Hatena::ブログ(Diary)

wmo6hash::blog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014/03/01(Sat)

[]#BigDataLite で気がついた仮想アプライアンスとパラダイムシフト

2014年3月11日(火)19時から21時に開催されるJPOUG Tech Talk Night #4@IIJライトニングトークにて用いるスライドです。 *1

ライトニングトークは何人かの方がお話します。

私が話すのは その中の たったひとつ です。


このスライドを見て、ツッコミのある方も、ぜひお越しくださいませ。


オラクルという単語を中心とした共通のコンテキストで話せる みんなが交流するイベント JPOUG Tech Talk Night の第4回は、いくつかのライトニングトークOracle Database 12cを主なテーマにした座談会です。

JPOUG Tech Talk Night #4 | Japan Oracle User Group (JPOUG)

*1:このスライドを作ったりスライド内で触れているBigDataLiteを動かすのに使っていたのはメモリーを16GB積んでいるデスクトップPCなのですが、接続しているモニターに何も映らなくなりまして…「こんなことになる前に作ったスライドを別の場所に保管しておいてよかったなぁ」と胸をなでおろすと同時に「こういうときって他にも壊れたりするんだよなぁ」と思いまして…uploadしました。

2014/02/21(Fri)

[]ひさしぶりのライトニングトークをするにあたって思う

両イベント共に参加したいという気持ちが先にあり、次に「LT募集しています」って文を見たり書いたりしていたら「今ならコレやります!」って気分になりまして。


ふと気がつくのは、ライトニングトークの発表者募集が先にあって、応募してから参加した形のイベントって 3月22日 tstalk Vol.1(東京都) *1 くらいだったなぁ、と。

ライトニングトークって勢いとか旬とかあるよね」と再認識。

*1:関連リンク集はTsukamotoさんのまとめ tstalk vol.1に行ってきました。 - Tsukamoto’s blog をご覧ください

2014/02/11(Tue)

[]Oracle Database 12c Release 1(12.1.0.1) - Database App Development VM Appliance

f:id:wmo6hash:20140211040624p:image:w518

Oracle VM VirtualBoxインストールされているマシンで、こんな Oralce Database 12c Release 1(12.1.0.1) を使ってみるまでの手順です。


このページの Acceptを押した後、OTN_Developer_Day_VM.ovaを押してファイルをダウンロードします。


f:id:wmo6hash:20140211040615p:image:w518

「ファイル」メニューから「仮想アプライアンスインポート」を選びます。


f:id:wmo6hash:20140211040616p:image:w518

フォルダのアイコンを押して、ダウンロードしたOTN_Developer_Day_VM.ovaを選択し、「次へ」を押します。


f:id:wmo6hash:20140211040617p:image:w518

インポート」を押します。


f:id:wmo6hash:20140211040618p:image:w518

「同意する」を押します。


f:id:wmo6hash:20140211040619p:image:w518

インポートがはじまります。


f:id:wmo6hash:20140211040620p:image:w518

インポートが終わりました。USBを押します。


f:id:wmo6hash:20140211040621p:image:w518

USBコントローラーを有効化」チェックボックスを押します。


f:id:wmo6hash:20140211040622p:image:w518

USBコントローラーを有効化」にチェックが入っていないことを確認後、「OK」を押します。


f:id:wmo6hash:20140211040623p:image:w518

「起動」を押します。


起動後、oracleと入力します。