Hatena::ブログ(Diary)

wirehead virtual machine

2009-09-29 MediaWikiブラウザ(開発中)を動画で御紹介 このエントリーを含むブックマーク

D

wikipediaのapi.phpを覗いたら、画像アップロードがサポートされているようだ。しばらくMediaWiki API系のメーリスから目を離していたので気がつかなかった。devモチベーションが刺激され、半年以上触れていなかったプロジェクトを再開した。Wiki記法で書かれた記事ソースを、API経由で取り出した際の挙動が変化していたのでfix。そういや1年ほど前、ja.wikipedia.orgでAPI書き込みのテストをサンドボックス相手に何百回と繰り返してたら、アカウントが数時間の書き込み禁止処分をくらったっけか...。さらには匿名掲示板の自分の書き込みを辿ったら、きっかり2年前に立ち上げたことが明らかに!!


Snow Leopardデスクトップ画面を収録できるようになったので、それを使って試作品の紹介をする。しかし、ここに埋め込んだ動画では文字が潰れてしまい、何がなにやら判らないだろう。直接YouTubeのサイト内でHD品質のムービーを見てもらいたい。以下、動画の説明。

まずは、アプリケーションを起動 (暫定的にLinkNoteと命名)。自宅サーバ内のMediaWikiと接続。検索フィールドから直接記事名を指定して表示する。WebView内でリンクをクリックすると当然その記事に移る。その下にはカテゴリがタブ表示され、そのカテゴリに属する記事を一覧に並べた。逆リンクも同列にしてある。ボタンをクリックしてさらに移動する。

検索フィールドから記事内にある文字列を検索する。インクリメンタルサーチで、引っかかった記事は下のテーブルビューに並べられる。クリックして移動。また、右上のパネルは履歴表示である。再び "テスト" に戻る。左下のウィンドウ編集用で、ここにWiki記法で書き込むと直接書き換えることが出来る。すぐにWebViewに反映される。

当分はデバッグを進めるため、wikipediaのアクセスにはこれを使うようにする。しばらくはドッグフードを食らう日々が続きそうだ...。