なんでやねんDTP このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-11-29 Illustratorの自動カーニング時の行頭行末揃えは… このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

すでにこのブログ上で「Illustratorでの箱組にオプティカルカーニングは不適」と題して、Illustratorで「オプティカルカーニング適用時に行頭行末揃えの組版(自動では)不可能なことは報告済みですが、(追い打ちをかけるようで残念ですが)「自動(メトリクス)カーニング」でも同様な現象が発生しますので報告しておきます。


下の画像のような「和文等幅」を適用した文字列では特に問題ありませんが……

f:id:works014:20161129170047j:image:w530


これに「自動(メトリクス)カーニング」を適用すると……

f:id:works014:20161129170048j:image:w530

  • 「ナ」が行末をオーバーしているのが目立ちますね
  • 「…」と英字との不自然なアキは「文字組みアキ量設定」では設定できません(この場合、後続の英字にアキが発生するようなので、英字を選択して「文字前のアキ」で調整するしかありません
  • これは小書きの仮名や音引きでも同様です…Illustratorの「文字組みアキ量設定」では対:行頭禁則文字との和欧文間隔を触ることは不可能です

書体を変更してみます……

f:id:works014:20161129170049j:image:w530

  • 並びが変わったため、こちらは「ル」の行末オーバーが目立ちます
  • 目立たないだけで、行末と次の行頭の文字のペアにカーニングが設定されていれば不揃いは発生します(先の例も同様ですが…)

理屈は簡単です。下の画像で明らかなように、行末の文字と次の行頭の文字との(ペア)カーニング値が対:行末に残ってしまうからです。


f:id:works014:20161129170050j:image:w530

  • 右の丸パーレン内の数値は(ペア)カーニング値(カーソルを文字間に挿入してカーニング窓を確認すると丸パーレン囲みで表示されています)

このように(ペア)カーニングが丁寧に設定されている書体ほど、その影響は大きいことになり、Illustratorの日本語文字組版に関する機能の不憫さを再確認する結果となってしまいました。


回避策としては……オプティカルの場合と同様に)行頭にカーソルを挿入し、カーニング窓の「(0)」となっている部分を「0」と書き換えると行末の飛び出しはなくなります。(この際に「OpenTypeパネル」の「プロポーショナルメトリクス」にチェックが入っていないと、カーソル直前の文字=行末の文字の「プロポーショナルメトリクス」が解除され行末の文字の前後に不自然なアキが発生しますので、手動で調整する場合は必ずチェックをONに!*1

*1:先日の勉強会でデモ中にこの現象に遭遇し少し慌てたのであった…なんのことはない「プロポーショナルメトリクス」にチェックを入れていなかったから…「和文等幅」から順に設定を変更していったからやったかなぁ…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/works014/20161129

2016-09-30 「字送り」という用語について このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

あちこちのwebページや書籍に「字送り」を文字のセンターからセンターとする誤解を招く図解が氾濫しています*1。確かに写植でいう センター・センター方式 ではそうなのですが、現在のデジタルフォントによる組版では、写植でいうところの トップ・センター方式 と同様に考えるべきです。つまり、文字の頭から次の文字の頭までを「字送り(量)」と理解しましょう*2

  • リンク先に図を交えて詳しく書いたつもりですが、ここにも簡単に説明を加えておきます。

写植写真植字)のセンター・センター方式とかトップ・センター方式というのは、印字開始位置の座標に文字の何処を基準に揃えるかを「印字方向(字送り方向)」・「行送り方向」の順に示したもので、トップは「(仮想)ボディの頭」、センターは「(仮想)ボディの中央」を指します*3

つまり、トップは左からの横組みでは「(仮想)ボディの左端」、上からの縦組みでは「(仮想)ボディの上端」となります。

行送り方向は共にセンターですから「(仮想)ボディの中央」固定ということです。

尚、行頭や行末は座標として指定できますが、明確なフレーム様のものは作成しませんので、Illustratorの「ポイントテキスト」をイメージしていただくといいかもしれません。

文章で表せばこれだけなのですが、やや説明不足なので、理解を補うべく以下に関連した図を掲げておきます。


f:id:works014:20160930175422j:image:w530

  • 行送りに付している矢印は、「(仮想)ボディの上」だけが行送り値が当該行の下方向に増減するのに対し、他の設定では当該行の上方向に増減することを表したつもりです…「(仮想)ボディの上」以外は1行目の行送り値を変更してもなんら影響はありませんね
  • 文字揃えは他に「平均字面の上・下」がありますが、扱いがややこしいので割愛しました。同書体(もちろんウエイトも)であれば問題ないのですが…
  • Illustratorの行送りの基準位置は「日本語基準の行送り」と「欧文基準の行送り」のみ…それぞれ「(仮想)ボディの上」と「欧文ベースライン」に相当します…なので、縦組みや異級数混植の行送りを正確にコントロールするのはホンマにシンドイです
  • 写植のトップ・センター方式と似ているのは文字揃えが「(仮想)ボディの中央」の場合ということになります

