藤野の散文-仲秋、紅葉、立冬、向寒 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-03 今も最高。(2)-魔法の言葉

[]勝手に老けている。 勝手に老けている。を含むブックマーク 勝手に老けている。のブックマークコメント

「あいつは俺を見てチャンスがたくさんあるな、といった」。
自分はそんな風には到底思えていなかった。
れいかに。

自分たちには自我がある。
だから「自分のことを一番」に考えてしまう。
自分を守ろうともする。
保身も考える。
すると。

自由に動けなくなる。

もういい年をした人たちは特にそうだが。
しかし、その話をしたいのは若い人にだ。
えぇいもう両方だ。

中年以降のおじさんおばさんたち。
もう人生でいろいろ経験もしているし。
それなりに背負っているものだってあるし。

もう若い頃じゃないのだから、夢とか将来のことってあんまり考える気にもなれない。

勝手に。
「自分で」年を取っている、私たち。
「年だから」というのは自分の考えを制限する魔法のワードだったのだ。

(つづく)