Hatena::ブログ(Diary)

粒録” ツブログ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-07-23

[]いずみカリー堺筋本町店の新メニュー? ピザカリーをいち早くお届け!

毎週お世話になっているいずみカリー堺筋本町店にどうやら新メニューがひっそりと用意されているらしいという噂を耳にしまして。自称常連としては試さずにはおれず、東京出張の合間にやっとこさ試させてもらいましたよ!

それがこちら!むむむ・・・チーズたっぷりにカラフルな野菜がナイスルックスですが、味の方もいつものカレーの味はそのままに、新たにピザの風味がしっかり効いててこれは旨〜い!!

IMG_1972


カレールーってかなり個性が強そうなんですが、実はケチャップとかトマトソースとかには負けてしまうんですよね。その点、こちらのピザカリーは全体がひとつにまとまっていて非常にウマい!これは定番化していいんじゃないでしょうか?


チーズたっぷりのご飯の上に載っているのはエビ、ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、ウィンナー、ハム、コーン、しめじ、、とピザには必須の具材ばかり。ピザソースがアクセントになって風味を効かせつつ、多めのチーズが全体をバッチリまろやかにまとめてくれてるんですね。

IMG_1973


子供から大人までみんな大好きなハンバーグとカレーがバッチリ合うように、同じくみんな大好きピザとの組み合わせ、合わないはずがありませんよね。子供が大好きなものは大人も大好きなんです!笑 まだ今の所メニューの黒板には載っていませんが、マスターに伝えてみて運が良ければ食べられるかも?ランチ時など忙しいときは外して、こっそり頼んでみてはいかがでしょうか。


いずみカリー堺筋本町店にはほぼ毎週お世話になってますし、お店にはめちゃくちゃ多くのトッピングが用意されているんですが、ついついお気に入りのメニューばかり頼んでしまうのでなかなかエントリーにしにくいのです、、、笑

しかし、これからも要所要所でblogでご紹介させていただきますよ!


過去のいずみカリー関連のエントリーはコチラ。

2012-07-22

[]最後まで写真映えします、アンティークな色合いの紫陽花

FacebookHatena blogでは結構ずっと紫陽花の写真を撮って出ししてたんですが、とうとうそいつらも終演。今年の紫陽花はこれが最後になりそうです。

しかし紫陽花は枯れ際まで美しい!アンティークな色合いになりますねぇ。振り返ってみると今年の夏は紫陽花をよく撮りましたが、ホントに色んな表情を見せてくれる花です。お世話になりました!

IMG_1967



やーしかし本当にiPhone4Sはキレイに撮れます。この2つもiPhone4Sで撮影したものです。

最近iPhone4Sに変えた建築士友達iPhone4Sのカメラにいたく感動していて、曰く「これがあればコンデジを現場に持って行かなくてもいいな!」とのこと。まさにその通り!適度な広角具合と発色の良さ、バランスのいいコンデジですよね。

IMG_1966


もうすぐ発売と目されるiPhone5?はまたカメラ周りもバージョンアップするのでしょうか。とにかく楽しみ楽しみ!来年の紫陽花は次世代iPhoneでバチバチ撮りますよ〜ヽ(´∀`)ノ

2012-07-14

[]予約完売で絶品の食パンを使ったトーストが戴けます!調理実習室みたいな、ゆっくりとカフェ。

ふー、危ない危ない。また一ヶ月放置してしまいました。。。なるべく残しておきたいライフログなんですが、どーも最近指が重いんですよねぇ。。。一旦遠のくと再開するのにも余計な労力やプレッシャーが掛かりますからね。あんまり空けないよう、ちょこちょこっと更新したいと思う所でございます。ので、たまーに思い出して、お付き合いくださいませ。。。(´・ω・`)


さて、最近お仕事の関係で東京に居ることが多いのですが、せっかくなのでと休日には色々旨いものをと出歩くことも多く。フラッと見つけたお店が旨いと喜びも増えますけども、今回はまさにそのパターンです。訪れたのはこちら。懐かしの雰囲気が残る、ゆっくりとカフェでございます。見てくださいこのノスタルジックな内装・・・てかここ調理実習室じゃないの!?笑

R0016368

ちなみに、左手の調理台はホントに使われています。飾りじゃないんですね。



こちら、1階がJAの直売所になっています。カフェはその2階にこっそりあるんですが、こちらで絶品モーニングがいただけるわけです。

R0016387



そう。ここでは必ずモーニングを。そして、必ず300円プラスしてパンをアップグレードすべしです。それがコチラ!

