ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

エフェクター専門店ナインボルトのブログは移転しました。
https://www.ninevolt.jp/





エフェクター専門店ナインボルト

Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site

ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2017-02-04

モダンマーシャルサウンドを手軽に作るディストーション!80sな風合い感じるディストーションならJHS Pedals Angry Charlie V3!

エフェクターに正解はない。本当にそう思います。

昨日のブログで、手軽なディストーションとは違うプレキシなオーバードライブ、Animals Pedal Major Overdriveをご案内させていただきました。

では、今日は逆に、まさにロックなディストーションペダルをご案内しましょう。こちらも素晴らしいんです。

JHS Pedals Angry Charlie V3は、昨今流行りのAIABペダルというよりも、もっとクラシックなマーシャル系ディストーションと言う方が正しいペダルです。

もちろんかつてのディストーションペダルのように、ゲインを下げようがギターのボリュームを触ろうが、下手をすればピックアップを選択しようが同じ歪みしか出せない、というようなペダルではありません。そこはJHSです。当然のようにギターのボリュームを下げればゲインを変えてクリーンへと戻せますし、サウンドには常にJCM以降のマーシャルっぽい、じわっとした倍音のまとわりつく感じがあって、流石です。

そんなほぼAIABなペダルですが、このペダルの奥底にはやはりディストーションの血が流れています。

ペダルのベースとなったのはかつて一世を風靡した伝説のディストーション、Marshall Guv'nor。それが発展に発展を重ねてこうなるというのもJHSの凄さですが、その根底にある血脈が、このペダルの音に独特のディストーションらしさを与えています。

どこかに見え隠れする無機質さがメタリックな風合いを作り出すので、アンプらしい音でありながら勢いのあるディストーションペダルらしい音を作ることができるのです。

新たに追加されたマーシャルスタックを元にする3バンドEQの使い勝手もアンプらしい操作感を実現しています。それなのに、以前のバージョンよりも強く、血統の奥にあるガバナーの香りが感じられるのです。

今の時代の本気が作ったマーシャルディストーション。何も考えずにロックできるペダルです。

D

即納可能!


↓Lineやってます!ナインボルト公式アカウント!

友だち追加数

2016-03-08

JHS Pedalsの“ブリティッシュ兄弟”が新しくなりました!Charlie Brown V4、そしてAngry Charlie V3即納可能!

大人気のJHS Pedalsが、マーシャルサウンドを再現した2つのオーバードライブとディストーション。ハイクオリティなサウンド、圧巻のレスポンス、可愛らしい外観と全てが揃った人気モデルがついに入荷しています!

JHS Pedals Charlie Brown V4。クラシックロックンロールをはじめ、数々の名演でMarshall JTM45の音色を聴いたことがあるでしょう。

ストラトは歌い、レスポールは叫ぶ。JTM45は暖かくリッチなキャラクターの名アンプです。

Charlie Brown V4は、時代を築いたトーンを様々なアンプで再現できるオーバードライブです。

Charlie Brown V4は、これまでのCharlie Brownのトーンを作る“ハートとソウル”を変えること無く、さらにフレキシブルな操作性を備えています。Charlie Brown V4には5つのコントロールノブを搭載。Volume、Drive、Bass、Middle、Trebleコントロールでアンプライクな操作感を実現しました。

Volumeノブはアンプでのスタンダードなマスターボリュームのように機能します。右に回せばラウドに、左に回せば音量を抑えます。Driveコントロールは9時〜12時あたりにすればヘンドリクスの好んだトーン、12時あたりではナチュラルで美しいクランチに、そしてフルアップにすればハイゲインなオーバードライブの楽園が広がります。

そして、V4になって一新された3バンドEQセクションは、本物のヴィンテージアンプに搭載されるものと同様のトーンスタックです。これにより、リアルなプレキシトーンを作ることができます。

Bass、Middle、Trebleコントロールは全て、12時の位置でフラットとなり、帯域のカット/ブーストを可能とするアクティブイコライザーです。

ロック界の数々の伝説を築き上げた、クラシックプレキシアンプのトーン、フィール、テイスト、そしてリアルを感じたければ、Charlie Brown V4はまさに最適です。

Charlie Brown V4はスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。駆動電流は最大100mAです。電池はお使いになれません。

D

即納可能!

JHS Pedals Angry Charlie V3は、長年に渡り多大な人気を集めるAngry Charlieの3代目となるペダルです。

Angry Charlieは、マーシャルスタックサウンドを思わせるハイゲインサウンドを作るディストーションペダルです。

JTM45サウンドのCharlie Brownと比べ、塊感のあるハイゲインサウンドを作ることができます。

ヴィンテージGuv'norを足がかりとし、大幅な改良を加えて設計されたこのモンスターペダルは、JCM800のハイゲインサウンドを必要とする全てのプレイヤーが待ち望んだペダルです。

V3となったAngry Charlieは、そのサウンドを変えること無くさらにフレキシブルなユーザビリティを拡大させました。クラシックなディストーションからハイゲインディストーションの領域にまで手が届きます。

Angry Charlie V3は、5つのコントロールノブを搭載。Volume、Drive、Bass、Middle、Trebleコントロールでアンプライクな操作感を実現しました。

Volumeノブはアンプでのスタンダードなマスターボリュームのように機能します。右に回せばラウドに、左に回せば音量を抑えます。Driveコントロールは信じられないほど幅広いゲイン設定が可能で、オーバードライブから、ヘヴィな本格グラインドサウンドまでに対応。

そして、V3になって一新された3バンドEQセクションは、本物のアンプに搭載されるものと同様のトーンスタックです。これにより、リアルなマーシャルアンプトーンを作ることができます。

Bass、Middle、Trebleコントロールは全て、12時の位置でフラットとなり、帯域のカット/ブーストを可能とするアクティブイコライザーです。

ブリティッシュなハイゲインアンプサウンドを好むプレイヤーであれば、Angry Charlie V3が人生を変えることになるかも知れません。

あの偉大なクラシックディストーションサウンドが、このペダルには存在します。

ハイゲインサウンド、それも「リアルな」ハイゲインサウンドが、今ここにあります。

スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。駆動電流は最大100mAです。電池はお使いになれません。

D

即納可能です!/a>

人気モデルのため、売り切れの際はご容赦ください。

2013-05-26

JCM800サウンドをお求めならJHS Angry Charlie!

f:id:world_9v:20130424101601j:image:w360

マーシャル、と言ってイメージする音。いろいろなマーシャルサウンドがありますが、中でもJCM800のマーシャルサウンドは、多くのギタープレイヤーに焼き付いた伝説の音です。

JHS Angry Charlieは、JCM800のハイゲインサウンドを得られるディストーションペダルです。

オーバードライブからヘヴィディストーションまで、Gainノブだけでコントロール可能。ToneとPresenceを搭載し、様々なアンプでマーシャルサウンドを作ることができます。


D



D

今なら即納可能!JHSらしいこだわりが炸裂します!