workshop PCエンジンおしゃれ計画

PCエンジンの話題だけを手早く見たい方はここをクリック

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|11|12|
2013|03|05|06|08|10|11|12|
2014|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2015|02|05|06|10|11|12|
2016|02|03|04|08|10|
2017|02|03|08|

workshop PCエンジンおしゃれ計画 写真共有Flickr Twitter YouTube 掲示板 mixi workshop_blog カ写 携帯百景

 | 

2010-03-30 踊るのは、楽しい。

DOMMUNE(ドミューン)初体験してきました。楽しかった! DOMMUNE(ドミューン)初体験してきました。楽しかった!を含むブックマーク

DOMMUNE style!

 

http://www.dommune.com/

DOMMUNE (ドミューン)

http://maltinerecords.cs8.biz/text.html

Maltine Records

MP3 KILLED CD STAR? MALTINE RECORDS」&「BROADJ#21 DJ WILDPARTY」

http://www.dommune.com/reserve/0329/

 

 病み上がり一発目の爆音体験は、クラブではなく今話題のDOMMUNE(ドミューン)。

会場の渋谷スタジオは…駅から結構歩きました&場所わかりづらい。

初めて行くなら地図必須です。恵比寿駅からなら、タクシー利用もアリかも。

 

Ustreaming now!

DOMMUNEは、宇川直宏さんが作ったUSTREAM専用の配信スタジオ

 weekdayの大体7時から9時までは濃いトークセッションを、

9時から深夜0時まではDJ番組の配信を「公開生収録」しています。

このスタジオはやたら高音質な環境で、50人程度が収容可能。

 

"MP3 KILLED CD STAR? MALTINE RECORDS "

 こんな感じでトークの公開収録。

"Tweet Jocky" junkMA on twitter

会場内は無線LAN完備で、無限インターネット可能。

 今回の「MP3 KILLED CD STAR? MALTINE RECORDS」のトークでは、

トーク参加者もほとんど全ての聴衆も、トークしながら手元のネット端末でtwitterアクセス

じゃんじゃんレスを返していってました。

自分もニンテンドーDSiLLでネットアクセスしてました。

 

DJ WILDPARTY!

で、9時を過ぎるとDJタイム。今夜のDJDJ WILDPARTY!最高!

DOMMUNE dancefloor

 フロアでみんな踊ってる様子を、最前列にいるカメラマン撮影して、

別ブースにいるVJ宇川さんがミキサーでmixしてそのままUSTREAMで配信!

ダンスフロアの熱気がそのままライブ状態で世界中に生配信されていきます。

この夜は、最後には5200view超えたのかな? 

DJing

うにょーん。

 

DJ WILDPARTY

 DOMMUNEの配信は何度か体験していたのだけど、

実際にスタジオに行って驚いたのは、出音がやたらきれいで高音質なところ。

いや〜この音作りはノウハウと物量がむちゃくちゃ詰まってるわ!素晴らしいです。

あと、もの凄く狭い!50人入ったらホントにいっぱいいっぱい!70人入ると身動きがとれません。

 

DJ WILDPARTY in the mainfloor! Peaktime!

The good party finished!

熱狂のフロアでひたすら踊ってたら、あっという間に24時で本日の公開配信は終了。3時間って結構短いなぁ。

 

SONY HDR-CX170 at DOMMUNE

現場撮影に使っていたカメラは、SONYHDR-CX170

現在価格.com最安値で5万円を下回っている、ソニーの裏面照射CMOSカメラです…ちょ!安ぅ!

このカメラの最大のポイントは裏面照射CMOSの高感度と鬼強烈な電子手ブレ補正

 

D

 参考:

ニコニコ動画でHDR-CX170で検索したら引っかかった、唯一の車載動画。

カメラは車体に固定してある」ということを意識して観ると、手ブレ補正の凄さに驚きます!

 

暗所に強くてこれだけぶれないカメラだから、機材セッティングを大幅簡素化可能。

(多分、これ、webカメラだと暗所撮影性能や逆光や手ブレ耐性が不足すると思います。)

 

 このカメラを4台使って(うち3台は固定、1台は手持ちかスタンド固定で)映像を収録、

この元映像を、カオスパッドエントランサーを経由してデジタルトリミングした後で、

VJ・配信ブースのパイオニアVJミキサー(SVM-1000)でVJmixして、処理後の映像MACに送って、

DJミキサーからの音を重ねて、MAC内部で配信用にビットレート等をいろいろ整えた後で、

会場に引っ張ってある、かなり太い専用通信回線USTREAM配信という流れみたい。

 

 

 音の方の機材やセッティングは予算的に絶対真似できないけど、

映像の側の機材は予想よりもずっとずっと安上がりにできている。

そもそも、DOMMUNE現地にはビデオカメラ用のパン棒付きの三脚すらなかった!

撮影編集機材に関しては、中学高校の放送部のシステムの方がずっと値段が高いカメラ・機材を使ってると思います。

 

 USTREAMに特化するとここまで機材をシンプルかつ安価にまとめられるとは、まさに価格破壊

業務用HDカメラ1台を調達する価格で、(Ustream画質なら)このセット一式揃えられます。

 

(但し、これは現状のUstreamの「SD画質での生配信」の場合です。

現在の地デジTVのようなHD画質で同等の大規模ネット生配信を行おうとしたら、

プロ用のHD対応機材が必須になるので放送局レベルの機材が必須になります。)

 

 DOMMUNE映像の最大のキモは、機材の質ではありません。

最適配信のためのセッティングのノウハウの積み重ねと、

宇川直宏さんの「超絶スイッチングワーク(常人は絶対真似できない職人芸)」にあると推測します。

 

 

 もしも、映像面でDOMMUNEに近いことをやるには

…いや、今のDOMMUNEを超えるクオリティを持った新しいネット配信をするなら、

新しいアイデアと、(映像作りとしては)ほんの少し頑張った機材と、入念なセッティングと、

品質な配信を継続して行う「やる気」次第で、案外早い未来に誰でもできるようになるのかも。

 

 もしもUSTREAM映像配信で新しいことをやるなら、チャンスは今!だと感じました。

 

anonymouseanonymouse 2010/03/31 04:23 SVM-1000までは、よほど頑張らないと無理。あのエフェクトをリアルタイムで出せるVJソフトを知らない。あと照明。通常のクラブであれほどの照明を焚いたら、客は引く。それでも盛り上げられるのは、DJのセンスとハコ自体の音の良さと、いま自分がエッジにいるという陶酔。

workshopworkshop 2010/03/31 15:47 映像でDOMMUNEを超えるには、別に、DOMMUNEと同じ機材を用意する必要もないし、
DOMMUNEと同じ事をやらなくてもいいと思います。
むしろ違う機材で、色々やった方が面白い。
例えば野外ライブのマルチカメラ生中継とか、
VJ4人組+アーティストでライブセッションするとか、
DJにこだわらなければ、USTREAM中継でできることはまだまだ幅があります。
 
 あと、DJだから会場暗くする・照明焚けないってのは思いこみかな?
現場で最前列でガシガシ踊ってるとさほど気にならないですよ。
 
 光源をうまいことハレ切りしてあげて、
踊ってる人に嫌なタイミングで「直接光」が当たらなければ、
フロア前方やDJブースは結構明るくしても大丈夫ですぜ。
 そもそも屋外レイブとか太陽光直撃だしw。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100330

2010-03-25

久々に病気でダウンしてました。 久々に病気でダウンしてました。を含むブックマーク

 扁桃腺が腫れていろいろダウンしてました。

久々に点滴で抗生物質入れたりしてましたが、今週末にはなんとか快復予定。

 

