Hatena::ブログ(Diary)

wHite_caKe このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-06-23

[]「傷ついた」、「傷つけたくない」、「傷つかずに生きられる人間はいない」、「傷つけることを恐れるな」等の言葉を聞く度に思い出すのは〜その1〜

以前、本人は意図していないんだろうけど私の「人生と人間をとらえる認知の枠組み」的なものに、意外と大きな影響を与えてしまったひとの話をします。


そのひとの主張。

「電車の中で空席があるのに座らない人間と、自転車で急に立ち漕ぎを始める人間て、ほんと潔くないよね。見てるとあの欺瞞に無性に苛々するし、こっちの気持ちもざっくりと深く傷つくのに、自分たちの気軽な行為が周りの人間にどんな影響を与えるかも全然考えてないんだよ無神経で嘘つきな偽善者どもめが!」

実際の細かな言葉は忘れたけど、要約するとこんなかんじでした。

そしてそのひとは他にも、

「電車の中で本を読んでいる人間」

「電車の中で眠っているor寝たふりをしている人間」

「猫背の人間」

なども深く憎んでいました。


はっきり言いますと。

私は最初、彼がナニを言っているのか、さっぱり理解できませんでした。

「電車の中で空席があるのに座らない人間」が欺瞞を感じさせて苛立つ、というところまではぎりぎりわかりそうな気もしたんですが、「自転車の立ち漕ぎ」をすると偽善者にカテゴライズされる理由がまるで見当がつかない。これは新手のとんち問題か何かで、私は機転とか発想力とか独創性とか超訳能力とか、何かその手のモノを試されているのかもしれない、という考えが頭をかすめましたが、彼の怒りはあくまで激烈で深刻なものであり、そういうネタ的要素の入り込む余地がないのです。

それゆえに、私は彼の怒りに強い興味を覚え、真剣に彼の言葉に耳を傾けました。その結果やっと「あ、そういうことか」と思えたことをまとめたものは今日は書かずにまた次回!

どうかみなさん、めいめい彼の心理の謎について、考えを巡らせてください。

続く。ってことで。

OKTOKT 2007/06/23 13:22 被害妄想的に思考パターンを想像してみる。

電車で座らない
自分はすわる必要はない。なぜなら自分は健康体であるから。ほかの自分より体が弱い人が座るべきである。→座っている人間を見下している。

自転車を立ち漕ぎ
わたしは立ち漕ぎをしなければならないような急な坂でも自転車を降りない。なぜなら自分は降りるような軟弱ものではないから、→自転車を降りて歩く人を見下している。

電車の中で本を読む
わたしは電車の中の他の人間に感心がない。だから本を読んで他の人間の存在を忘れようとしているのだ。→電車内の他の人間を見下している。

電車の中で眠っている
→上と同様

猫背の人間
自分は世界の他の人間に感心がない。だから目線を下に向けてほかの人間の存在を消す。→世界の他の人間を見下している。

とかかなー。

masamasa 2007/06/23 22:47 席空けられると、自分なんかの(クサイ、キモイから?)となりに座りたくないんじゃないかとか考えてしまう。

自分のそばで急に立ち漕ぎされると、あわてて離れようとしてるように感じる。前を歩いてた小学生が、振り向くなりいきなり走り出したりされたことがあるよ・・・

電車の中でのプライベート行為は、飲食やケータイ通話、化粧の延長かな。他人に無関心、それの表明。

猫背の人間は、他人からの視線に無関心だから。自分のことしか考えてない。

基本にあるのは“「愛」の反対は「憎しみ」ではなく「無関心」である”って考えなのかな。あと隣人愛。てめえらがそんなんだから戦争がなくならないんだろう!っていうw

通りすがり通りすがり 2013/06/25 10:43 自分、痔なんで電車とか座れません
そのくらいで憎まないでください

池田屋池田屋 2017/02/09 08:40 自分の中に法律と関係ないルールがあって、それに背いてる人(空席に座らない人や立ちこぎの人)は悪(偽善者)って事なんでしょうか……

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証