Hatena::ブログ(Diary)

wmo6hash::blog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016/01/30(Sat)

[]ちょっとだけ最近のRDB四方山話をエンジニアサポートCROSS2016の前に

2016年2月5日(金)に 横浜港大さん橋ホール にてJAIPA主催で行われる エンジニアサポートCROSS2016 内で 11:20-12:40 A会場セッション 今こそRDBの時代だ!・・いや待て、その前に〜最近のRDB四方山話 にてスピーカーの一人としてクロストークします。 *1 *2


ご一緒する @nippondanji さんの『漢(オトコ)のコンピュータ道: 告知:エンジニアサポートCROSS 2016でパネルディスカッションに出ます。』にならって、ちょっとだけ四方山話を書きます。


ここのところ SQLおよび類似の Query languageを直接入力し実行する対象や Exlpain Planを読んだり Gathering Statisticsをする対象が Relational Database Management System(RDBMS)および Relational Database(RDB)ではなく、Apache Impalaだったり。

そんなときも Hive Metastoreには MySQLやPostgreSQLなのでRDBMSとは無縁ではないけれど。*3


直近で Indexって単語を口に出したのは Elasticsearchのことだったりして。

そもそも create Indexとか alter index rebuildを手打ちする機会がめっきり減ってて。

試すのが Indexが存在しないデータベースな Vertica Analytic Databseや付与せず Analytical Queryの高速化を図る Oracle Databaseで In-Memory Column Storeが対象だから。


なぁんてことは ―― ここに書いたからもう話さないかな。

話し出すときりがないね。

ねぇ、おまえさん。

*1:雰囲気は 2月5日は、プチ出張でCROSS2016に行こう!! | ツチノコブログ な感じだそうです

*2:兼記録係になれないため gihyo.jp,「エンジニアサポート CROSS2016」のセッションレポーターを募集:インフォメーション|gihyo.jp … 技術評論社 に応募してくださる方がいてくれたらいいなぁ

*3:osqueryとか Microsoft Queryとか Structured Data ManagerでSQLおよび類似の Query languageを直接入力するときはRDBMSは関係ないですが

2015/12/25(Fri)

[]「VLDB2015 会議報告」を観て

なんて粋な計らいでしょう

VLDB 2015 会議参加報告の資料を公開しました - は

データベースに興味のある方は 一読されることをお勧めします


今回のVLDBでは、キーノート講演やパネル討論など、普段は会議の参加者以外は聴講することの出来ない内容が、映像・スライド併せてほぼ全てオフィシャルサイトで公開されているので、そちらも併せて視聴することをおすすめします。

VLDB 2015 会議参加報告の資料を公開しました - は

以下は そんな Videos and Slides | VLDB 2015 より ―― VLDB2015 会議報告と一緒に ご覧いただくと いいでしょう


Welcome

D

Slides 1, Slides 2




Keynotes

D

Juan Loaiza - Engineering Database Hardware and Software Together

Slides*1


D

Anastasia Ailamaki - Databases and Hardware: The Beginning and Sequel of a Beautiful Friendship

Slides


D

Todd Walter - Big Plateaus of Big Data on the Big Island

Slides


D

Magdalena Balazinska - Big Data Research: Will Industry Solve all the Problems?

Slides




Panels

D

Phil Bernstein, Michael Brodie, Don Chamberlin, Alfons Kemper, Michael Stonebraker, Pat Selinger - 40 Years of VLDB: Our Heritage and our Future

Slides


D

Azza Abouzied, Adam Marcus, Arnab Nandi, Eugene Wu, Joseph M. Hellerstein - Designing for Interaction: Broadening our View of Working with Data




Awards

D

Michael Stonebraker - The Land Sharks are on the Squawk Box (How Riding a Bicycle across America and Building Postgres Have a Lot in Common)

Slides *2


D

Christopher Re - Using Scalable Inference to Build DeepDive: A Declarative Dark Data System

Slides


D

Mike Stonebraker, Daniel J. Abadi, Adam Batkin, Xuedong Chen, Mitch Cherniack, Miguel Ferreira, Edmond Lau, Amerson Lin, Sam Madden, Elizabeth O’Neil, Pat O’Neil, Alex Rasin, Nga Tran, Stan Zdonik - C-Store: Looking back and looking forward

Slides  *3



VLDBを身近に感じなかったり縁のない世界と感じる方もいると思います。

ただ、お話をビデオで観るとか日本語で説明があることがわかると、少し印象が変わるのではないでしょうか。

きっかけがあれば、ここからより深く知りたいと思うこともあるのではないでしょうか。

ほかでもない私自身が ただただ引き込まれ、再生したりキーワードで探してみたりと、時間が過ぎるのを忘れてしまったんですけどね…

「もう少し知りたいな」って思う方は データベース勉強会Wiki - VLDB2015&SIGIR2015勉強会をご覧いただくのが いいでしょう。

このような形で公開していただいた早水氏とVery Large Data Base Endowment Inc. およびスポンサー他関係者の皆様に感謝いたします。

2015/11/01(Sun)

[]Oracle8i Internal Services for Waits, Latches, Locks, and Memoryまだ持ってるよ

id:yohei-aさんのJPOUG> SET EVENTS 20151017 に参加しました - ablogを読んで。新しいカメラの試写を兼ねて。

f:id:wmo6hash:20151101204838j:image:w640

この本は id:komorihさんからの Oracle OpenWorld 2000土産です。「欲しいかなぁと思って」と、いただきました。

そのとおり「欲していたもの」でした。この本に出会わなかったら、納得できないことが たくさんあったままで −−その後の人生を変えた一冊と言っても過言ではないくらい私に影響を与えてくれました。

著者のSteve Adams氏は もちろん、私にくださった id:komorihさんに とても感謝しています。


今この本を読んでも、内容が知れ渡っていたり、その後のリリース8.1.6以降では実装が変わっているから知る必要もないことも多々あります。

実際この本を読んで「おぉそうか!」とか「なるほど!これ決まってたのか!」とか思ったことの大半は、その数年後に別の形で知識を得る機会がありました。

もっとも、その機会を共にしなかったり同種の体験をする機会もない方が同じことを今から別の方法で知識として得られるのかは知る由もありません。


当時は この本でのみ得られたことがたくさんあって、今もこの写真の様に付箋を張ったままの個所は、たまに見直します。

私にとっては他に目を通すよりも、この本を読めば記憶が蘇るので。


それぐらい普遍的で価値のある本です。


Oracle8I Internal Services for Waits, Latches, Locks, and Memory

Oracle8I Internal Services for Waits, Latches, Locks, and Memory


興味のある方は中古で買ってみるといいです。*1


目から鱗が出たら、コメントくださいませ。

*1:“はてなダイアリーポイントプログラムを解除しているため「Google AdSense」「Amazon アソシエイトプログラム」「楽天アフィリエイト」は利用していません。” via ブログ情報 - wmo6hash::blog

通りすがり通りすがり 2015/11/02 10:17 これが出た頃、"unauthorized Windows95"とかOS、ミドルウェアの内部まで突っ込んだ本が流行ってましたね。RACが出てからは公開されている情報追いかけるだけで精一杯になってしまいましたが。

wmo6hashwmo6hash 2015/11/04 00:49 最近は Internalよりも Deep Diveって表現になってきていますね。
個人的には“cursor: pin S wait on X”が目立ち始めたあたりから、この本で得られた知識で話せることが だんだん少なくなっていくなぁと感じました。