タイトル微妙だけど、とても興味深いトークセッションが、秋葉原のそばで土曜日開催。 タイトルは微妙だけど、とても興味深いトークセッションが、秋葉原のそばで土曜日開催。を含むブックマーク

http://newwavech.com/newartleader/

ニューアートリーダーに話を聞いてみよう

ニューアートリーダーに話を聞いてみよう!01

2010年3月27日(土)14:40〜16:10

会場:3331 Arts Chiyoda 302号室 東京アートポイント計画室

 

伊藤

1979年生まれ。island代表。magical, ARTROOMディレクターを経て、

オープンスペースisland2010年1月よりスタート

展覧会の企画開催、アートフェアへの出展、MAGなどの本やCD編集出版

『magical, TV』などのイベント企画、作家マネジメント

ART AWARD TOKYO』や『THE ECHO』『BEAMING ARTS』の運営、

『101 TOKYO』ではクリエイティブディレクターとして携わる。

islandhttp://islandjapan.com/

 

黒瀬 陽平

1983年生まれ。美術家評論家

東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻博士後期課程在籍。

批評誌『REVIEW HOUSE』編集委員GEISAI大学講師

思想地図』にてデビューし、文藝春秋 文學界 新人小説月評やユリイカ等に執筆

http://twitter.com/kaichoo

 

松島 英理香

1985年生まれ。ギャラリスト東京造形大学美術学部中退

フリーアーティストマネジメント展覧会のキュレーションを手がけ、

2008年に22歳で同年代の若手作家を中心に扱うコマーシャルギャラリーCASHI」を馬喰町に設立。

現在も所属関係問わず企画展プロジェクトの運営に携わる。

CASHIhttp://cashi.jp/

 

 3331 Arts Chiyodaは、秋葉原駅から徒歩10分。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100325

2010-03-19

秋葉原の北、徒歩5分の場所にある、3331 Arts Chiyoda(3331アーツ千代田)にいってきました。 秋葉原の北、徒歩5分の場所にある、3331 Arts Chiyoda(3331アーツ千代田)にいってきました。を含むブックマーク

’Art Patents’- Exhibition celebrating a new book publication by Hideki Nakazawa

中ザワヒデキさんの芸術特許にまつわる展示。PC9801FAを使った「座標空間表示装置

http://www.aloalo.co.jp/nakazawa/200511kandada/nenpu.html

芸術特許」自筆年譜

 

3331 Arts Chiyoda Opening Celebration Event part 1’Look if you like, but you will have to leap’

http://www.3331.jp/

3331 Arts Chiyoda

http://www.cinra.net/news/2010/03/12/133826.php

秋葉原の旧中学校革新アート活動の発信拠点「3331 Arts Chiyoda」としてオープン:

CINRA.NET

 

 秋葉原の自作PCブロックから北側に歩いて徒歩5分、

廃校になった建物を利用して外神田6丁目に新しくできたアートスペース

3331 アーツ千代田を訪問してみました。

 

 開館記念展の「見るまえに跳べ」は入場料800円…ちと高いかな?

http://www.3331.jp/schedule/000001.html

自分が興味を持ったのは、

八谷P(八谷和彦)プロデュースエクストリームDIY」by 中川基/荻野剛/鈴木ヒロシ

http://www.3331.jp/schedule/000070.html

 テスラコイル演奏してみたの実演デモwや、通常の10倍の圧力で煮こめる圧力鍋など、

いろいろとエクストリームでMake:系のアイテムが勢揃い。

テスラコイルって何?って人は、この参考動画見るべし:

D

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1557426

テスラコイルチーターマン2を演奏してみた(<注:これはネタ動画です)

 

 アキバ系を自認するなら、

テスラコイル生演奏を一度は体験しておくべきです。

これだけのために800円払う価値はバッチリありますよ。

 

 

 地階・2階・3階には様々な美術ギャラリーや展示スペースが。

こちらは、ほとんどの場所で今のところ入場無料みたいです。

d^3 studio

POSTYMO : Yellow Magic Orchestra +skmt 写真コモンズマート ゲリラエキシビジョン:3331

http://www.3331.jp/schedule/000014.html

例えば、3階のギャラリーオフィスのg3では

坂本龍一Yellow Magic Orchestra写真展が開催されていて、

いろいろなグッズも販売されていたりとか、

 

Nanachan.TV studio

Nanachan.TV studio

Nanachan.TV studio

http://nanachan.tv/

学生メディアセンターなないろチャンネル nanachan.tv

全国の学生によるインターネット放送局イベント

 

例えば、2階のインターネットTV「ななちゃん.tv」のスタジオでは、

毎日ネットTV生放送収録が行われていたりとか、

自作ピンホールカメラ写真の展示があったりだとか。

Nanachan.TV studio

メイドさんいるし!

 

 

’Art Patents’- Exhibition celebrating a new book publication by Hideki Nakazawa ( PC9801 FA)

 おおっ、これは国民機PC9801FA、懐かしい!…ところで色々拡張ボード刺さってるなぁ。

裏にはPowerPC時代のMacPowerbookが展示されてます

 

http://www.3331.jp/schedule/000004.html

中ザワヒデキさんの「芸術特許書籍刊行記念展

http://www.aloalo.co.jp/nakazawa/

Hideki Nakazawa | 中ザワヒデキ | NAKAZAWA Hideki | 中ザワ ヒデ

’Art Patents’- Exhibition celebrating a new book publication by Hideki Nakazawa

 ビットマップ方式で3DCGを描くことができる作品「デジタルネンド」(特許取得済み)。

 

 

piano and blackboard

 こんな感じで、各部屋ごとに色々とぶっ飛んだ作品が展示されています。

東京藝大と、馬喰町や浅草橋の現代美術ギャラリー群との間に出来たこのアートスペース、

これから色々と面白い活用がされることに期待します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100319

2010-03-18

新しい自由雲台を買いました。梅本製作SL-40ZSC、すごくいい! 新しい自由雲台を買いました。梅本製作所 SL-40ZSC、すごくいい!を含むブックマーク

Umemoto seisakusyo "SL-40ZSC"

http://www.umemoto.ecnet.jp/prod3/prod3.htm

プロ写真機材、自由雲台の梅本製作所/SL−ZSC (COG-ZS) 自由雲台

 

 昨日、中野フジヤカメラに行って、

梅本製作所の自由雲台SL-40ZSCを購入してきました。

リアル店舗でお試しできて、カード払いで購入できるお店がここしかなかったのですよ。

 

 一晩試用した感想

過去自分に後悔です。どうしてもっと早くこの雲台を買わなかったのか、俺反省しろ!

