アジアとは
はてなキーワード 無料辞書
Wikipedia では
アジア
アジア亜細亜Asia)は、アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもち、古代では現在のトルコ西部の地域にあたる古代ローマの属州アジアとその一帯を指した。 現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、異なった様々な定義がなされる場合がある。 略称はである。
目次
1 概要
2 アジアの定義をめぐる各種意見
3 アジアの独立国
4 アジアの地域区分
4.1 東アジア
4.2 東南アジア
4.3 南アジア
4.4 北アジア
4.5 中央アジア
4.6 西アジア
5 関連項目
目次△
概要
現在ではユーラシア大陸ヨーロッパ以外の地域、つまり、アジア大陸島嶼海域を含む)であり、六大州の一つ。 ユーラシア大陸の面積の約80%をアジアが占め、人口は世界最多で世界人口の約60%がアジアに住んでいる。
アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。地理上の境界は、ウラル山脈ウラル川カスピ海コーカサス山脈黒海ボスポラス海峡マルマラ海ダーダネルス海峡を境界とすることが多い。 なお、アフリカとはスエズ地峡を、オセアニアとはニューギニア島西方の海峡を挟んでいるため、この両地域とは地理的境界と人為的境界が一致している。
目次△
アジアの定義をめぐる各種意見
「アジア」という言葉は元々ヨーロッパの東を意味する言葉であり、その範囲は近代ヨーロッパ諸国の勢力拡大に伴い徐々に広まってきた。そのため一般的には、地理的・人種的に厳密に分けられた呼称としては確立しておらず、使う立場によってその範囲はしばしば異なっている。国際機関においても、IOCFIFAではアジアの範囲が異なっているように、厳密な定義として確立していない。 そのため、従来から科学的・経済的・政治的にアジアを再定義しようとする動きが存在する。
※科学的な再定義の代表例。
1.ヒマラヤ山脈の東北側の東南アジア・東アジアを「東ユーラシア」として定義し、ヒマラヤ山脈の南西側のインド・アラブ地域を「西ユーラシア(ヨーロッパを含む)」として定義する学説。
プレートテクニクス理論によれば、ヒマラヤ山脈を境界としてインドプレートとユーラシアプレートに分かれており、また人種的にも東南アジア・東アジアの諸民族はモンゴロイドであるのに対し、インド・アラブ地域の諸民族はコーカソイドであるため、科学的妥当性が高いといわれている。
2.上記の「西ユーラシア」を更に細分化し、インド亜大陸・アラブ地域をヨーロッパと切り離し「南ユーラシア」とし、「東ユーラシア(東南&東アジア)」・「南ユーラシア(インド・アラブ)」・「西ユーラシア(ヨーロッパ)」の三つに分ける考え方。
文化的に、インド・アラブ地域とヨーロッパとの差は大きいため、その意味で妥当性が高いといわれている。
※一般的に指すアジアの定義。
ヨーロッパ諸国=トルコ以東(中東をイメージすることが多い。ロシアのアジア地域はしばしば除外される)。 イギリスで単にアジアと言うと、旧イギリス領東インド諸国をさすことが多い。
(1/8)

[emoji:510]「」関連商品
消費大陸アジア: 巨大市場を読みとく (ちくま新書1277) 139cmロリっこ青田買い東南アジアにいそうな顔立ちの健康的小麦色肌ロリ少女上京即撮り一番乗り [DVD] 入門 東南アジア近現代史 (講談社現代新書) 底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる
[emoji:B83]キーワード「アジア」に戻る

[emoji:836]画面上へ戻る