うぃんでぃ の日記

2018-08-14

20:07

http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20090512/p1

autoconfで機能の有効/無効を設定するオプションを付けるための記述に関する覚え書き(メモとコード例)

20:10

Ubuntu

後から入れたのは、下記の感じですね。。

え?コンパイラ入ってなかったんだ。という感じでした。

sudo apt-get install で入れました

gcc

g++

make

make-guile

xorg-dev

libopenal-dev

libaluto

libalut-dev

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/white-apple/20180814

2018-08-13

電動エアーダスターを買いました。 17:47

いままでは、だいぶ前まで、ガス式のエアダスターを使っていましたが、よくよく見ると、可燃ガス注意!引火注意!なんてかいてあるじゃないですか。Σ(゚д゚lll)ガーン


何回、電気屋さんにいっても、それですごすごと追い返される(もとい、Uターンしてくる)の繰り返しだったのですが、いい加減、パソコンの内部を掃除しないといけないとおもったため、すぐにネットで調べました。代わりに、電動エアダスターアマゾンさん経由の通販ショップで買いました。


結構、風が強いですね。。

パソコンの内部を掃除するのは、十分じゃ無いでしょうか。(^^;

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/white-apple/20180813

2018-07-31

libpng のビルドのやり方 (Windows 10+ Visual Studio 2017) 11:10

すぐ忘れるので、備忘録です。間違っているよ。ということがあれば、お教え下さい。。(__)


libpng とzlib から、ソースリストを落とす

lpng1635.zip と、 zlib128.zip

(そのときによって、バージョンが違うと、数字も異なります)

zip ファイルだと、Windowsで標準対応しているので、良い)


lpng1635.zip を展開する。(右クリックして、すべて展開)

ディレクトリーをたどる。

lpng1635 --> lpng1635 --> projects --> visualc71

その中の、libpng.vcprojを開く



Visual Studio 2017が次のことをきいてくるので、全てはいにする

  1. プロジェクトファイルの一方向のアップグレード (vcxproj に変換)
  2. 信頼性チェック

成功すれば、変換レポートが表示されるので、Alt+Tab でVisual Studio に戻る


F5でビルドする

Windows SDK 8.1 が見つかりません となった場合

解決法としては、SDK 8.1 を入れる。。。または、設定の方を 変えてしまう方法があります。

8.1って、Windows 8.1の事?昔のWindowsの事を考えるなら、入れた方がいい加茂ですが。。


設定の方を変える場合

プロジェクト→プロパティ→構成プロパティ→全般のWindows SDK バージョンが 8.1 になっているのを 10.x.x... に変える


zlib関係が見つからないエラーになる

lpng1635 の下に、zlib-1.2.8 を展開したディレクトリをコピーする

lpng1635 -- lpng1635
         -- zlib-1.2.8 ←これをコピーする

zlib-1.2.8 の名前を、zlib に変更する。(libpng からの参照が、zlib になっているため)


再度、f5でビルドする


libpng.dll を開始できませんというエラーが出る。

↑この辺がよく分かってないが、visualc71 の下の、Win32_DLL_Debug にファイルが出来ている


動的ライブラリ

Visual Studio の上の方に、DLL Debug か、DLL Releaseとなっていると、DLL版が出来るらしい

LIBPNGを使いたいプログラムに、libpng.lib をリンクすると、実行時に、libpng16d.dll ファイルを探してきて、自動的に読み込んでくれる。(libpng16d の d は、デバッグ版の場合)


静的ライブラリ

LIB Debug か LIB Release になっていると、静的ライブラリになるらしい。

libpng.lib と、zlib.libを直接リンクする。


ライブラリと、インクルードファイルを、広く分かりやすい場所にコピーする

Unix系だと、sudo make install とかで、/usr/local/lib とか、/usr/local/include とかに綺麗に入ってくれるんですけど、素のWindowsって、そもそも、そういう場所自体がないですよね。。汗

何故無いんでしょうか? (;´∀`)

そもそもプログラマー御用達のUnixと、MS-DOSが発祥のWindowsと比べること自体がおかしなことなのでしょうか。。それはともかく、ないものはしょうがないので、たとえば、下記のように作ってしまうかですね。。


c:\lib\libpng\

c:\include\libpng\

とか。。。Unixと同じでもいいんですが、パスがながったらしくなりますしね。。(^^;

Photoshop で、P6絵を減色すると、色がおかしくなる 11:50

とか言ってましたが、その後の調査によって、理由が判明しました。汗

P6の絵というのは、位置が固定のパレットなので、P6では、赤は先頭から数えて11番目なので、10という値で無いと、赤くならないんですよね。。汗


BMPファイルを保存するときは、インデックスカラーにして、256色にして保存しています。


なんどやっても、色がおかしくなるので、BMPファイルをのぞいてみたら。。。ピクセルデータが、0−15までしかないはずが、何故か不思議なことに、255というデータが、かなり散見されました。かなりの高確率で。。


で、パレットデータをよくよくみてみたら、なんと、255番のパレットが灰色になっていました。。 (;・∀・)

結局、最初の16色以外を全て黒色にしたら、治りましたが。。。

これは、パレットファイルがおかしかっただけなのか、それとも、定期的になるので、毎回直さないと行けないのか? さすがにそれは無いかなぁ。。。何だかなぁ。。という感じです。(^^;

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/white-apple/20180731

2018-07-15

Windows 10 未対応ソフト? 17:24

まぁ、OSバージョンアップしていいことばかりではないのですけど、一番困るのが、今まで使っていたソフトが動かなくなることですね。。もしくは、なんとなくインストールできて、なんとなく動くんですけど、なんか、おかしい。。というのがあって、それが一番困るわけですが。。汗

