Hatena::ブログ(Diary)

W&R : Jazzと読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017/12/11

Scrapbox専用のiPhoneアプリがやってきた Porter for Scrapbox

ぴゅーぴゅー冷たい風が荒んでいます。もうすぐクリスマスがやってきて、今年も終わり。そう思っていたら、ネット界のサンタさんからプレゼントが届きました。


Porter

Porter for Scrapbox 1.0.0
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (shunsuke senoo)

91958に続くScrapbox非公式アプリ。WorkFlowyに喩えると、91958がMemoFlowyで、PorterがHandyFlowyですね。専用エディタの91958に対して、Porterは機能拡張型ブラウザ。Scrapboxを表示しつつ、Javascriptで新しい機能を追加していけます。

  • Porter for Scrapbox オンラインヘルプ

  • SBPorter

    Textwell 1.8.4
    分類: 仕事効率化,ユーティリティ
    価格: \360 (Sociomedia)

    URLスキームは「sbporter:」。Scrapboxにスルーパスする方式なので、Textwellから書き込むこともできます。一行目をタイトルとし、タイムスタンプを付けて転送します。

    sbporter://scrapbox.io/プロジェクト名/タイトル?body=内容
    

    Import Textwell ActionSBPorter


    使い方

    拡張キーボードが使いやすい。上下キーがカーソル移動ではなく、行ごと移動する方式なのは嬉しいです。アウトライナー的な編集ができます。コピペ用の拡張キーも、行の削除やペーストに対応しています。左右キーが選択のときのみインデントなのは微妙かな。

    スワイプすると別の拡張キー・セットが出てきて、さらに定型文も追加できます。β版テストでアイデアが吹き出して全部詰め込んだ感じでしょうか。いきなり多機能です。


    機能拡張

    右端の Page Menu に新しい機能を付け加えることができます。右上の[編集]から[+]をタップ。たとえば、表示中のページをTextwellに転送するのは下記スクリプトになります。

    (function() {
    editor = "textwell://replace?text=";
    url = location.href.replace("io/", "io/api/pages/") + "/text";
    x = new XMLHttpRequest();
    x.open("get", url, false);
    x.send(null);
    location = editor + encodeURIComponent(x.responseText);
    })();
    


    まとめ

    拡張機能を自作できるところに未知の可能性を感じさせます。出来れば、拡張スクリプトをインポートするURLスキームもほしいところ。でも拡張キーもカスタマイズできるし、考え出すと切りがないのかも知れません。


    追記

    control + 矢印 - Porter for Scrapbox - Scrapbox
    というテキストが挿入されます。改行は\n"(ダブルクォート)の前には\(バックスラッシュ)を付ける#ツールボタン向けJavaScript#JavaScriptコンテンツは現在製作中です。iOSアプリ...

    アウトライナーモード専用のキーセットを追加してもらってました。助かります。さっそく設定しました。ツールバーをスライドして右端の鉛筆ボタンで設定に入れます。

    エージェントでMacからのアクセスに見せかけるのは適切だと思います。その分、長押しからの範囲選択が使えないのは寂しいけれど。Safariに飛んで操作することになるかな。