winter note

2006年12月30日 Smoke on the Water

[] 禁煙は3日でできる


 部屋のそうじをしていたら、封の切られていないタバコ1箱と、吸殻入れとライターが見つかりました。そういえば禁煙したんだなぁ、とおもいだしました。


 わたしは現在25歳で、タバコを吸い始めた年齢は1……あいや、その、ととと当然20歳からですから、差し引き7年ほど吸っていたことになります(計算が間違っているとしたら、おそらくタバコが脳に悪影響を与えたのでしょう)。


 ペースは2日で1箱から3日に2箱くらい。飲み会があるとさらにペースは上昇。銘柄については伏せますが、ヒントを言うと、あちこちの自販機のいちばん左上に設置されてることが多い、320円の、赤い、マルボロでした。


 今年の春から夏にかけて、なんだか吸っててもうまくない感じになって、それでも惰性で吸い続けていたら、血タンが出ました。わあ、マルボロ色だ! これが緑箱のマルボロメンソールなら緑色のタンが出ていたことでしょう。体内にスライムが寄生しているんじゃないかと疑っていたところです。もしそうなら、やばかった。幸いわたしの体内にはレッドスライムしかいないようなので安心しました。


 タバコが健康に悪影響を与えるかどうか、証明されてないと言うひとも、世の中にはいるようです。もしくは悪影響があるにしても個人差がある、と言うひとも。だけどわたしにとっては有害であることが判明しました。呼吸すると苦しくて、ノドの奥になにかが張りついたようになって、タンが絡む。この胸を誰かのものと交換したい、できればEカップぐらいある胸と……! そんな身勝手な願いすら抱くようになり、わたしは禁煙を決意しました。8月中旬、お盆休みのことです。


 しかし難関が待ち受けていました。禁煙を決意したまさにその夜、親戚が一堂に集まり、酒を飲んだり飲まれたりする非常に有意義な会合が催されたのです。次々に登場する酒、つまみ、酒。わたしはそれなりにお酒が好きなほうで、おじが持ってきた良い日本酒などを出されると、調子にのってパカパカ飲んでしまいます。ふぅ、いい気分。すると、おじはわたしの目の前でタバコに火をつけました。

「あれ、そういえば winternote ちゃん(本名です)、タバコ吸ってなかったっけ? おれと同じマルボロだよね。切れたの?」

「今あんたに切れそうです」

 とは言わず、笑顔で対応しました。

「禁煙することにしたんです」


 どっ、と周囲に笑いが起こりました。いや、わたしのセリフに対してじゃなく、ちょうどたまたま別のところで、誰かが冗談かバカ話か何かを言ったみたい。だけどあまりにタイミングが良すぎて、今でも鮮明に覚えています。別のところで別の話を笑ったのはわかっていたのに、不思議と、瞬間的に泣きたくなりました。すぐおさまったのですが、おかげでわたしは、禁煙の誓いをよりいっそう強めることができました。


 翌日からガム(普通のコンビニに売ってるキシリトール入りのやつ)を噛み続けました。それも生半可な噛みかたではなく、味がなくなると即座に次のガムを投入するという、肺の代わりにアゴに負担のかかる噛みかたでした。チェーンスモーカーならぬ、チェーンガマーとして新たな人生を歩みはじめたわたし。起きているあいだずっと次弾を装填し続ける日々が続きました。続いたといっても3日くらいでしたけど。


 4日目の朝、おそるおそるガムを止めてみました。すると、タバコを吸いたいという欲求があまり起きません。ついでに、アゴが痛いためか、ごはんを食べたいという欲求もあまり起きません。ついでに、たっぷり寝たためか、ふとんに戻って寝なおしたいという欲求もあまり起きません。ついでに出勤したいという欲求も、納税したいという欲求も、フルマラソンに挑戦したいという欲求も、士道を極めたいという欲求も、盗んだバイクで走り出したい欲求も、借金を身体で支払いたいという欲求も、一切合財が消失。わたしは無の境地と空の悟りに到達し、天地開闢より幾星霜、六道輪廻の因果の果てに、内なる個と宇宙と禁煙がひとつになった。

