Hatena::ブログ(Diary)

whole8 オフィシャルブログ カネコは食わねど高楊枝

2018-08-04

暑い毎日。

毎日暑いですが制作しています。
先日今年末の某有名漫画家の方の企画展の作品も終わり自分の個展用の作品を制作しています。
今は平知盛の錨 知盛を主に制作しています。
f:id:whole8:20180724225354j:image:w360
顔の部分を。
まだ全体的には彫り上がってません。
今怒涛の鎧彫りが始まっております。
毎日あっという間に終わって行きます。
何する事なく彫って彫って気付いたら15〜6時間経ってる感じです。
他にもやらなくては行けない事もあるのですが、今は作品作りを。
といった感じです。
毎日暑いし大変だけど、好きな制作を続けて生きてられる自分は幸せかと。
そう思います。
それでもたまにハーレーで旅に行きたいと思いますが、贅沢な訳で、資料みたり、どう彫っていくか考えていると時間は直ぐに無くなります。
まだまだ制作せねばならないものがありますので今年もあっという間に終わる感じがします…
身体だけは大事に、適度に睡眠を取るように最近は心掛けています。

最近の楽しみに工房兼住まいの前にシソバジルとシオンがあります。
バジルに夏前くらいからカマキリが住み着いています。
毎日水をあげるとき見るのが楽しみですが、少し前の暴風雨の前日からカマキリはどこかに行ってしまいました。
虫にはそういう事が分かるのか?
不思議でしたが、避難してくれたのだろうと思ってましたが、昨日またバジルの上に帰って来てくれて嬉しくなりました。
f:id:whole8:20180802135731j:image:w360
種田山頭火ではないですが、「宿まで かまきりついてきた」
みたいな心境で「家には かまきり住んでいる」
と歌を詠みます(笑)
こんな良い事があった一日でした。

2018-07-03

つづきというか…

いつも5月末に伊庭八郎さんの「朝涼忌」があります。
その伊庭家墓所 貞源寺にも伊庭八郎像を納め直しました。
以前の作品は不注意(?)で壊されてしまい、今回また直して納めてもらいました。
(私は時間がなく稽古仲間に持って行ってもらいました)
こちらもよろしかったら見てみてください。

完全に砕けた二体。
直すに当たり随分と苦労しました。
と言っても、胴体は変えてないのでフォーマットは以前の物と変わらないのですが、無くなった部品が多く(何故部品を拾わないのか??)今見ると厳しいところ等随分と手を入れました。
2、3日でと思ってましたが、結局9日かかり、かなり時間を使いました…
手首や髷、は完全に新造です。

今回の修復には色々思うところ等がありますが、作品は大事にして欲しいと思いました。
直すの当然と思われるのもかなり寂しいです。

つづき。

八幡市京人形師の方の所に。
以前から作品の手伝いをたまにさせてもらっています。
その納めた作品が不注意で壊れてしまい、今回修理に。
道具等一式が本当に重かった(笑
修復はそんなに難しくなく数時間で直せましたが、神経は使う仕事でした。
人形は塗装をし直し、また近く納められると思います。
良かった〜

と、もう1つの仕事で京都壬生の旧前川邸様に新作の座像の土方歳三像を。
こちらは6月の半ばに日野は佐藤彦五郎新選組資料館様に納めさせてもらいました。
土方さんが頼った彦五郎さんとお姉さんののぶさん
その子孫の方の家に作品があるのは嬉しいことです。
以前に馬上像も納めさせてもらいました。
これも縁ですね!
f:id:whole8:20180617130515j:image:w360
f:id:whole8:20180703135127p:image:w360
喜んでもらえたようで良かったです。
一応サンプルとして色を乗せる前の物も持って行ったのですが、福子さんがとても気に入ってくれたのでこちらも展示してもらう事になりました。
色を乗せてない方が雰囲気等似てるところがあると思います。
今両方展示させてもらってるので、宜しかったら日野行きの際は見てみて下さい。

