日暮らしSEの日々考慮 〜ホントに日暮な状態〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/04/10

カナダの携帯に関して

そう、そういえば個人的に迷ったのがカナダでの携帯やインターネットに関しての事。
ここらへんは留学エージェント使ったしても詳細は分かりにくかったりする。


まずは携帯について、通信会社は次のようなものがある。

この4つ、まぁ系列で考えると2系列がいわゆる大手である。
なので通信エリア網で考えるとカバーされてるエリアは割と広い。
他にもアメリカからの参入として"Vergin mobile"がある。
その他に小さなとことして、

この小さなとこはもちろんカバーしているエリアが狭かったりするが
それなりのいいとこもある。それは後述。


とまぁ僕がざっと知ってるだけでこれだけある。実際にはまた
家電量販店での店で契約できるとことか見ると他にもあったり、
モンリオールとかのケベック州のフランス語圏に独自にある会社などもある。


それで料金体型はというと
プリペイドの方式だったり、1から3年の契約だったり、月払い契約というのがある。
1から3年の契約ってのは基本的には日本と同様なもので、
それで携帯機種本体をかったら本体が安く購入できるというものである。
だけどもちろん途中で解約すれば違約金という形で結構なお金がとられる。
もちろん月払いにして、携帯は元の価格で買うということもできる。

そういうかんじで大手と小さいとこで大きく異なるとこを記載しておく。

  • Rogersなど
    • 1から3年の契約で携帯本体を安く購入できる。ただし期間中の解約は違約金がかかる。
    • 契約をする(携帯を一括で買って月払いの場合でも)ので、解約をしなければ料金が発生しつづける。
    • 自分のプランによって無料通話分などがあるが基本的には通話などで料金が加算される。
    • 無料通話や海外への電話など超過料金分は後から請求される。つまり後払いとなる。
    • データ通信は無制限などとうたってたりするが、実質上限がある。これが高い・・・
    • 電話の周波数帯はGSM帯となる。
    • 携帯機種はSIMロックかかってる!!つまり携帯会社変えるとなると不便。
  • Mobilicityなど
    • 最初に携帯本体を購入する形で、月払いのみとなる。
    • 契約という形でなくプリペイド方式に近い月払いであり、料金払わなければ終了となる。
    • 基本的にエリア内通話無料のプランとなる。
    • エリア外での通話の為には先にネット上にお金を貯めとく形になり先払いになる。(カードの無いプリペイドみたいな感じ。)
    • データ通信はエリア内は無制限である。主要な都市部はエリア内だけど離れればエリア外なので有料となる。
    • 電話の周波数帯はAWS帯のものとなるはず・・・(少なくともmobilicity、wind mobileはそう。)
    • 携帯機種はSIMフリー!だけど大手は周波数帯が異なるからあんま意味ないよね。(2Gでいいなら使えます。)


そんでどうせなら日本語使える携帯がいいよね!と思うと
iPhone系かandroid系になってきます。(windos phon7でもいいけどIMEとか・・・)
android系は日本語入力しようとすると、アプリをいれなければいけないので、
先にgoogleのアカウント作成しておいて、あとからアプリをいれなければいけないので、
ほんとにわけわかんない人にはお勧めしがたいですけど僕はiPhoneよりも好きです♪
ちなみにXpera X10はこっちで買おうが、日本語入力のIMEが最初から入ってるので
いいですよ。


そこでこれらiPhoneandroidを使うとなると問題になるのがデータ通信!
もちろんアプリをそんなに入れないよとか、家とかと無線LANなどwifiでしか使わないよ
というのであればまだいいのですけど、データ通信は意外と高いです。
日本みたいに無制限になりませんので知らないうちに使ってると
涙ながしたくなるような思いをすることになります。
だからお勧めなのが、mobilicityやwind mobileなどのエリア内限定ですが、
データ通信が無制限で使用できるものです。
ここで残念なお知らせですが、mobilictyやwind mobileは周波数帯がAWS帯というものになり、
iPhoneはこの周波数帯に対応していません。
なので選択肢としてandroid系しか残ってないことになります。
(正確に言えばwindows phone7も選択の余地はあります。)


こっちではまだでてませんが、ソニーエリクソンXperia arcなら
こっちで買おうが日本語IMEが入っているので、初心者にもお勧めです。
本体価格はじゃっかん高くなりますが、たぶんmobilicityとかからも出るはずです。
それでエリア内限定ではあるものの、トロント市内だとかバンクーバー市内なら、
無制限でネットができて、初めての人にはありがたい、
Googleマップなどで現在地もわかり迷子になりにくく、
パソコンもってなくてもSkypeFacebookTwitterなども楽しめます。

mobilicityお勧めしてますが、これには他にもわけがあって、
もちろんこちらでの通話無料エリア内(トロント市内やバンクーバー市内)に限りますが、
日本への通話が、固定電話なら3セント/分、携帯へなら15セント/分と安いんですよ。
コーリングカードを買ったほうが料金安かったりもするんですけど、
コーリングカードは最初に使ってから半年で使えなくなったりするので、
緊急時とかでSkype通話とかでなく電話にかけたいときなど考えると便利です。


ちなみにmobilicityとかは新しい会社ってこともあって昨年のクリスマス商戦の時に
通常なら65ドル/月になるプランを40ドル/月で提供してました。
そしてそれが月払いし続けてる限り続くみたいで・・・ありがたい。


まぁそうでなくても60ドルくらいで、限定エリア内に限りですが、
カナダとアメリカに通話やメールし放題で、ネットもし放題(テザリング使えますよ!)
という事でオススメします!
ただ、やっぱ小さいとこなんでビルの地下などではRogersなどは電波はいるけど、
Mobilicityなどは電波入らないなどはありますが、
そもそもビルの地下に入るということが日本に比べてかなり少ないでしょう・・・


会社に関係なく日本と違う携帯の仕組み
-携帯であっても州で最初の3桁が異なります。日本でいう市外局番みたいなもので、携帯からであっても他の州にかけるときには市外通話のように割高な通話料となります。
-掛かってきた番号を住所録から名前を表示するコールディスプレイは標準のプランではありません。

これらはオプションを追加して対応することになります。


携帯の周波数帯などに関しては次を参考にしてください。
-http://ja.wikipedia.org/wiki/W-CDMA
-http://en.wikipedia.org/wiki/UMTS_frequency_bands

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/whtiecloud/20110410/1302440962
リンク元