Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006/10/11 BODY AND SOUL このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨日、停電がありました。真夜中に真っ暗闇に。停電になると、冷蔵庫の音が消え、蛍光灯の音が消え、テレビの待機音が消える。まったくの静寂。そこに残るのは自分の身体と、そして魂の音。


BODY AND SOUL

1930 (Sour & Heyman, Eyton / John Green) Jazz Band Ball Orchestra


My heart is sad and lonely

For you I sigh, for you dear only

Why haven't you seen it

I'm all for you body and soul


私の心は悲しく独りぼっち

ため息さえもあなたのせい

なぜ気づいてくれないの?

身も心もあなたのものだと


あなたを思って生きてきて

なぜ私は冷たくされるの?

気持ちは伝えてるじゃない

身も心もあなたのものだと


信じない、分かりたくない

二人の恋を捨てただなんて

あなたはウソをついてるわ

恋が終わりみたいじゃない

まだチャンスはあるよね?

やり直したいの


私はあなたのせいで難破船

手を伸ばせばあなたのもの

抵抗しない、全て捧げるわ

私自身を、私の身も心も


悲痛な叫び。自分が置かれた状況の理不尽さ。恋は渡り鳥のようにやって来て、そして去っていく。相手を責めても、自分を反省しても、修復は不可能。恋に理由などない。「何もかも捧げてきた」と歌いながら「何もかも捧げるわ」と続く歌詞は破綻しています。でもその破綻が、心の実相を描き出しているのではないでしょうか。

邦題『身も心も』。Robert Sour、Edward Heyman、Frank Eytonの三人体制で作詞してます(それで歌詞にいろんなバリエーションがある)。1930年レビュー『スリーズ・ア・クラウド』のナンバー。エディ・デューチンのピアノでポピュラーになり、ミリオンセラーになった。1946年に『The Man I Love』『Body And Soul』という2つの映画に使われているらしい。


Swingin' Easy
Swingin’ EasySarah Vaughan and Her Trio

Polygram 1992-11-17
売り上げランキング : 89427

おすすめ平均 star
starシュッシュシュビドゥバ゙シャダバダバ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サラ・ヴォーンがしっとりと歌う「身も心も」。サラが16歳のとき、ニューヨークのハーレムにあるアポロ劇場で素人のど自慢大会のとき歌ったのがこの曲。思い出深いに違いない。たまたま居あわせたビリー・エクスタインがこれを聴き彼女をスカウトしたのだから、人生、どこに転機があるか分からないもの。


Jazz Giant
Jazz GiantBud Powell

Verve 2001-02-05
売り上げランキング : 135814

おすすめ平均 star
starパウエルの凄さを思い知る1枚!
starバド・・パウエルならではの演奏が聴ける、彼の代表的名盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラッグに溺れ、身も心もボロボロのバド・パウエルが奏でる美しい演奏。彼にとってピアノと向かい合っているときだけが、何もかも忘れることが出来る至福の時間だったのだろう。恍惚とした忘我から紡ぎ出される音色は、音楽に身も心も捧げた証だと思う。


D

Body and Soul
Body and SoulColeman Hawkins

RCA 1996-05-21
売り上げランキング : 121507


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「身も心も」と言えば、コールマン・ホーキンスのこの名演。1939年。メロディを2小節ほど吹いたホーキンスはすぐ即興演奏を始め、最後までメロディに戻ることなく吹き切っている。ジャズをただのダンス音楽から、聴かせる音楽へと変革した歴史的作品。


Coltrane's Sound
Coltrane’s SoundJohn Coltrane

WEA/Warner 1990-10-25
売り上げランキング : 22704

おすすめ平均 star
starアトランティック時代の名盤 玄人受け抜群
star三つ子の関係
starセントラルパークウェスト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コルトレーンがマイルス・グループから独立し、自分のスタイルを築いたアルバム。マッコイ・タイナーのピアノに先導されながらドラムのエルヴィン・ジョーンズが珍しく丁寧にリズムを刻み、コルトレーンもメロディ・ラインから逸脱せずに音楽に没頭している。始まりから終わりまで、美しい緊張感をたたえている。


カラーパープル
カラーパープルアリス・ウォーカー メノ・メイエス スティーブン・スピルバーグ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-07-14
売り上げランキング : 14772

おすすめ平均 star
starスピルバーグいやハリウッドの偽善性

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕はこの映画、好きです。差別は、差別される者どうしの間で特に陰湿な虐待になっている。黒人であり女性であること。二重の苦しみを生きる女性の生涯。そのことが、友情と音楽を通して、「差別される理由」から「自分が自分である誇り」に変わっていく。ジャグの「神様は寂しがりやで、本当は皆に気づいてもらいたいのよ」の台詞で、ウーピーさん演じる主人公のセリーが空を見上げるシーンは、やはり美しい。実はホーキンスの「身も心も」が映画のなかで使われています。