ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2014-08-07

エフェクターを末永くお使いいただくためのドライバーの基本的な使い方

エフェクターにはいろいろなタイプがございます。例えば、一口にコンパクトエフェクターと言ってもいろいろな形のケースが使われています。

そして、その多くは電池で動かすことができます。エフェクターの電池交換にはものによりいろいろありますが、ドライバーを使ってネジを外すものが多いのは、おそらくよくご存知のことだと思います。

そういうエフェクターの電池交換の際、ねじ止めされた裏蓋を開いておこなうのが一般的ですが、エフェクターのケースに使われているネジは、例えば建造物などを固定するような強靭なネジではありません。

たかがネジ、されどネジ。特にエフェクターのネジはケースにぴっちりとはまるので、ネジの頭をなめてしまうと、取り外すのがとても難しくなってしまいます。ネジ自体も、それほど硬い金属で作られてはいないので、気を抜くとネジの頭を潰してしまうことがあります。

場合によっては、こんなことになってしまうこともあります。こうなってしまってはもうお手上げです。

ネジの頭を潰さないようにネジを開くことは、実はそれほど難しいことではありません。ドライバーを正しくお使いいただくことで、ネジは長持ちし、それはエフェクター自体をいつまでもお使いいただけることにつながります。


ドライバーを使って、ネジを外す。簡単に誰でもできることですが、このネジが仮に硬く締められていた場合、どのように力をかければよいでしょうか?

もちろん、左回りにネジを回せば外れます。硬いネジを外そうと、力をかけて反時計回りに思いっきり回す、実は、これは間違いです。

 

硬いネジを外すとき、大切なのはこの矢印のように、ネジの頭を押さえつけるように力をかけます。

ネジは、反時計回りに回しさえすれば外れます。人の手で上から押さえつけたくらいで、反時計回りに回るネジが外れるのを防ぐことはできません。ですから、ネジを外すためになるべく押さえつけないようにする必要はありません。

この方向に力をかけるのは、ドライバーがネジから外れないようにするためです。ネジの頭の溝、特にエフェクターに使われているネジはそれほど精密なものではありませんので、溝の縁が斜めになっていることもあります。そのためドライバーが滑りやすく、結果的にネジの頭を潰してしまうことになりかねません。

硬いネジを外すには、ドライバーがネジから離れないように強く押さえ、少しずつ、少しずつ反時計回りに力をかけて行ってください。

また、できるだけ持ち手の大きなドライバーを使うことも重要です。その方が持ちやすく、またネジを外す際に必要な回転方向の力も小さくなります。

また、ネジに合わせたドライバーを使うことも重要です。エフェクターのネジはほとんどが同じサイズのプラスネジですが、時々違ったサイズのネジが使われていることがあります。

このペダルはSRC Effects Electric Sludgeです。このペダルは特殊なケースを使っていて、先ほどのドライバーでは大きすぎてネジを回すことができません。

一回り小さいドライバーならぴったりです。

そのネジにどのドライバーが合うか分からない時、重要なことがあります。

必ず“大きなドライバーから順に試す”ことです。

小さなサイズのドライバーは、適合サイズより大きなネジの溝にも入ってしまいます。ゆるく締まっているネジならば取り外すことができるかもしれませんが、ネジの溝の中でドライバーが動きやすく、また引っ掛かりも少ないため、ネジの頭の上でドライバーだけが回ってしまい、ネジの頭を壊してしまうことがあります。

大きなサイズのドライバーでは、小さなサイズのネジの溝に入りませんので、ネジを回すことができません。それならばネジの溝を壊してしまうこともありません。

エフェクターに限った話ではなく、ギターやその他工作などにも通じることですが、ネジのサイズがわからない時は必ず大きなサイズのドライバーから試すように心がけてください。

 

エフェクターには、トリムポットが付いているものがあります。

それはStrawberry Red Overdriveのように側面かもしれませんし、内部にあるかもしれません。

このトリムポットも、調整の際には少し注意が必要です。

トリムポットは、硬くて回らないということはまずありません。逆に、トリムポットを回す際は力を入れないことが大切です。

できれば、上記画像のように精密ドライバーをご使用いただくのがベストです。トリムポットの調整は難しいことではなく、ネジの形をしたノブと同じです。ただ、それをドライバーで回すため、普通のノブよりも力を入れようと思えば入れることができてしまうのです。ノブが最大まで回っているのに、さらに回そうとすれば壊れるのと同様、トリムポットも最大以上に回そうとすれば壊れてしまいます。

ちょうど半緩みくらいのネジを回すように、力を入れずにゆっくりと調整してください。そして、トリムポットが止まったら、それ以上は回そうとしないでください。

 

ただネジを回す、そこに少し注意するだけで、エフェクターを長持ちさせることが出来るかもしれません。

もし、お買い上げいただきましたエフェクターのネジがどうしても外れないというときは、お気軽にご連絡ください。無理に力をかけてネジを壊してしまうと、保証対象外となる場合もございます。

せっかくお買い上げいただいたエフェクターです。できるだけ長いことお使いいただければとても幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

2011-01-15

エフェクターの使い方講座 第4回 バッファとは?

