幽雑思考

2013-06-18

[]彼方から見ていた瞳が飽和し、今日一つとなる。青い空が、この昏い地表に降り注ぐのだ。真闇と閃光の空が、青くなり、赤くなり、一つになる。絶望も希望もなかった。ここに流刑されてから、生殺しの日々だった。それも今日で仕舞いだ。やっと帰れる。今日は、地球墜落記念日。<空> #同題SS

2012-10-10

全てを貶めて尚

全てを否定して尚

無価値であり、負であるにしても尚

人生のほんの一瞬でも、ほんの一時でも

誰かの苦しみを和らげることができたなら

私の人生だって、無駄ではないだろう。

私以外なら、もっと幸せだったか?

それは分からない。そうかもしれない。そうでないかもしれない。

しかし、孤独という絶望から、救うことができたならば

その痛みを知る私は思うのだ。

それは確かに、無駄ではないだろう。

2012-09-29

D

2012-09-03

[]

ただ空漠だけが流れて白く

拡散の中で戯れに没するを願うも

有得べき姿の追走に怯え

果たさねばならぬ務めに戸惑う

課せられた役務は白痴に重く

要らぬ要らぬ去ねよと響く

藻掻き悶えは一切の結果を生まず

以て塵芥なるは汝の責なりと苛む

何一つ出来ぬは吾の咎なりて

一つでも果たさば彼の徳なり

詰り吾は空なれば吾も空言

在るが憎しと基督も言う

在れば憎し去ねば罪人

唯薄く伸して消行くを望む




後半ちょっと改善の余地あるか。

2012-02-13

病んでる。