Hatena::ブログ(Diary)

シナトラ千代子 Twitter

[熊手部しなちょうメルクマール][Bookmark] [Archive] [About]
●●●食べられるはてなダイアリー
twitterbanner  はてなRSSに追加  はてなアンテナに追加 Subscribe with livedoor Reader この日記のはてなブックマーク数
[寄稿しました→]SNSの研究

しりとりへ Opera コウノトリライブカメラ 南極ペンギンカメラはこちら

2007-03-22

[]ネタとベタの区別がつきにくいものを「優雅にやりすごす」方法とは

よく見かけるはてなブックマーカーとその批判を以下、箇条書き。

  • 人のブログを読まない。
    • というより、ブクマに忙しくて読まない。あるいは、(同じブログの)他のエントリに興味をほとんど示さない。
  • 話題がほとんどブログ、ネットのことばかり。
    • 自然と、書き方は有名ブロガーの物真似、内容は限られたものから何度も何度も繰り返し。
  • 状況判断力が非常に乏しい。
    • 自分が今何をだれにコメントしているのかがわからない。どこに向けて、どうコメントすればいいのかわからない。そして、このことと非常に関連して、言葉遣いがきれいでは(慇懃ですら)なくなる。
  • ブクマの快楽に、動物的というまでに忠実である。
    • 状況判断力の乏しさとあいまって、見るに堪えないコメントを延々と……。

以上はこちら

このブログを始めたきっかけ ( ゲーム ) - 着ただけレイヤーの独り言 - Yahoo!ブログ

からの改変ネタ。


改変ネタなので本気で書いてるわけではないんですが、こういうことを書くと角つけて突っ込んでくるひとがいるのもまた事実。

で、こういう話にものすごい勢いで突っ込んでいくかどうか、というのは書き手がどういうつもりなのか(ネタかベタか)を見極める必要があるわけですが、自分のよく知らない書き手の場合は前後のエントリを読んでも判断がつかない場合があります。釣りエントリだった場合、巧妙に作られているほど判断がむずかしくなるし。


じゃ、どうするのかというと「優雅に無視すればいい*1」のですが、ついそこで脊髄反射的にコメントしてしまうこともある。

このあたりはまず

「ネタかベタか判断をする(判断することが可能である)」

という考えを捨て、

「とりあえずネタかベタかの判断はしない(判断不可能)」

というスタンスに立つことで回避できるのではないか*2


実際のところ、それがネタかベタかよりもそのテキストを読んだときに自分のなかで起きた反応が大事なのであって、ほんとうにネタだったかベタだったかはどうでもいい。

なのでもちろんネタにベタでマジレスして突っ込んでいってもいいけれど、そこはそのテキスト(マジレス)を世間に晒す以上はやはり「ネタかベタか区別がついていない・区別をつけていない」ことは自覚すべきで、

「こっちはベタで返したのに『ネタなんだから……』って返すとは何事か」

みたいに怒るのはまた筋違いってことになる。それをやると相手の「ハハハ釣りなのに」「ネタにマジレスかよw」みたいな優越感ゲームに巻きこまれてつまらない労力を払うことになりかねない。

この場合は

「ネタかもしれないけど、あえてベタに突っ込むと」

ぐらいの枕があればいくらでもベタに突っ込んでいけるので、ネタとかベタとかオレにはよくわからんというひとはこのフレーズを使うといいと思った。


まとめ

  • ネタかベタかを区別しようとするのはやめてもよい
  • それよりも、そのテキストを読んだときの自分のなかの反応こそが大事
    • その反応をテキストにすべきだと思えばするがよし、ネタかベタかは無関係
    • それはあくまで「自分のもの」と考える
  • ネタかもしれないけど、あえてベタに突っ込むと」は便利フレーズ