昨日に引き続き、エフェクターの使い方講座をやりたいと思います。第4回となる今回は、「バッファ」についてです。

前回、エフェクターのバイパス方式としてトゥルーバイパスに対するバッファードバイパスという言葉を取り上げました。では、そもそもバッファとは何でしょうか。

先に結論を言うと、「バッファ」とは、「インピーダンスを下げる」ためのものです。このインピーダンスというのが、いまいち何なのかとてもわかりにくいものです。

「インピーダンス」という言葉の持つ物理的な定義などは検索していただいた方が正確で早いと思いますのでこちらでは特に説明しません。その代わりもうちょっと感覚的な書き方をしてみます。

ギターサウンドで、よく「抜けの良い音」という言い方をします。同じアンプやギターを使い、同じ音量に設定しても、その音色特性によって遠くまで抜けていく音と、遠くには伝わらない音があります。このイメージは、インピーダンスという言葉の持つ意味と感覚的に似ています。

一般的なギターピックアップから出力される電気信号は、ケーブルの中を通る間に外部からの電気的な干渉を受けやすく、いわば「抜けの悪い」信号です(音質的な意味ではないです)。この状態を、「インピーダンスが高い」と言います。そこにバッファを通すと、インピーダンスが下がることで「抜けの良い」電気信号に変換されます。

つまり、バッファはギターから出力される電気信号の「抜けを良く」するためのペダルなのです。

バッファを通ってインピーダンスが下がった電気信号は抜けが良いため、長いケーブルを使っても音の劣化が抑えられることになります。

そして、「理想的なバッファ」というのは、入力された電気信号の「音の特性」「音量」を一切変えることなく、インピーダンスだけを下げるもの、ということになります。

ところが、そんな都合の良いものはありません。バッファを通った音声信号は、多かれ少なかれバッファ回路の影響を受け、音が少し変化してしまいます。そのため、前回のバッファードバイパスのペダルでは、「ペダルをOFFにしていても、音に影響が出てしまう」ことになってしまいます。

ギターサウンドは、間にどんな機材を使っていようとも、スピーカーから出る音しか聞くことはできません。

バッファを通した上で音作りを行うか、それともバッファを使わず「直結」の音にこだわるのか・・・それはプレイヤーの自由ですが、一言でバッファといってもその設計思想や使われるパーツは様々です。

次回、バッファの使い方の例をいくつか挙げてみようと思いますので、お楽しみに!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ

2011-01-14

エフェクターの使い方講座 第3回 トゥルーバイパスとバッファードバイパス

前回からだいぶ間が空いてしまいました。

今回のエフェクターの使い方講座は、エフェクターを「使わない」時のことについてです。

ギターからの信号をそのままアンプに伝える、ということを考えた場合、使わないエフェクターは「接続しない」のが最良です。しかし、ライブ中や曲の途中でケーブルのつなぎ替えを行うというのは現実的ではありません。

そのため、エフェクターには「使わない」ときのためにフットスイッチが付いています。今回はそのスイッチについてのお話になります。

「トゥルーバイパス」「バッファードバイパス」といった言葉を聞いたことがあると思います。バイパスというのは、エフェクターがOFFになっている時に、エフェクター本体の回路を迂回(バイパス)する、という意味です。

このバイパスの方式にはさまざまな種類がありますが、今回は大きく2種類に分けてみましょう。

トゥルーバイパス

トゥルーバイパスというのは、エフェクターがOFFの時、擬似的に「接続していない」状態を作り出すバイパス方式です。ON/OFFを示すLEDの無いエフェクターに使われた古くからある方式で、最近はLED付のモデルでも多くがトゥルーバイパスを採用しています。接続方法を変えた「ミレニアムバイパス」や、リレー回路を使った「ラッチングリレー式バイパス」などのようなタイプも、トゥルーバイパスと呼ばれることがあります。(細かく書くと違うのですが、まずはおおまかに考えてください)

