるのは世間の風潮というか流れというかそういうものがあって――ということなんだろうけど、

  • 恋愛というのはかかるコストの高さゆえに生活全般に最優先されがち(もしくは優先事項として生活のほかの部分を圧迫しがち)

というのは昔から変わっていないはずなので、生活が大変だったり、恋愛にコストかけられる貴族っぽいひとたち以外(つまり庶民)はわりとローコストでやっていたのではないか。

つまり

  • 恋愛至上生活(恋愛自由生活者
    • 貴族的生活者
  • ローコストな恋愛生活(恋愛不自由生活者
    • ふつうの生活者

みたいな*1

生活時間で考えてみます。一週間とかの。

恋愛投入時間

労働とか睡眠の時間はあまり削れません。

恋愛至上生活を送るひとはあまり自由な時間(趣味など)を削ると、話題などの面で恋愛生活が困るのでわりとこのあたりは確保しつつ

  • 食事の時間は恋愛投入時間に組み込む
  • 場合によっては睡眠時間も

などにより、生活に必要な時間を削りつつ恋愛に投入する時間を増やしていきます。逆に言えば、恋愛はどうしても生活時間を圧迫するものなのです。そのへんをうまくやりくりできるようなひとでないと恋愛自由生活みたいなことはしにくい。そのつもりがないひとはローコストな恋愛生活をめざすべき。

また一般に自由な時間を趣味などにあてたとしても、自然と恋愛に投入する時間は減っていきます。となるとますますやりくりが難しい。その場合、最低限の恋愛時間・エネルギーを確保しつつ、ローコスト恋愛を目指す、ということになります。


現代はこれらのスタイルが個々人のなかに入り組んでいるせいで、

恋愛不自由者はいろいろと圧迫を感じるわけです。一般にひとは華やかなほうにひかれるから、前者の恋愛至上生活を求めるひとも多い。後者が前者とつき合うと大変だ。

となると後者は後者同士が――となるとグー(死語)ってことなのかもしれないけれど、そこは恋愛不自由者なので、なかなかうまくはいきません。かつてはあったらしい

  • 地縁血縁
  • おばさんが勧める見合い
  • 友だちの妹萌え

などの出会いが激減した現代社会は、ローコストの恋愛には厳しい。たとえばお見合いサービスというのはそのあたりを市場にしているっぽいのですが*2


ではローコスト恋愛者はどうふるまうのがベストなんだろう?

それはおそらく

  • いかに効率よく恋愛にエネルギーを使うか

であって、その選択肢を排除することではない。恋愛至上生活を受け入れなくても、ローコストな恋愛を模索するという道があるはずです。


蛇足なつづき

ということは恋愛とか出会いとかを全面的に押し出しているサービスは不向き。

たぶん男女比率にあんまり著しい偏りのないコミュニティに属するのがいい。

そんなコミュニティを見つけるのが困難な世の中。というか見つけるためにコストをかけてはダメだ。なので「コミュニティは適当に見つくろって入れ」ということになる。あれこれ好き嫌いをならべた挙げ句に自分のアイデンティティをモロに投影するようなコミュニティを選んだりしては最悪だ。ふだんから「ちょっとぐらいは興味があるけど」ぐらいの趣味とか遊びとかを自分で知っておくこと、そこに参加してみること、そして期待しないこと。ローコストなんだからローリターンであることを忘れてはいけない。


――というぐらいしか今のところ思いつかないけど、「ちょっとした」コミュニティに参加するのって悪くないかもしれない、恋愛とかだけでなく。

そしてそれらの敷居を下げるという意味でも、

  • コミュニティが豊富
  • それなりに参加者のプロフィールを知ることができる
  • 時間などの点でもローコスト

というmixiは、けっこう便利な場所なのかもしれません*3


*1:ちなみに「貴族的生活」というのは生活レベルとは関係ありません。たぶん生活スタイル。生活エネルギーをどんだけ恋愛に投入するか、という差のこと。

*2:まちがって恋愛自由者がお見合いサービスなどに参加すると、そこは前記のように「恋愛不自由者のためのコスト削減の場」でもあるので、ガッカリしがち。また結婚至上主義者も混ざるので場が不透明ではある。

*3:もっとも「露骨に出会いを求めて参加するユーザー」は嫌われたりするらしいので、気をつけないとそのへんで揉めたりとかもありそう。mixiのコミュニティをよく知らないんで適当。まさかここを読んで「そうかmixiは出会い系か!」とか思うひともいないと思いますが。そういう側面もありますけど。


人気記事

1. 昨日はじめたばかりのダイアリー初心者が最初に覚えたい「5つのはてな記法」 - シナトラ千代子
2. 「非はてな村人」のための、はてなダイアリーガイド - シナトラ千代子
3. イラストで見る「はてなブックマークのトップページは迷宮」 - シナトラ千代子
4. シナトラ千代子 - 「はてなスター不要というユーザーよ、はてなを去れ」とjkondoは言った
5. シナトラ千代子 - はてなの歴史
6. シナトラ千代子 - はてなプロフィールアイコン大図鑑
7. シナトラ千代子 - 「紳士が歩くべきは車道側でも歩道側でもない」という簡単なことがなぜわからないのか
8. シナトラ千代子 - 「はてなは二階建てにすべき」とはなにか
9. シナトラ千代子 - ブログ界隈において、はてなダイアラーが最もダイハードなのはなぜなのか
10. 図解「世界のはてなブックマーカー」 - シナトラ千代子
11. シナトラ千代子 - ブックマーカーはどこから来て、どこへ向かうのだろう
12. 議論が満杯のはてなの村、村長が「議論禁止」を通達 - シナトラ千代子
13. シナトラ千代子 - 「そろそろmixiの先へ……」というひとのためのVoxレビュー
14. シナトラ千代子 - 「ブログの寿命が尽きそうだ……」と思ったら
15. はてな創世記 - シナトラ千代子
16. シナトラ千代子 - ブロガーはすでに滅びの道を歩んでいる
17. 優雅で奇妙なはてなブックマーカーの一日 - シナトラ千代子
18. シナトラ千代子
19. シナトラ千代子 - ネットはサファリなので、棲み分けが生じる。
20. シナトラ千代子 - あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか
21. ブログのプロフィールをまだ書き足りないひとへ - シナトラ千代子
22. シナトラ千代子 - 「わかりやすくまとめる」ブロガーがブログ界隈をテレビ番組化していく
23. シナトラ千代子 - はてなid読み方辞典(付録呼び方一覧)
24. 学生は「一般人」ではないし、ブログが相手にする必要もないんじゃないか - シナトラ千代子
25. シナトラ千代子 - 「みんなになりたい」大手小町の仕組みはネットになにをもたらすのだろう
26. 日本のはてブをキモくしている真犯人は - シナトラ千代子
27. シナトラ千代子 - ネットの時間を削れないひとは、情報収集の効率化なんて考えるべきではない。
28. シナトラ千代子 - ブロガーは一度ブロガーになったら、ブロガーでありつづける
29. シナトラ千代子 - 絵で見る「はてなブックマーカーの働き」
30. シナトラ千代子 - 匿名実名論争をムダにしないためにも小倉先生にお願いしたいこと

0000-00-
2004-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2005-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2006-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2007-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-
2008-01-02-03-04-05-06-
2011-09-
2013-08-11-


(C)wetfootdog
Connection: close