Hatena::ブログ(Diary)

ホワイトぼーど このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-18

『情弱姫+iPhone』第27話公開しました

http://hime.dojin.com/

おまたせしました。
第27話更新しました。
サーバに反映されるのはちと遅れるかもしれませんが、とりあえず今週中は守りきった。
コメントはこちらでお願いします。

2011-11-13

『情弱姫+iPhone』第26話公開しました

http://hime.dojin.com/

久しぶりの更新です。
気がついたら寒くなってしまって、ストーブで手を温めながら作業してます。

この記事のコメント欄を第26話のコメント欄にしますので、
感想などございましたら、ぜひ残して行ってください。

2011-11-03

電磁シールドは本当は四角いんです

『デューン/砂の惑星』に登場する電磁シールド


この物語でもひんぱんに登場する電磁シールドなんですが、実は元ネタがあります。
昔のSF映画で、デビッド・リンチ監督の『デューン/砂の惑星』(1984年)というのがあるんですが、その中に登場するSF兵器です。

wikiとかを見ると映画自体は公開当時酷評されたみたいですが…。
けど、この電磁シールドがとにかくカッコイイ!

Youtubeにトレーラーがありました。

D

けど、この映像だと電磁シールドは2度ほど(0:50と2:25)登場してますが、短くて何がなんだかわからないですね…。


簡単に説明すると…
腰に付けた装置のスイッチを入れると、不思議に光を屈折する層が、四角い箱のパーツが組み合わさったような感じで全身を覆います。
あらゆる攻撃から身を守り、格闘戦に置いては無類の強さを誇るわけです。
鈍く屈折して内側の人物が見える感じがたまらない。


まぁ映画自体がそれほど人気がなかったことや、デザインに個性を出しにくい仕様がガジェットとしての魅力を半減させていることなど、色々理由は考えられますが、デューンの電磁シールドは知名度は相当低い。
でも、私的にはスターウォーズのライトセイバーに匹敵するぐらい魅力的なSF兵器なんですけどねぇ。

ちなみに、この電磁シールド、とある方法で打ち破られちゃうんですが…。
それは映画でぜひ御覧ください。




で、この電磁シールドをどう絵で描くか色々試しました。
あの不気味に角張った感じの電磁シールドが描きたくて、最初作ったのがこんな感じ。
f:id:white_chi:20111102144803j:image
よし!できたっ
あれ?けど、こんなのどこかで見た気が…。

ああ…あれか…

あれ


ということで、今のデザインになりましたとさ。
f:id:white_chi:20111102152520j:image
おしまい。

デューン 砂の惑星 [HDリマスター版] [DVD]

デューン 砂の惑星 [HDリマスター版] [DVD]

2011-11-02

『情弱姫+iPhone』のコメントについて

いつも『情弱姫+iPhone』読んでいただきありがとうございます。

『情弱姫+iPhone』のコメントを書けるところを作っていませんでしたが、とりあえずですが、このブログでコメントを書き込めるようにしようと思います。

今後は、更新の度に、漫画のページにリンクを貼りますので、そちらからご利用ください。
なお、25話までの感想などございましたら、この記事のコメント欄に書いて頂ければありがたいです。

ちなみに、次回更新ですが、今週末には仕事が一段落して、製作再開できそうです。
おたのしみに!