(上の1行だけ、dankogai風にお読み下さい。)

 

crossroad  (SL-40ZSC testshot)

 この小さいサイズの自由雲台で、スパッと位置決め出来て、ピシャっと止まる。

そして一度ピシャッと止めたらそこから何分経ってもカメラ位置がずれない。

夜景撮影の準備時間が一気に短縮できました。

 

 そして、帰宅後に撮影画像を等倍チェックすると、

薄皮を1枚剥いたように画質がクリアになってます。

う〜む、やはり今まで微妙にぶれていたのか…。

手ブレ補正無しの1000万画素機種だからなぁ。

 

 今までの雲台が2ランク下で、使いすぎて保持力が微妙だったというのもありますが 

これまでの撮影無駄にしていた時間を考えると…ちょっと凹みます。

…梅本製作所の自由雲台は、これからの三脚撮りには必携アイテムだ。

 

stopper (SL-40ZSC testshot)

f.9まで絞って13秒露光。風が少しあったけど、すばらしい保持力。

 

Akihabara midnight (SL-40ZSC testshot)

突然、この場所にタクシーが到着してから構図の位置決め開始。

露光時間4秒。セッティングがやりやすくなったので撮影も迅速に。

 

Akihabara UDX midnight  (SL-40ZSC testshot)

秋葉原UDX、風が強くて寒かったので、気が焦って構図はちと甘かった。露光4秒。

 

Akihabara crossroad (SL-40ZSC testshot)

 撮影最低地上高は今までの雲台より2〜3cmアップ。

ワイドでローポジション撮影を多用していると、結構大きな違いに。

三脚と組み合わされたときの重心がほんの少し上に寄ったのも気になる。

 

 カメラがここまでしっかり保持されると、画質が改善されると同時に

今度は地下鉄や自動車の走る振動が微妙に気になりだします。

いい道具を使うと、振動に対する感覚が鋭敏になるってのかな…。

 

Akihabara midnight  (SL-40ZSC testshot)

 ともあれ、いい買い物しました。

しばらく、色々な場所を三脚据えて撮り直してみよう。

 

関連するかもリンク:

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/umemoto/2009/04/20/10697.html

デジカメwatch“高精度自由雲台”を生み出した「梅本製作所」とは

 

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/44298.html

スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」こんな雲台を連日使っとりま

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100318

2010-03-16 村上隆は苦手だけど、GEISAIは面白かった。

GEISAI#14に行っていろいろ撮ってきた(ちょっと追記した) GEISAI#14に行っていろいろ撮ってきた(ちょっと追記した)を含むブックマーク

postpoppers : "Let’s EDIT tsukasa" livepainting at GEISAI #14

ポストポッパーズの「つかさをつくろう!」(部分)

 

http://www.geisai.net/

GEISAI

 GEISAI初体験してきました。

色々評判は聞いていたり、写真持って出るといいかもよと薦められたりしていたのですが、

まずは一度下見してからということで…。

Geisai #14 

 会場は、コミケも開かれる東京ビッグサイト、東1ホール

 東方project即売会最大のイベント博麗神社例大祭*1と重なってて、

ビッグサイト東館は色々結構カオスになってたのですが…GEISAIはそうでもなかった。

美術館よりは賑わってるけど、普通に人が余裕で歩けるレベル

Geisai

GEISAI最大の特徴は、審査員が優秀作品を選出するコンテスト形式だということ。

取材クルーを引き連れた審査員が会場をねり歩き、その場で優秀作品を選び出します。

 今回はダミアン・ハースト(間違えましたスマソ)ジェフクーンズが審査に参加するという触れ込みだったのですが…残念ながら突然の来日中止に。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

 今回の最大の目当ては、ポストポッパーズの「つかさをつくろう!」の撮影。

http://postpoppers.web.fc2.com/

『つかさをつくろう!』

「つかさ」とは2008年漫画アニメ共に大ヒットした「らき☆すた」登場人物の「柊つかさ」です。

「つかさ」はそのぽわぽわとしたキャラクターと「らき☆すた」に見られるデフォルメも手伝い、

二次創作中では大きく形を崩され描かれることがありました。

 

ニコニコ動画でも「らき☆すた」は多くのMAD作品が作られ、

つかさの映像を素材として使った作品・つかさを

サイケデリックデフォルメして使用する作品には「つかさ症候群」というタグが付くほどでした。

 

それほど、つかさの記号性には多くの創作者が刺激されたのです。

 

今回のGEISAIではその「つかさ」を、日本のアニメ消費文化と創作美術)の接点としてとらえ、

「つかさの頭部の形状をしたもの」終着点としたライブアクションの展開を考えています。

http://d.hatena.ne.jp/lie_fujishiro/20100314/1268586097

GEISAIありのまままとめ(時系列半無視) - ダストポップ

会場には12時半過ぎに行ったのですが…う〜ん、確かにつかさだけど…

Lets EDIT Tsukasa ! (Ichirinsha paint work)

Kagamikku! the painter

色は確かに、つかさしてるみたい。また後で来よう。

 

 ということで場内散策。目に付いたモノからチェックしていきました。

 

This image is too small, that image is too large" from this distance imaged by Maki Abramovic

Maki Abramovicさんの「人は像に用があるとのこと」

ルーペで覗き込んでようやく像の輪郭がつかめてくる(CMYKの点は見えない)1000線の微細印刷で作られた数百枚の写真と、

RGBのサブピクセルが見えるまでに超巨大化されたな写真を同位置に展示した作品。

詳しい展示内容と作者の感想blogに書かれているのでチェック。

GEISAI#14:東京芸術

http://tokyoartvillage.blog36.fc2.com/blog-entry-393.html

 

 冬コミラブラブプラスモードiLLを作ったとき、

http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100128/p3

液晶モニタのサブピクセルの見せ方には結構こだわったけど、

逆に複数の画像をここまで微細化するという方向は考えませんでした。面白い

ちなみに、1000線の微細カラー「印刷」の料金は…うわぁ、高いなぁという印象。

 

 微細化した映像を見せる作品としては、

今年の文化庁メディア芸術祭で受賞している魚住剛さんの『F - void sample』があって、

プロジェクタ用の小型で超高精細な液晶が民生品にも降りてきてるので、

これからいろいろこの辺を使った展示は流行ってきそうな予感がします。

http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/art/001217/

http://gohuozumi.com/projects/F/index.html

http://media-arts.cocolog-nifty.com/map2009/2010/02/f---void-sample.html

 

Noriyuki Sato :A Cat doll

佐藤法幸さんのとてもリアルな猫の人形

 

Ari Takagi : connect 1

高木亜麗さんの、認知症でほとんど動かなくなった祖父を題材にした3つの写真

重くて深くて、そしてやっぱり写真してます。

http://arinco903.exblog.jp/

高木亜麗とブログ

http://www.mirutuna.com/

BankART school | 飯沢耕太郎ゼミ写真展「みる、つなぐ、ひらく」

(3月23日4月4日BankArt Sutudio NYK(横浜)) 

 

Photos by Masatoshi Yanagimachi

柳町匡俊さんの作品

 過去にトーテムポールギャラリー個展を見て、なんとなく印象が残ってました。

中判カメラで撮影された、少し暗くて毒味が仕掛けてあって、引っかかりがある、独特の味があるプリント写真

ブックや額装もちょっと普通の写真とは違う感じに仕立ててあります。

 今は尾仲浩二さんの街道塾に参加しているみたい、なるほどと納得。

 

Hiroaki Ito : an original figure

伊藤大朗さんの「an original figure」

日本人に固有の「しぐさ」を、ものすごく大きなサイズで、ちょっと皮肉っぽい視点で描いている。

少し緑色っぽいスーツと、Yシャツと白バックのコントラストがいい。

 

"Google Google" by Otona-vision

 大人ビジョンの「Google-Google」。

 Re:スーパーフラットということで、

オリジナルコピー・様々な画像の等価値性などを

googleの検索ランキングの介して表現した作品ということでしたが、

検索エンジンの成り立ち方や、google検索避けとしてのmixipixivなどの台頭、

検索と政治(国家)の微妙な関係や、検索結果と道徳google検索と広告の関係、

お金と"ポルノグラフィー"とイコンの関係など、まだまだ色々煮詰められる。

面白いところに目を付けていると思うし、若い二人なので、これからに期待。

 あと、とりあえずblogtumblrを作って欲しいなぁ…。

 

Paint and CG image works by ARiKEM

ARiKEMさんの作品たち。

http://www.pixiv.net/member.php?id=273528

「ARiKEM」のプロフィール [pixiv]

 

