ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr




2016-01-12

ただ詰め込んだだけじゃない!コンパクトで使いやすく、超多機能。それがChase Bliss Audio Gravitas!

コンパクトサイズの中に機能を出来る限り詰め込む。そこには夢やロマンが詰まっている。

機能的、という言葉は、機能の数やノブ、スイッチの数だけを言うものではありません。きちんと使えて、使いやすく操作性が高い。それでこそ本当に機能的なペダルなのです。

Chase Bliss Audio Gravitas。一見、機能の数だけにこだわって詰め込んだだけのペダルに見えるかもしれませんが、実は操作性も高いのです。

ピュア・アナログのスタンダード/ハーモニックトレモロ!

Chase Bliss Audio Gravitasは、フルアナログシグナルパスのトレモロエフェクトです。多彩な音色やシェイプを実現し、数々のヴィンテージトレモロエフェクトを1台で作ることができます。

Gravitasの入力信号は完全にアナログのまま出力されます。しかし、全てのノブは小さなデジタルブレイン(マイクロプロセッサ)へと接続され、アナログエフェクトの制御を行います。

ギターシグナルは一切のデジタルプロセッサを通ること無く、一切デジタル化されず、最後までアナログ信号のまま出力されます。

デジタルの力を借りたエフェクトの制御が、アナログエフェクターではあり得なかった、今まで聞いたこともないような効果を生み出すのです。

Gravitasが作り出すトレモロエフェクトは、スタンダードでシンプルな“ヴォルリュームモジュレーション”、つまり音量が上下するだけのトレモロだけでなく、ヴィンテージブラウンフェイスアンプからインスパイアを受けたハーモニックトレモロ(Vibrato)、さらにその両方を完全にミックスしたパーフェクトな、ユニークで美しいトレモロサウンドを実現。

エフェクトをONにすると、ギターシグナルはまずゴージャスでトランスペアレントなディスクリートクラスAクリーンブーストを通り、AD823 Op-ampによるバッファーにより明瞭かつ暖かなアナログトーンを作ります。

6つのノブ。側面には凹凸が設けられた構造のノブを使っています。機能性はもちろんですがポットの操作性も硬すぎず柔らかすぎない。扱いやすいコントロールノブです。

ノブの手前には3つのスイッチがあります。この3つのスイッチにも多彩な機能が割り振られていますが、このスイッチは横方向に切り替えるトグルスイッチ。つまり蹴飛ばしてしまってもモードが変わりにくい。その上ノブを守ることもできるという構造にもなっています。スイッチ部も短く、ナット部が長いため、力がかかりにくくなっています。

フットスイッチの間にもトグルスイッチがあり、これでプリセットを選択できます。ここは高さを上手く調整することで、フットスイッチを踏んでもトグルスイッチを踏まないように設定されています。

感覚的な操作のために手前にトグルスイッチを配置し、それをきちんと調整でカバーすることで余計な操作ミスを招かないようにしています。もちろんこのトグルスイッチも横方向に切替えます。


●コントロール

DRIVE(RAMP):簡単に言えば、これは魔法のノブです。DIPスイッチでこのノブに何も割り当てていない場合、このノブはクリーンブーストのブーストレベルを調整します。Gravitasのブーストはクリーンかつトランスペアレントにギターシグナルをブーストします。また、Gravitasを18Vアダプターで駆動させると、さらに高いヘッドルームが得られます。

さらにDIPスイッチを使うことで、他の5つのコントロール(VOLUME、TONE、RATE、DEPTH、SWAY)を個別に、または自由に組み合わせてアサインすることができます。この時、モジュレートやランプ・アンド・ホールドをDIPスイッチで設定することにより、パラメータの値を揺らしたり、パラメータの動く方向などを設定できます。つまり、このノブは、設定されたパラメータが最大または最小になるまでの時間(Ramp Time)を設定します。例えば、Rateパラメータを割り当て、モジュレート(Bounce)を設定すると、トレモロエフェクトのレートが上下する、つまり速くなったり遅くなったりするトレモロエフェクトとなります。

VOLUME:音量の設定です。このVOLUMEは、一般的なエフェクトのVolumeコントロールとは少し違っています。DRIVE(RAMP)で設定できるブーストレベルと合わせてコントロールすることで全体の音量を調整するものです。トレモロエフェクトのコントロールをよりやりやすくするためのもので、この音量を設定してからDEPTHを調整すると扱いやすくなります。

