woremacxの日記 RSSフィード

本家: blog.woremacx.com

2012-02-09

現状 CentOS しか選べない CloudCore VPS に Ubuntu 10.04 LTS Lucid Lynx を入れてみる

OS を入れ替えれるというのは知っていたけれど、まだ実際やったことなかったので、やってみた備忘録を残しておきます。

基本的な流れは、hideden さんの Sakura VPS980のCentOSを再起動一回でGentooに変身させる方法 - Perlとかmemoとか日記とか。 がベースになっています。

なので、debootstrap を使うのではなく、Gentoo の stage3 に相当するファイルを作ってやってみました。

VMware の中で Ubuntu 10.04 LTS の tarball を準備

cd /
sudo mkdir /.archive
sudo tar --exclude proc --exclude sys -cpzf /.archive/ubuntu-10.04-amd64-installed.tar.gz *
  • 作った tarball は、VPS から wget できる場所においておきます。

CloudCore VPS での作業

  • 何も入ってないので groupinstall します。
yum groupinstall "Development Libraries" "Development Tools"
wget http://busybox.net/downloads/busybox-1.19.4.tar.bz2
# make menuconfig します。static リンクするのと、コンパイルを通すために misc の ubi まわりを無効にします。
make menuconfig
make && make install
cd /tmp/busybox-1.19.4/_install
export PATH=`pwd`/sbin:`pwd`/bin:`pwd`/usr/sbin:`pwd`/usr/bin:$PATH
cd /
  • CloudCore VPS の中でファイルを Ubuntu のに入れ替える
cd /tmp
wget ubuntu-10.04-amd64-installed.tar.gz
cd /
mv bin boot etc home lib lib64 media mnt opt root sbin selinux srv usr var old/
mkdir /tmp/ubuntu
cd /tmp/ubuntu
tar xpzf /tmp/ubuntu-10.04-amd64-installed.tar.gz
mv bin boot etc home initrd.img lib lib64 media mnt opt root sbin selinux srv var usr vmlinuz /
mkdir /mnt/root
mount -o bind / /mnt/root
cp -a /tmp/ubuntu/dev/* /mnt/root/dev/
umount /mnt/root
  • VMware の時の eth0 を覚えてしまってるので消す
rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
echo 8139cp >> /etc/modules
  • /etc/fstab
  • /etc/network/interfaces
  • /etc/init/ttyS0.conf
  • /etc/resolve.conf
  • /etc/hosts
  • /etc/hostname
  • /boot/grub/device.map
  • /boot/grub/grub.cfg

感想

  • grub の設定を失敗しちゃって、同僚のスーパーハカーに教えてもらいながら、何度か VPSVNC リモートコンソールから起動しました。
root (hd0,1)
kernel /vmlinuz ro root=/dev/vda1
initrd /initrd.img
boot

次回試してみいたこと

  • debootstrap とかでやる debian 流の方法を、試してみたいです。

関連リンク

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/woremacx/20120209/1328718001