 タイトルには「現在時刻」が入るそうです。

 常にうつろい変わっていくということをコンセプトにした作品群は、

重みのある巨大な抽象画と、おそらくお店で売ってるそのまんまのホログラムの紙と

対照的に、異様にペラい印象を与えるつやつや光沢紙にプリントされたCG作品と、

椅子に座った謎のぬいぐるみw(作者のマスコットキャラクターらしいです)。

 

 この描き方展示方法で真っ先に連想した梅ラボさんとは知り合いだそうで、

今回の展示も梅ラボさんの作品もかなり強く意識・分析して、いろいろ仕込んだとか。

Paint by ARiKEM

Paint and CG image works by ARiKEM

edge of Paint by ARiKEM

 なるほど、確かに梅ラボさんの作品をよく観て、そこにARiKEMさん独自の味やひねりを加えてある。

抽象画クオリティもかなり高いし、梅ラボさんは発表しそうもない傍系へしっかり足を進めていってます。

オマージュというか、梅ラボさんの作風の2次創作というべきなのかな。見事です。

 

 ARiKEMさんのブースではひっそりと東方project画集幻想弾幕劇物図画集」も販売されていて…

http://danmaku.akazunoma.com/index.html

博麗神社例大祭GEISAIで全く同じ作品集を販売するという素晴らしいリンクが仕掛けられていました。

(梅ラボさんとARiKEMさん、この画集に双方が掲載されています)

いや〜ここには、色々と連鎖仕掛けが重ねられていて、面白かった。

 

Ryota Sato’s silkscreen works.

佐藤亮太さんのシルクスクリーン作品

http://www.microtanks.net/

佐藤亮太 /ryota sato/ microtanks.net

 甲殻類や文様のような見た目の、直線と曲線が組み合わされたひとつの版を

何十回と色を変えながら重ねて刷り上げた作品は、

観ているとパターンの流れに吸い込まれていくような感じに。

色使いの絶妙さとインクの厚さの微細な積み重ねから生じる段差が目に心地よい。

 

Chika Tanikawa pictures

http://www.chikatanikawa.com/

chika tanikawa

谷川千佳さんの作品。一番奥の作品の、肌と背景の赤みの発色が出色の出来。

夢で観た光景を絵画で再現しているということですが…こんな発色の夢なら私も観てみたい。

発色がいいポストカードやサンプル集があったら、多分即買いしてた…。

 

"Shounen Shouji" by Shouji Takuya

 庄司拓弥さんの「少年ショウジ」

http://www.m-kagaku.co.jp/mcjda/award2009/awd01_det04.html

MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD

 絵柄が、すべてスワロフスキーでできてるんですよ、そして色々ネアカw!

作品を熱心に紹介していた作者もやたらパワフルで、面白かった。

ダミアン・ハースト(間違えてましたスマソ)ジェフクーンズが審査員として来日していれば、かなり面白かったのに…。

 

An installation art by Miu Sakai

酒井美宇さんの「あそこの棚にしょうゆがあるからちょっととってきて。」

http://mcrpp.jugem.jp/

紅あずま99円

 GEISAIのような半開放で賑やかしぃな空間で、

このような静かなタイプインスタレーションはやり辛そうでしたが、

丁寧に作られた展示ブースは独特の雰囲気を会場で漂わせていました。

じっくり眺めていると、ふとした瞬間に、なにか入ってくる感じ。

個展グループ展で観てみたいなぁ…。

 

Ai Fujiwara : "Photo Art Tie"

藤原愛さんの「フォトアートタイ

http://sanko-acp.com/ai/index.html

Photo Art Tie

http://www.communication-necktie.com/

コミュニケーションネクタイ オリジナルで1本から作れるネクタイ

 コム・デ・ギャルソンなどのインクジェットプリントされたシャツはありますが、

このネクタイの最大の特徴は高精細で鮮やかな発色の写真がそのままプリントできること。

過去に、TVや雑誌新聞でも取りあげられて話題になった商品です。

薔薇の花や、蓮の花のネクタイポールスミスで出てきそうなデザイン

 

 一本5800円+送料500円で、一本から納期2週間で作れるということなので、

オリジナルデザインの痛ネクタイを作ることも可能です。

ありきたりの痛グッズに飽き足らない皆さん、どうでしょうか?

 

Misako Fujii : "Grid to know faceline of human"

藤井美沙子:人間の輪郭を知る為の格子

 

Küki : Pavane pour une infante défunte

Küki : 亡き女王のためのパバーヌ

 こういうイカしたバッドテイストの、洒落たデザインセンスの作品は、

GEISAIでもありそうで意外と見つかりませんでした。

こういうのは、デザインフェスタの方が多いかも知れないなぁ。

 

Mr. CHAN TZU-FENG

 GEISAI台湾での受賞者、CHAN TZU-FENGさんの写真作品。

http://www.flickr.com/photos/tasyo1976/

Flickr: 青鳥's Photostream

http://s264.photobucket.com/home/tasyo_2008/allalbums

All tasyo_2008's Albums

 

GEISAI#14では、GEISAI台湾で優秀賞を取った作品も数多く展示されてました。

作品クオリティがかなり高く、特に写真作品の質には驚かされました。

もうひとり、LIN CHIH-YUさんのモノクローム作品も良かった。

 

Tomohiro Mori’s painting

 森智弘さんの絵画作品。「ぜひ触って、触感を確かめて下さい」とのこと。

溶かした着色アクリル?を大きなカンバスの上にグリッド状に規則正しく並べた作品。

こうやって触ってると、絵の具?の表面のつぶつぶの触感が心地よく、なんだか心が安らいできます。

光の反射も心地よく、アンビエントハウスのような印象を持った作品でした。

 

 そうそう、この展示を観ているとき、作品のひとつが「目の前で買われていきました」。

GEISAIでは、観客に美術コレクターも多く混ざっていて、作品の多くは「その場」で購入可能だったり。

 

odc∞cm (Odeco 8cm)

odc∞cm (Odeco 8cm)

odc∞cmの「"DOYAGAO" of the ALL CENTURIES」

http://odc8cm.seesaa.net/

 ドヤ顔と呼ばれる、営業用の圧迫感あふれる顔でキメた作品w。

多分、プリクラの美顔モードか、フォトショップ能力全開で目力グッとアップと美肌処理してる。

ブースを斜めにグッと使って「見得を切った」展示は、見せ方のハイセンスさとドヤ顔のギャップが面白い

 

 

 大体ブース全体をじっくり眺めながらひとつひとつ巡ると、最後まで巡って4時間程度。

この作品を全部審査する人は大変だろうなぁ…と思いながら

ポストポッパーズのブースへ戻ってきたら…おお、すごい盛り上がり!

Let’s EDIT Tsukasa!

現場のあらゆるものに追加のペイントが施されて、まさにカオス状態!

Let’s EDIT Tsukasa!

 そして、全ての元キャラが絵の具やポスカで「らきすた色」に上書き加工されています。

じわじわと、あらゆるものがつかさカラーに侵食されていく世界。

Let’s EDIT Tsukasa!

嘘さんは…あれ何読んでるんですかw。

Painters, a DJ(mixer) and Re-Editers!

 博麗神社例大祭から流れてきた人達や、他のブースで展示していた人々も作品持ち込みで合流して、

ものすごい速度でつかさを描き始めたり、junkMAさんはいきなりPCDJミキサー出してきてmix開始したり、

参加者パフォーマンスが比較的大人しいGEISAIでも、

このブース"だけ"はやりたい描き放題作り放題の治外法権状態w。勢いが全く違う!

Let’s EDIT Tsukasa!

odc∞cmの作品、とうぜん、ここだと、つかさ加工されています。

 

 私も負けじと、もの凄い勢いで、アングル色々探りながら撮影していきますが

…いかんここ数日の不摂生がたたって風邪ひいたかも(泣)。

Let’s EDIT Tsukasa!