特徴としては、エフェクターがOFFのとき、それが「無いもの」として扱われるという点です。すなわち、OFFになっているエフェクターは、ギターサウンドに影響を及ぼさない状態である、ということです。

しかし、エフェクターのON/OFFにおいてケーブルをつなぎかえている状態を擬似的に作り出しているため、使用時の環境等によって、スイッチを押すとポップのイズと呼ばれる「ポン」という音が出てしまう場合があります。

バッファードバイパス

対して、バッファードバイパスというのは、エフェクターがOFFになっているときにも、本体に組み込まれたバッファ回路を通るということです。

BOSS、Ibanez等の数多くのエフェクターがこちらを採用しています。

特徴は、OFF時にもバッファアンプを通すことで、ON時とOFF時にギター信号の強さ(インピーダンス)が変わってしまうことを防ぐと同時に、長いケーブルを接続したりしても音の劣化を抑えることができるという点です。その代わり、エフェクターをOFFにしていてもバッファを常に通るため、そのエフェクターを接続せずにアンプにつないだ場合と比べると、音に違いが出てしまいます。しかし、こちらはON/OFF時にポップノイズはほぼ発生しません。

最初期のエフェクターは、最も単純な構造のトゥルーバイパスを採用している場合がありました。

その後、使われるエフェクターが増えてくるにつれ、エフェクターの状態(ONかOFFか)を表示するLEDの装備が一般化され、同時にバッファードバイパスのモデルが増えてきました。

その後、フットスイッチそのもののタイプを変更することで、LEDが装備されたエフェクターでもトゥルーバイパスを採用することができるようになり、現在ではほとんど全てのハンドメイドエフェクターがトゥルーバイパスを採用する形となっています。

そのため、現在では「トゥルーバイパス=良いエフェクター」という価値観がどこか一般化しているように感じます。ですが、エフェクターの善し悪しとトゥルーバイパスか否か、というのは関係ありません。

そのエフェクターの音が好きかどうか、そして、足下のシステム全体での音はどうか、ということが最も大事だと思います。

今回は、簡単にトゥルーバイパスとバッファードバイパスの特徴をご紹介してみました。

次回は、「バッファーとは何か」ということを書きたいと思います。

どうぞお楽しみに!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ

2010-12-16

エフェクターの使い方講座 第2回 エフェクターの接続順 Part2 ブースターとワウペダルの接続について

エフェクターの基本的な使い方をいろいろご紹介する、「エフェクターの使い方講座」。第2回は、前回に引き続き、エフェクターの接続順に関することをご紹介します。

今回は、ブースターとワウペダルについてです。まず、それぞれはどういうエフェクトなのかについて、軽くご説明させていただきます。

  • ブースターとは

当店の「歪み系」ジャンルの中に「ブースター」という小ジャンルがあります。

ブースターは、構造上歪み系エフェクターに似たものが多いため、こうして歪み系の一部としてジャンル分けをしておりますが、多くのブースターは他の歪み系…オーバードライブやディストーションなどとは違い、ONにしても強い歪みが得られないものが多くあります。

その代わり、ブースターをONにすると、音量が大きく上がります。ここでは、単純に「ブースター=音量を上げるエフェクター」として扱っていきます。

D

  • ワウペダルとは

ワウペダルとは、その名の通り、ギターサウンドをワウワウ言わせるペダルです。フットペダル型をしており、そのペダルの踏み込み方によって音を変えることができます。

D

ブースターとワウペダル、この2種類のエフェクターは、「他の歪み系と合わせたとき」にどう接続するかで迷われることがあるようですので、特にまとめてご紹介したいと思います。

ブースターと歪み系の接続

ブースターと歪み系、どちらを先に接続するのか。ただ順番を変えただけですが、これで「ブースター」の役割が大きく変わります。

ここで、第1回でもご説明したエフェクターの接続に関する基本を思い出してみましょう。エフェクターは基本的に「後に接続したエフェクトが強くかかる」ようになります。

ブースターは音量を上げるエフェクターです。しかし、画像の上側のように、歪み系の前にブースターを接続した場合、後に接続されている「歪み系」で調整される音量が優先されるため、「ブースターで音量を上げる」という効果を完全に発揮することは出来なくなります。

では、この接続は間違いなのか、というと、そんなことはありません。ギターから出た音声信号の気分になって考えてみましょう。ブースターがOFFになっている場合、ギターから出た音声信号は、歪み系エフェクターによって歪みが付加されます。

