Hatena::ブログ(Diary)

whzatの日記

2016-12-19 Windows7 で WindowsUpdate ができないトラブルの対策

Windows7WindowsUpdate ができないトラブルの対策

今年の10月ごろから、パソコンのリカバリー後に「 Windows Update がまったくできないトラブル」が発生した。

リカバリー作業では、以前に作成した「 Windows7がインストールされた C:\ ドライブ全体をバックアップしたファイル」をリストアした。リストア後、Windows7 とその上で動くソフト・アプリは問題なく使えるのに、なぜか Windows Update を実行させてもアップデートが1つもできないという症状が続いた。

f:id:whzat:20161219085300j:image

具体的には、Windows Update を実行させると、延々とメッセージ「更新プログラムをさがしています・・・」が出て、丸1日続けても状態が変わらない症状だ。しかし、日常的に使っているパソコンでは今までどおり自動アップデートができているのに・・・??

ようするに Windows Update のシステム自体に問題の原因があるようだ?

ネット検索で調べたら、どうも「Windows Update Client」のパッチを手動で当てれば解決できることが分かった。Windows Update は通常は自動実行できるのだが、このパッチは手動でやらないとダメらしい?・・・この件は Windows Update の問題なのに、Windows Update解決できないというおかしな事態だ!

パッチはこちらからダウンロードした。

 Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3172605) Windows7-64bit版用

 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=53332

 32ビット用更新プログラム (KB3172605)

 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=53335

パッチを当てる手順だが、今使っている Windows Update を完全に停止させないと完了しないので注意が必要だ。次の手順で行う。

1、Windows Update --> 設定の変更 と画面を開く

  f:id:whzat:20161219093230j:image

2、「更新プログラムを確認しない」に設定する

  f:id:whzat:20161219085301j:image

3、マシンを再起動する

ここでマシンを再起動しないと、インスタンスとして起動中の Windows Update Client を停止させられない。その結果、以降の手順でのインストールが正常に実行されないため「再起動」が必須。

4、再起動した Windows7 で、パッチ (KB3172605)のファイルをWクリックして実行する。

  f:id:whzat:20161221090025j:image

  f:id:whzat:20161221090321j:image

  f:id:whzat:20161221090322j:image 実行終了後にマシンを再起動する。

5、マシン再起動後、再度 Windows Update --> 設定の変更 の自動実行の設定を元に戻して完了です。

  f:id:whzat:20161219093230j:image

  f:id:whzat:20161221090931j:image

6、動作確認のため Windows Update を手動で実行させてみてください。


困ったらおためしあれ。

2015-07-23 ポラロイド社のサポートは?

ポラロイド社のサポートは?

リネージュを使い始めて困ったことは、製品付属の説明書があまりに簡素なことだ。わたしはリネージュを買ってはじめて「アンドロイド系の1年生」になった。基本的なことは、アンドロイドスマホムック本や雑誌を読んで理解したが、製品固有のことがわからなかった。

■ ヘルプセンターは期待しない方がいい?

公式サイトにある「ヘルプセンター」の「問い合わせフォーム」に、リネージュの画面に表示される表示やアイコンにについて説明した詳細な説明書はないのか質問してみた。

f:id:whzat:20150809094529j:image

しかし、質問が受理されてから回答メールが送られてくるまでには20日以上かかった。質問は電話でした方がよさそうだ?

■ 明文化した詳細なマニュアルはない

回答をもらってわかったことは「詳細なマニュアル」はないということだった。

家族のうち、親がリネージュ買い、子供がポラスマを買って利用している場合、子供のポラスマの設定で困ったら迷わず「電話サポート」で問い合わせするのが正解のようだ?

