Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/05/09 AMAPOLA このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

丘の上、ひなげしの花で〜♪ 5月の花はひなげし。英語だとポピー。漢字で書くと、え? 虞美人草なの?!


AMAPOLA

1924(Albert Gamse / Garcia Jose Maria Lacalle) Victor Dias


Amapola, my pretty little poppy

You're like that lovely flower

So sweet and heavenly


アマポーラ、可憐なひなげしよ

君はあの可愛らしい花のように

とても優しく、とても神々しく


君と出会った、そのときから

僕の心は君のことばかりを考え

愛しさにラプソディを奏でてる


アマポーラ、可憐なひなげしよ

野に咲くひなげしのほうが

君の愛らしさを真似てるんだね


アマポーラ、アマポーラ

僕が望んでいるのは、ただ一つ

どうか「愛してる」って囁いて


1922年、南米の作曲家ホセ・ラカージェがハバネラ(ハバナ風舞曲)としてスペイン語で発表。Amapola, lindisima amapola. Sera siempre mi alma, tuya sola.(ひなげしよ、愛らしきひなげしよ。我が魂は永久にお前だけのもの)。ひなげしの花のことを歌っているようでいて、実はアマポーラという名の女性(どうも冷たくあしらわれている様子)に愛を告白しているというのが原詩の醍醐味。フェイント技です。

1924年にアルバート・ゲイムスが英語訳。1935年にはロベール・シャンフルーリとルイ・ソーヴァがフランス語のルンバにアレンジし大流行した。1941年にジミー・ドーシー楽団の演奏がビルボード第一位に。異色どころでは1960年代にスウェーデンから飛び出したスプートニクスのエレキ・サウンドか。

D

魅惑のムード音楽ブラックベルベッツ。このチープなゴージャスさがたまらん。


Carta De Amor-恋
Carta De Amor-恋ヌーノ・ゲレイロ

EMIミュージック・ジャパン 1998-07-08
売り上げランキング : 25689


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポルトガルの伝統音楽ファドを現代風にアレンジするバンド、アラ・ドス・ナモラードスのボーカル。ヌーノ・ゲレイロのこの歌は、日産のプレサージュのCFで流れた。中性的なカウンター・テナーを駆使して、物悲しい明るさを表現しています。聴く価値あり(試聴はこちら)。ちなみに、ローレルのCFで使われたのはナナ・ムスクーリの「アマポーラ」。


ON THE STREET CORNER 2
ON THE STREET CORNER 2ハリー・ウォーレン フランツ・グルーバー アービング・バーリン

ダブリューイーエー・ジャパン 2000-01-26
売り上げランキング : 23578

おすすめ平均 star
starクリスマス、クリスマス
starOn the Street Corner1と共に超オススメ!
star意義深い「2」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昔々、CDなどというモノはまだ無く、貸しレコード屋から借りたレコードをせっせとカセット・テープに録音していた頃。最初に聴いた「アマポーラ」がこのアルバムでした。「アカペラ」という言葉自体が耳新しい時代。山下達郎は一人多重録音という技法でそれをやり遂げてしまう。しかも、これが美しいし、今も色褪せていない。


The Complete Helen Forrest with Benny Goodman
The Complete Helen Forrest with Benny GoodmanHelen Forrest

Collectors' Choice Music 2002-03-12
売り上げランキング : 281888


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

時代的にビッグバンドでの演奏が多いようです。たとえば、ベニー・グッドマン。クラリネットが歌っている。このアルバムはベニー・グッドマン楽団の代表曲を3枚にまとめています。


D

アマポーラ〜ベスト・オブ・パン・フルート・ムード
アマポーラ〜ベスト・オブ・パン・フルート・ムードザンフィル

ユニバーサル インターナショナル 2000-07-26
売り上げランキング : 20049

おすすめ平均 star
starあのOnce upon a time in Americaの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ザンフィル。映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』で、一人黙々と踊るデボラの後ろに流れる笛の音がこれです。ゲオルゲ・ザンフィルのパン・フルート。長さの違う竹を並べて吹くこの楽器はルーマニアの民族音楽で使われ、ザンフィルはその第一人者として1960年代に「発見」されました。素朴で温かな音色。


【追記】

ナナ・ムスクーリについてはサチさんのサイトが詳しいです。

ナナ ムスクーリを囲んで: http://together-with-nana-mouskouri.blogspot.com/


Nana Swings
Nana SwingsNana Mouskouri

Universal/Mercury 2004-05-11
売り上げランキング : 342021


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サチさん、オススメのアルバム。スタンダードがいっぱい。

ナナ・ムスクーリは1934年生まれのギリシアの歌手。アテネ音楽学校和声科に在籍中、ジャズを歌ったことで退学させられてしまう。1972年に「Amazing Grace」がヒット。AGFマキシムのCFに使われたこともある。1986年にはヨーロッパで「Only Love」がヒットチャート第一位。生まれつき声帯が一枚しかなく、澄んだ不思議な声が魅力。70歳で現役を退いてから、今はユニセフ親善大使を務めている。