TONE:このノブは、音楽的でワイドレンジなトーンコントロールです。12時の位置ではペダルはトランスペアレントで味付けのほとんど無い音色となります。時計回りに回せばブライトな、反時計回りに回せばスムースでメロウ、ダークな音色となります。Gravitasのトーンコントロール回路はハーモニックトレモロをベースとしたもので、ハイパス/ローパスフィルタを組み合わせています。

RPM:フェイジングエフェクトのRate(スピード)をコントロールします。このノブの設定は、タップテンポで上書きできます。

1-2-4(3-6-8) (S-B-H)スイッチ:タタップテンポの入力に対し、実際に設定されるテンポの倍率を切替えます。通常は1倍、2倍、4倍の切替ですが、DIPスイッチにより、3倍、6倍、8倍に設定することもできます。また、タップテンポをランピングコントロールに設定することもできます。その時は、このスイッチで設定したテンポの半分のテンポとなります。

また、DIPスイッチでModeを設定すれば、このスイッチは(S-B-H)スイッチとしても動作します。Sはスタンダードトレモロ、Hはハーモニックトレモロで、BはBOTH、つまり両方をミックスしたトレモロサウンドとなります。このモードではGravitasならではのトレモロサウンドが得られます。

DEPTH:トレモロの揺れ幅(深さ)を調整します。高く設定するとより深いトレモロとなり、時計回り最大設定では音が出なくなります。

SWAY:このコントロールは、モジュレーションのセンターポイントを設定します。左に回すと、波形は素早くランプアップし、ゆっくりとランプダウンします。右に回せばランプアップの時間が遅くなり、ランプダウンの時間が早くなります。中央では対称の波形になります。

波形切り替えスイッチ(左側):モジュレーションの1サイクル前半の波形を、サインウェーブ、トライアングルウェーブ、スクエアウェーブから切替えます。

波形切り替えスイッチ(右側):モジュレーションの1サイクル後半の波形を、サインウェーブ、トライアングルウェーブ、スクエアウェーブから切替えます。

DEPTH、SWAYと2つの波形切り替えスイッチを合わせて、ModuShapeエンジンと言います。モジュレーションシェイプのコントロールに新たな世界を切り拓きます。

Bypassフットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えます。DIPスイッチで、モメンタリースイッチ(踏んでいる間だけエフェクトON)とすることができます。バイパス時はトゥルーバイパスとなります。リレースイッチの採用により、スイッチングノイズも抑えられています。

Tapフットスイッチ:フェイザーのスピードをタップテンポで設定できます。ここで設定されるテンポは、常に最後の2回のタップとなります。DIPスイッチにより、Ramp Timeの設定にタップスイッチを使うこともできます。

手前のトグルスイッチ:プリセット選択スイッチです。右ポジションと左ポジションで、それぞれ1つずつプリセットを呼び出します。中央ではマニュアル設定となります。中央のLEDは、右ポジションでは赤、左ポジションでは緑、中央では消灯します。

プリセットできる設定は、各ノブの位置、トグルスイッチ、DIPスイッチです。プリセットの保存には、右ポジションのプリセットの場合は右側のフットスイッチを、左ポジションの場合は左側のフットスイッチを3秒間長押しし、その後両方のフットスイッチを3秒間長押しすることで可能です。

プリセット選択中にノブを動かす等、パラメータの変更を行うと、LEDが暗くなり、プリセットの状態から何らかの変更が行われたことを示します。それはまだ保存されていません。もしその変更を保存したい場合、再度プリセット保存のプロセスを行います。

背面に設置されたDIPスイッチ。これも進化を遂げたものです。かつてのChase Blissは、このスイッチを底面に配置していました。それではペダルボードに設置した際にセッティングを変えられず、また底面にマジックテープを貼ることもできないため、この位置へと移動されています。きちんと操作性を考えていることがわかります。

GravitasにあるDIPスイッチは、主にエクスプレッションペダルとDRIVE(RAMP)ノブにアサインする設定をはじめ、細かな動作モードの設定を行います。DIPスイッチをトップマウントとしたことでペダルをボードにセットしたまま操作できます。また底面にマジックテープを簡単に貼り付けられます。

DIPスイッチの名称が赤色で記載されているものは、DRIVE(RAMP)ノブ、またはエクスプレッション/CVペダルが接続されている場合はそちらに影響するスイッチです。

プリセットをセーブした際、DIPスイッチの位置も全て保存されます。エクスプレッションペダルが接続されると、DRIVE(RAMP)ノブにはDRIVE以外のパラメータはアサインされません。

Volume・Tone・Rate・Depth・Sway(左側):ON側にすることで、エクスプレッションペダルとDRIVE(RAMP)ノブに各パラメータをアサインできます。

