White NOVAのスーパー空想(妄想)タイム このページをアンテナに追加

2019-01-06

タイムジャッカーVS時空魔術師!?(マーキュリー・バット暗躍編その2)


快盗たちのOPコント


エース「ええい、どうしてオレたちは、こうも災害に縁があるのか。せっかく、このコンパーニュの塔を拠点に暗躍しようと思っていたら、まさかの震災に見舞われるとは。俺たちが一体、何をしたと言うのか」

クラブキング「そりゃ、快盗なんだから、いろいろやってきただろうさ。不法侵入、窃盗、押し込み強盗、お宝強奪、詐欺、傷害……もしも、どこかの探偵に『お前の罪を数えろ』と言われたら、『1、2、たくさん……多すぎて数えられねえな』と言わざるを得ない」

ダイアナジャック「確かに罪がたくさんなのは否定しないけど、キングちゃんは2までしか数えられないの? そこまでバカだったの?」

Cキング「当たり前だろう? カニのハサミで物が数えられるはずがないだろうが。ジャンケンでもチョキしか出せない俺が、2よりも多い数を感覚的に処理できると思う方がおかしい。自慢じゃないが、俺の辞書には算数や数学という概念はない。俺にとっての数の概念は、0か1か2、そしてたくさんだ」

Dジャック「数もろくに数えられないのに、よく快盗が務まって来たわね」

Cキング「俺は武人だから、お宝集めには興味ないのでな。あるのは自分が強くなり、グロワールのクソ野郎を倒すことのみ。そのために、自分が強くなれる宝ならゲットしたいが、それはコレクションのためじゃなく、もっと実用的に使うためだ。俺の世界にあるのは、勝つか負けるか引き分けか。勝てば2、引き分けで1、負ければ0と評価される。もっと分かりやすく言えば、『よくできた』『ふつう』『がんばろう』の評価基準で生きているのが俺だ。そして、勝てばカニらしく、Vサインを見せるわけだよ、ククク」

Dジャック「クククって、バカを晒して笑ってるんじゃないわよ。はあ、正にザ・小学生ってところね。または、3進法の世界に生きているのかしら。とにかく、この中では一番知的なあたしが今の状況を説明すると、2019年1月3日の夕方5時前に、このコンパーニュ跡地を乗っ取ったのよね。そうしたら、その日の6時過ぎに九州地方地震が襲い、正月気分も完全に吹っ飛んだ。だから、エースちゃんが動揺しているってわけ」

エース「おい、DJ。お前、誰に向かって説明しているんだ?」

Dジャック「そりゃ、ここを読んでいる読者の方々に決まっているじゃない。あたしたちが快盗として活動を続けて行くには、それを支援してくれるパトロン応援してくれるサポーターへのアピールが欠かせない。それは、いつの時代も同じなのよ」

エース「ふん。そういう細かい経営感覚はオレにはないからな(断言)。オレにあるのは、翔花ちゃん、いやクイーンへの愛と忠義のみ。女神への信仰心さえあれば、全ての罪は赦される。だから、オレには罪がない。何者もオレの愛と忠誠と信仰を止めることはできん!」

Dジャック「そう叫んで、White NOVAのところにいるクイーンを救おうと、次元嵐に突入して、母船の時間移動装置を壊してしまったのは誰よ。おかげで、エースちゃんはしばらく意識不明。残されたあたしとキングちゃんが状況打開すべく、新たな女王擁立作戦を敢行したら、生きていたWhite NOVAに邪魔されて失敗。キングちゃんがNOVAの巧妙なトリックで重傷を負ったのと引き換えに、エースちゃんが目覚めて、年末に新たな作戦を考えたんだけど、それも失敗したのよね」

エース「そう。年末といえば、White NOVAは仕事で忙しいはずだからな。オレたちの邪魔はできないと考えたわけだ」

Dジャック「それがどうして、冬コミ会場に出向いたのよ」

エース「決まっているだろう。花粉症ガール同人誌をゲットするためだよ。しかし、2018年にはまだ、そんな物は存在していなかったんだよな。まだまだ、翔花ちゃんはマイナーな存在だったんだ。彼女がもっと爆発的ヒットを見せるのは、もっと後の話になる。そう、タイムジャッカーとして時間移動したせいで、時間差ボケをしていたんだ。2018年の時点では、翔花ちゃんはまだまだマイナーアイドルの下積み時代で、フルタンの時代だったんだよ。だが、オレは翔花たん一筋だ。オレがもしも未来に飛ばされていなければ、オレが翔花たんの同人誌を作って、コミケで販売している時間軸があったかもしれない」