そして京都の旧前川邸様。
f:id:whole8:20180630104212j:image:w360
こちらは私がまだ今の制作を始めてすぐの時から作品を置いてくれています。
初期のものは今となっては恥ずかしいのですが、それがあり今がある。
と言った感がありますので、置かせてもらってます。
ちなみに馬上の土方歳三像はいつもお世話になってるので旧前川邸様用に制作して複製しました。
ちなみに今旧前川邸様の隣は更地になっていてその敷地の広さが判ります。
この隣の更地の大部分も以前は前川邸だったと聞いて驚きました。
f:id:whole8:20180630104138j:image:w360
ちなみに先月は馬上の土方さんと座像原型含めて5体となかなか大変でした。
馬含むと…6体。
f:id:whole8:20180610173759j:image:w360
と、まだ今月一杯の企画もの締め切りがあり、なかなか油断できません、
頑張って制作します!
ではでは!

2018-07-02

最近はなかなか更新せずで。

最近はなかなか更新せずですみません。
今は、人形展で賞をもらいましたギャラリーさんの企画の制作と個展の制作でてんてこ舞いです。。
個展の話も結構来ますが、伸ばしてもらったり、のところ、学生時代から通ってる茨城のsaza coffee のギャラリーでの個展の話が動きそうでウキウキしています。
saza coffeeは品川駅にもありますが茨城ではスタバも敵わない店です。
徳川慶喜さんの子孫の故徳川慶朝さんが作り、今も発売されている徳川将軍珈琲は私も家にストックしてるくらい大好きです。
そこの勝田の本店にはギャラリーがありまして、いつかは!
と思っていたのですが、色々な縁で等々話が始まりそうです。
決まってはいないのですが、話が来るようになったのが嬉しいです。
ちなみに初めは2年待ちと聞いていたのですが、来年という話になってきてます。

と、今制作中の企画ものの次は同時進行中の平知盛公と、法然上人、和宮さんと色々考えております。
そして、その為に先週京都に!
その前に名古屋浮世絵を買いました。
知恩院は行者橋は好きで良く行きましたが、その知恩院は初めて。
f:id:whole8:20180702115240j:image:w360
知恩院への道は遠い。
雨が降ったり止んだり、で蒸し暑く。(名古屋の方がこの時は暑さがキツかった)
f:id:whole8:20180629111630j:image:w360
f:id:whole8:20180629112231j:image:w360
法然上人が開いた知恩院
浄土宗の総本山です。
東の本山の1つ増上寺で個展を開かせてもらうのに来ないわけにはいきません。
色々見て、考えたりしました。ここがメインの為半日以上ここにいました。
運良く良い縁にも恵まれたのも驚きでした。
f:id:whole8:20180629124211j:image:w360
法然上人が臨終した場所に建つ社は人もいなく中でしばらく考えたりして座っていました。
たまたま話したお坊さんが本当に良い方で色々お話等してくれました。
個展の話もしたりすると。
「どうか良い作品を制作して下さい」と言われ気が引き締まりました。
f:id:whole8:20180629135858j:image:w360
ここでは書けない事も多く、不思議と縁があると思いました。

