ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2013-10-09

これは衝撃!コンパクトペダルのアルペジエーター、EQD Arpanoid!

EarthQuakerの新作、Arpanoidがとても話題になっています。

このペダルは、これまでおそらく存在しなかった、コンパクトペダルのアルペジエーターで、入力された音をアセンディングスケール、またはディセンディングスケールに変換することができます。

簡単に言うと、単音を出して、音階を上下させることができるペダルなのです。

Arpanoidは、5つのコントロールノブでその効果を設定します。

個性あふれる芸術的な効果を簡単に作ることができます。

5つのノブのうち、下段にあるノブは簡単です。これはドライ音とエフェクト音、それぞれの音量を調整し、音のバランスをとることができるものです。

上の段の2つのノブ、RateとStepは、それぞれスケールを動くときの速度と、スケールを構成する音程の数を設定できます。その間にあるスイッチを使えば、エフェクトの効果を、音階を昇っていくか下っていくか、それとも昇ってから下るのかを切り替えることができます。

そして中央のModeノブ。これで8種類のスケールを選択します。大きく分けてメジャーとマイナースケールがあり、それぞれでオクターブ下から原音まで、原音からオクターブ上まで、原音の上下オクターブ、そしてランダムを選択可能です。各モードの内容は以下のとおりです。

1: Major: -1オクターブ〜ルート

2: Major: ルートから+1オクターブ

3: Major: -1オクターブから+1オクターブ

4: Major: ランダムパターン

5: Minor: -1オクターブ〜ルート

6: Minor: ルートから+1オクターブ

7: Minor: -1オクターブから+1オクターブ

8: Minor: ランダムパターン

ジャックとアダプタはペダルの上部に設置されていて、ボード上でもコンパクトに使うことができます。

内部も丁寧に作られています。ハンドメイドのデジタルエフェクターです。

使いこなすには少し時間がかかるかもしれませんが、使いこなせばその効果は絶大です!

D

D

D

D

D

D

D

ぜひ、いろいろなペダルと組み合わせて試してみてください!

EarthQuaker Devices Arpanoidはただいま即納可能です!