ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2014-12-30

Sky Pedals Cloud9がJHS Pedalsで新しくなりました!

人気の中、ブランドが終了してしまったSky Pedals Cloud9が、JHS Pedalで装い新たに発売となります!

JHS Pedalsは手作業で全てのエフェクターを作り上げるエフェクターブランドです。

Joshのアパートで、Boss BD-2の修理をしたことが始まりで、2007年の初めにブランドとして設立されました。現在は世界中で見かけることの出来るエフェクターブランドとして成長を遂げました。

Joshは長年にわたりツアーやセッションを通じて、ギタリストが何を必要とし、何を求めているのかを学び、経験を積んできました。近年は大量生産のエフェクトがあふれていますが、JHSは本物のハンドメイドペダルを作り続けています。

もし、ハイクオリティで独創的、革新的なペダルが必要なら、それはもう探す必要はありません。


世界に溢れるリバーブペダルの中でも、特に扱いやすく、どんな場面でも使いやすいリバーブペダルを発売できることはとても素晴らしいことです。難しいことを考えること無く、感覚的にノブをダイヤルするだけで高品質で美しいリバーブサウンドを作ることができます。

JHS Pedals Alpineは、Sky Pedals Cloud9を発展させて作られました。惜しまれつつ生産が完了したCloud9ですが、その精神とサウンドはAlpineへと受け継がれています。Alpineの大きな礎を築いた、Sky PedalsのJim Colemanに感謝の意を表します。

●スイッチ・ノブ

Alpineには2つのフットスイッチがあります。左側のフットスイッチはペダルのON/OFFを、右側のフットスイッチはShiftスイッチです。

ノブは、まずReverbコントロールから音作りをはじめます。Reverbコントロールはウェットとドライのミックスノブで、エフェクトのフィールやバランスを調整することができます。

Highsはハイパスフィルターのように動きます。このノブで全体のサウンドを明るくしたり、暗くしたりすることができます。ミックスの中でリバーブサウンドがどの程度目立つかの調整にも役立ちます。リバーブサウンドのフィールの調整にも効果的です。例えば、音を出していて少しリバーブがうるさいと思った時は、Highsノブを下げることで調整できます。また、ベースのスラップサウンドを明るくし、ダイナミックなトーンとする際にも有効です。

Depthコントロールはリバーブサウンドの奥行きを調整します。空間の広さや洞窟の深さをコントロールするような感覚で使うことができます。

Lengthコントロールはリバーブサウンドの長さを調整します。このノブを低くするとまるでバスルームのようなサウンドとなり、高くすると人間の感覚を超えた、宇宙空間の採石場のような残響となります。

Shiftノブは、ShfitフットスイッチをONにしたときにのみ有効になります。これはリバーブサウンドのもう1つの設定を作る際に有効です。ShiftノブはReverbノブと同じ働きで、ShiftフットスイッチがONの時、Reverbノブの設定は無効になり、Shiftノブの設定が新たなドライ/ウェットのミックスコントロールとして有効になります。例えば、片方でスタンダードなリバーブ、もう片方で特別なリバーブに設定することで2つのプリセットを保存するような使い方が可能です。

●ジャック

Alpineには、トップマウントのInput/Outputジャックに加え、左側面にTRS EFX Loopジャックを備えています。JHS Pedals Panther Cubディレイと同様のエフェクトループで、リバーブシグナルにのみ、外部エフェクトをかけたい時に有効です。

エフェクトループを使用する場合、TRSスプリッターケーブル(片側がステレオ、片側がモノラル×2のY字ケーブル)を使用します。たとえばオクターブアップペダルを接続すればShimmerエフェクトとなりますし、ディレイペダルを接続すれば残響空間がさらに広がります。EQペダルならリバーブエフェクトの周波数やシェイプを調整できます。スプリッターケーブルのRINGはReturn、TIPがSendとなります。

Alpineには、内部に2モードのDIPスイッチを備えています。このスイッチで、ALWAYS ONとSHIFT ONLYのモードを切替えられます。ALWAYS ONの場合、エフェクトループは常に有効となりペダルをONにするとエフェクトループ内のエフェクトがリバーブサウンドにかかります。SHIFT ONLYの場合、エフェクトループ内のエフェクトはShiftスイッチがONの時にのみかかります。初期設定ではSHIFT ONLYとなっています。エフェクトループは、何も接続されていなければ自動的にバイパスされます。エフェクトOFF時にはどちらのモードであってもシグナルにエフェクトループ内のエフェクトは影響しません。

●トレイル/バッファードバイパス

Alpineはハイクオリティなバッファードバイパススイッチングです。長いケーブルによるシグナルの減衰を抑制し、アンプのインプットに最適なインピーダンスとします。また、Alpineはトレイルバイパスとすることで、ペダルをOFFにしてもその時点で残っている残響をそのまま出力します。エフェクトOFF時に突然残響が切れ、不自然なサウンドとなることを防ぎます。

JHS Pedals Alpineはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで駆動します。消費電流は100mA前後です。

筐体のサイズは119×94×30mmです。

D

間もなく入荷します

※当店は1月4日までお休みをいただいております。

お問い合わせの返信や、納期、銀行振込のご案内等は1月5日以降となりますことをご了承ください。

詳しくはこちら