workshop PCエンジンおしゃれ計画

PCエンジンの話題だけを手早く見たい方はここをクリック

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|11|12|
2013|03|05|06|08|10|11|12|
2014|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2015|02|05|06|10|11|12|
2016|02|03|04|08|10|
2017|02|03|08|12|
2018|08|

workshop PCエンジンおしゃれ計画 写真共有Flickr Twitter YouTube tumblr 掲示板 mixi workshop_blog カ写 携帯百景

 | 

2015-05-01

[]5月24日(日)、ゲームレジェンド22にサークル参加します。 5月24日(日)、ゲームレジェンド22にサークル参加します。を含むブックマーク

(5月23日、少し更新しました)

ゲームレジェンドトップページ

http://www.geocities.jp/zed_gamelegend/

 

来る5月24日(日)、埼玉県川口市「川口市市民ホールフレンディア」で開催される

レトロゲームマイナーゲーム中心即売会ゲームレジェンド22」にサークル参加します。

 

会場ではMindRecのPCエンジン同人ソフト『HYPERNOVA BLAST』の委託頒布を行います

http://hypernovablast.com/index.php

HYPERNOVA BLAST - Home

HYPERNOVA BLAST : NEW PC Engine,Turbo Grafx 16 game screenshots

 

昨年10月の『HYPERNOVA BLAST』のモニター販売、一般開場から5分も経たずに持ち込み分が完売してしまいました。

http://d.hatena.ne.jp/workshop/20141116/p1

ゲームレジェンド21で、PCエンジンの新作ソフト『HYPERNOVA BLAST』のモニター販売と試遊を行いました - workshop PCエンジンおしゃれ計画

 

今回、在庫は18本用意しました。

前回同様、早めの完売の可能性があります。なるべく早めに当ブースへご来場ください。

円安により、前回ゲームレジェンドでのモニター販売より頒布価格が上がりました。

ゲームレジェンド22での頒布価格は4500円です。

釣りの要らないよう、なるべくぴったりの金額をご用意ください。

 

会場では電源が使える席を用意しましたが、実機デモを行うかはまだ未定です。

前回の実機デモでは、久々の長時間稼働で、イベント終盤は本体動作が少し怪しかったです…

今回のデモは手持ちのPCエンジンDUO-Rの「本体の機嫌次第」ということで。

今回、PCエンジン実機でのデモプレイは行いません。

ノートパソコン+PCエンジンエミュレータでの試遊体験を行います

会場へお越しのみなさま、ぜひご参加ください。

 

キヤノンの望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」を1ヶ月使ってみました。なかなかのものです。 キヤノンの望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」を1ヶ月使ってみました。なかなかのものです。を含むブックマーク

Shouheibashi street.

 

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-s/ef-s55-250-f4-56is-stm/

キヤノンEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

 

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/lens_review/20131003_617910.html

交換レンズ実写ギャラリーキヤノンEF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM - デジカメ Watch

 

http://photo.yodobashi.com/gear/canon/lens/efs55250456stm.html

[PY] フォトヨドバシ CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM インプレッション

 

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/11/news066.html

交換レンズ百景:低価格望遠ズームがとらえた原色の風景――キヤノンEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」 - ITmedia デジカメプラス

 

 

キヤノンの望遠ズームレンズEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」を1ヶ月使ってみました。

このレンズEF-Sマウント(APS-Cフォーマット)専用のレンズで、

キヤノンAPS-C現行機種の「Wズームキット」に同梱されています

 

メーカー参考価格は54000円となっていますが、新品の市場価格はだいたい30000円前後。

Wズームセットからレンズのみを抜き出した、いわゆる「白箱」だと新品最安値25000円程度で入手できます

 

(今回掲載した写真は、RAW撮影した元データ

Adobe Photoshop Lightroom5.71で現像補正しています

Adobe Photoshop Lightroom は、先日最新版の6.0がリリースされました。)

 

Suidoubashi crossroad

 

Nana Mizuki 32nd single CD "Angel Blossom" AD trailer in Akihabara

 

Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

EOS KissシリーズなどAPS-Cでは、フルサイズ換算で、90mm程度から400mm相当の画角になります

キヤノン純正レンズで、テレ端400mm相当の画角で、IS(手ぶれ補正)が付いて、そして375gと軽い。

この軽さと画質・使い勝手のバランスの良さは、お世辞抜きでかなり良いです。

 

Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

軽さ故に注意する必要があるのが、カメラの手ぶれ。

 

レンズが軽く、取り回しがいいのでついつい忘れてしまいがちですが

望遠域の撮影ではちょっとした油断でカメラブレに起因する画質劣化がおこります

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMの手ぶれ補正は望遠端で約3.5段分と、かなりしっかりしています

しかし、それでも、特に望遠側の撮影では手ぶれに対する注意が必要です。

夕暮れ時や照明の弱い屋内での撮影は高感度を使ってシャッター速度を稼いだり、

あるいは軽量な一脚・三脚を使ってブレ対策を行うといいでしょう。

 

slant  composition.

