ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2015-02-24

幻想的で美しいポリフォニックオシレーター!Electro-Faustus EF109 Drone Thingご予約受付中!

独創的ノイズマシン、オシレーターを手頃に作る、Electro-Faustusから幻想的なオシレーターが入荷します!

WHAT'S THAT NOISE?

Electro-Faustusは、あまりに高額なノイズマシンと同等の超絶な音を作るデジタルガジェットを、もっと手頃な価格で提供します。

そして、ノイズのおもしろさ、音を作ることの楽しさを多くのプレイヤーに広めていきたいと考えています。

EFFECTS & DEVICES THAT ARE BUILT TO BLAST!

単体使用でも、他のペダルと組み合わせても、Electro-Faustusのペダルは常に、アーティストの感性を刺激し新しい音を産み出します。

DTMマニアからレコーディングアーティスト、さらにライブやスタジオで、Electro-Faustusのペダルのノイズや歪みを思う存分爆発させてください!

Electro-Faustus EF109 Drone Thingは6つのオシレーターをコントロールし、幻想的で美しいポリフォニックトーンを作ることの出来る、新世代のエレクトリック楽器です!まるで全く新しいエレクトリックギターのように、最大6つの和音を自在にコントロールできます。

1.Power:このスイッチで、ユニットの電源をON/OFFします。インジケータが点灯し、オシレーターが動きます。

2.Volume:全体の音量を調整します。

3.Pitch Control:EF109 Drone Thingは6つのポリフォニックオシレーターを内蔵しています。6つのノブがそれぞれのピッチを個別にコントロールします。最初のオシレーター(一番左側のノブ)はLFOです。ここの周波数は他の5つよりも低くなっています。独創的なリズミックパターンを刻むことができ、他の5つのオシレーターと同期したり影響したりします。ノブを時計回りに回せばピッチが上がります。

4.Oscillator On/Off:それぞれのオシレーターは個別にON/OFFできます。

5.Tone:ローパスフィルターです。反時計回りで高域がカットされ、ベースギターのような音色になります。時計回りに回せば、より明るくトレブリーな音色となります。

6.Power Starve:ICチップに供給される電源を調整します。反時計回りに回せば電圧が下がり、ホワイトノイズの入った音色やゲートのかかった音色を作ることができます。時計回りに回せばチップのパワーを最大限に発揮し、クリアな音色となります。このとき、オシレーターの音色は典型的なスクエアウェーブとなります。

 

●プレイングテクニック

まず、Power Starveは最大に設定します。Pitch Controlで出したい音色を調整します。左から順にオシレーターをONにし、1つずつ音を足していきます。最初は全てのオシレーターで同じ音階(同音程やオクターブ違いの音色)を出してみてください。様々な音を作ることができます。気に入った音が出たら、一番左側のノブを下げてみます。すると様々なパターンのリズムを刻み始めます。Volumeコントロールで音量を変えると、また違った音が見つかります。

さらに、アウトプットから別のエフェクターを通し、いろいろな音を出してみましょう。

●電源

EF109 Drone Thingは一般的なエフェクターで使用される、センターマイナスDC9Vアダプター(別売)で駆動します。電池はご使用になれません。

D

ただいまご予約受付中

Amazonでも出品中です