京都には友人が随分います。
仏道に一生懸命な友人がいまして、時間が空いてるとのことで、
法華宗本能寺に連れて行ってもらいました。
いつも時間が合わずで閉まってる門しか見た事がないのです(笑
でも、初めて行きました。
本能寺
f:id:whole8:20180629155613j:image:w360
友人の言葉通り、知り合いのお坊さんばかりの本能寺(笑
まずは初めて見る三本足の蛙の香炉
見たかった〜
この香炉が鳴いたという不思議。
資料室を見てから本能寺内を歩いてると友人のお陰か本当に色々な方が声をかけてくれます。
そして、促されて本堂内に。
f:id:whole8:20180629162019j:image:w360
ここからが凄かったです!
日蓮上人のお話を聞かせてもらいました。
日蓮上人の像は本能寺の変の時当時の方達が担いで持って逃げたとのことで、それを真近で見せてもらいました。
この像不思議なんですが、真正面からは何故か見れませんでした。
何か日蓮上人に見透かされてると感じてしまいます。
本堂に入った時は物凄く厳しく見えたのですが、近くで見るととても優しい顔で本当に不思議な思いがしました。
ここで一時間くらい話を聴いたり、質問をしたりであっという間でした。
本堂を出る頃には豪雨に。
そして寺務所前でまた声を掛けてくれたお坊さんがお話でもと中に招いてくれました。
本当に友人の仏道に対する縁が色々と凄かったんです!(笑
本能寺の話は本当に面白く、日蓮上人の話や遺品の話など驚きの話。
ホテル本能寺の話。映画本能寺ホテルの為自分達も名前が良く分からなくなる(笑)等
ホテルが出来た経緯も教えてもらいました。

そして話が私の話になり…
ここが凄いのです!
私が日蓮上人や信長公を制作した時は、声をかけて下さいと。
この話をしてる人が実は執事長の方でまた驚きました。
この数年色々なお坊さんと知り合いましたが、皆さん本当に優しい方です。
たまに変な方居ますがね…
でも、増上寺知恩院宗派は違うけど、本能寺の方々ととても皆さん柔らかい優しい気の方々です。
友人の助けも多いですが、信長公にそして日蓮上人を制作しよう!
と心に想いました。
日蓮上人は千葉の人ですし、史跡もありますので落ち着いたら行ってみようかと思います。
雨が強い中そのあと信長公の供養塔に挨拶に行き、ホテル本能寺の方から帰りは帰らせてもらいました。
f:id:whole8:20180629175306j:image:w360
f:id:whole8:20180629175706j:image:w360
この日は2つの寺院を本当にじっくり見る事が出来ました。

そして、この日の夜は市内から八幡市へ!
もう1つの用の東本願寺に納めた人形の修理なんです。
物凄い大きな荷物を肩に掛けて疲れたますがこれも仕事なんです。

つづく。

2018-03-19

また随分と月日は経ち…

すみません。
時間が随分と経ってしまいました。
相変わらず制作をしています。
で!
来年一月一発目に個展をします。
本決定!
流れずに良かった〜(笑
初めは今年秋11月頃と話してましたが、時間や、お客さんの入りで来年一発めの1月に!
1/12〜1/26と2週間。
個人でこの時間を使わせてもらえるなんて凄いの一言。

場所は以前も書きましたが芝は徳川家菩提寺 芝 『増上寺

ParisからNY、そして、とうとう東京!!
進化した金子誠の作品をお見せしたいと思います。

「Samurai war cry Tokyo 」か「カネマコ武者部類」…か!?
『samurai war cry in増上寺』でもよいかも…
サムライだけではありませんが、題名の武者部類の英訳samurai war cryと響が良いです。
NY時に翻訳の仕事をしてる友人が武者部類をsamurai war cryと訳してくれました。
カッコいい。
まだ、可能かどうか判りませんが、DMも榎本君に頼みたいものです。

先週2/16の金曜日に増上寺にて昨日打ち合わせをしました。
f:id:whole8:20180316114305j:image:w360
最近増上寺行くと雨が多い。
恵みの雨か(笑

