もりぐち!!!! RSSフィード

2012-02-20

[]"Drinking the Kool-Aid"という慣用句 "Drinking the Kool-Aid"という慣用句を含むブックマーク


Kool-Aid って?


Kool-Aid とは、アメリカで売られている粉末ジュースの商品名で、なかなかポピュラーなモノらしいです。

ちなみに僕は飲んだことはありません。

Kool-Aid : Home


このKool-Aidと言う単語を使った慣用句に"Drinking the Kool-Aid"というものがあり、非常にネガティブな意味合いを持っています。


"Drinking the Kool-Aid" って?


Drinking the Kool-Aid - Wikipedia


"Drinking the Kool-Aid"とは、「盲信する」という意味を持つ言葉です。

何故粉末ジュースを飲む事が盲信する事につながるかと言うと、

別にKool-Aidそのものがネガティブな意味を持つものではなく、南米で起きたある事件が関係しているのです。

その事件と言うのが、1978年に起きた、ジョーンズタウン集団自殺事件です。

1978年、ガイアナのジョーンズタウンに存在していたある新興宗教団体にて900人以上の集団自殺事件が起こります。

この時の自殺に使われた手法が、青酸カリを溶かした粉末ジュースを一斉に飲む、というものでした。

この時に使われたジュースが"Kool-Aid"だったかは定かではないそうですが、Kool-Aidは既に粉末ジュースとして代名詞的なブランド名だったので、

この事件をきっかけに、「盲信する」という意味合いにおいて"Drinking the Kool-Aid"という言葉が生まれたそうです。


例えば、

  • Don't drink the Kool-Aid! (騙されるな!わけも分からずに信用するな!)

みたいな感じで、オフィスや選挙なんかでも使われる慣用句らしいです。

Connection: close