「でも」奈々は尋ねる。「よく止められましたね。ヘビー・スモーカーの患者さんたちなんて、大変な努力をしてますよ。ニコチン・パッドを張ってみたり、ニコチン・ガムを噛んでみたりして――」

「しかし」崇は奈々を見た。「ニコチン自体は、三日間で完全に体外に排出されてしまうからね。あとは脳がその快楽を記憶しているだけにすぎない。ということは、それ以降は単純に脳――意志――の問題だからね。そう難しいことじゃないよ……」

高田崇史『QED 竹取伝説』92ページより

 調べてないから本当かウソかわからないし、そのとき読んでた小説にたまたま出てきた話を素直に信じるのはよろしくない態度かもしれないけど、禁煙という修羅の道を歩もうとするわたしにとっては、どんなに細いクモの糸でも大きな助けになりました。だからそのまま受け入れ、3日だけ耐えてみました。それでわたしは成功。4日目からは、タバコを吸いたいという欲求がほとんど起こらないようになりました。


 8月中旬からだから、3ヶ月ちょっと経過。お酒を飲んでても、タバコを吸ってるひとが近くにいても、今ではとくべつ吸いたいとおもわなくなりました。そのたびに「禁煙に成功したんだな」と感じるのですが、それはまだ意識の端に残ってるから? 自分が「禁煙したんだ」ともおもいださなくなったとき、ようやく本当に禁煙できたということになるのかもしれません。


 そんなことを考えながら、愛用していた吸殻入れとカニライターに別れを告げました。どちらもカワイイんだけど、どちらも使いづらかった。けどカワイイ。また来世に会おうねと一方的に約束して、分別してゴミに出しました。


f:id:winternote:20061230135223j:image

うま塩うま塩 2007/01/08 21:57 ええ話や・・・

タクタク 2007/01/08 22:18 18ですか不良ですねぇ。笑
禁煙自分もしたいですが無理ですね。多分悶え死ぬ。
っつかはじめまして。
これからちょくちょく顔出させて頂くかも知れません。
よろしくお願いします☆

winternotewinternote 2007/01/09 00:17 25−7=20です。何度検算しても、それ以外の答えは出ません。つまり頭が不良品ということで、お後がよろしいようで。
テケテンテンテンテケテンテケテン……

姫子姫子 2007/01/12 13:52 吸い殻入れ、私と一緒だ。
禁煙......しようかな。

winternotewinternote 2007/01/12 19:15 この吸い殻入れ、掃除しにくくないですか? たいして使わずにサヨナラしちゃったけど、掃除が面倒で、けっこう放置しちゃったりした怠け者なわたしでした

な 2007/01/15 01:24 かにライター欲しいwww

姫子姫子 2007/01/15 08:00 そうなんですよねー。デザインはいいんだけど、穴に詰まるし....。

16年の喫煙生活からの・・16年の喫煙生活からの・・ 2010/09/01 07:51 禁煙2日目です、たまたま「禁煙 日目」でググったらヒットしましたので、拝見させていただきました。あと1日我慢すれば内なる個と宇宙と禁煙がひとつになれると信じて我慢します。

くまごろうくまごろう 2010/10/17 19:39 このブログを読んで、あなたのことが好きになりましたw

ねむりねむり 2012/06/17 09:48 禁煙70時間…丸三日までもう少しのあたしです。
禁煙失敗は何百回かも…
かめはめ波のように気合い入れない、なんとなくグタグダ感覚でやっと三日…
私は緑スライムはでなかったです〜

スマッシュスマッシュ 2012/08/07 16:35 禁煙2日目で悪魔が一本だけとか言って誘ってきます〜。
早く3日が過ぎて楽に成りたいです。
苦しいよう!誰か助けて下さい!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証