今回増上寺という事で以前納めた家康公のしかみ像の新作と法然上人は必ず!と言っても私、法然上人の事を知らなさ過ぎるので勉強も必要、本を頂き今読んでいます。
f:id:whole8:20180316121442j:image:w360
色々お話しを聴きます。法然上人絵巻のコピーももらいました。
しかし、制作したいものは沢山ある。
その後、本堂にある法然上人を改めてみせてもらう。
こうして近くで見せてもらえるのも有難いですね。
f:id:whole8:20180316134436j:image:w360
f:id:whole8:20180316134604j:image:w360
法然上人の法然頭や上人の特徴等を教えてもらいました。本堂も上がって近くで見させてもらいましたが、本当静寂で良い空間です。
そして
f:id:whole8:20180317122822j:image:w360
頂いた本です。
読んで色々頭の中で法然上人をイメージしてみます。
個人的に流された時が個人的にはぐっときますが…
帰りは嬉しさに一人で最近お気に入りの蕎麦屋さん上野翁庵に。
大門更科と迷ったんですがね。
ここで昼過ぎからビール蕎麦
一人でお祝いです。
f:id:whole8:20180316151123j:image:w360
f:id:whole8:20180316151400j:image:w360
カレーせいろも好きなんですが、やっぱりねぎせいろ。
これイカ天が入ってて美味いんですよ。
作家の秋山香乃先生も好きと話してましたね〜
東京は良い蕎麦屋が多くて良いですね。
どんなに寒くても冷たい蕎麦が好き。蕎麦っ食い。
いい言葉(笑

今年は他にもとあるイベントにて選ばれた作家での制作依頼が来ておりましてそちらも制作中。
新作数体やオーダーの作品等々制作をしており、毎日彫刻刀と悪戦苦闘しています。

この数年はコンペ等でも随分と賞も頂いてきました。
去年のNYでもメトロポリタンの方、他画廊の方と色々と賞賛をもらいました。
先月の人形展でも色々な方が見に来てくれましたし、もっと全体を、360度で色々な作品を見たい!との声ももらいました。
この辺りで日本で、東京で!
と思っていましたが有難い縁で増上寺にて個展をさせてもらいます。
作品一つに長いと彫りあげるのに半年かかる事もあります。ですが、今年は更に頑張ってどんどん制作します。
資料を見たり、探したり、制作だけの幸せな時間をまず堪能します。
でも、色々大変です。

2018-01-29

そう!

今年は初詣富岡八幡宮に初めて行かなかったかもしれません。
先祖代々お宮参りから始まりとても大事な場所でして。
去年の惨劇がやっぱり…
怪文書も本家には来ていましたが…

でも、私は数年前から摩利支天で有名な上野大寺と、作品が納められてる芝の増上寺に正月過ぎの1/17に行きました。
ここは自分に勝運を与えてくれる場なんです。
f:id:whole8:20180117145716j:image:w360
寺務所に行く前にお参りして、おみくじ。
なんと!『凶』初めて引いたかな!??
仲の良いお坊さんに挨拶に行きまして、色々なお話をしていました。
ちなみに凶は殆ど入っていなくそれ凄い!と。
結んでしまったので、持っておけば良かったな…と。
で、話の最中にそこに執事のAさんが!
この方との話から家康公の像が増上寺に納められたのはもう、何回もここで話してますが、
今年は更に!
作品の展示や個展の話をしていて、増上寺は…??
と話すと。
宝物殿の前のスペースがおきく空いている。
そこでやってみては!?と!!
!!!
すんなり…
話の最中私の年齢を聞かれ43になりました。と言うと
法然上人が承安5年(1175年)43歳の時、善導の『観無量寿経疏』(『観経疏』)によって回心を体験し、専修念仏を奉ずる立場に進んで浄土宗を開き、比叡山を下りて東山吉水に住んで、念仏の教えを広めた。この年が浄土宗立教開宗の年とされる。法然のもとには延暦寺の官僧であった証空、隆寛、親鸞らが入門するなど次第に勢力を拡げた。
との話で。
同じ歳にここでやってみたら?
縁を本当にもらった感がありました。
まだ、話は始まったばかりでこれから色々と動きます。
でも、こんな話が個人で来るなんて信じられなくて、少し涙が出ました(笑
場所は本当に素晴らしく、
f:id:whole8:20180117163010j:image:w360
f:id:whole8:20180117163004j:image:w360
この広い場所に作品を置いて埋めなくてはいけません!
初期の頃からの作品ももちろん出します。
そして今の作品。
NYでの個展を更に発展。
もちろん栄閑院に納めた玄白先生の像も日本で初めて展示します。
売れて手元に無い作品はどうする…
そして新作は…
今考えているのは法然上人が島流しにあったその姿。
家康公のしかみ像 完全新作!
そして二代将軍秀忠公等考えて、更に武者を何体か。
今年はこの個展に全てを!
と思っています。
流れないよう頑張っていきます。
でも、こういう話が来るなんてちょっと信じられないです。
パリはルーヴル美術館と、他で、ニューヨークsohoでアメリカ人画廊にて初個展。で、東京、日本での初個展が増上寺… 怖いです…
力以上のものが来てる感じが。
最近色々なコンペ等に出して賞は全てでもらってますが、この如何ともし難い自分の思いの作品と実際の作品の稚拙さ、どうにかならないのか??
でも、頑張るだけなんだよね…
いつも言いますが、制作に全てを!
oasisのリアム(確か…ノエルだったらすみません)が皆が遊んでいる時もずっと制作してる。だから成功があるってな事を聞いたことがある。
自分も同じでこの数年ほとんど休みはなく制作してなんとかやってます。
この数年休んだのって去年のNY後の燃え尽き後の宮崎里帰りと、作家の友達に会いに行く、ジョジョ展名目の山形への旅位。
周りの仲の良い作家さんの活躍はとても刺激になります。どんどん一人で海外に出たり、ブレずに制作して、毎年個展等本当に関心します。レベルも半端じゃないです。