R0016378

ルセットという、通販専門のお店の@shokupan(アット食パン)が使われたトーストアップグレード出来るんです。300円を足して、一見普通のトーストなんですが、、、、このパンはヤバいんです。

ルセットはインターネット販売専門店のパン屋さんなのですが、普通に買おうとすると、なんと7月14日現在で12月25日発売分まですべて予約完売!!5ヶ月も先まで完売の食パンなんて初めて聞いたぞ!

しかし、一口食べたら完売の人気も分かります。たかが食パンと侮るなかれ、小麦の味がスゴい!「トーストって料理なんだ、、、」って間違いなく思えます。

何もつけずにそのまま食べてもめちゃくちゃ美味しいし、ついてくるバターを載せて食べるとより濃厚なしっかりした味、本格的なハチミツもつくんですが、それにも全くパンが負けず、しっかり旨味があります・・・って書いてたら段々思い出してまた食べたくなるくらいウマい!間違いなく、今まで食べたトーストの中で一番です。

R0016377

置いてた雑誌にも載ってましたね。うん、やっぱりルセットのパンが目玉のようです。

繰り返しますが、5ヶ月先まで予約完売のパンです。それが、ここに来ると待たずに戴けるわけです。そりゃあ来ます。朝早く起きて来ちゃいますよね!


あと、更に+200円で写真のようにウィンナー目玉焼きもつきます。元々のモーニングはパンとサラダとドリンクなんですよね。正直、食べ盛りの男子にはちと足りない。なので、ボリューム感をプラスできるリーズナブルなトッピングが嬉しいですね。もちろん頼みます。そして、、、褒めてばっかりですが、このトッピングもまた絶妙に旨く、マストです。目玉焼きなんかどこで食べても、、、いやいや、味付けって大事なんですねぇ。感心しきりで、反省ですよ。

モーニングにはセットでついてくるドリンクがあるのですが、この中でオレンジジュースがまたウマい。果肉が入って濃ゆいのが楽しめます。朝はコーヒーでしょ!なんて言わず、オレンジジュースを是非オーダーしてみてくださいね。間違い無しです。


元々のモーニングが600円なので、パンをアップグレードしてトッピングをつければ1100円になりますが・・・その価値は確実にあります。たまのお休み、朝寝坊するのもいいんですが、ちょっと早く起きて、プチ贅沢モーニングでご褒美、アリではないでしょうか?

お近くの方も、お遠い方も、立ち寄った際には是非。リコメンドです!


(参考)

自身のサイトで「最高級」と銘打ってしまう・・・のも分かる、納得のウマさでした。

最高級パンの通販専門店 ルセット

2012-06-13

[]Retina搭載のMacbook Proを買わないための覚書(悔し書き)。

いやー、実は昨日のあの大事な大事な日をすっかり忘れてしまっており、朝言われて初めて気づく体たらく。。マカー失格の予感です。まったくもう。(´・ω・`)

というわけで、昨日6/12はWWDCWorldwide Developers Conferenceですよね。もう今日はこの話しかしなくてもいいんじゃないかと思うくらい、その筋の人はこればっかりになる日なんです。(ちなみに、朝のTVニュースではかる〜く紹介される程度でした。やっぱり一部の熱狂的なファンなんだろうなぁ。その渦中に居ると全くもう世の中全部が新型買うんじゃないか、くらいの勢いを感じるんですけども。笑 

多少大げさですが、兎に角、僕も含めてファンはもう朝からずっと戸惑いっぱなしだったのです。理由はやっぱりこれです。

Link:アップル - ノートパソコン - MacBook Pro Retinaディスプレイモデル - 特長

これまで見たことがないはずです。これまであり得なかったので。

  510万ピクセルを持つRetinaディスプレイ。すべてがフラッシュのアーキテクチャ

  クアッドコアIntel Core i7プロセッサ。そのすべてを、薄さわずか1.8cm、重さ2.02kgのボディに。

  これは、Appleが作ったものの中で最も進んだノートブックであるだけでなく、最も進んだMacです。

なんともはや・・・これはズルい!ヤバい!だってこんな魅力的なうたい文句がありますかね。相変わらずAppleの宣伝は恐ろしい威力です。iPhone5iOS5に目を向けてMacbookのことを忘れていた僕でも、一撃で虜になってしまいました・・・うーん。危険。Macbook Pro Retina版のページを眺めてるだけのつもりが、気づいたらポチッと押していた・・・なんてことにもなりかねませんよこれは!(`・ω・´)


