Hatena::ブログ(Diary)

white9の広島日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-25 「シャーロック・ホームズ」

いままでの『ホームズ像』とは全く違ったエンタメ・アクションになっている。 いかにもアメリカ・ハリウッドテイスト。USAでは興行収入が2億 ドルを越える大ヒット。続編も確実のよう。でも私このアクションの最中sleepyになってしまった。

2013-01-08 「恋するベーカリー」

ユニークな邦題であるが、無意味な題名でもある。主人公はバツイチ 離婚10年目、3人の手の掛からなくなった子供がいる女性。メリル・ストリープが上手く演じていた。その設定が少し自分にもあてはまるので、ついつい笑えたなあ。

2012-12-16 「プール」

この手の「何もない」ような展開の邦画は貴重だ。そのノホホンとした、ゆっくり時間が流れる中に『人の生きる営み』がある! 邪念を捨てて画面を観ているだけで『癒される』と感じてしまった。観て損のない作品。

この手の「何もない」ような展開の邦画は貴重だ。そのノホホンとした、ゆっくり時間が流れる中に『人の生きる営み』がある! 邪念を捨てて画面を観ているだけで『癒される』と感じてしまった。観て損のない作品。

2011-08-11 興信所(こうしんじょ)とは

企業や個人の信用調査をする機関。1830年イギリス人ペリーによって始められたといわれる。

日本では外山脩造(とやましゅうぞう)が1892年明治25)大阪で開業した商業興信所が最初である。続いて96年には東京興信所1900年明治33)には帝国興信所設立された。

商工業などの取引業務では、自社のみで行う相手方の調査には遺漏と限界があるので、信用と組織のある興信所への依頼度は高い。

情報形態の多様化で、マーケティング・リサーチ、データ・バンク、経営コンサルタントを業とするものも多くなったが、広義にはこれらも興信所といえる。

一方、個人信用調査も多岐化して、相手人物の財産状態、経歴調査から、取引を離れた素行調査、家出人の捜索、尾行報告などにも及び、この方面の業務に重点を置くものには「探偵社」と名のるものも多い。

[日本大百科全書(小学館)]

広島の興信所

2011-04-15 電力不足と巨人軍

東京では計画停電。電力不足のせいらしい。

そんな中東京に住む兄から電話があり、電池とラジオを送って欲しいとの事だった。

広島の電気店に電話したが何処も売り切れ状態だった。

仕方なく我が家の備品、単3を10個と単1への変換スペーサー・充電器・携帯ラジオを送った。

そこで飛び込んできたニュースはセリーグの3/25開催。

巨人の代表は「野球ができるのにしないのは、仕事をしないのと同じ」などと発言。

セリーグを押し切ったらしい…

莫大な電力を一番使う時間帯に開催…

選手会の反対も世論の顰蹙も耳に入らないらしく、自己の利益を優先した…

何故巨人だけ巨人軍と呼ばれるのか理由が分かった。

人の思いや心を踏みにじりながら殺戮を繰り返す軍隊

そう、巨人軍隊だったのだ。

そんな東京に自分の身を削ってまで仕送りなど必要なかった。

今でも東京は理不尽に豊かな地域にすぎない…

世界一不幸な地域である。