みんなでワイワイとか、そういうところは気持ちも楽だけど、やっぱり飛び出さないと!
海外に出れるチャンスも少しずつ出て来たし、どんどん進まないと!
見返すとかじゃないけど、進化しないといけない。
色々言いたいけど、それでいいの?って人や人達とは距離ができる。
色々難しいけどね…

実は色々ありまして。

西郷さんと大久保さんの像
f:id:whole8:20180109005501j:image:w360
f:id:whole8:20180110111758j:image:w360
像は完成しました。
11日から熊谷八木橋デパートの美術画廊で作品展示販売を画廊さんと始めようとしていました。
画廊さんが前日に倒れてしまい、計画が無くなってしまいました。
これから色々やっていこうと話していたのですが、画廊さんはそのまま亡くなってしまいました。
これから色々と話していて、見ていて欲しかったのですが、とても残念でした。
その後数日間驚き等色々で作品の手が止まっていました。
人って急に居なくなるんだな…
と思っています。
あまりに急で。

でも。
色々な方の期待に応えないといけません。

そして、1/28〜2/3のクラフトアート創作人形展に!
昨日から有楽町交通会館で始まるのです!
f:id:whole8:20180120153805j:image:w360
そう!
昨日から!(笑
私は今回三段構え!
NY後初めての義経公と妖猫退治と伊場七郎の展示です。
f:id:whole8:20180128124614j:image:w360
こんな感じで展示しています!
写真と実物は全然違うので出来たら実物を見てくれるとうれしいです。

そして…
昨日は良い日でした。
久しぶりに会った柴田悦子画廊の柴田さん。エントリー時に見たい作家で入れてくれてたと教えてくれました。
審査の最中も審査のギャラリーの方とも随分話しました。
とても評価は良かったとおもいます。
そして、終わってからの懇親会で講評と各画廊の賞がもらえます。
f:id:whole8:20180129184913p:image:w360
と、結果です。
賞をくれたスパンアートギャラリーを調べたら、凄くて驚きました。
柴田さんのところも早く個展をと言われた三年…
でも、成長が嬉しいと話してくれて嬉しかったです。
初めて出た時も柴田さんに賞をもらい、2回目の今回も賞をもらえました、久しぶりに会った作家さんで物凄い進化してる作家さんもいてとても刺激になりました。

今日29日はお休みしてますが、明日からまた通います。
今年も頑張りたいと思います。