 

描写に関しては、開放から少し絞るだけで必要充分な画質が得られます

通常利用だと半絞り・ひと絞り〜F8前後を維持すればとてもいい画質に仕上がります

必要があって絞り込む場合だと、テレ端でF13辺りまでは使えるかな…と感じました。

 

Kokyogaien National Gardens (Kokyogaien Area)

絞り開放での周辺光量落ちはかなりあります。が、これはカメラ内部の補正処理や現像時の補正対処すれば大丈夫

被写体次第では周辺光量補正を切って、周辺光量落ちのトンネル効果を使うのもいいと思います

(この写真は、Lightroom5.71のレンズプロファイル「周辺光量補正」を30%に抑えています。)

 

Paeonia suffruticosa : Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

a pigeon : Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

このレンズのもうひとつ大きな利点は、結構寄れること。

最短撮影距離は85cm程度まで寄れるそうです。

テレ端で、ギリギリまで寄って撮影すると被写体をかなり上手いことぼかすことができます

最近撮影でのテレ端の画角は、フォーカシング関係で広くなります。だいたい160mm程度(フルサイズ換算で250mm程度)かなぁ…。

ピントを追い込む近接撮影では、ライブビューでの撮影を強くおすすめします。

新採用のSTM(ステッピングモーター)は、ライブビュー撮影と相性がとてもいいです。

 

Kanda Myoujin and Tokyo Skytree : canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

Shinjuku : canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

三脚に据えての夜景撮影も、この値段のズームレンズとしてはとても良いです。

三脚雲台は(標準ズームレンズでの夜景撮影よりも)しっかりしたものを用意して、

しっかりとした足場に据え、ミラーアップ撮影や風除け、セルフタイマーなどを使い、定石通りカメラブレを防げば大丈夫です。

軽目の三脚を使っている場合や手持ち撮影時は、高感度を使いシャッター速度を稼ぐことをお薦めします。

特に、テレ端側は換算400mmの望遠なので、ほんのちょっとしたカメラブレが原因で画質がぐっと落ちてしまます

ミラーアップセルフタイマーを使い、数枚撮影してその中から最もぶれが少ない写真を選ぶなど撮影時に工夫が必要です。

 

 

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63

Canon レンズフード ET-63 L-HOODET63

純正レンズフードET-63は、安かったので購入したのですが…普段の撮影だと必要ないかもしれません。

Kokyogaien National Gardens (Kokyogaien Area)

 

Kokyogaien National Gardens (Kokyogaien Area)

上記2点の写真は、レンズフード無しで撮影しました。

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMの逆光性能は優秀で、よほどの逆光撮影でないと画質劣化はおきません。

フード装着時は(特にテレ端ズーム時の)全長がかなり伸びることのデメリットを考えると、

フードは普段カメラバッグなどに収納しておき、ここぞという場面で装着することをお薦めします。

 

Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

Cherry blossoms in Ueno Park, Tokyo. : Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot

 

welcome to Ginza

 

1ヶ月ほど使ってみた印象ですが、値段の割にはとてもよく写るようにできています

様々な場面で撮影してみましたが、どんな場面でもしっかり撮れるキットレンズです。

新採用されたSTM(ステッピングモーター)の動作はなかなか俊敏で、そしてライブビューと相性がいいです。

(ライブビュー撮影との相性の良さは、キットレンズではとても重要ポイントです。)

幼稚園小学校低学年の運動会や、ちょっとしたイベントや式典を撮影するとき、

旅行先で遠くに見える被写体を引き寄せて撮る望遠レンズとしては、

キスデジとの組み合わせには必要充分だと思います

 

先日発売されたばかりのEOS Kiss X8iでは、

レンズキットとダブルズームキットの価格差2015年5月1日現在で約3万円。

その値段分の仕事はしっかりしてくれる、コストパフォーマンスの良い望遠ズームレンズです。

キスデジレンズキットとダブルズームキットのどちらかで悩んでいるなら

このレンズが同梱されているダブルズームキットを選ぶのがいいと思います

 

 

一方で、「ある一定以上のシーン」を撮影するときは、もう少し良いレンズが欲しくなることでしょう。

 