と、舞い上がってしまう自分を抑えるため、ちょっと冷静になって今回の発表を見直すために、文章にしてみました。

落ち着け、自分。



(落ち着いたところで)さて、と。写真が趣味な僕にはこれが全てなのですが、今回の悩みどころはもう、一つだけ。Retina搭載Macbook Proを買うか、否か」ですよね。敬虔なApple信者の皆さん、、、じゃなくてもご存知かとは思いますが、RetinaディスプレイというとiPhone4Sで一躍話題になった、美しすぎるディスプレイです。

Link:アップル - iPhone 4S - あらゆるものを鮮やかに映し出すRetinaディスプレイ。

もはや説明不要です。これのみのためにiPhoneにしてもいいレベルのキレイさ。たかだか携帯カメラで撮ったものから、本格一眼レフで撮ったものまで、とにかく全てがこんなにも美しく見れるなんて!といっても過言ではありませんね。

この美しすぎるディスプレイiPhoneにしか搭載されていなかった状況で、新しいiPadRetinaディスプレイを搭載し、(バッテリーの持ち時間の問題などあるものの、、)今回なんと満を持してMacbook Proに搭載なんていうんだから、、、もう!!ズルい!ヤバい!きー!!ヽ(`Д´)ノ



でも、WWDCの基調講演の動画(Link:Apple - Apple Events - Apple Special Event June 2012)なんか見てると、新しいProは中身にどーんとバッテリーが搭載されてますよね。CPUクアッドコアになったりしたのもあるでしょうけど、「やっぱりRetinaディスプレイバッテリー消費量が半端ないんだろうなぁ・・・」と思わせるのに十分な説得力です。つまり世間のレビュワーの方々も、これがためにRetinaは将来的にもMacbook Airには搭載できないんじゃないの・・・やっぱり今Proを買うしかないんじゃないの・・・(ゴクリ)」と思われてるようなんですよね。



と、ここまではとにかく欲しい!の勢いであんまり考え無しの文章ですが、ここでふと冷静に戻って考えましょう。やっぱり高額な買い物をするときには、価格インパクトと、必要性。小学生でも知ってるけど、大人になればなるほど忘れていく(・・・いや、みんなそうとは言いませんが、、、結構忘れがちになる)この考え、少なくともこの2軸の評価は絶対必要なんですよね。てことで、考えます。


価格インパクト。

価格は実際にストアで確認してみるのが一番。数字で出てくると、一気に現実に戻れますからね!笑

Link:カスタマイズ - Apple Store (Japan)

これによると、Retina版の標準構成(2.6GHzクアッドコアi7・メモリ8GB・512GBのSSD)で、\238800!おおぅ・・・これはなかなか、、、出鼻をくじくには十分なパンチ力です。最低メモリが8GBって、新しいMacbook Proはどんだけ高性能なんでしょうか・・・という期待も高まるのですが。ドキドキ・・・(´・ω・`)

しかし、これはまだ標準構成。ここに最低限必要だと自分が思うものを足してみます。

  1. 2.7GHzのクアッドコアi7にすると、わずか0.1GHzのアップで\21400の価格アップ!これは・・・必要、、ではないか。諦めよう。
  2. メモリを倍の16GBにしてみると、プラス\17600・・・ん?ここはそうでもないな。いやまぁ安くはないけど、劇的な驚きはない。うーん・・8GB積んでればそうそうクリティカルなことは起きないよ、ってことの表れでしょうか。これもちょっと保留だな。(純正品じゃなかったらやっぱりもっと安かったわけだし・・・)
  3. ストレージをもう256GB追加して、768GBのSSDにしてみたら、、、コイツは高い!\44000の価格アップ。音楽データと写真データを内蔵ストレージに入れるのが好みなので、ここは出来れば欲しいところだけど、、、心を折るくらい高い・・・。あとでSSDの入れ替えするのはちと面倒だし、768GBのSSDなんてそう簡単に手に入らない(実際には256が複数個かも知れないけど現時点では不明・・・)ことも考えると、、、ここは必要と見るか・・・?
  4. SuperDrive、いわゆるDVDドライブですよね。これは内蔵しなくなったので、家で母艦として使うなら居る。価格は良心的な\6800アップ。・・・なんだろう、さっきまでの流れのせいで凄く安く感じる・・・落ち着きますね。(´・ω・`)
  5. 落ち着いてる場合じゃない!最後に忘れちゃいけないのが、AppleCare Protection Plan・・・。コイツがいつもすんごい高いんだよなぁ・・・。いつもそれで想定外の値段になっちゃうんだけど、ノート型のマシンってやっぱり衝撃やらなんやらが不安。いつ壊れるとも知れないものの製品保障を1年から3年に延長してくれるというなら、それは加入しなければ、、、という慎重派(ビビリ)のポリシーに則ると、、なんとお値段\34800アップ!高ーっ!(゚Д゚) 高いよAppleさん!1万円くらいにしたらみんな入って総額儲かるんじゃないの・・・違うの・・・?・゚・(ノД`;)・゚・

てことで、まとめて考えると、SSDSuperDriveAppleCareで・・・しめて\85600のアップ!つまり総額\324401円!!