まぁブログとかだとそこで相手との「やりとり」が生じてこそナンボ、みたいに言うひとがいるわけだけれど、ベタかネタか区別がつかない時点である意味すでにやりとりが「ズッコケ」てるわけで、そのへんをふまえずに「やりとり」に過大な期待をするのもナニかなと。

f:id:wetfootdog:20070322234356p:image

上のイラストで言えば、BのようにA(エントリの書き手)にまっすぐマジレスするよりは、CのようにAに向かわずにマジレス、という感じか。


おまけ

フレーズ考えるの面倒なひとは、このボタンを貼るだけで!

f:id:wetfootdog:20050502155117j:image

ソシログさんのところから。

*1:こちらの「ただ単につまらない本だったら優雅に無視すればいいだけ」らへんから借用。

*2:正確に言えばこれは判断放棄というよりは「基本的にみんなネタだよね」という選択なわけですが。

2007-03-09

[]若年層のライフスタイル流れ図で見る、家電業界の先行き

このへんで話題になっていたもの。

現在音楽を聞く環境としてミニコンポは少数派/一人住まいの人がネット環境を揃えないのは固定回線を持ってないからではないか - ARTIFACT@ハテナ系

パソコンを買ってない人は、音楽環境として何を使ってるんだ、ミニコンポやラジカセしかないんじゃないか、と不思議になるんだけど、そこで結構携帯電話というのは強いのかもしれない。


図にしてみた。

f:id:wetfootdog:20070309152622p:image

DVDやゲームはテレビの部分に含まれます*1。当然簡略化ありということで。

ネット用(PC用)に通信インフラを引くかどうかでたぶんPCと携帯のユーザー層はわかれるのではないか、という感じの図になりました。まぁ詳しいことは詳しいひとが詳しく考えてくれることでしょう。


で、これを作って思ったこと。

一番右側のタテの流れが「旧来のAV製品」、その左側のタテの流れが「ネット世代のAV製品」になるのですが、以前はAV同士だけがライバルだったのに今は携帯もPCも相手にしなければならないわけで、やりにくいだろうなぁということ。おまけに図左の「ヘビー携帯ユーザー」が増えると(若年層向け)ネット対応家電のニーズが低下することも考えられるし。

この図で見るとも、AV製品もなんだかかなりニッチな商品に見えてくるので、やはり「それなりに経済的余裕がある層向け」と「携帯にコストをかける層向け」とに二分化していきそうな予感。後者はかなり市場が小さくなりそう。


図にしたら時間がなくなったので以上!

[使い道があったら画像はご自由にどうぞ]


*1:携帯のゲームはネットのところに含まれる。

2007-03-02

[]ネット下流層のFACTAが携帯ネットユーザーを「下流」とあざ笑う滑稽さ

ネット内での文化の軋轢なんて、今さらべつに珍しくもないんですが。

この内ゲバを野次馬根性でみなさんも見守るべし。

http://facta.co.jp/blog/archives/20070302000337.html

それをあたかも上から見るように眺めているFACTA自体が、わりとネットリテラシー低いところにいることに気付いていないという。


とくにこれ。(強調は引用者)

はてなブックマークの傾向を以前から見ていたのですが、明らかに理系・技術系のユーザーに偏重しており、実を言うと生粋の携帯ユーザーと接したことがある人自体が少ない、携帯ユーザーの実態を知らない、という印象があります。

http://facta.co.jp/blog/archives/20070302000337.html

こっちの元記事では

親指入力でどんなに速く入力できても、10本指のキーボードにはかなわない。

http://facta.co.jp/article/200703060.html

こんなこと書いてるけど、PCのキーボード使ってもタイピング遅い人はいくらでもいるし、そういう人に比べたら全然速い携帯ユーザーなんて若い人にいくらでもいます。実態知らないのはどっちなんでしょうか?*1


ネットでは次第に長文そのものが相対的に減少しつつあるし、そもそもmixiなども長文に向いているようには作られていない。これはネットにおいて「長文の読み書き」ではなく、「コミュニケーションの場」という文化が求められているということでしょうし、携帯サイトもその文化のひとつに過ぎないわけです。場所によりけり、という話。チャットで長文書くバカはいないでしょう。