 なんかステージ上ではGEISAI大賞とか色々発表されてるみたいだけど、

あまり気にせず、つかさを描く描く描く!

 

Let’s EDIT Tsukasa!

雑誌グラビアのつや有り印刷紙の上に絵を描くときはポスカが大活躍。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

 赤いセーラー服になると、一気につかさらしくなる。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

Let’s EDIT Tsukasa!

 とても、つかさらしい光景…なのかなぁ?どうなんだろ?

この辺のギリギリ具合が上級者向けMADっぽい感じ。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

MEGAMIマガジングラビア画像がものすごい勢いで増殖・解体していきます。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

かなりカオス

Let’s EDIT Tsukasa!

15歳以上推奨な発言するつかさ。

 

Let’s EDIT Tsukasa! ( lie_ Plays beatmania on PSP)

この熱狂ブースの中で突然ビーマニDJ MAXを始める嘘さんw。*2

 

Let’s EDIT Tsukasa!

 なんかいろいろ盛り上がったけど、午後6時でタイムアップGEISAI終了。

オワタ、そして撤収作業開始です&数々のすごいブツが…。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

Let’s EDIT Tsukasa!

Let’s EDIT Tsukasa!

Let’s EDIT Tsukasa!

Let’s EDIT Tsukasa!

Let’s EDIT Tsukasa!

Shiroi Kuroko and Misaka Mikoto.

Let’s EDIT Tsukasa!

 

GEISAI #14 finished.

 GEISAIメインブース付近も撤収中。

 

Let’s EDIT Tsukasa!

そして、ブルーシートがふたたび晒される…。

 

関連するかもリンク:

http://d.hatena.ne.jp/si_ku/20100315/1268677955

つかさをつくろう! - Speaker, Pencil, Pillow

 

http://blog.artmw.net/2010/03/geisaiby-taisy.html

GEISAI感想 ポストポッパーズバージョン by Taisy:ArtMW

 

GEISAIって、写真展示する場所としてはどうなのかな?と感じたのも事実GEISAIって、写真展示する場所としてはどうなのかな?と感じたのも事実。を含むブックマーク

http://www.geisai.net/

GEISAI

 アート関係者ごろごろいるし、作品買う気で会場を訪れる人も多かった。

アート側からの刺激を得られる場所としてはやたらコストパフォーマンスが高い。

 

けど、以前行ったデザインフェスタほどの熱狂や若さは正直いって感じませんでした。

才能と実力がある人が数多く集まってるので、ざわざわとしたさざめき感はあるけど、

自分の大好きな、熱量貯め込んだ人が、その場で突然集まってワイガヤする勢いは無かったです

ポストポッパーズのブースを除いて。

 

 設備面で言えば、

貸し画廊個展を開くよりは圧倒的に安いのだけど、

レンタルパーテーションや電源などを追加すると金額も安くはないし、

レンタルの機材の質はせいぜい商品展示会レベルで、繊細な写真展示に使えるクオリティではない。

 ビッグサイト館内は、作品を展示するには非常に「貧しい光」なので、

写真を展示するなら、自前の照明器具や照明を固定する治具や自立スタンド

そして、パーテーションコンクリート床の上に被せるボロ隠しの布などは、

自分で用意して持ち込む必要があると思いました。

 

 あるいは、ARiKEMさんが用意した画像のように、徹底的にペラく魅せるか。

 

 

 写真絡みの出品数は、予想よりも随分と少なく、

そのかわりにどれも「写真として」かなり優秀な作品ばかりでした。

参加者の誰もが、ギャラリー個展開いて、いい評価を得られそうなレベルです。

しかし、"GEISAI的なアート"としての基準で評価されると…やはり評価が難しくなる。

 

 写真1枚でパーテーションひとつ使い尽くすくらいの巨大写真でないと、

立体や絵画作品には最初のインパクトで負けて、素通りされてしまいそう。

あるいは、立体や絵画には出来ない「特殊な展示方法」を使うとか。

この辺は、貸しギャラリーや、写真イベントとは違った展示ノウハウが必要そう。

アクリル表装使った作品や、額装に凝った作品は、こういう場所だと有利ですね。

その点、藤原愛さんの「フォトアートタイ」のような

布地にインクジェットプリントというスタイルはアリだと思う。

http://sanko-acp.com/ai/index.html

 

 そういえば、月城七羽さんのブースでは、

不思議の国のアリスモチーフにしたコスプレ写真ポイントポイント

ラメをいろいろ貼り付けて、ガラス面を浮かせたアンティークな額装で

コスプレ写真キラキラ感を強調して積極的に打ち出していってたなぁ

…あれは面白かったです。個展があればぜひ見てみたい。

http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/564

パブリックアイ 第10回 - Time Out Tokyo(ブース写真は必見!…職業画商なのか!)

http://yaplog.jp/leon1119/archive/12

Winter*RabbitGEISAI#14

http://www.geocities.jp/blue78blood/

http://ja.curecos.com/profile/?ch=84800

月城七羽さんのプロフィール - コスプレCure(要ログイン)

 ブース独自のデコレーション光の使い方・回し方をいろいろと工夫して、

写真特有のライティングテクニックを活かしていけば、なんとか対抗できるかも。

広告写真とか、ブツ撮りなどセットアップが上手い人が有利な場所だと感じます。

(ライティングの作り方、いろいろ学習しないとなぁ…。)

 

 あと、自分が撮ってる写真って、ハレの場を記録・表現できるけど、

実際はハレの作品ではなくて、ハレの場所からほんの少し引いた瞬間に見ると、

いろいろ意味合いが出てくる可能性があるのかな…と感じました。

実際、自分が異様にに盛り上がってる時って、

見る方踊る方騒ぐ方に集中してて、じっくり写真撮ってない。踊りながら撮るけどなw。

 

 いろいろ考えて、書いたけど、写真の展示をする場所としては弱いけど、

アート側からの刺激を得られる場所としてはやたらコストパフォーマンスが高い。

コミケのように、他ジャンルの知らない人からいろいろ生の感想が得られるのは、

写真ギャラリーで展示するときにはなかなか得られそうもない、かけがえのない経験だと思います。

 

 やっぱり、一度何かを作って、参加してみるのが面白いかも知れないなぁ。

 

新宿でプリキュアオールスターズDX2の巨大ポスター撮影してきた。 新宿でプリキュアオールスターズDX2の巨大ポスター撮影してきた。を含むブックマーク

Precure all stars!

 

http://www.precure-allstars.com/

映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

 

東京メトロ新宿駅メトロプロムナードにて「映画プリキュアオールスターズDX2」20連プレミアムボードを公開中!

プリキュアオールスターズがみんなを待ってるよ!

掲示期間:3/15(月)〜3/21(日)

掲示場所:東京メトロ新宿駅メトロプロムナード

http://www.toei-anim.co.jp/movie/2010_precure_allstars/01news/n19.html

Precure all stars! 

Precure all stars!

Precure all stars!

 取り急ぎ、ちゃちゃっと撮ってきた。

場所は地下鉄新宿駅地下街、A9出口(新宿アルタ入り口)と、小田急寄りのA10出口の間。

JR新宿駅よりはずっと撮りやすいし、日曜までなので、綺麗に撮り直したい気分。

 

龍が如く4の街頭宣伝広告、力入ってるなぁ!さすが新宿歌舞伎町。 龍が如く4の街頭宣伝広告、力入ってるなぁ!さすが新宿歌舞伎町。を含むブックマーク

Ryu-ga-gotoku 4 promotion at Shinjyuku street.