2015-07-21 ファームウェアを更新する

ファームウェアを更新する

ポラロイド社の公式サイトにあるリネージュのページには、最新ファームウェアアップロードされていたので実行した。

ファームウェアアップデートのお知らせ

http://polaroid-smartdevice.com/help/?page_id=674

f:id:whzat:20150721104920j:image

更新事項は次の2点ということだ。

・Simカード切り替えの不具合の改善。

バッテリー駆動時間の改善。

最新のバージョン番号:V10B-linage-20140915

f:id:whzat:20150721111359j:image

わたしのリネージュファームウェア・バージョンは V10B-linage-20140604 で古くなっているのでアップデートすることにした。

アップデートの手順はこのサイトにありPDF文書になっているので、パソコンならダウンロードして読めるが、リネージュでの小さな画面ではちょっと読みにくかった。

アップデートの手順

http://polaroid-smartdevice.com/help/wp-content/uploads/2014/08/FWupflow.pdf

アップデート操作」自体はリネージュの画面を表記を読みながら指先でタップしてゆけば完了するので簡単だ。

アップデートの実行画面

f:id:whzat:20150722091959j:image

f:id:whzat:20150721113218j:image

アップデート実行中の画面

f:id:whzat:20150722093508j:image

アップデート後は、バージョン番号を確認することで成功したか否かを確認する。

f:id:whzat:20150722092129j:image

これでバージョン V10B-linage-20140604 が最新の V10B-linage-20140915 にアップデートが完了した。

2015-07-20 「バッテリーパック交換サービス」をした

バッテリーパック交換サービス」をした

ポラロイド社は「ポラスマ」と「リネージュ」ユーザーを対象に、5月14日〜30日までの期間延長ということで、「バッテリーパック交換サービス」というキャンペーンをWebページでやっていた。

まだ買ったばかりのリネージュだが、バッテリーが該当製品だったので、さっそくネットから登録して交換の手続きをした。5月15日。

重要】Polaroid SIMフリースマートフォン「PolaSma」「LINEAGE」をお使いの皆様へ

 バッテリーパック交換サービス 期間延長のお知らせ

http://polaroid-smartdevice.com/apply/

f:id:whzat:20150720225550j:image

交換用バッテリーが6月になってから到着した。

f:id:whzat:20150720231312j:image

f:id:whzat:20150720231239j:image

すでに使っているバッテリーを返送した。

新しいバッテリーに交換したが、使った感じは以前と同じだった。

バッテリー交換」の手続きをした時に考えたのだが、リネージュの販売会社ポラロイド社は、ユーザーの私のことはまったく把握していないということだ。

ポラロイド社はウェブで「バッテリー交換サービス」を通知したが、メールや電話での通知は一切なかったので、このサービスを受けられたユーザーはウェブを見た人だけということだ。

既存の大手3社からスマホを買った場合は、系列ケータイショップがスマホケータイの本体のサポートやメンテナンスもやってくれるので安心だったが、格安スマホを買った場合は、こういった販売会社の周知を時々自分で調べておかなければならないわけだ。

SIMフリー・スマホを使う場合は、販売会社の公式サイトを時々見て、サービスやサポート情報を知っておくことが必要だとわかりました。

2015-07-05 OCN の「050 plus」に加入・登録する

OCN の「050 plus」に加入・登録する

格安SIMカードの通話は、一般のケータイキャリアーの通話料金よりも割高に設定されている。格安SIMの契約については、毎月の基本料金がOCNモバイル ONEの場合は 税込み1782円と割安なのだが、時間単価が高めに設定されているので通話時間が長い人ほど料金メリットがなくなってしまう料金体系になっている。

しかし、格安SIM各社はさらに「通話料金を節約できるサービス」も用意しているので、契約条項に同意できれば利用して通話料金も節約できる。

OCNモバイル ONE の場合は「050 plus」というサービスだ。OCN 以外の格安SIM会社も、「」「」・・・というように同様のサービスを開設しているので調べて任意でインターネットで加入できる。

f:id:whzat:20150711085130j:image

f:id:whzat:20150711085321j:image

OCNモバイル ONE の利用者は、「050 plus」に契約すると毎月の料金300円が免除になるので、契約して使うことにした。

「050 plus」の契約をする

OCNモバイルONEのSIMカードが到着したと同時に届いた、「050 plus 勧誘ハガキ」を読み、説明にしたがって新規登録の作業をする。

f:id:whzat:20150711091314j:image

f:id:whzat:20150711092009j:image

f:id:whzat:20150711092256j:image

f:id:whzat:20150711092503j:image

f:id:whzat:20150711092819j:image

「新規登録」は、パソコンかスマホを操作してウェブから自分で行うが、文字がたくさん出るので目が疲れていないときに実行したい。

「お得額表示」の設定をしてみる

「050 Plus」の設定後、「お得額表示の設定」の画面が現れる。

これは無料のサービスオプションで、今まで利用していた「大手ケータイキャリアと 050Plus との料金差」を通話直後に表示してくれる。格安SIMを使ったおかげで、どれくらい通話料金が節約できたかを体感できるので、最初は設定しておくといいかも知れない。

f:id:whzat:20150711093743j:image

画面のボタン「キャリア名」と「料金プラン名」をクリックして設定する。