GYAaaaaaaa((((゚Д゚;;;;))))aaaahhhhh!!!!!!

これは・・・目が覚めるレベルだな・・・。


必要性。

えーっと、、、もうだいぶ目が覚めてきたんですケド、、、一応頑張ってこっちも考えてみましょう。

まず現状の整理から。Macbook Air(2011モデル)は持ってます。4GBメモリに256GBの内蔵SSDストレージCPUもイイやつ。ApertureFlickr Export for Apertureの組み合わせでモバイル環境でも写真は無理なく扱えてますね。

MBAスタバや外出先に持っていくには圧倒的な軽さ(1.35kg)と薄さで、11インチだと小さすぎて操作が窮屈・・・と思えた自分にはぴったりの13インチサイズ。ちなみにiPad(2012モデル/Wi-Fiのみ)も持ってるので、ブラウジングだけならそれでもOK。モバイル環境にはとにかく軽いのもポイントです。(ちなみに新型Macbook Pro Retina版は、スペック表だと2.02kg。これまでのモデルが2.56kgなので、比べたら500gも軽くなるわけです!これは凄い!・・・が、それでもなお、その差分、MBAの方が軽いわけです。。。

さて、ところ変わって自宅では、、、というと、iMac(2010モデル)が母艦。自分で増設した12GBメモリ(Link:安値の今がチャンス!iMacのメモリを増設。4GBから12GBにしたらグーンと効率Upしました。 - 粒録” ツブログ。)に1TBの内蔵DISKストレージCPUデュアルコアだけど、動画編集するわけではないので、写真扱ったり一般作業するのには何の支障もないスペック(というか、支障があるはずがないスペック)。

んん?一体Macbook Proはどこで使うんだ・・・?



というわけで。

ふぅ。やっぱり価格見ると落ち着きますよね。。。(´・ω・`) 32万円って、そんな簡単に払えるもんじゃないよねーそうだよねー・・・

たとえば今、Macが一台もないとか、もしくは使ってるやつが既に3年くらい経過しててもうダメだ・・・なんて場合にはOK。何の問題もないので、今後数年余裕で使えるであろう今回のMacbook Pro Retina版を買っちゃいましょう。3年使ったら1年あたり10万ちょっと、1月あたり1万円切るし、てことは1日に直すとたった300円くらいですよ!安い買い物!

・・・しかし、僕の場合はさすがにまだ使えるものばかりで、とりたてて何も困ってない。唯一あるのはあの美しいRetinaディスプレイで趣味の写真が鑑賞できる・・・!てメリットだけなのですよね。。。

はっ!しかもRetinaで見たいんなら、新しいiPadを持ってるんだった・・・Σ(゚Д゚;)


よーしよし。だいぶ現実世界に戻ってきたぞーオトナになってきたぞー・・・。というわけで、買わない宣言をすべく、長々と文章だけで構成してみました久々の粒録”でした。。。みなさん誘惑しないでくださいね。。。


MBAの開封の儀のときの写真を見ても心揺らがない!

P7215339


カワナイゾーカワナイゾーデモワカンナイゾー・・・(´・д・)

2012-05-28

[]たまの誕生日くらいは(?)贅沢に。ASOでディナーコースをいただきました!

先日、32歳の誕生日を迎えました。いろんな形でお祝いメッセージいただいた皆さん、ありがとうございました!