龍が如く4 伝説を継ぐもの

龍が如く4 伝説を継ぐもの

http://ryu-ga-gotoku.com/four/index.html

龍が如く4 伝説を継ぐもの | セガ公式サイト

 

 JR新宿駅東口から歌舞伎町に向かうときに気が付いた。今週末発売だ!

Ryu-ga-gotoku 4 promotion at Shinjyuku street.

 

Ryu-ga-gotoku 4 promotion video on Shinjyuku street.

 アルタの巨大モニターではエンドレス龍が如くのPVが流れてました。

Ryu-ga-gotoku 4 promotion video on Shinjyuku street.

Ryu-ga-gotoku 4 promotion video on Shinjyuku street.

今回も釘宮理恵さんは遙の役で登場。

 

Ryu-ga-gotoku 4 promotion video on Shinjyuku street.

いきなり街頭モニターでこの顔はびびるw。

 

A homeless in Shinjyuku street : Ryu-ga-gotoku 4

 今回、登場人物のひとり秋山駿は元ホームレスだとか。

声優は山寺さんということで、演技の上手さは間違いなし。

 

Ryu-Ga-Gotoku 4 ad at Donki Kabukicho, Shinjyuku

歌舞伎町のドン・キホーテ前も龍が如く状態。

店員さんの服装やレジ袋も龍が如くコラボだったり、龍が如くブランドのお酒を販売したり。

*1http://www.reitaisai.com/

*2:嘘さんからの詳しい解説:「DJ MAXという韓国の音楽ゲームです。もともとはネトゲだったのですがPSP版で発売され、韓国ではPSPソフトの中でもダントツの売れ行きだったようで。日本ではKONAMI(BEMANI)が厳しいので輸入ショップを探すしかないです。」

2010-03-14

早朝の秋葉原って、やっぱりいいね。 早朝の秋葉原って、やっぱりいいね。を含むブックマーク

Akihabara early morning

 夜明け直前の秋葉原中央通り。とらのあな本店ビルボード看板復帰。

この時間からとらのあなには商品搬入トラックが!。

 

 ということで、土曜日始発前〜朝の間に撮った撮影画像UPします

 

Akihabara midnight

 

Dejiko

 

Mandarake Mizuki Nanaspecial!

 水樹奈々コンサート当日ということで、

秋葉原まんだらけショーケースは夜を徹して水樹奈々声優グッズ特集の展開。

深夜29時半でもアキバの店は作業してます…。

 

Akihabara early morning

夜明け…徹夜勤務らしいタクシー運転手さんも休息中。

 

Akihabara UDX crossroad (monotone ver.)

早朝の秋葉原UDX付近。ジョギングしてる人がぼちぼち。

この時間、UDX2Fイベントホール入り口付近には、既にゲームイベントの入場列が出来てました。

 

M Yellow

Mac

Akihabara main street

流行の淡い色の写真って、色調節がなかなか難しいなぁ。

 

Akihabara Main street moring view

 

DARIUS

 

Manseibashi crossroad

7時過ぎると、勢い道路が混みだします。

 

self portrait

けど、秋葉原の街は、(限定版が絡まない朝は)結構遅起き…。

人通りの少ない時間だから、こんな感じで三脚立てて撮影してます。

 

vending machine

 

slant composition

おなかすいた…帰宅しますか。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100314

2010-03-13

パシフィコ横浜CP+行ってきた。 パシフィコ横浜のCP+行ってきた。を含むブックマーク

CP+

http://www.cpplus.jp/

カメラ写真総合展示会「CP+」シーピープラス

 

ということで、木曜日CP+行ってきたのでさわりの部分だけ写真コメントUPします。

CP+ (for family)

 CP+は今までの、業者むけカメラショーに比べて、民生機比率が高いショー。

展示もカメラファン向けの商品が多く、写真館や事務機屋さんむけの展示は少なめ。

そのかわり、展示内容も「観て触って楽しめる」スタイルのものがかなり多目でした。

Photo shooting seminor

平日と言うこともあって、参加者サラリーマンは少なめ。

業者さん、写真好きな学生さんカメラが濃い趣味の人、そしてカメラをもったお年寄り

 やはりデジ一比率が高めの会場でしたが、若い学生さんフィルムカメラを首から下げて、

高齢カメラユーザーのデジ一率がここ最近急上昇してるのが気になりました。

 

We’ll make it. Believe us. : SONY shows new style camera

今回、自分が一番期待していた、ソニーブースのミラーレス一眼のモック…しかし

don’t touch just look : SONY brand new style camera mockup

Sony white object

モックが置かれているのはブースのはるか奥の方、

来場者が触れるのは、真っ白の形状・重量だけ合わせた模型だけ。

重さの目安に…ということですが…これはなぁ。個人的にガッカリです。

 

 まあ、このガッカリは置いておいて

…今回、ソニーの体験ブースで、ソニーα900と「SAL2875」をレンタルしました。

α900ファインダーの見栄えはダントツに抜群。使い勝手普通。露出の正しさはさすがフラグシップ!。

レンズ「SAL2875」は…こんなもんかな?AFからMF補正するのが難しい&映りは絞ればなんとか。

α900のボディには明らかに格下のレンズですが…使いやすい焦点距離域とこの軽さはいいですね。

(ホントは「SAL2470Z」を借りようかと思ったのですが、レンズのあまりの重さに断念…。ヘタレです)

 

 ちなみに、ソニーのαはソニースタイルカメラを購入した場合

αレンズレンタルサービスを(有料で)使うことが出来ます。

http://www.jp.sonystyle.com/Special/Camera/Dslr_lens/Rental/

“α”レンズ 体験レンタルサービス Sony Style

 

SONY handycam demo

ソニーブースではミニサッカー撮影体験デモハンディカム動画デジカメも体験できます。

stretching

 ファインダーの見え方はさすがですね、α900

動体はしんどいけど、フォーカスがやりやすいし、目に優しい感じがします。

これは、とことんいいレンズが欲しくなる、魔性カメラかもしれません。

 

 で、ソニーブース以外でもいろいろ撮ってみた。

まずは富士フィルム

Fujifilm demo cute girl

I’m not cameraman. I’m a cute CAMERA girrrrl !

ふともも!絶対領域アイマス配色のコスチューム、そして秋月涼ちんの髪型!

ぜひお持ち帰りしたい(爆)。

あ〜こういうの眺めてるといいレンズが欲しくなる。

Finepix girls!

3D camera demo on Fujifilm

3D Picture on 3DTV demo

ふぅ、それは置いておいて…富士フィルムのブースは面白かったです。

自分的な目玉は、現在発売されている富士フイルムの3Dカメラ撮影した静止画や動画を、

ビクターの大画面3DTV(試作品)やPC用の液晶モニター再生するデモ

大画面と3D映像は相性がいいだけに、3DTV普及と共に一気に伸びてきそうです。

 

Fuji GF670 Professional Silver

GF670 Professionalのシルバーモデル。音がとても静かで、風景撮りにはとてもいい感じ。

 

Pentax 645D !

Pentax645Dも体験してきました。

Pentax 645D hands-on trial!

 中判カメラなのに、ミラーショックシャッターショックが少なくて音が静か。

片手でグリップした感じはかなり軽量で、サイズの割りに重量感も少なく、驚かされました。

フルサイズ一眼レフ+バッテリーグリップ+重量級レンズよりも軽く感じる。

新しく開発されたレンズも音が静かで描写も良好で、そして安い!

 

 ブースで軽くお話ししたところ、「風景スペシャルカメラということで、

ファッション広告ブツ撮りへの対応はまだ考えていないみたい。

今のところ、GRDigitalのようなオンリーワンカメラを目指しているみたいです。

Pentax K-x 100 colors! 