Dジャック「はい、妄想ストップ。このブログには、妄想の呪いが掛けられていると噂には聞いていたけど、本当のようね。とにかく、同人誌の話は置いておいて、エースちゃんの本音はそうかもしれないけど、あたしたちを説得するのに使った建前上の作戦を語ってよ。それじゃないと、話がつながらないんだから」

エース「ああ、そっちの話が聞きたいのか。花粉症ガールの作者は当然、White NOVAなんだが、もう一人、その世界観に強い影響力を持っている絵師がいる。このコンパーニュの塔の設定を提案したのは、その絵師の人なんだが、彼が冬コミに参加したという情報を聞きつけてな。彼を人質にとって、『絵師の人を返して欲しければ、我らが女王を引き渡せ』と人質交換に使おうとしたんだったな」

Dジャック「うんうん。その作戦だったら効果的かもしれない、と賛成したのよね」

エース「だけど、そこには致命的な落とし穴があった」

Dジャック「エースちゃんは、その絵師の人の顔を知らなかったのよ。全く、詰めが甘いというか、バカなんだから」

エース「そうとも、オレはバカな男なのさ。広いコミケ会場で迷いながら、時々、気に入った同人誌を買いながら、『翔花ちゃん、ゴメンよ。浮気して。本命は翔花ちゃんだから』と心の中の女王陛下に謝ると、女神のような彼女はニッコリ微笑んで『いいのです。あなたの忠義と愛と信仰心は分かっていますから』と赦して下さったので、オレは我が主のあまりの寛大な慈悲に涙を浮かべながら、延々とコミケ会場を彷徨っていたわけだ」

Cキング「バカを通り越して、ただの変質者だな」

Dジャック「う〜ん、変質者には違いないけど、コミケ会場にはそういう人がいっぱいいるという噂よ」

エース「そう。言わば、郷に入らば郷に従え。オレはタイムジャッカーの正体がバレないよう、コミケ会場によくいるマニアックなオタクに同調しながら、花粉症ガール同人誌を探し回ったんだ」

Dジャック「違うでしょう。目的は、絵師の人を探すことだったはず」

エース「同じことだ。何しろ、絵師の人が花粉症ガール同人誌を描いて発表している、と、オレは勘違いしていたんだよ。後から知った話だと、絵師の人は知人の販売手伝いをしていたので、言わば奥ゆかしいサポーターポジション、主人公の気のいい親友ポジションだったんだよな。道理で発見できなかったはずだよ。こうして、『絵師を拉致って翔花ちゃんと人質交換しよう作戦』は未遂に終わった」

Dジャック「それでも諦めきれず、絵師の人の気配を追って、年始に九州までやって来たわけね」

Cキング「まるで、ストーカーだな」

Dジャック「まあ、エースちゃんがストーカー気質なのは、今に始まったことじゃないし」

エース「ストーカー気質なのは、快盗にとって美徳だろうがよ。目当てのお宝をゲットするためには、諦めず追跡を続ける」

Dジャック「そうしたら、コンパーニュの塔が空き家になっていたのを発見して、拠点に使うのにちょうどいい、と考えたのよね。いい温泉にも入れるし」

Cキング「噂のビッグボディ温泉とかな」

エース「だが、しかし、それがWhite NOVAの卑劣な罠だったのだ。まさか、我々がここに入るとすぐに、地震が発生するように仕掛けていたとは。どこまで用意周到な奴だったんだ、未来のグロワールは!」


謎の声「そんなことがあるか。お前たちの悪行の数々、全てはしっかり聞かせてもらった」

エース「何だと? 貴様はまさか……」


White NOVAだと!?



エースとNOVAの邂逅


エース「まさか。White NOVAがこんなところにいるはずがない」

NOVA「こんなところって、ここは俺のブログだろうが。俺が現れて、何が悪い? それよりも、何でお前たちがここにいるのか、そっちの方が問題だろう。しかも、ご丁寧に人のブログのタイトルを勝手に変えやがって」

エース「フッ。終了宣言を出したブログがどうなろうが、貴様の知ったことではない」

NOVA「知ったことだよ。とにかく、終わったブログなのに、お前たちが余計なことをしてくれたおかげで、『まだ、もう少しだけ続くんじゃ』状態でバタバタしている。あまつさえ、九州地震が起こったじゃないか。どうしてくれるんだ?」

