空中線日報

2007-05-01

[] 一箱古本市、無事に終了!


谷中不忍ブックストリートで開かれた、一箱古本市

初回から参加させていただき、早いもので今回でもう

3回目となりました。


f:id:wkudoh:20070501212949j:image


千駄木駅と根津駅の中間にある、新刊書店「往来堂

さんが私の出店場所です。ここには、8個の箱が並び

ました。


f:id:wkudoh:20070501213100j:image


開店は午前11時。スタート前からお客さんが箱の前に

スタバって、一斉に古本勝負が始まります。

これぞ!と思った本がどんどん売れていくのは、

本当に嬉しいです。にわか書店員ですが、オススメ

本を買ってもらえる喜びがありました(笑)


昼頃に一段落してから、少しご近所さんをまわって

きました。基本的に一箱しか出せないのですが、

上の空間は自由に使えます。もう、書店顔負けの

棚を上へ上へと作っていらっしゃる箱もあり、本

だけでなく、箱を見ているだけでも楽しいです。


f:id:wkudoh:20070429130029j:image


そして今年は、元青空用品店さんのところに、

一日だけのしのばずくん神社が!!!

中では妖しげな?神主さんもいらっしゃって、古本

おみくじなるものがありました。


この日はお天気にも恵まれ、根津神社のつつじ祭りと

あいまって人出は最高潮。往来堂さんは、さすがに

大通りの路面店だけあって、人の流れが切れることは

ありませんでした。

この日「ちどり文庫」は57冊を売りました!

本当にありがとうございました。また次回もお会い

できることを楽しみにしております!