Pentax optio H90

もちろん、K-xコンパクトカメラも力入ってます。

今年のペンタックスは、いろいろ面白そう。

 

ROCOH on CP+

 リコーブースはGXR一押し。

レンズユニットの公開もあって、カメラファンが多く訪れてました。

RICOH shows us dream!

RICOH GXR tilt-sift unit (mockup model)

面白かったのが、カメラ雑誌で企画された「こんなのあるといいな」カメラの展示。

GXR蛇腹ユニットとか、ハッセルレンズユニットを付けたGXRライカMマウントなどいろいろお遊びが。

…発売予定は全く無いそうですが、メーカーブースにこんなの置いてあるのは面白い

We love street photographer  

リコーブースで個人的に良かったのは、大きなスペースを割かれていた写真展示。

New York family

マグナムフォトの、良質なストリートスナップ写真が丁寧に額装されて展示されてます。

記念写真から先の写真を提示してくれているリコー、いい仕事ですね。

All we love camera! from RICOH .

こんな言葉があると、GR DIGITAL使いとして、リコーを応援したくなる。

 

Panasonic LUMIX G2

PanasonicLUMIX G2 女流動画一眼の新ver.

超軽い、小さい、バリアグル動画もきれい!

しかもタッチパネルでピント合わせも楽々。

質感やシャッター音は「おもちゃみたい」で高級感無いのだけど、

コレ、お店では普通に売れると思います。

 

CASIO dancers showtime!

 カシオは超高速連写デジカメのプレrec機能で、風船が割れる瞬間を撮るハンズオンデモ

ちなみに、この写真は、DSC-R1と手動タイミング合わせで撮影したので少し遅れた(汗

CASIO dancers show

CASIO dynamic photo demo

ダイナミックフォトと動体撮影がことしのカシオのウリみたい。

Picturelize photoframe demo on CASIO

カシオのもうひとつの一押し、デジタルフォトフレーム

写真を強力に絵画っぽくする処理で、風景画のように飾れるデジタルフォトフレームをアピール。

これは、カシオ製品なら、アリな展開だと思いました。

 

GE A1255 : Japanese modern (WA-MODERN) style camera

 GEの「和モダンカメラ A1255 。

 日本のメーカーよりも尖ったマーケティングセンス。

デジカメでは、かつて、パナソニック和風配色モデルを限定販売してましたが。

こっちの方が商品としてはるかに上手く仕立て上げてます。すばらしい商品展開。

 

Photo album (not virtual)

 用品コーナーで気になった物は多数ありますが、

フジフイルム写真フレームアルバムの品揃えにちょっと引かれました。

ディズニーアルバムは、やっぱり子ども写真を貼るのにぴったり。

 

polaroid booth : history

新生ポラロイド・がんばれポラロイド

 

795954

cemical colors

Toy quality, Artistic effect!

Dr. Polaroid :)

vivicam 8027 rapidshot case

フィルムカメラトイカメラブースも盛況。

逆に、いわゆる「トイデジカメ」は以前よりも勢い弱めな感じ。

 

not green.

 一般からの写真展示ブース『御苗場』は、玉石混合。しかし数はある。

何件か、面白い作品が見つかったものの、その一方でボードが落下してるブースも。

展示の上手い下手の差がはっきり判ります&ブックが結構面白かった。

 

 

  

CP+ : camera people

 今年が初回のCP+、パシフィコ横浜が会場になったことで、会場を巡った後、横浜撮影観光が楽しめます。

みらとみらい周辺や、横浜港や中華街など、横浜には撮影していて楽しいスポットが多いです。

今回紹介しなかったcanonNikonオリンパスのブースなど、家族連れで楽しめるブースも多いので、

来年以降もこんな感じで盛り上がることに期待します。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100313

2010-03-10

昨夜の東京は、雪だった。 昨夜の東京は、雪だった。を含むブックマーク

Shinjyuku snow night

 とらのあな新宿店付近。

 

 ということで防水デジカメでいろいろ撮ってました。

充電不足と低温で電池持ちが悪かったのであまり枚数撮れなかったのが残念。

 

 銀座でギャラリー巡りしていたら雪が降り始めて…

Mail nude ad track : CK jeans

 

Ginza snow

 2、3件ほどギャラリーを回った頃には、雪の舞う銀座に。

あ〜確かに夜景と重なると綺麗だ。寒くて手が震えるけど。

 

 twitter検索したら、新宿で積もり気味という情報を得て移動。

W-inds. ad-track

新宿アルタ前。w-indsのアドトラック雪景色

 

snow in Shinjyuku WEST

お〜確かに雪が積もってる@新宿西口(このそばにはフジテレビの取材スタッフ撮影にきてました)

 

shoppers

小田急百貨店前、雪で路面が滑りやすい状況に。

 

Shinjyuku crossroad snowing

ユニクロで服買い足して着込んだけど、やはりいろいろ寒いので、早々に撤収。

新宿でこれだけ降れば、秋葉原でも大丈夫だろうと判断してアキバに移動。

 

Akihabara snowing

やはり秋葉原は積もり具合は薄いな…。と思ったら電車下車した途端にいきなり大粒の雪が!

snow in Akihabara

さむい〜。

 

a snowly night in Akihabara

秋葉原中央通り、ガード下の交差点で撮影今日3月9日だよ!

この頃から一気に強い降り方に。

 

Snow in Akihabara

 UDX脇の道路。雪で薄化粧した景色がいい感じ。

メインストリートは積もって無くて、裏通りに入るといい光景に。

ホントは撮影続けようかと思ったけど…人間の耐寒限界が先に来ました(泣)。

秋葉原MOGRAでミクの日イベントやってたので逃げ込むことに…AAMOGRAの中暖かい…。

 

 10時過ぎには、雪から雨に変わって、23時過ぎには雪景色は崩れてました。

う〜ん、あのまま我慢して路上撮影しておけば良かったかなぁ…。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100310

2010-03-06

Shooting Photo is like dancing :-) Shooting Photo is like dancing :-)を含むブックマーク

Shooting Photo is like dancing :-)

 

http://www.youtube.com/watch?v=q_B0pNCiwzg

関連リンク:The Bucketheads"went"

 

ラブプラス痛単車を秋葉原で見かけたので撮影した。 ラブプラスの痛単車を秋葉原で見かけたので撮影した。を含むブックマーク

Loveplus Ita-Tansha (rear)

 こりゃ撮るしかないだろ!

ということで三脚立てて撮影させていただきました。感謝!

  

 オーナーの方は寧々さんラブな人で、

六本木のクリスマスケーキ争奪戦に参加されていたそうです。ナカーマ!

Loveplus Ita-Tansha (overview)

 

Loveplus Ita-Tansha (parts)

 寧々さんラブですよ!

 

Loveplus Ita-Tansha

 

昨日はこんなの撮ってます。 昨日はこんなの撮ってます。を含むブックマーク

 ちょっと世界の捉え方を試行錯誤気味。

JR kanda station crossroad

JR神田駅。こういうのはワイドパノラマ格好いいよね。

 

 

crossroad

 秋葉原の撮り方、試行錯誤中。

 

Optimism

 日本橋〜東京駅間の新常盤橋、ここは桜の季節にもう少し上手く撮れそう。

 

LED

 

A Tokyo (version)

皇居外苑から東京タワーを眺める。

 

 ベルサール秋葉原のコダックフォトサロンで開催中の

m.s.parkさんの写真展に影響されて秋葉原から江戸城跡(皇居)まで歩いて移動。

昨夜は湿度がやたら高くて春か霧か霞かという感じ。

深夜の皇居外苑、なかなかおもしろい場所です。アツアツカップル多数。

 

Kusunoki Masashige monument

楠正成(くすのきまさしげ)像@皇居外苑。

 曇り空の深夜だと、銅像の背景いい塩梅の白抜きバックになって面白い

 

Kaohame at Abercrombie & Fitch Ginza, Tokyo

 銀座のアバクロ。23時半、無人の店内から爆音ハウスが店内から流れててちょっと不気味。

店内イラストに合わせてうまいこと「顔ハメ」を試してみる。

 

Mistukoshi Ginza Lion photo.