エース「地震が起こったのは、貴様が仕掛けたトラップのせいではないか。他人のせいにするなよ」

NOVAそれはこっちのセリフだ。俺はトラップなんて仕掛けてない。だが、お前たちのせいで地震が起こった。俺は時空魔術師として、そう断定する」

エース「何を根拠に、そう言い張るんだ。証拠はあるのか!」

NOVA状況証拠は三つある。一つ、このブログが乗っ取られた直後に、地震が発生した」

エース「それは、貴様がそうなるよう仕向けたからではないか」

NOVA「仕向けてない。二つ、ブログを乗っ取る際、『世界の終わりの タイムジャッカー・タイム』という題名にしていたろう。その後、地震が起こって、こいつはヤバイと思って、『新時代へ向けての タイムジャッカー・タイム』に慌てて変更した」

エース「そ、それは……ええい、見てきたようなことを」

NOVA「三つ。大体、今は諸事情で時空の歪みがいろいろ発生しやすい状況になってるんだよ。それなのに、お前たちが不用意に時間移動するもんだから、ますます歪みが酷くなる」

エース「それを言うなら、貴様も同罪ではないか。過去から昭和NOVAを引き寄せたり、花粉症ガールPONPON次元跳躍をしたり、他人を勝手に未来に飛ばしたり、ウルトラマンキングと茶飲み友達になったり、思いつきのままにやりたい放題。貴様がブログで書いた記事が、各方面に重大な影響を与えていることを知らんのか、特異点め」

NOVA「え、そうなのか?」

エース「そうだとも。オレは何を隠そう、この元『つれづれ趣味雑記』にして、前『スーパー空想(妄想)タイム』の読者だったからな。貴様が、このブログで行なった傍若無人な時空改変行為を見てきた。その罪や万死に値する」

NOVA「読者だと? すると、他のブログ『GTライフ』や『NEO空想(妄想)タイム』もチェックしてくれているのか?」

エース「他のブログなど知らん! オレは昔から、ここ一筋なのだ」

NOVA「何で、そんな中途半端な、もったいないことをするんだよ。せっかくリンクだって張っているのに。俺のファンなら、他のブログもチェックしろよ!」

エース「誰が貴様のファンだ。このオレは粉杉翔花さまのファンなのだ。翔花さまのいないブログなどに興味はない!」

NOVA「翔花だったら、もうここにはいないぞ」

エース「何だと!?」

NOVA「あいつの物語は、新ブログ花粉症ガール・翔花伝』に移したからな。もう、ここに翔花が登場することはないだろう」

エース「ならば、ここにはもう用はない。帰るぞ」

NOVA「逃がすか!」


花粉症ガールズ出現



PON!


小さな閃光とともに出現す。


晶華「今よ、隙あり! 日輪の力を借りて、今必殺の晶華3サンアタック、大胆クラッシュ!(後頭部にドカッ)」

エース「ぐはっ」

Dジャック「エースちゃん!」

Cキング「貴様、不意討ちとは卑怯だぞ!」

ヒノキ「快盗風情が卑怯などとは片腹痛いわ。そもそも、武道の心得のないアッキーの蹴りであっさり倒されるなど、修行不足と知れい!」

Dジャック「あなたも一緒だったの、ヒノッチ」

ヒノキ「ヒノッチ言うな! わらわは日野木アリナ。このコンパーニュの主人ゆえ、闖入者を成敗いたす。行くぞ、ゲンブ」

ゲンブ「心得たでござる」

Cキング「よう、兄弟。あの時の決着、ここで付けるとするか」

ゲンブ「ああ、今回は不覚を取らぬ!」

Cキング「面白い。そう、うまく行くかな」



NOVA「全員、動くな!」


ヒノキ「何故、止めるのじゃ、新兄さん。こやつらはサブロー殿を拉致しようとした悪党ども。ここらで鉄槌を喰らわせておかねば、またも非道な悪事を働くやもしれぬ」

NOVA「ああ、その通りだ。だが、今はもっと重要なことがある。こいつらのせいで乱れた地脈を修復しないと、九州の被害が拡大する恐れがあるからな。俺たちがやみくもに力をぶつけ合えば、地脈の乱れがますます悪化するかもしれない。それだけは何としても避けないとな」

ヒノキ「むっ、確かにその通りじゃ。仕方ない。命拾いしたようじゃな、タイムジャッカー」

Dジャック「いきなり不意打ちで蹴りつけておきながら、そちらの都合で、戦いを放棄すると言うの? White NOVAというのはそういう奴なわけ?」

NOVA「ああ。俺は武人とかじゃない、平和主義者だからな。それに……そこの男、エースといったか。奴は大したダメージを受けていないぜ」

Dジャック「ヘッ?」

エース「ふぁ〜、翔花ちゃんに蹴られた〜。ご褒美だ〜。もっと蹴ってぇ」

晶華「NOVAちゃん、こいつ、何だか気持ち悪い。私はこんな奴と戦いたくないよ〜(涙目)」

エース「ヘヘヘ。我が女神、我が女王、我が麗しの君、粉杉翔花さま。このエースの愛と忠義と信仰心を受け止めて下さいませ〜❤」

晶華「キャーーー、近寄らないで〜」

エース「White NOVAの嘘つきめ〜。もう、このブログに翔花ちゃんは登場しないと言ったが、オレのために登場してくれたじゃないか。やはり、運命は翔花さまをオレと引き離しはしない。オレたちは磁石のように、離れても引き合う定めにあるのだ〜」