例えば前景背景をもっと大きく美しくぼかした撮影がしたくなったとき、

例えば少し暗い屋内などでのスポーツ撮影がしたくなったとき、

例えば小雨が降る天候でもなんとか撮影したい屋外イベントがある場合

あるいはカメラボディをフルサイズに切り替えたくなる頃合いに…

そういう頃合いには、目の前に「白くて長い柱」が連なる望遠レンズの沼が…。

 

「さらに、次のレンズが欲しくなるように仕掛けられたレンズがキットレンズなのである。」

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/11/news066.html

交換レンズ百景:低価格望遠ズームがとらえた原色の風景――キヤノンEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

というこの評価は、言い得て妙だと感じました。

 

 

今回撮影した写真はこちらにまとめています、170枚程度あるので、お時間あるときにご覧ください。

https://www.flickr.com/photos/workshop/sets/72157650838779238/

Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM testshot - an album on Flickr

 

(5月3日修正:写真セレクト・並びを少し変えて、細かい文章修正しました。) 

神戸高専写真部 部長神戸高専写真部 部長 2015/05/15 20:30 先日(半年前)は弊ブログにコメント頂きましてありがとうございました。
ブログのコメントの通知を入れておらず,気付くのが半年後になってしまいました…。スミマセン;;
部誌をお褒め頂き有り難うございます。ご提案も有難うございます。

またお会いできる機会がございましたらよろしくお願いします。

workshopworkshop 2015/05/16 23:39 わざわざありがとうございます。冬コミへの参加写真部では珍しく、とても驚きました。いわゆる学漫ジャンル以外でも、課外活動の一環としてコミケなど同人誌即売会に参加される部活が増えると面白くなりそうだな感じました。

まぐろまぐろ 2015/07/30 08:13 突然のコメント失礼します。
現在、kiss x7のレンズキットを半年前に購入し、望遠レンズに手をだそうか迷っている者です。

インターネットでそちらのレンズはかなり高評価で、
純正品という安心感もあり、購入しようか悩んでおります…
将来的には、私服を撮影するスナップ写真のような前後のぼかしが効いた写真や、薄暗い所で楽器を演奏する人を5m〜15mほど離れた位置からズームして撮りたいと考えております。
使ってみた感想として、参考になるものがあれば是非教えていただきたいです!
もし、他のオススメ望遠レンズがあったら、教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

workshopworkshop 2015/07/30 21:21 まぐろさん、こんばんは。

私服を撮影するスナップ写真のようなぼかしが効いた写真や、
薄暗いところでの楽器演奏撮影ということですと
このレンズだと、明るさやボケの美しさなどが
すこし足りないかもしれないなぁ…と思います。
「いろいろ頑張れば確かに写る…写るのだけれど、
作品写真としてはなかなか綺麗には写らない」
という感じかなぁ。
このレンズがあまり得意ではない部類の被写体だと思います。

カメラとレンズと被写体の組み合わせ選びは「適材適所」が肝心です。

私服などを撮影するスナップ風のポートレートだと、
キヤノンに限らず、シグマなどの描写に定評がある単焦点レンズや、
あるいはタムロンの「Model A09」のような明るい標準ズームレンズを使うことをおすすめします。
(単焦点レンズは特に、お値段の割に、描写力向上の満足感は高いと思います。)
ただし、キヤノン純正では無いレンズだと、
お値段が安い代わりに純正レンズのような相性補償の安心感はありません。
キヤノン製以外のレンズだと、新品購入したあとに、
ピント合わせの精度チェックなどの調整に
一度は出されることをお薦めします。

薄暗い場所での楽器演奏でしたら、もしもご予算が許せば、
より明るめの中望遠レンズなどをおすすめします。
(kiss x7だと元の画素数がかなりあるので、楽器演奏などの場合
望遠などは若干のトリミング(部分切り出し)前提でもかまいません。)
ただ、明るい望遠レンズはどうしても、とても高くなります。
年に1度程度のイベントでのご利用だけでしたら、
レンズを自分で買わずに、レンタルを使うのもありかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20150501
 | 

最近のコメント

1. 06/30 vietvv
2. 06/14 masala
3. 06/14 台東区から
4. 10/04 workshop
5. 10/04 アキバのネバーさん

最近のトラックバック

1. 12/23 Twitter / @ALBA_NX01
2. 08/18 Twitter / @koi_azami
3. 08/18 Twitter / @sai_panya
4. 08/16 Twitter / @Haraherutaoru08
5. 08/16 Twitter / @d3_plus
プロフィール

workshop

workshop はてなダイアリープラス利用中

PCエンジンとデジカメと写真と、あといろいろ。

3332444
はてなカウンター