銀座三越ライオン前。みもふたもない、代用品としての写真

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100306

2010-03-02

m.s.park 写真展「God knows Everything」@コダックフォトサロン秋葉原いってきた。 m.s.park 写真展「God knows Everything」@コダックフォトサロン秋葉原いってきた。を含むブックマーク

m.s.park : "God knows Everything" at Kodak photo salon, Akihabara

(画質悪くてごめんなさい、勘で撮影したら露出ミスって激しく白飛び…。)

 

http://www.mspark.net/index.html

m.s.park photograph

 

http://ameblo.jp/mspark/

m.s.park's blog

 

伝統的な文化と今現在文化、アンダーグランドな部分が露出するこの街を

モノクロフィルム撮影し、さらに引き伸ばしの際に合成をして作品に仕上げています。

同じ東京で活動しながら、知ることのなかった街。作者の視点を通してどう描かれたのか。

是非秋葉原へ来て見て感じてください。

 

 

作者より

コダックフォトサロンが秋葉原に移転するということで、秋葉原で撮影することを思いつく。

しかし、カメラを持って秋葉原の街に出ると、独特の世界になじめず、一回目は断念。

そして、再度挑戦した日が神田明神お祭りの日だった。

そこで僕が感じて撮影した。精神的なハイブリッド世界

フィルムコダックB&W T-MAXに6×6のフォーマットで非日常スタイルで展示する。

ご来場の皆さんへ、会場にて何かを感じていただけたら幸いです。

http://wwwca.kodak.com/JP/ja/professional/photoSalon/2010/p20100301.shtml

展覧会詳細 :コダックフォトサロン

 というわけで、ベルサーユ秋葉原12階のコダックフォトサロンに行ってきました。

 作品は6x6で撮影した後、アシスタントの方にお願いして多重合成されたプリント

全体的に「闇」のイメージが強く、特に会場奥にある写真の場所は照明もプリントもかなり暗い。

ここの写真だけ見ると、ここはどれだけ暗鬱なゴッサムシティ秋葉原なんだろうかと思うほど。

 

 江戸城(皇居)から見て、鬼門の位置にある"「神田明神」のお祭りと秋葉原"という

非常にユニークな視点で仕上げられたプリントと展示は、

自分の撮ってる秋葉原の視点と大きく異なり、とても刺激的でした。

 

 会場に作者のm.s.parkさんが在廊されていたのでいろいろお話を伺うと、

最初の撮影予定日には、秋葉原の光景に圧倒されて、車から降りることもできなったとか。

で、秋葉原に2回目に再来訪したときに、偶然、神田明神お祭りと出くわし、

そこから夢中になって撮影していたら、いつの間にか神田明神に辿り着き、

その日のフィルムプリントしていると、撮影したときには気付かなかった色々なものが湧いてきて、

後で気になって、秋葉原の歴史をいろいろ調べると奇妙な重なりがあったんだとか。

 

 展示されている作品にも様々な「ケとハレ」の光景がmixされていて、

秋葉原とその周辺のカルマ深そうな感じが強く出ています。

好き嫌いが大きく別れそうな写真ですが、個人的にはアリですね。

 

m.s.park : "God knows Everything" at Kodak photo salon, Akihabara

 会場内には、m.s.parkさんの過去作品のブックが置かれています。

舞踏家大野一雄さんを撮影した写真集や、ブルーノートパンフレット

数多くの男性女性アイドルファッションフォトを撮影した、貴重ブックなど。

来場された際には、写真展だけでなくて、ブックもチェックされることをお勧めします。

 

また、m.s.parkさんはフジフィルムフィルムカメラNATURAの開発から関わっているそうで、

natureの公式blogにも写真と文章が掲載されてます。

http://blog.fujifilm.co.jp/natura/archives/10_technique/12_highschool/index.html

NATURA BLOG: 12_highschool

http://fujifilm.jp/natura/life/index16.html

FUJIFILM|NATURAナチュラを語る

http://camerapeople.jp/natura/03_mspark.html

NATURAピープル/M.S.PARK

 

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9 35mmコンパクトカメラ ブラック

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9 35mmコンパクトカメラ ブラック

FUJIFILM NATURA 1600 36 3SB カラーネガフィルム ISO1600 36枚撮 3パック

FUJIFILM NATURA 1600 36 3SB カラーネガフィルム ISO1600 36枚撮 3パック

 

 フィルムカメラ、特にNATURA写真を撮ってる方はいろいろお話しすると楽しいかも。

 

 期間は3月1日(月)〜3月12日(金)、午前10時から午後7時まで(最終日は午後6時まで)

そして、コダックフォトサロンは、『土日休廊』なので要注意。

作者のm.s.parkさんは、午後に行くと比較的在廊されていることが多いみたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100302

2010-03-01

宇川直宏主宰ストリーミングスタジオ「DOMMUNE」開局 宇川直宏主宰ストリーミングスタジオ「DOMMUNE」開局を含むブックマーク

http://smash.music.yahoo.co.jp/top/20100228-00000007-natalie-musi/

宇川直宏主宰ストリーミングスタジオ「DOMMUNE」開局

Yahoo!ミュージック

http://www.dommune.com/

http://twitter.com/dommune

DOMMUNE: the final media

dommune ustrem screenshot : 23:35, 1st May 2010

 初日のUSTREAMDJはムードマン!平日24時にViewerは1700人越え。

dommune ustrem screenshot : 00:04, 2nd May 2010

24時ジャストにUST中継終了。

 

 いきなり初日からハイクオリティな DJ MOODMAN のハマリ系DJに、

いきなり暗所でもやたら高画質なマルチカメラ映像*1に、宇川さん独特の冴えたカメラスイッチング。

しかも使ってるビデオカメラはおそらく家電量販店で買えるSONYの民生機だったりw、たぶんこれ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003479HX2/

 

 この画質音質のライブを「スタジオ」から毎日配信する予定とは、

今までになかったDJカルチャー中継の一大革命だわこりゃ。

少なくとも、低画質のCS放送チャンネルの劣化圧縮画質音質は確実に超えてます。

 

 当夜のTL上ではあまりにハイクオリティでガチすぎるプロの犯行に賛否両論ですが、

DOMMUNEがやらなくても、多分海外のどこかのクラブミュージシャンがやってたはず。

このノウハウが今後の皆さんのUSTに反映されることを期待しつつ、

ひとまず今後の展開に要注目です。

 

*1:多分カメラ5台

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20100301
 | 

最近のコメント

1. 06/30 vietvv
2. 06/14 masala
3. 06/14 台東区から
4. 10/04 workshop
5. 10/04 アキバのネバーさん

最近のトラックバック

1. 08/18 Twitter / @sai_panya
2. 08/16 Twitter / @Haraherutaoru08
3. 08/16 Twitter / @d3_plus
4. 08/16 Twitter / @chaoszap
5. 08/16 Twitter / @fujii_takashi_
プロフィール

workshop

workshop はてなダイアリープラス利用中

PCエンジンとデジカメと写真と、あといろいろ。

3239069
はてなカウンター