Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012/11/24

DraftPadとパソコンをDropbox経由で同期する OpenText

ネタ切れにつき、小ネタのアップデート。


DraftPad 1.6.2
カテゴリ:仕事効率化,ユーティリティ
価格:無料 (Manabu Ueno)

Dropboxへの保存アシストが変わっちゃったけど、旧式も頑張ってます。


DraftPadからNebulousNotes経由でDropboxに保存してみた - W&R : Jazzと読書の日々
NebulousNotes、無料になってるし。アイコンが引き締まった。今までLite版を使ってたので、無料の間にゲットしました。Dropboxと同期するエディタです。アンドゥやカーソルなどの拡張キーに...

旧式というのは、下記アシストみたいなタイプ。

draftpad://dropbox/save?

そのままだと、DraftPadフォルダに全文保存されるだけ。しかも、ファイル名がタイムスタンプの文字列で整理しづらい。それで、これまでは他アプリと連携するのが通例だったんですが、実はオプションが増えていたのです。


f:id:wineroses:20121124205602j:image

path と filename を追加。下記アシストが使えます。

draftpad://dropbox/save?path=/DragonPad/&filename=<@L1>.txt

ちゃんとファイルが保存されます。path が「フォルダ名」で、filename が「ファイル名」。フォルダも新規作成してくれる。しかも、拡張子も自由に設定できちゃう。


... さて、話はここから。

DraftPadアシストでDropboxのファイルを読み込む OpenText - W&R : Jazzと読書の日々
パソコンで書いた文章をDraftPadに取り込んでみよう、て実験です。DraftPad 1.5.6(無料)カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ販売元: Manabu Ueno - Manabu U...

同じファイル名を使うと上書き保存されることに気づきました。ということは、以前作った「OpenText」を双方向に出来る! OpenTextとは、Dropbox上のファイルをパソコンとの共有クリップボードにする方法。パソコンからのテキスト転送が簡単になります。

Title: OpenTextに保存
URL: draftpad://dropbox/save?path=/&filename=open.txt

f:id:wineroses:20121124205642j:image

まず、上の「OpenTextに保存」を実行してからDropboxアプリを開くと、open.txt というファイルが作成されてます。これを選び「リンクをクリップボードにコピー」すると「https://www.dropbox.com/s/xxxxxxx/open.txt」形式のアドレスがコピーされる。この「xxxxxxx」を、下記アシストの「https://dl.dropbox.com/s/xxxxxxx/open.txt」の「xxxxxxx」と置き換えると、open.txtを読み込むアシストになります。

Title: OpenTextを開く
URL: draftpad://self/web?source=<script>LINK=%22 https://dl.dropbox.com/s/xxxxxxx/open.txt %22;location.href=%22draftpad:///webdelegate?load=f%22;function f(){x=new XMLHttpRequest();x.open(%22GET%22,LINK,false);x.send(null);s=x.responseText;draftpad.replace(s);}</script>

パソコン側は、単にDropbox内の open.txt を開くだけ。「DraftPadはパソコンと同期できない」という悩みも、これで解消しちゃいませんか?