Hatena::ブログ(Diary)

lambda {|diary| lambda { diary.succ! } }.call(hatena) このページをアンテナに追加 RSSフィード

引っ越しました
 | 

2005-09-04

[] DUALDRIVE

http://www3.ocn.ne.jp/~dual/

自転車のってないなぁ…

[] プレゼンについてのメモ

XP祭り2005でプレゼンについていろいろ思うところがあったので、忘れないうちにメモ。

プレゼンについて

  • プレゼンはテンポ良く
    • おなじスライドをずーっと見せられていると飽きる。眠くなる。スライドはぱっぱっぱーと変わったほうがいい。1分1枚とか、2分1枚とか、単位時間当たりのスライド枚数を考えたほうがいいかも
  • 絵を入れる
    • 文字ばっかりだと(特に細かい字ばっかりだと)、やっぱり飽きる。眠くなる。文字のレイアウトにこったり、色を使ったり、絵を入れたりしたほうがいい
  • 高橋メソッドはインパクトあり
    • 「ただ文字を大きくしただけじゃん」と思ってたけど、実際に見たらインパクトがあった
    • ただ、多用しすぎると内容が薄くなる気もした
  • 緊張は伝わる
    • 講演者の緊張はつたわるもんだな〜と思った。しないに越したことはないな…と
  • 読み上げるだけはダメ
    • スライドを表示させて原稿をただ読み上げるだけだと、やっぱり飽き(ry。せめてポインタでスライドを指すぐらいの事はしたほうがいいな
  • スライドに書き込む
    • 平鍋さんがスライドに日本中国地図を書いたのが面白かった。ホワイトボードのようにその場でスライドに書き込むと、わかりやすい気がする
  • 昼メシ後は不利
    • やっぱり眠くなる…
  • ジョークを混ぜる
    • 萩本さんの宇宙人みたいに、適当にジョークを混ぜると息抜きになる。集中力ってそんなに続かないし
  • 実例を挙げる
    • 実例を具体的に挙げたほうが納得しやすい。論理ばっかりだと「ホントかなぁ〜」って気分になる
  • アニメっていいかも
    • 荻本さんの講演でポンチ絵のアニメが目を引いた

質疑応答について

  • サクラを用意してみる
    • 最初に手をあげるのは勇気がいるし、サクラを用意するのもありかな…と
  • 質問者を否定しない、対立しない
    • 講演者と質問者が対立したり、質問者が無下に否定されるのは聞いていて気分がよくない。「オレ様の意見に文句あるのか?」「おまえは何もわかってない」みたいな…
  • プレゼントを用意してみる
    • 「質問したらこれあげま〜す」とかやると質問しやすいかも

[] XP祭り2005

もー、めちゃめちゃ面白かった。


少し遅れて会場に着いたので「XP入門」は聞き逃したけど、倉貫さん、平鍋さん、ひがさん、萩本さんの講演はどれも面白かった。特に、平鍋さんのすごい。ペケぴーも面白いし。XPじゃなくても紹介されたプラクティスは実践してみたいな〜。PM以外の立場で実践できるのは「あんどん」ぐらいかな…。(ペアボードは実践中)


パネルディスカッションはテーマが発散しまくって、ひやひやした。パネルディスカッションってあーゆーもんなのか…。ぶっちゃけトークが面白すぎ。関さんの「フレームワークチームが嫌いだ!」はすごーくよくわかる。Microsoft萩原さんの発言はすごく切れ味が鋭い。言葉の端々に知識の深さを感じさせる。すごいなぁ。


ライトニングトークスは特に角谷さんが面白かった。まさにライトニングRuby最高。


最後の抽選会でdRubyの本をゲット。

dRubyによる分散・Webプログラミング

見習いRubyistにはありがたいことです。

 |