で、主にトラッキングAdobeアプリケーションの和訳では“字送り”ですね)を適用することになるのですが、その単位がよく解らないという声を偶に耳にします。


あの窓に入力する数値は選択している文字サイズ(1em)の1000分の幾らかということです*4。つまり、「500」と入力すれば「+500/1000em」ということになり、「0.5em(半角)分のプラス」になりますし、−100と入力すれば「−100/1000em」となり、「0.1em(全角の1/10)マイナス」することになります*5

当然、選択した文字の後ろが調整され、そこに次の文字の(仮想)ボディの頭が位置することになります。


(「和文等幅」での箱組みの場合は)その行長(テキストフレームなどの幅)は正確に計算しないと、最終行だけが設定通りとなっているという、日常的によく目にする「みっともない組版になるので注意が必要です。

計算式の例をいくつか掲げておきます(なお、指定行長に合わせるトラッキング値の算出方法など、更に詳しい解説はこのブログ内の 「文字組版演算の基本」 をご覧ください)。


f:id:works014:20160930175423j:image:w530

  • 文字サイズとトラッキング値から字送り量を算出し、それに(字数−1=字間の数)を掛け、1文字分プラスすると考えればいいでしょう
  • 行末のトラッキング値は吸収されるということの理解が重要です
  • 理屈は考えていただけば理解できるでしょう。もし難しいようでしたらコメント欄に書き込んでください

*1:かなり前になりますが、あるwebフォント関連のページに同様の図解があり、再考を促すメールを送りました…少しは考え直したようなのですが…以下引用>組み方向に向かっての字と字を送る距離(例:任意の並んだ字の仮想ボディ左端から次の字の左端、或は中心から中心)は「字送り*」といいます…この「或は中心から中心」は要らんですよ、誤解のもとですよと言ったつもりなのですがね…*部の注にある「写植機の歯送りが語源です」という記述にも大きな「?」が付きます…

*2:そもそも、センターからセンターなど、どの項目でで設定するのでしょうか? アホなこと言うたらアカン…

*3:同じ位置で印字した場合に文字同士を揃える基準位置と考えてもいいですが…

*4カーニング値も同じですね

*5:蛇足になりますが、「0」なら1000/1000emで送ることになりますから、「和文等幅」の場合は「ベタ」となりますね

2016-07-29 電話マークやお天気マークの書体別一覧 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

去る7月16日にTwitterにある画像を流しました*1…→ 参照


画像をご覧になれば理由がわかると思いますが、何人かの方が書体名が上に付いているモノと勘違いしておられましたので、(いくつか追加して)改めて7月28日に流したのが以下のようなモノでした。


f:id:works014:20160729114907j:image:W530

  • ほぼこのままですが、上のコード表記は入れようとして忘れていました
  • IPAメイリオMS・源ノ角ゴシックに関してはTTのためCIDコード表記は無視してください(参考になりません)
  • メーカー毎に比較し、差の顕著なモノについてはリストアップしたつもりです
  • しかし、例えばフォントワークスさんの筑紫シリーズ以前の書体は「筑紫ゴシック」とほぼ同じで、デザイン書体などウエイトにより書体に依っては太さや大きさに差(ユレ)があるなど、細かく言えばもっと分類できるのですが、この程度で……
  • 小塚書体、ヒラギノ書体、游書体などはゴシックと明朝での差はありません
  • モリサワ書体は(確認した範囲では)ほとんど同じでした
  • こぶりなゴシックヒラギノと同じです(つまり、字游工房+SCREENホールディングス)
  • ゲタ(〓)部分については、下の方(最後のひとつ前)のツイートをご参照ください

いま使用しているMBPにインストールされている書体の中から選んで確認した範囲でのモノです。


で、直後に@akira1975さんが追加して教えてくださったのが、以下のツイート……

ありがとうございます。*2


私自身の関連ツイートと参考画像を以下に列挙しておきます。

f:id:works014:20160729114908j:image:W530

f:id:works014:20160729114909j:image:W530

  • デザイン的な面以外では、平均字面に合わせて小振りになっていることにも…


他には、有名なtype.centerさんの「各書体のお天気」というコーナーにもいろんな書体のお天気マークが……

-----

オマケ(これも何かの参考に…20160801追記)

f:id:works014:20160801135203j:image:w530

  • イワタさんのは非オールドも同じようです
  • 筑紫Aオールド明朝EのCID16203, U+29BF部分がゲタになっているのは間違い…ほぼ真上のと一緒です

*1:「いいね」と「RT」の数をみれば反響の大きさがわかります…でも私にとっては不思議な現象でした…

*2:「ブログに纏めるほどのことでもない」といいながら纏めていますが……

詠み人シーラカンス詠み人シーラカンス 2016/07/30 16:13 郵便マークにまつ毛が付くのは規定何でしょうか?

