Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/09/11 BLUE MOON このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

明日はお月見。


D

BLUE MOON

1934(Lorenz Hart / Richard Rodgers) 解説ページ


蒼い月よ、お前は見ていただろう

独り呆然と立ち尽くす、私の姿を

愛する人を失い、胸に夢も持たず

ただ生きているだけの私の日々を


蒼い月よ、お前は知ってるだろう

私がずっと待ち望んできたことを

愛する人に今一度会わせてほしい

そう願う、心からの祈りの言葉を


すると突然、あの人が姿を現した

私の抱きしめるべきはこの人だけ

「許しておくれ」と囁かれた瞬間

見上げると月は金色に輝いていた


蒼い月よ、私はもう一人ではない

「孤独な日々」に別れを告げよう

愛する人を失い、胸に夢も持たず

ただ生きているだけだった日々に


The Trinity Session
The Trinity SessionCowboy Junkies

RCA 2006-05-12
売り上げランキング : 57483


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1988年カナダのオルタナティブ・バンド、カウボーイ・ジャンキーズが出したアルバム。インディーズで出したこのアルバムが口コミで広がり、世界中に売れた。アメリカのルーツ・ミュージックを現代風にアレンジし、淡々と語りかけるように歌う。「ブルー・ムーン」もエルヴィス・プレスリーのバージョンに歌詞を付け足し、新しい解釈を施してます。これ、彼氏が去ったままの歌になってます。それは切ないなあ。

でも元の歌も、幻想だけが舞い戻ってきて、実は恋人は帰ってないのだとすると結構オカルト。「孤独」に別れを告げたつもりが、ただ呑み込まれてしまっただけだったりすると、怖い怖い。蒼い月の呪い。早く現実に帰ってこいよー。

http://latentrecordings.com/cowboyjunkies/