Windowsの場合、かなり古くてもバイナリー互換やAPI互換があるので、なんとなく動いてしまうので、注意が必要)


  1. PaintShop Pro 7J
  2. Tmegenc 4

これらが、どうも動作対象外ぽいので、どうしたものかと。。汗

1に関しては、Windows 7 でも動作的に妖しかったので、仕方ないとは思うのですが。。

Photoshopでええやんと言われそうですが、Photoshopではうまく動かなかったために、P6の画像を作るのに、必要だったんですよね。

あと、圧倒的に起動が爆速なので、画像ビューアーとしても、好んで使っていたのもあります。(^^;



現象としては、Photoshopで320x200ドットにしたBMPファイルにたいして、P6パレットを適用した後、固定パレットのP6に読み込ませると、色がおかしくなる。なぜ?。。。orz


多分、パレットが入れ替わっていたからではないかと。。うーん?? それを補正するプログラムを作る??

それか、ただ単に私の勘違いで、パレットファイルのほうが、間違っているだけなのかも?


ちなみに、PaintShop Proは、Windows 2000 のころでしたっけ? 7Jが最強伝説でしたね。。8から作り直しました!とかいってバージョンアップしてきましたけど、それが重くて、重くて。。。汗 なぜ、こんなことになってしまったのか?と、げんなりしたものです。ブラシで線を描いても、追いつかないことに気が付き、高いバージョンアップ料金を払ったのに、心が折れてしまいました。


実は、同時期の、Photoshopだとブラシがついてきたんですよね。汗  Photoshop派に移行したのも、これが理由もありますね。。

実は、新しいパソコン買ってね。というお告げだったのかもしれませんが。。。汗

17:59

MacBook Pro 2018年モデル、どこが新しくなったの? 進化した6つのポイント

https://www.gizmodo.jp/2018/07/macbook-pro-2018-new-feature.html


MacBook Proが新しくなったそうです。

Mac miniも、2014年リリースからもうちょっとでまる4年なので、そろそろ出てほしいですよね。。汗

今回の MacBook Proをコンパクトにして、出してくるんでしょうか?

できれば、今までより、一回りでかくしてほしいですがね。。


ちなみに、MacBook Proはどうなのかというと、13インチの梅で、CPU とメモリーとSSDを盛ったのが限界でしょうか?

CPU i5 -> i7 メモリー 8->16 SSD 128->512


これで、241800円(税別)

これに、保険とか付けたら、ちょっと、Mac Proカエルレベルじゃね?というのはありますが。。汗

p6p6 2018/07/30 05:52 はじめまして。
ip6 plus v4.8 Beta2 win32のバイナリzipが
「not found」と表示されDL出来ません。
対応頂けましたら幸いです。

windywindy 2018/07/31 13:15 すいません。リンクをミスっていました。
修正しました。ありがとうございます。(_)

p6p6 2018/08/01 07:16 御対応頂きまして、有り難うございます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/white-apple/20180715

2018-07-08

ベーマガイベント in 大阪 17:03

以前行われたのは、東京だったために、お金と日程的にいけませんでしたが、今回は大阪なので、行ってきました。

ATCでした。そうです。大阪市内だけど、陸の孤島ATCです。


最初は、どうせ行くなら。。と、早めに行って、メイカーバザールをのぞいてきました。

等身大?のR2D2 がいました。。すごい。。すごすぎる。。汗

テンションマックス。。手作りだそうです。。

よくよく考えたら、まだオープンしてなかったそうでしたので、10分後に入りなおしましたが。。。


バザールの次は、ベーマガイベントの即売会です。

ラズパイで動く、BASICなどの PiStarterというのが売られていました。

Tシャツも売ってましたけど、どうせ着ないしなぁ。。とおもって、パスしましたが、トートバックは欲しいと思っていたら、PiStarterを買っても、手に入りました。よかったです。

ラズパイなのに、ラズバイ と、誤字っているのは誰にも言えない秘密です。。汗)


あとは、ひたすらX68000アフターバーナーをしたり、でざにーランドで遊んだり。。P6で、タイニーゼビウスを遊んだり。。懐かしい。。


ベーマガのイベントは、3000万円と、若干高かったですが、噂によると3日ぐらいで売り切れたそうです。

最近のはやりでしょうか、QRコードを見せて入場です。。一応、iPhone で出しましたが、念のため、プリントアウトもしていました。

貴重なお話が聞けて良かったです。

席は、真ん中のほうだったのが残念ですが。。


生の山下章さんを拝見できました。

編集長の大橋さん

あと、ゲーム音楽で有名な古代祐三さん

あと、アーケードゲームをPCに移植していた


ベーマガ編集室とマイコンソフトの開発室はちかかったのかな?

びっくりしたのは、当時のマイコンソフトの開発室って、かなりおおらかすぎるんですね。。汗

初めて来た人が、ビデオカメラ?を回しながら、やってても、何も言われなかったとか、意味不明ですね。。????


映像を見ながら、「これね、開発中の xxなんですよ。。。今だったら、絶対考えられないですよ。。でも、このおかげで、貴重な映像が残っていたのは奇跡」みたいなことをおっしゃってました。


ええええ?? 意味が分からないよ。。汗

今だったら、まったく考えられない。。。だって、開発中のゲームですよ。。。???

近くだったら、遊びに行きたかったな。。はいれるかどうかは不明ですけど。。


あと、ベーマガは一発芸的なところがあって、ゲーム作れるか、ゲームのプレイがうまいと、気が付いたらライターとして入っていた。という経緯が結構あるらしい。。

もっとも、全員が全員はいれたわけではないでしょうけどね。。。(^_^;;

編集部の中、すごく仲が良かったらしいですね。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/white-apple/20180708