藤野の散文-仲秋、紅葉、立冬、向寒 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-30 アタシはいい女だ、と胸をはること。

[]ごくごく普通のバー。 ごくごく普通のバー。 - 藤野の散文-仲秋、紅葉、立冬、向寒 を含むブックマーク ごくごく普通のバー。 - 藤野の散文-仲秋、紅葉、立冬、向寒 のブックマークコメント



場所は銀座で。
特徴と言えば、女性が二人で仕切っている、というくらいか。
だが、客でごった返している。
男の二人組、とか女性の一人客、とか。
かなり年配の白髪の紳士がイギリスペーパーバックを読み耽っていたり。
そういっては何だが、それほど珍しい酒があるわけでもなく、食事が取り立てて美味いわけでもない、ということにも気づく。


強いていえば、カウンターの中に立つ、二名の女性の服装がキマッている。
黒のパンツに真っ白のシルクシャツ。
髪は余さずアップして、クビにはビシッと蝶タイ。
化粧は濃すぎず、薄すぎず。
年の頃は30半ばから40半ば。
決して若くはないが、常に背筋がビシッとしている。


ふぅーむ。
何か変わった店だワイ、と思って「しっかりした感じの店ですね」と声をかけてみた。

「ええ。日本で一番いい店だ、と思ってやってますから!」と驚きの回答。

「え。に、日本一…てすごいですねぇ」
「ええ。そうだ、と思ってるんです。でないとお客様にも失礼ですから。」
「……」

「そして、私たちって日本一いい女だ、と思ってるんです。このカウンターにいる間は」

ほほう。
「まあお店を出たらさすがにそうは言いませんけど。(微笑)自分のお店ですから。ムネを張らなくちゃ!」


何だか、この店に感じる独特のオーラは、そんなサービス業の誇り、みたいなものが醸し出す雰囲気だったらしい。
何だか、ホントにいい女のような気すらしてきたではないか。
なんとなく、この店にスーっと吸い寄せられた理由も分かる気がした。
そう思ってると、入り口の扉をゆっくり押して店内を眺める一見客が。


なるほどな、と思って席を立つ。

neoneo 2009/07/30 16:58 日本一!のイイ女の店、行ってみたーい。(*^_^*)

2008-01-23 青銅の槍を持ち、フリチンで疾走する男。

[]参上、営業マン吉田。 参上、営業マン吉田。 - 藤野の散文-仲秋、紅葉、立冬、向寒 を含むブックマーク 参上、営業マン吉田。 - 藤野の散文-仲秋、紅葉、立冬、向寒 のブックマークコメント


昨年十一月も半ば、若い営業スタッフが入社した。
名を吉田という。
f:id:why-newton:20080123224119j:image:right



26歳、社会人になること一年半。
不動産テナントの飛び込み営業で鍛える、そんなさ中の転職


友人の紹介で会ったとたんにコイツだ、と思う。
第一印象で勝負するタイプか。


ルーキーに告ぐ


そして昨年の十一月十二日(月)。
机の上に社用箋に書かれた、見慣れぬ筆跡の手紙がある。

月泰 野 繁様


本日から入社になりました吉田和正です。
未熟者ではありますが、一分、一秒でも早く仕事を覚えて、会社で必要な人間となれるよう頑張っていく所存です。


宜しくお願いします。



ほほう。
「入社宣言」か。


今どき感心な。



ふぅむ……



吉田よ。



「藤」のくさかんむりないぞ。



突き抜ける男


さて先々週末のこと。
いよいよ「海外技術者の日本移住プログラム」が走り出す。
きょう一日で300通の経歴書から一次選考の100名を選ばねばならぬ。


もちろん経歴書はすべて英語。
午前中から吉田と二人で格闘が始まる。


が。



吉田よ。

一応システム会社であるウチでnetworkを「あニューヨーク」と読み、
chosen field(専攻分野)を「うーーちょーせん。あ?北朝鮮すかね」と解する吉田よ。
北朝鮮はノースコリアだ。




君がこれから長く究めて行くだろう営業。
そこでお前の持つ「突っ込み力」は最も大切な武器だ。


これがなくては勝ち抜けぬ。
またおいそれと手にも入らぬ。



が吉田よ。


それ以外は丸腰。



まあ全裸か。



フリチンだ。



これからあらゆるヨロイ兜や馬や、丈夫な盾を身につけてくれよ。


今日、私には見えたのだ。
君の姿が。

青銅でできた、ゴツくギラッと光る槍を持ち、
IT砂漠の荒野をゆくフリチンの戦士、吉田和正。


丸裸で槍を構え、大事なモノを振り回し、ただひた走る君が見えたのだ。



まずはパンツからよろしくだ。


すでに萌芽か



しかし。
その吉田が、自らIT用語集を作り、
自らプログラミング研修を志願し、
英語もゼロからやり直すという。


しかも時間の効率化のため、平日は禁酒しいずれタバコも止めるという。(止めかたは伝授しておいた)


26歳。


留年もしているという吉田よ。
ちょうど社会人になりたての自分の年とカブる。(オレは浪人している)
あのころの自分は結構ガムシャラに仕事もしていたが、いろんな意味でムダだらけだった。


「時間の使いかた」などに気づきを得たのは何と先月のことだ。

お前はそんな精神やテクニックを今から学んでいる。
現時点がどうあれ、成長せぬはずがない。



モンスターになるかもしれぬ。(謎)


なにせ「自発」は最高のガソリンだ。



吉田和正、Hang in there!

neoneo 2008/01/23 22:50 キャー、吉田さん何だかステキ!最高ですね。(^-^)/~~

旧正月旧正月 2008/01/23 23:02 吉田のイチモツに乾杯!

ちゅう太ちゅう太 2008/01/23 23:04 お、今日のブログ面白いですね。吉田氏もう後に引けませんね。(笑)

夜露死苦夜露死苦 2008/01/23 23:16 若い時によい師に巡り合うことは人生最大の宝であり、またそれを生かすのは本人の才能である。裸に青銅の槍。
カッコいいじゃないですか。

パンツを履いたサルパンツを履いたサル 2008/01/24 00:01 青銅の槍を持つ、なんて。ドラクエみたいですね!一つ強い武器があったらボスキャラと戦えますから。でもフリチンはちょっとまずいなー。弱いスライムにやられちゃいますね。(>_<)

妖怪人間妖怪人間 2008/01/24 09:10 究極の仕事人、てことはいい話ですよね?

v4v4 2008/01/24 09:46 がんばれ!しかしすごい紹介のされ方ですな。。(^^;)

パンパカパンパンパカパン 2008/01/24 09:59 スッゴい期待かかってますね。まあ人生、これからですから。残念!!

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:28 neoさんどうも。恐縮です。

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:28 旧正月さん、乾杯!(苦笑)

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:29 ちゅう太さんどうも。ええ。もう引けません。

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:29 夜露死苦さんこんにちは。そういえばそうです。

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:30 パンツを履いたサルさんこんにちは。そんな感じ、かも知れませんね。

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:30 妖怪人間さんこんにちは。いい、話です。

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:31 v4さんこんにちは。ちょっと思うところありまして。(笑)

why-newtonwhy-newton 2008/01/25 20:31 パンパかパンさんこんにちは。これから、ホントにこれからです。

packpack 2008/01/28 11:27 厳しいようで優しいですね。いい上司すね。

元気です。元気です。 2008/01/29 13:21 おー何かイキのいい新人さんですねー!楽しみだけどちょっと心配。だってフリ○ンなんて!キャー(*^_^*)