ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2013-05-12

徹底した実戦志向!Amptweakerペダル、Bass TightDriveを使いこなせ!

Amptweakerペダルを1つ1つ、その機能を中心にご案内していくこのコーナー。今日はAmptweakerにとってベース用ペダルのフラッグシップ、Bass TightDriveです。

ギター用同様、強靱で高耐久性の独自筐体を採用。

フットスイッチの切替がしやすいスラントタイプで、誤動作の少ないノブ配置です。

コントロールノブはAmptweakerのスタンダードなVolume、Tone、Gain、Tight。ベースサウンドにとって最も重要なローエンドを自在に調整できるのは非常に強みです。

このTightノブにより、ゴリゴリなベーストーンからマイルドでやわらかなトーンまで、様々なベースサウンドが得られます。

もちろん、アダプタ駆動時にはLEDがノブを照らします。ノブ側面のドットポインタでノブのセッティングが即座に分かります。

器具不要で電池交換のできる電池ボックスも装備。アダプタ駆動の場合は9〜18Vで、より高いヘッドルームを得ることもできます。

ステージ上でいちいちセッティングを直すこともなく、つなぎっぱなしで電池駆動でもこの電源スイッチで使わないときの電池消耗を抑えます。誤って踏むことのない位置です。

そして、エフェクトのPre/Post切り替え可能なエフェクトループも装備。エンヴェロープフィルタやコンプレッサーなどと組み合わせて、同時にON/OFF操作を簡単にできます。まさに実戦志向です。

ギター用同様、丁寧な作りです。中央のスイッチはエフェクトループのPre/Post切替用。

本当に丁寧な組み込みです。

そして、電池ボックスの種明かし。

見ての通りこちらも強靱な作りで、ちょっとやそっとでは壊れません。安心してお使いいただけます。

 

D

 

D

音はまさにモダンなベースサウンド。

アクティブベースや大型アンプを使わずとも、このハードなベースサウンドが得られます!

今なら即納可能です!

2012-03-27

ベース用ドライブペダルの決定版!Amptweaker Bass Tightdrive

モダンなロックサウンドで多用される、バキバキのベースサウンドにとって大事なことがあります。

ゲインを上げ、強い歪みを作っても音がごわごわになってはいけないということです。ベースのゲインを上げるのは、それ自体が音がぼやけてしまうリスクを伴います。意外とこれが難しく、大型のアンプを大音量で鳴らし、さらに完璧なマイキングをしないとなkなかうまくいかないものです。

Bass TightDriveは、そんなベースのハイゲインサウンドをいとも簡単に実現してしまうドライブペダルです。

D

このペダルは、まさにそのローエンドをぼやけさせないために、ローエンドをタイトにするTightコントロールを搭載しています。これによって、ローエンドの出方を自在に調整し、アンプのEQとの兼ね合いで、好みのベーストーンを作り出すことができます。

もともとギターショウに出品されたギター用のTightDriveを、Red ChordのGreg Weeksがベースで試したことがきっかけで開発されたこのBass TightDriveは、King's Xのベースボーカリスト、dUg Pinnickをはじめ、プロのベーシストをうならせました。

D

とくにdUg Pinnickは本当にこのペダルを気に入ったようで、「タイトドライブをゲットしたぜ!」という歌詞付の歌を作ったほどです。

このモダンロックに使われるゴリゴリとして、それでいて音程感を全く失わないベースサウンドこそ、Bass Tightdrive最大の特徴です。アンプにつないでも、ラインで録っても、良い結果を残すことができるペダルです。

モダンなベース用ドライブペダルの、まさに決定版!それがBass TightDriveです!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2010-07-27

Amptweakerついに入荷!

実力派アンプエンジニアがエフェクターを設計したとして、かねてより世界中で話題の新鋭ブランド、Amptweakerがついにナインボルト上陸!

Amptweakerのペダルを設計するジェームス・ブラウン氏は、かつてPeaveyでEVHやJoe Satorianiと共に、かの5150アンプやJSXアンプの設計、製作に携わったエンジニアで、他にもさまざまなアーティストと共にアンプや音作りに情熱を燃やしてきました。現在はAmptweakerの代表を務めると共に、Kustom Ampのチーフエンジニアとしてもアンプ製作に関わる、現役のエンジニアです。

そんなエンジニアが長年の経験と数々のプレイヤーの意見を集約して作り上げたのが、Amptweakerのエフェクトペダルです!

Amptweaker TightDrive

D

D

TightDriveは、クランチオーバードライブからハイゲインディストーションまでをカバーする究極のハイゲインディストーションです。

一般的にハイゲインディストーションはクリーンなアンプとは相性がよくても、歪んだアンプに合わせると音がゴリゴリしてしまったり逆に抜けが悪くなってしまったりすることがよくあります。しかしTightDriveは、動画を見ても分かっていただけるとおり、クリーンなアンプにはもちろん、大出力のハイゲインアンプに接続しても素晴らしいドライブサウンドを得ることができます!

ギターアンプの特性を知り尽くしたエンジニアだからこそ作り出せるペダルといえるでしょう。

Amptweaker Bass TightDrive

D

TightDriveのベース用モデル、Amptweaker Bass TightDriveは、Red ChordのGreg Weeksがギターショウに出展されたTightDriveを弾いたのがきっかけで製作されたペダルです。

低域を引き締めたり、逆にルーズなドライブを作り出すTightコントロールがベースの音作りを強力にバックアップします。King's Xのベースボーカリスト、dUg Pinnickはあまりに気に入ったため、「TightDriveの歌」を作ってしまったほどです。

D

TightDriveにはギター用、ベース用共にエフェクトループを備えています。エフェクトループは歪み回路の前と後を切り替えることができ、さらに電池使用時にInputにプラグを挿したままでも電源を切ることのできるスイッチや、アダプター使用時に足下のノブを照らし出すLED、ワンタッチで交換できる電池ボックス等、まさにプレイヤーの悩みを解決するような機能も満載!

今ならどちらも即納可能です!お早めに!

2010-07-11

Amptweaker Tight Drive取り扱い決定!

アメリカから新ブランドの取り扱いが決定しました!

Amptweakerは、Peaveyであの「5150」や「JSX」という名機を設計したアンプエンジニア、James Brownの設計するエフェクターブランドです。

Amptweaker Tight Drive

D

D

ローゲインからハイゲインまでカバーする幅広さ、そしてアンプやギターに合わせて音色を自在に可変できる2バンドEQとTightコントロールを装備しています。さらに、エフェクトループやアダプター使用時にはノブを照らすLEDなど、プレイヤーの立場から作られた機能が満載です。

Amptweaker Bass TightDrive

D

D

Tight Driveのベース用モデルも入荷決定!The Red ChordsのGreg WeeksやKings'XのdUg Pinnickも絶賛するペダルです!

低域の「タイト」さを調整できるこのモデル、ベース用歪みペダルの決定版となるのではないでしょうか。

どちらも、アンプのサウンドを知り尽くしたエンジニアだからこそ作り出せるペダルです。ただいまご予約受付中!