Volume・Tone・Rate・Depth・Sway(右側):これらのスイッチは、DRIVE(RAMP)ノブを右に回した際、パラメータが上がるか下がるかを設定するスイッチです。同様にエクスプレッションペダルの動きに対するパラメータの動きも設定できます。

Bounce:このスイッチがONで、DRIVE(RAMP)ノブが動かない時、またエクスプレッションペダルが接続されていない時に、各パラメータ値を変動(モジュレート)させることができます。

Mode:このDIPスイッチをONにすると、ペダルの1-2-4(3-6-8)スイッチを、(S-B-H)スイッチとして動作させることができます。スタンダードトレモロ、ハーモニックトレモロとその両方を組み合わせたオリジナルなトレモロトーンを設定できます。

MoToByp:モメンタリーバイパスの設定です。ONにするとBypassフットスイッチを踏んでいる間だけ、エフェクトがONになります。

Tap Control:“R”の位置ではRamp、“P”の位置ではフェイザーのスピード(RATE)をタップテンポで設定します。RポジションではDRIVE(RAMP)でのRAMPコントロールのレートを設定します。このスイッチをRポジションに、BounceスイッチをONにすれば、TONE(RAMP)ノブにアサインしたパラメータのモジュレートスピードをタップテンポで設定できます。

Tap Division:1-2-4(3-6-8)スイッチのモードを設定します。“3”の位置では、このスイッチにより実際に設定されるテンポがタップ入力の3倍、6倍、8倍から選択できるようになります。

Sweep:DRIVE(RAMP)ノブとエクスプレッションペダルの可変幅を設定できます。“T”にすれば、DRIVE(RAMP)ノブとエクスプレッションペダルにアサインされたパラメータの可変幅が、各パラメータのノブの位置から最大まで、“B”にすれば各パラメータのノブの位置から最小までの範囲で可変させることができます。

※DIPスイッチは多彩な設定ができますが、初めてペダルを使用する際には考えすぎてしまうと良くありません。まずはDIPスイッチのことを考えずにペダルの機能を把握した上で、プレイしたいことに合わせてDIPスイッチを設定してみてください。

※Ramp(パラメータの動き)の設定は、バイパスになるごとにリセットされます。エフェクトON後、各パラメータはDIPスイッチの設定にかかわらず各パラメータのノブの位置に設定されます。

そしてこれだけの機能を搭載しながら、驚きの電池駆動も実現。このサイズにこれが入るというだけでもすごいのに、ただ詰め込むだけでなくエルゴノミックな要素も備えている。それがChase Bliss Audioのペダルなのです。

Chase Bliss Audioは、アメリカ、ミネソタ州ミネアポリスにてプロダクトを設計、制作しています。特に、オーディオシグナルが通過する部分はトップグレードのコンポーネンツを用いて作られています。筐体へのスルーホールやアセンブリは全て手作業で行われます。

Chase Bliss Audioの目標は、オリジナルでクリエイティブなアナログデザインとデジタルコントロールを組み合わせ、全く新しい世界を作ることです。Chase Bliss Audioのプロダクトは、少し個性的かもしれません。普通のストンプボックスでは満足できないプレイヤーに、そしてこだわり高きプレイヤーのために作られています。

そのために、あえてコストがかかると分かりながらもUSAにてハンドメイドを貫いています。

また、オーディオシグナルは完全にアナログのままであることを求めながら、同時に幅広く、しかも細かなパラメータ調整を必要とする、ある種クレイジーなプレイヤーのため、Chase Bliss Audioはデジタルコントロールを組み合わせました。

・Chase Bliss Audioの歴史(ショートストーリー)

「これはどうなっているの?」2003年、私は紫色のストラトキャスターをチープなペダルとアンプにつないでかき鳴らしながら、その言葉がずっと頭のなかを回っていました。当時、私は機材の仕組みなどについては何も知りませんでした。

その答えを探すために大学に行き、電気工学を専攻し、特にオーディオアプリケーションについて学びました。

2007年、私の弟のChase Korteが、飲酒による無謀運転のドライバーの犠牲になりました。それを忘れようとするように、私はがむしゃらに働きました。Chaseの人生の哲学はジョセフ・キャンベルの「Follow Your Bliss」という言葉で形作られていました。私は4年間、とある有名なブティックギターエフェクトブランドで働き、エフェクターについて多くのことを学びました。

2013年、私は独立しました。会社の名前は弟のChaseと、彼の人生を忘れないよう、Chase Bliss Audioと名付けることに決めました。

Joel Korte

D


今なら即納可能!