つまり携帯ユーザーの増加は「文化の問題」であって、格差とかの話では全くない。


そしてリテラシーの低さなどはネットでは「今さら」の話であって、べつに携帯に限った話ではない。どこにでもある話。もちろんキーを打つのが速いかどうかはリテラシーとは無関係。


そもそも

これはマイクロソフトのPC用ブラウザー「IE」(インターネット・エクスプローラー)ですら最新版で搭載したばかりの高度な機能である。

http://facta.co.jp/article/200703060.html

と、Windows98時代からあったタブブラウザを今さら「高度な機能」と大きな顔で書いているあたり、「デバイド」されてるのはだれのことかと。


自分たちのリテラシーが低いことに気付かずに「格差」を嘆いて他人を笑う、これこそ滑稽。

f:id:wetfootdog:20070302164201p:image

厨房みたいなつまらない煽りをするぐらいなら、すこしは携帯ネット文化の意味を考える、ぐらいしてみてはいかがでしょうか、FACTAさん。


*1:おそらく携帯の「両手親指打ち」も知らないんでしょう。


人気記事

1. 昨日はじめたばかりのダイアリー初心者が最初に覚えたい「5つのはてな記法」 - シナトラ千代子
2. 「非はてな村人」のための、はてなダイアリーガイド - シナトラ千代子
3. イラストで見る「はてなブックマークのトップページは迷宮」 - シナトラ千代子
4. シナトラ千代子 - 「はてなスター不要というユーザーよ、はてなを去れ」とjkondoは言った
5. シナトラ千代子 - はてなの歴史
6. シナトラ千代子 - はてなプロフィールアイコン大図鑑
7. シナトラ千代子 - 「紳士が歩くべきは車道側でも歩道側でもない」という簡単なことがなぜわからないのか
8. シナトラ千代子 - 「はてなは二階建てにすべき」とはなにか
9. シナトラ千代子 - ブログ界隈において、はてなダイアラーが最もダイハードなのはなぜなのか
10. 図解「世界のはてなブックマーカー」 - シナトラ千代子
11. シナトラ千代子 - ブックマーカーはどこから来て、どこへ向かうのだろう
12. 議論が満杯のはてなの村、村長が「議論禁止」を通達 - シナトラ千代子
13. シナトラ千代子 - 「そろそろmixiの先へ……」というひとのためのVoxレビュー
14. シナトラ千代子 - 「ブログの寿命が尽きそうだ……」と思ったら
15. はてな創世記 - シナトラ千代子
16. シナトラ千代子 - ブロガーはすでに滅びの道を歩んでいる
17. 優雅で奇妙なはてなブックマーカーの一日 - シナトラ千代子
18. シナトラ千代子
19. シナトラ千代子 - ネットはサファリなので、棲み分けが生じる。
20. シナトラ千代子 - あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか
21. ブログのプロフィールをまだ書き足りないひとへ - シナトラ千代子
22. シナトラ千代子 - 「わかりやすくまとめる」ブロガーがブログ界隈をテレビ番組化していく
23. シナトラ千代子 - はてなid読み方辞典(付録呼び方一覧)
24. 学生は「一般人」ではないし、ブログが相手にする必要もないんじゃないか - シナトラ千代子
25. シナトラ千代子 - 「みんなになりたい」大手小町の仕組みはネットになにをもたらすのだろう
26. 日本のはてブをキモくしている真犯人は - シナトラ千代子
27. シナトラ千代子 - ネットの時間を削れないひとは、情報収集の効率化なんて考えるべきではない。
28. シナトラ千代子 - ブロガーは一度ブロガーになったら、ブロガーでありつづける
29. シナトラ千代子 - 絵で見る「はてなブックマーカーの働き」
30. シナトラ千代子 - 匿名実名論争をムダにしないためにも小倉先生にお願いしたいこと

0000-00-
2004-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2005-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2006-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-12-
2007-01-02-03-04-05-06-07-08-09-10-11-
2008-01-02-03-04-05-06-
2011-09-
2013-08-11-


(C)wetfootdog