Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013/09/22

iOS7にアップデートしたら最初に内蔵辞書をゲットしよう

自分でカスタマイズできるようになりました。


iOS6の内蔵辞書が英英辞書になったり英和辞書になったりする
初めはバグかと思いました。単語を範囲選択すると出てくる「辞書」または「Define」。iOS6にしたら英英辞書が出るようになった。「ほんと、今のアップルは極東のことを考えてくれてないなあ」とボヤいてた...

iOS6のときはキーボードで切り替える方式でしたが、iOS7では複数の辞書を同時に表示します。着実に進化している。中国語スペイン語も、自分の必要なのだけ組み込める。


f:id:wineroses:20130922135537j:image

メモに何か単語を書いて選択し、「辞書」を選びます。


f:id:wineroses:20130922135555j:image

「定義が見つかりません」とつれない返事。ここで「Webを検索」を選べばSafariが立ち上がるようになっています。なるほど、それでSpotlightからWeb検索が消えたのか。


f:id:wineroses:20130922135607j:image

で、いまは「管理」のほう。ここをタップすると、無料でダウンロードできる辞書の一覧が出ます。雲マークを押すとiPadに内蔵辞書がインストールされる。いくつでも選べます。


f:id:wineroses:20130922135622j:image

もう一度単語を選択し「辞書」を選ぶ。今度はちゃんと定義が出ました。

要らない辞書は削除することもできます。表示される情報も、前より増えた印象がします。こんな素敵な機能まで付けて無料提供だなんて、Apple様はおやさしい。

  • iOS7の内蔵辞書はiBooksと兼用になりました
  • 内蔵辞書検索がiPadに対応(URLスキームも付いた)