ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr




2014-02-20

衝撃のAlber大特価セール、明日10:59まで!超絶価格でエフェクターをゲットできるチャンス!

ただいま開催中の、Alber大特価セールも、まもなく終了が迫ってまいりました。

かなり売り切れてしまたペダルも出ていて、現在Alber OD-600P OverdriveAlber MS-400P Metal Stackがございます。

Alber OD-600P Overdriveは、スタンダードなオーバードライブペダルです。

率直に言いましてTS系のペダルですが、少しだけ変わった特徴がございます。

本家TSよりは帯域が広く、多くのハンドメイドTS系よりは狭めの帯域。レスポンスはそれほど高くありませんが、十分な歪みを得ることができます。そして、何故か分かりませんがかなりクリアな音色が特徴です。

このクリアさゆえ、音に独特の芯があり、強めに歪ませても、この価格帯のペダルとしては珍しく音が埋もれません。

ただいま驚異のXXX円!これだけの実力のオーバードライブペダルがこの価格で、新品で入手できる機会は、そうそうありません!

Alber MS-400P Metal Stackもおすすめのディストーションです。

このペダル、取扱をしている当店が言うのもおかしな話ですが、ペダルに付けられた名前と音色が少し合っていません。

しかし、実際に音を出してこのペダルの評価をすると、正直申しましてこの価格帯では信じられないほど高いクオリティのペダルといえます。

Metalという名前から思い起こさせられる、ミッドが強くえぐれたような音は出ません。このペダルが出せる音は、マーシャル系のミドルゲインなディストーションサウンドです。

メタルという意味では、70年代ごろのランディ・ローズの音に似ているといえば似ているので、メタルサウンドと言えなくもありませんが、このペダルはマーシャル系のディストーションペダルだとお考えいただければと思います。

Distortion+をかけたマーシャルや、改造されたマーシャルのブラウンサウンドを思わせる、厚みのある明るいディストーションサウンドが特徴です。

ゲイン幅をそれほど広く調整できるわけではありませんし、またレスポンスもそこそこだと思いますが、この音がまさかのXXX円

是非、この機会にお試しいただければと思います!

2014-02-17

お手頃のAlber Pedalが、在庫限りのアウトレットで超特価!!4日間限定!!

当店で取り扱っている低価格なエフェクター、Alberが期間限定超特価です!

Alberのチューナーペダル、Alber AT-1050P Chromatic Tunerです。

ハイコストパフォーマンスのエフェクターブランド「Alber(アルバー)」から、ペダル型のクロマチックチューナーが登場!

多様なモード設定と表示方法切替により好みに合わせてカスタマイズ可能です。


・使用環境に合わせて選べる7モード

1.クロマチック

2.ギター:レギュラー

3.ギター:♭、フラット(半音下げ)

4.ギター:♭♭、ダブルフラット(一音下げ)

5.ベース:レギュラー

6.ベース:♭、フラット(半音下げ)

7.ベース:♭♭、ダブルフラット(一音下げ)


・2種類の表示モード

1.メーター表示

 真ん中のランプを基準として、どのくらいずれているか一目で分かります。合わせたい音より低い場合、音程の差に応じて真ん中のランプより左側が点灯し、高い場合は右側が点灯します。チューニングが合うと真ん中のランプが緑色に点灯します。

2.ストリーム表示

 合わせたい音より低いと左向きに、高いと右向きに赤いランプが流れるように点灯します。チューニングが合うと流れが止まり真ん中のランプが緑色に点灯します。


・基準ピッチ変更可能

438Hzから445Hzの間で基準となる音程の変更が可能です。


【仕様】

電源:9V電池またはDC9Vセンターマイナスアダプター

サイズ(ノブ含む):(横)76 x (縦)122 x (高)70 mm

重量:約270g


Alberのオーバードライブペダル、Alber OD-600P Overdriveはスタンダードなオーバードライブです。

4558Opampを使用しています。

【仕様】

電源:9V電池またはDC9Vセンターマイナスアダプター

サイズ(ノブ含む):(横)76 x (縦)122 x (高)70 mm

重量:約270g


Alber DS-100P Distortionは、LM2904Opampのディストーションです。ザラっとした質感が特徴です。、

【仕様】

電源:9V電池またはDC9Vセンターマイナスアダプター

サイズ(ノブ含む):(横)76 x (縦)122 x (高)70 mm

重量:約270g


さらにハイゲインが必要なら、Alber MS-400P Metal Stackがおすすめです。

072Copampによる明るめの歪みで、ロックからパンク、メタルまでに対応。ミッドが軽く削れるので、勢いのある歪みを作ることができます。

【仕様】

電源:9V電池またはDC9Vセンターマイナスアダプター

サイズ(ノブ含む):(横)76 x (縦)122 x (高)70 mm

重量:約270g



Alber CH-300P Chorusは、まさかのアナログコーラスペダルです。

Levelをかなり上げることができるので、ブースター的な使い方もできます。強めの揺れで、コーラスらしいコーラスサウンドが得られます。

【仕様】

電源:9V電池またはDC9Vセンターマイナスアダプター

サイズ(ノブ含む):(横)76 x (縦)122 x (高)70 mm

重量:約270g

Alber超特価!

2/21の10:59までの期間限定です!お見逃しなく!

2012-01-22

欲しかったペダルチューナーが激安!Alber Chromatic Tuner入荷!

当店で取り扱っております、激安エフェクターブランドAlberより、激安ペダルチューナーが入荷しました!

このチューナーはフットペダルタイプのチューナーで、クロマチック、ギター用レギュラーチューニング、ギター用半音下げチューニング、ギター用1音下げチューニング、ベース用レギュラーチューニング、ベース用半音下げチューニング、ベース用1音下げチューニングのモードがあり、簡単にチューニングを行うことができます。

見やすいLED表示で、そのLEDもメーター式とストリーム式の2種類に対応。

さらに、基準ピッチも438Hz〜445Hzの範囲で行える本格的なチューニングメーターです。

エフェクターボードに入れて置けば、セッティングしてすぐさまチューニングが可能!

曲の合間にもペダルを踏めばすぐにチューニングのできるペダル型チューナーが、超激安で手に入ります!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-12-13

手軽にいろいろな音をつくれるエフェクター!Alber取扱開始!

当店に新しく、手頃なエフェクターブランドが入って来ました!

Alberはハイコストパフォーマンスのエフェクターブランドで、初心者の方から熟練者まで、手軽にお買い求めいただけるエフェクターを展開しています。

Alber DS-100P Distortion

DS-100Pは、スタンダードなクラシックディストーションサウンドを低価格で提供します。音作りの基礎である歪みを作ります。

Alber OD-600P Overdrive

OD-600Pは、ディストーションほど強くは歪みませんが、粘り気のあるクラシカルなオーバードライブサウンドを作ります。

Alber MS-400P Metal Stack

もっとハードに歪ませたいならこのMS-400Pが良いでしょう。メタルやハードロックに最適な強い歪みを作れます。

Alber CH-300P Chorus

コーラスペダルのCH-300Pは、特にクリーンサウンドに奥行きを与え、美しく響くコーラスサウンドが特徴です。

Alber DE-200P Delay

DE-200Pは、やまびこのように音が返ってくる様子を作るディレイエフェクトです。空間的な広がりや奥行きから、トリッキーなプレイまでいろいろな使い道のある残響系エフェクターです。ディレイは、Alberの中でも特にコストパフォーマンスに優れたおすすめペダルです!


手軽にいろいろな音を作りたい、そんなギタリストにおすすめの新取扱ブランド、Alberは全機種即納可能!

ぜひお試し下さい!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから