Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/11/12 手持ちアプリのURLスキームを調べる方法 iExplorer このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

どうせなら、直接覗いちゃえ。

(追記)純正アプリのURLスキームを調べる方法(Vimを使って)


iexploreriExplorer - Formerly iPhone Explorer, is an iPhone browser for Mac and PC
Mac & Win 必携フリーソフト

以前、iPhone Explorerとして紹介したフリーソフト。iPhone/iPadの中にあるファイルを取り出すために使います。これを触っていて思いつきました。「URLスキームもどこかに書いてあるんじゃないか」って。結論はビンゴ。どのアプリにも、設定ファイルが内蔵されてます。ただ、URLスキームはアップル社に登録する義務があるのか、記載されていないアプリのほうが多い。お手持ちのアプリにURLスキームがあるかどうかは運次第。

iPadにUSB経由でファイル転送 iPhoneExplorer


f:id:wineroses:20111112203816p:image

ということで、まずはiExplorerをパソコンにインストール

 http://www.macroplant.com/iexplorer/

・パソコンにUSBケーブルでiPhone/iPadを繋ぎ、iExplorerを起動。

(例として、Evernoteを調べてみます)

・「Apps>Evernote>Evernote.app」を開く。

ABC順に並んでるので、Info.plist を探しデスクトップドラッグ

以上で、Info.plistがパソコンにコピーされます。これが問題の設定ファイル。


f:id:wineroses:20111112203820j:image

このInfo.plistを開き、URLスキームを調べます。

 plistファイルが開けるエディタ

OSXの場合は、スペースバーを押しQuickLookモードにする。

(Winなら、とりあえずエディタで開けば何とかなると思う)

・Info.plistの中身を覗き、CFBundleURLSchemes を探す。

・Evernoteでは、下記のように記述されている。

 <key>CFBundleURLSchemes</key>
 <array>
   <string>evernote</string>
 </array>

・この、stringタグに挟まれた「evernote」がURLスキームです。

試しにSafariのURL欄に「evernote:」と入力すれば、Evernoteが無事起動。こんな簡単に分かるなら、もっといろんなアプリ連携を見つけていけそう。

URLスキームでSafariにメニューを付ける


7notes HD 1.1 App Store
対象デバイス: iPad3G, iPadWifi, iPad23G, iPad2Wifi
カテゴリ: 仕事効率化   価格: ¥0
販売業者: 7knowledge International Corporation

ワープロ・アプリの7notesHDも調べてみました。「7thoughts:」が設定されてる様子。ただ、起動はするものの、Importエラーを表示してしまいます。対象ファイルの指定も必要そう。新規ファイルで良いんだけどなあ。オプションはどこを見るんだろう?

一太郎 for iPadってことになるのかな? 7notesHD無料版


(追記:2012/2/28)

もしURLスキームがなかったら、無理やり追加もできるよ。

http://hitoriblog.com/urlschemesupplier/


(追記:2012/9/23)

iOS6になって上記の方法が使えなくなってます。それで代替策。

iOS6のURLスキームをお手軽に調べる決定版 SchemeTaker

iOS6になってから始めるURLスキームの調べ方


(関連記事)

iPhone/iPadのメモ帳で簡単URLスキーム・メニューの作り方

通知センターを制するものは世界を制す MyShortcuts+Viewer

iPhone/iPadのアイコンをカスタマイズするDraftPadアシスト