works014works014 2016/08/01 09:01 コメントありがとうございます。
詳しくはわかりませんが、旧郵政省の「郵便顔マーク」を踏襲しているのではないでしょうか?
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%94%E9%83%B5%E4%BE%BF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF

2016-06-18 InDesignのスマートガイドの表示… このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

InDesignの「スマートガイド」について、ちょっと疑問に思っていたことがありました。

それは、ガイドの表示されるドキュメントと表示されないドキュメントがあるということで、表示されるのは外部から支給された月刊の社内報のようなドキュメントで、それをベースに使い回しています。

スマートガイドの詳細についてはInDesignの勉強部屋さんの記事をご参照ください。


疑問には思うものの、特に不便を感じることもなく放置していましたが、ヒマに任せて「InDesign スマートガイド」で、ちょっと検索をかけてみました。


f:id:works014:20160618110730j:image:w530


結果はご覧の通り、InDesignに限れば特にヒントになる項目はなさそうなのですが、2番目のAdobeさんのIllustratorコミュニティ フォーラムの回答中に……

ヘルプには

注意: 「グリッドにスナップ」がオンの場合は、「スマートガイド」コマンドを選択しても、スマートガイドは使用できません。

と、あります。

というヒントがありました。Illustratorユーザーに答えるモノではありますが…)誰でもこれでピンとくるでしょう……


私の基本的な作業環境はレイアウトグリッドに基づいたフレームグリッド使用がほぼ100%を占めますので、以下のようになっています。


f:id:works014:20160618110731j:image:w530

  • 「スマートガイド」項目にはチェックが入っているもののグレーアウトしています

グリッドにスナップ」「レイアウトグリッドにスナップ」のチェックをON/OFFしてみたのが以下……


f:id:works014:20160618110732j:image:w530

  • どちかがONの場合は「スマートガイド」項目はグレーアウトしたママ

つまり、「スマートガイド」を表示するには「グリッドにスナップ」と「レイアウトグリッドにスナップ」のチェックはOFFに……ということのようですね。

本家のヘルプも含めて、InDesign関係のページのどこでも説明していないような……(見落としであれば、御免!)

アンクル・サムアンクル・サム 2016/07/06 09:52 ありがとうございます。永年の謎が解けました。

works014works014 2016/07/06 10:00 >アンクル・サムさん コメントありがとうございます。
ねえ、不親切ですよね…

2016-06-17 縦組み中のアンカー付きオブジェクト処理 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

先日、ふと思いついて、以下のようなことをtwitterで呟きました。



どういうことかというと、縦組み中では下の画像右のように、版面に対して「−90°」回転がかかった状態で挿入されます。

そろそろもうええ加減に、この仕様の変更を提案すべきではないかと(軽く)思いついたわけです。

※以下、作例は(MacOSX Yosemite上のInDesign CS6にて…


f:id:works014:20160617123650j:image:w530

なぜこうなるのかを愚考してみたところ……以下のような仮説が導き出されました(画像中でも簡単に図示しています)。

アンカー付きオブジェクトとして挿入されるオブジェクトは字送り方向に対して左へ90°戻した方向を天として挿入される……なので、横組みは「右方向に対して上」、縦組みは「下方向に対して右」がそれぞれ天となる……

なんの根拠もありませんが、そのように考えると辻褄は合います。

-----

蛇足になりますが……

作字したものやアイコンなどを1文字分として正確に配置したければ、オブジェクトそのもののサイズを文字サイズと合わせておけば、ペーストするだけで大丈夫(オプションは弄る必要はありません)…「仮想ボディ」みたいなモンですね…今回使用したのは左下のオブジェクト:文字サイズ相当の空のグラフィックフレームとグループ化したモノ(拡大表示しています)


で、もう少し幅を広げて、和文縦組みの中に偶に出現する欧文文字列に対してはどうなのかと考えると……ママで十分です……なので仕様変更を提案しても、一蹴されるだけだろうと結論づけざるを得なくなりました。


要するに、手作業で修正する必要があるのですが、それにも幾つかの対処法がありますので思いつくママに挙げておきますと……

オブジェクトの回転属性を「−90°」→「0°」とする

●テキストツールでオブジェクト部分を選択して「縦中横」を適用する

●予め「90°回転」させておいたオブジェクトを挿入する

といった方法が考えられます。

※テキストツールでオブジェクト部分を選択して「文字回転」を適用しても変化はありません


f:id:works014:20160617123651j:image:w530


※この内では、「文字スタイル」に登録できる「縦中横」が扱いやすいのでオススメ!↓


f:id:works014:20160617123652j:image:w530


なお、冒頭の部分で“版面に対して「−90°」回転がかかった状態”としましたが、以下の画像にあるように、アンカー付きオブジェクトの回転属性部分の表示は、「文字列中での角度」とかではなく、「版面に対しての角度」なのだろうと判断しています。


f:id:works014:20160617123653j:image:w530

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/works014/20160617