ブースターがONになっている場合、ギターから出た音声信号は、まずブースターで音量が上がった状態で、歪み系エフェクターに入力されてゆきます。すると…(例外もありますが)歪み系エフェクターから出る「歪み」が、ブースターがOFFの時よりも強くなっています。「ゲインが上がる」という言い方をするのですが、画像上側のように接続すると、ブースターで歪みのゲインを上げるという使い方ができます。

では、画像下側のように、歪み系の後につなぐとどうなるでしょうか。エフェクターは、「後に接続したエフェクトが強く」かかります。この場合、ブースターが後になりますので、歪み系エフェクターで作った音をそのまま、ブースターで「音量を上げる」という使い方ができます。

このように、エフェクターは接続順を入れ替えるだけで全く違った効果となるものもあります。

ワウペダルと歪み系の接続

続いて、ワウペダルの場合を見てみましょう。基本的な考え方はブースターの場合と同じで、「後に接続したエフェクトが強く」かかることを意識して、エフェクターをつないで行きます。

まず、画像上側のように、ワウペダルを歪み系の前に接続した場合です。ワウペダルは、ギターサウンドをワウワウ言わせるエフェクターですが、歪み系が後に接続されているため、出力されるサウンドは、ギャウギャウ、ギャーギャーといった、荒々しいものになります。また、この場合、ワウペダルのペダルを動かしたときになる「ワウ」という音の変化が弱まることもあります。この場合、つないだ歪み系によっては、ワウペダルの効果が全く効かなくなることもありますのでご注意下さい。

画像下側のように、歪み系のあとにワウペダルを接続すると、後につないだワウの効果が強くかかりますので、画像上側のときよりもさらにワイルドな「ギャウギャウ」というサウンドを作ることができます。

音作りに迷ったとき、ちょっとエフェクターの繋ぎ方を変えてみると、新しい世界が見えることがあるかもしれません。是非、いろいろトライしてみて下さい。

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ

2010-12-15

エフェクターの使い方講座 第1回 エフェクターの接続順 Part1

エフェクターには、膨大な種類があり、様々な使い方ができます。

日頃いろいろなエフェクターを扱っていると、エフェクターの使い方についてのご質問をいただくことがあります。そこで、エフェクターの使い方講座と称して、エフェクターについての基本的なことを書いていこうかと思います。少しでも、お役に立てたならありがたいです。

では、第1回「エフェクターの接続順 Part1」を進めていきましょう。

今回は、いろいろな種類のエフェクターの一般的な接続順をご説明したいと思います。

まず、エフェクターの種類について、簡単に触れておきます。当店のジャンルで選ぶというページにも載せておりますが、単にエフェクターの種類と言っても非常に多岐にわたり、そのサウンドや効果によって分類は様々です。

ここでは、まず基本となるエフェクターの分類からご説明します。

  • 歪み系

オーバードライブディストーションファズ等のエフェクターを、歪み系と言います。

ギターサウンドをギュイーンと歪ませたり、音量を上げたりするエフェクターがここに分類されます。

  • 空間系

コーラスフェイザー等のエフェクターは、空間系や、モジュレーション系という呼び方がなされます。

ギターサウンドに空間的な効果を与えるエフェクターです。具体的には音を揺らしたり、回転しているような効果を作ったりします。

  • 残響系

ディレイリバーブといったエフェクターを、残響系と言います。音が残響する様子…やまびこや、お風呂やトンネルで音が反響する様子などを擬似的に作り出すのが残響系エフェクターです。残響系は、空間系エフェクターの中の一部として紹介されることもあります。

今回は、以上の3種類の分類から、エフェクターの接続順をご説明します。エフェクターにはまだまだ種類がありますが、それらについては後の回でご説明します。

エフェクターの一般的な接続方法

こちらが、エフェクターの一般的な接続順です。まず、ギターのサウンドに歪みを加え、そこに空間的な効果を加え、最後に音の残響をプラスすることで、最も自然なギターサウンドになります。

ギターから出た電気信号は、先に接続したエフェクトが順にかかってゆくため、最終的にアンプに信号が届くときには、「後に接続したエフェクトが強く」残っている形になります。なので、例えば上図で空間系と残響系を入れ替えると、音の残響よりも揺れや回転するような効果を強調することができます。

エフェクターの接続順に決まりはありません。どんな順番で接続しても、最終的に欲しい音色であるのなら、それが正解となります。そのため、こちらでご紹介する接続順は必ず守らなければならないものではありません。ただ一般的に、多く使われる接続順を知っておいていただくことは必ずプラスになるのではないかと思います。

接続順を入れ替えただけでも、全く違う音が出るのがエフェクターです。そんなエフェクターの「音作り」を楽しみ、そしてご自分の求めるサウンドを見つけ出して下さい!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