いくつになっても誕生日はイベント感があるもので、ご馳走食べたり、プレゼントをもらったり、、、年に一度の(かどうかはさておき)贅沢にワクワクしてしまいますよね。今年は諸々縁あって、代官山ASO チェレステ 二子玉川店にてご馳走を頂いたのですが、そのメニューの独創性と味にあまりに感動したので、忘れないように記録しておきたく。

今回いただいたのは、『ASOオールシェフ饗宴コース』という、ASOグループ各店のシェフが作った品々を集めた贅沢コースでした。どれもこれも旨かったです。が、ただ旨いだけじゃない。料理の醍醐味って、目で楽しんで、食感で楽しんで、組み合わせの意外さを楽しんで・・・ってとにかく楽しむのも醍醐味だなぁって感動させられる、説得力ありありの皿々でした。ともかく、以下順番に振り返りたいと思います。

(というわけで今回は、「こんなに美味しいものがあったぞー!どや!」というだけのエントリーです。申し訳ありませんが、以下お付き合いください。。笑)



前菜:金目鯛マリネと白アスパラガスのピューレ(アルジェントASO 料理長 高階琢)

R0015566

のっけから旨く、見た目もキレイな一品。盛り付けにもセンスが出ますよねぇ。

金目鯛のくにゅっとした面白い食感も効いてるし、真ん中に乗ってる温泉卵はなんと鶉。いきなりヤられました。。。ウマー!(゚Д゚)



パスタ:岩中豚のトルテッリと温かい自家製ハム 小豆のソース(代官山ASO チェレステ 料理長 才田光延)

R0015570

トルテッリ、初めて食べました。お店の方が「ワンタンのような・・」と表現されてましたが、ホントにワンタンのようなパスタなんですね。中に岩中豚のミンチが入ってます。が、これに小豆のソースをかけようって発想が驚いた。甘みもしっかり残ってるんですが、しかしこれが何故か岩中豚ミンチのパスタに合うんです!自分では絶対に思いつけない発想!ホントにウマーウマー!(゚Д゚)



魚料理:アイナメの香草パン粉焼き 野菜とオルツォのミネストラと共に(リストランテASO 料理長 芳賀功一)

R0015574

アイナメって、初めて食べました。サッパリしたコクのある白身魚ですね。

ちなみにオルツォとは丸小麦のことで、ミネストラはミネストローネ(野菜スープ・ソースも含む?)のことのよう。イタリア語ムズカシーネ!でもウマー!(゚Д゚)



肉料理:鴨胸肉の炭火焼 ポルチーニのスープを添えて(ASOグループ統括料理長 高松優)

R0015585

これ、、旨かった!お店の方曰く「鴨肉の旨さを味わってもらうために、敢えてソースなしです」とのことで。たしかに、ソースなしでもまったく臭みなく、肉の旨みが一杯です。付け合せのポルチーニのスープも具沢山で香りよく、、、ウママママー!(゚Д゚)



デザート:ズッパジャポネーゼ 季節の花を添えて(代官山ASO チェレステ 二子玉川店 パティシエ 中間敦子)

R0015600

またしても難解な名前・・・。

多分きっと、イタリアンのズッパ・イングレーゼを和風にアレンジしたものなんだと思います。ズッパインクレーゼというのは、アルケルメスという赤いリキュールをかけた薄切りのスポンジと、アングレーズソース(卵と牛乳のソース)を交互に重ねデコレーションした、スプーンですくわなければ食べられないほど柔かい、スープ状のイタリア菓子の事です。とwebに書いてありました。笑 やっぱり難解ですね。しかしこれまたウマー!(゚Д゚)でした。


最後にコーヒーと小菓子もいただいて。完璧です。ご馳走様でした!

R0015604


・・・というのがコースだったのですが、デザート、実はこれ以外にも名物がもう一品あるらしく、ついでに頂いてしまいました。うぅ、カロリーが・・・笑 というのはさておき、その一品がこちら。モンブランです。

R0015598

一見、よく知られているモンブランとは全然別のもので、アレ・・・?となるのですが、フワフワの雪のようなものをほじり返すと中にはいつものモンブランが・・・!洋酒の香りも効いててウマウマウマー!

R0015603

モンブランは、Mont(山)+Blanc(白い)ですから、まさに名前そのままのものを作られたってことですね。ASO、お茶目です。笑



いやー、このコースは本当に旨かった!さすが各店のシェフが考え抜かれたスペシャルメニューということでしょうか。すっかりファンになってしまったので、こうなるとまた別の料理も食べたくなってきますねぇ。。。笑

今回いただいたのは誕生日ってこともあってちとゴージャスなコースでしたが、その分量も多いので、そこまで量が要らないよ、ってときには、ちと量を抑えたコース(5000円〜)を選ぶのも手です。

店員さんの接客もとても気持ちのいいもので、丁寧に対応いただいたのが好印象でした。これはまた訪問しなければ!


というわけで、非常に満足感高く、記憶に残る誕生日ディナーでした。これでもう一年頑張れそう!・・・かな?笑