NOVA「おい、エース。いや、元・読者Aことアストだよな。その娘は翔花じゃない」

エース「ヘッ、翔花ちゃんじゃない? だったら、誰だと言うんだ。こんなに翔花ちゃんにそっくりで、我が女王そのままなのに」

NOVA「翔花は今、屋久島にいる。そいつは妹のアッキーだ」

エース「アッキーだと?」

晶華「そうよ。私は太陽サンサンの晶(アキラ)よ。花粉症ガール2号……じゃなくて、生まれ変わった2.5号。粉杉翔花2号なんて女は、もうこの世にいない。あれは遠い夏の日に消えた幻のようなもの。ここにいるのは、快盗団マーキュリー・バットの女王でも、吸血蝙蝠女でもない、ごく普通の花粉症ガールなんだから。あなたたちなんて知らない」

エース「そんな。オレと未来で過ごした濃密な三年間は全て幻だったと?」

NOVA「大体、よく考えろよ。お前たちマーキュリー・バットの女王は、3年分成長して、もっと大人っぽかったはずだろう? アッキーとは別人だ」

エース「ああ、そうだ。オレの女王は、もっとエロくて、淫らで、鞭でビシバシで、正に夜の女だった。こんな太陽サンサンなんて言ってるガキじゃない。そう、アダルトで、蠱惑的で、セクシーなクイーンはどうなった?」

NOVA「それなら、触手女神カプセルの中で眠りに就いている最中だ。今ここにはいない」

エース「触手女神だと? 何とハレンチな男なんだ、貴様は」

NOVA「いや、別に俺の趣味で生まれたわけじゃないんだけどよ。ケイPのドゴラ属性と、バットクイーンのアダルト属性が混ざってしまったみたいだな」

Cキング「つまり、ケイPとクイーンを配合して、新たなモンスターを生み出したと言うのか、貴様は」

NOVA「ああ。まあ、結果的に、そういうことになるかな」

Cキング「この男はもしや、グロワールではなくて、伝説の混沌の王、人ならざる異形の父とも称される妄魔時王になる定めなのか?」

NOVA「違うよ。俺は、極端な管理秩序も、奔放すぎる混沌にも与しない大いなる中道を進む男だ。グロワールにも、妄魔時王にもなる気はねえ」

Cキング「ならば、我が望みを言おう。一つはケイP。もう一つは、グロワール打倒に協力しろ」

NOVA「その見返りは?」

Cキング「今は提供できるものがないが、借りは返す」

NOVA「どっちにしろ、ケイPは花粉症ガールアシモンだ。お前に渡すつもりはない。他の二人の望みは?」

Dジャック「あたしは特に、あなたたちに望むものはないわね。欲しいものは自分で手に入れるのが流儀だし、施しを求めるつもりはないのよ。エースちゃんは?」

エース「もちろん、女王の身柄だ。オレはその点で、妥協をするつもりは一切ない」

NOVA「そいつは女王が目覚めてからの話だな。今の女王の名は、アンナ・BG・ブロシア。よく覚えておけ、アスト」

エース「俺はアストじゃねえ。奴はもう死んだ。未来でお前を恨みながらな」

NOVA「……そうか。生きて再会すれば、一言詫びを入れたいと思っていたんだが」

エース「……今さら、手遅れだ。世の中にはリセットできない、取り返しのつかない過ちだってある。そして、拭い去ることのできない絶望や恨みもな。貴様はいつか報いを受けることになる。それだけは忘れるな」

NOVA「そういう未来が訪れないことを願っている」


*****************************


ヒノキ「連中を行かせて良かったのかの?」

NOVA「これ以上、こっちの仕事を邪魔されるわけには行きませんからね。奴らとの決着は、またいずれ付けることになるでしょうが、今は地脈の安定に集中しましょう。立つ鳥、跡を濁さず。こちらの時空変動が、現実世界に悪影響をもたらさないように、俺も心より祈りたいと思います」

(当記事完。九州の安穏無事を願いつつ)