ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2016-09-19

オクターブ下を追加し、極悪なローエンドを作るファズです!ベースサブシンセにも!Copilot FX MANTIS II!

超個性的なエフェクトで、多くのマニアックなプレイヤーを虜にするCopilot Fx。そのラインナップの中でも強力で凶暴なベースファズがさらにパワーアップしました!

このペダルは凶暴なサブオクターブファズペダルです!

Copilot Fx Mantis IIは、“マルチウェーブオクターブダウンスクエアウェーブファズ”です。

オクターブ下のベースシンセサイザーのように使うことのできるペダルで、ストレートなファズサウンドと1オクターブダウン、2オクターブダウンの3ボイスを組み合わせることが出来ます。

各ボイスは独立しており、2つのオクターブダウンサウンドはパルス幅を変調することができます。そして、3つの独立したシグナルはVolノブでミックスし、出力されます。

サブシンセからヘヴィゲーテッドファズ、さらに電子音のようなトーンまで、多くの個性的な音を作ります。

2つのエクスプレッション/CVジャックで、2つのオクターブダウンサウンドのパルス幅をそれぞれコントロール可能。PWM(パルス幅変調)によるアナログシンセのようなトーンを簡単に作ることができます。

1.インプット:ギターその他楽器からの入力を接続します。
2.パワージャック:アダプターを接続します。15mA以上のスタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。
3.アウトプット:他のエフェクターやアンプへの出力です。
4.RANGE▼:1オクターブダウンボイスのパルス幅を変調します。エクスプレッション/CVコントロールでこのパラメータをコントロールする場合、右側のジャック(11)を使用します。右側のエクスプレッション/CVジャックにプラグが接続されていると、このノブは無効になります。
5.▼:1オクターブダウンボイスの音量を調整します。全体のアウトプットバランスにも影響します。
6.▼▼:2オクターブダウンボイスの音量を調整します。全体のアウトプットバランスにも影響します。
7.GATE:インプットシグナルのインテンシティやファズ/オクターブのサステインをコントロールします。
8.VOL:オクターブファズと全体の音量バランスを調整します。
9.:RANGE▼▼:2オクターブダウンボイスのパルス幅を変調します。エクスプレッション/CVコントロールでこのパラメータをコントロールする場合、左側のジャック(12)を使用します。左側のエクスプレッション/CVジャックにプラグが接続されていると、このノブは無効になります。
10.LEDインジケータ:エフェクトのON/OFFを表示します。
11.RANGE▼エクスプレッションジャック:1オクターブダウンボイスのパルス幅を外部コントロールで変調します。TRS(ステレオ)エクスプレッションペダル、または0〜5vのCVソースを使用できます。Copilit Fx Broadcastも接続可能です。
12.RANGE▼▼エクスプレッションジャック:2オクターブダウンボイスのパルス幅を外部コントロールで変調します。TRS(ステレオ)エクスプレッションペダル、または0〜5vのCVソースを使用できます。Copilit Fx Broadcastも接続可能です。
13.フットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えるスイッチです。

※Mantis IIはモノフォニックです。トラッキングできるのは単音のみです。1つの音をプレイして、次の音に移るときなどはミュートをしっかりと行ってください。

あえて和音をプレイすると破壊的なサウンドを作ることもできます。

D

ただいま即納可能

2016-07-01

まさにノイズマシン。音だけでなくルックスからも異様さが伝わります!Copilot Fx Antenna 2 8knob Versionに機能追加!

圧倒的な存在感で周りを威圧するかのようなスタイルの“8ノブ”コンパクトペダル。Copilot Fx Antenna 2 8knob Versionが、さらに強力になって入荷しました!

Copilot Fx Antenna2は、破壊的な個性派サウンドで知られるAntennaをさらに進化させたペダルです。

新たに追加されたLFOにより、センターフリーケンシーの上下をコントロール。新たな個性派サウンドが生まれます。

Antenna2は、ローファイリングモジュレーションとサンプルリダクション、さらにテルミンのような音色をミックスできます。このペダルから溢れ出る音色は、全てプレイヤーのイマジネーション次第。デジタライズサウンドや古いビデオゲームのような音色からアンビエントな音色まで様々な音がだせます。

強烈な音色を作りながらもコンパクトで扱い易いペダルです。ギターやベースだけでなく、ドラムマシンにエフェクトをかけても面白いです。

おわかりいただけますでしょうか……?

そう、新しく2つ、トグルスイッチが追加されています。8ノブ、2トグル、2フットスイッチという驚異のスタイルです。

1.インプット:楽器からの信号を接続します。
2.パワージャック:アダプターを接続します。スタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。10mA以上の電流が必要です。
3.アウトプット:他のエフェクターやアンプへの出力です。
4.CRK:アウトプットシグナルのスムースさを調整します。特に最初の40%はシグナルのクリッピングのフィルタリングを調整します。そこからさらに設定すると、低域を絶妙に可変します。
5.Cycle:クリーンシグナルとエフェクトシグナルのミックスを調整します。最小設定ではエフェクトシグナルのみが出力され、時計回りにまわしてくとクリーンシグナルが混ざります。
6.Rate:LFOのモジュレーションスピードを調整します。
7.Wave:LFOの波形を設定します。スクエア、サイン、サンプル/ホールド、トライアングル、ステアケース(階段)、ランプアップを設定できます。
8.Mix:エフェクトの深さを調整します。CRKノブと合わせて設定することで様々なトーンが得られます。
9.VOL:出力音量の調整です。
10.Freq:サンプルリダクションの周波数を設定します。
11.Range:Freqノブのモジュレーション/スウィープを設定します。
12.LEDインジケータ:エフェクトのON/OFFを表示します。ONの時、LEDが赤ならばLFOが有効に、緑ならば無効となります。
13.特にありません。
14.Bypassフットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えるスイッチです。
15.LFOフットスイッチ:LFOの有効/無効を切替えます。

●トグルスイッチ
これらの機能に加え、2つのトグルスイッチでさらなるサウンドを作ります。

・右側のトグルスイッチ:エフェクト全体の音色のボイシングを切替えます。右側のポジションではメインシグナルがファズボイス(エフェクトシグナルにファズをミックスしたもの)になり、左側のポジションではメインシグナルはスタンダードなシグナルとなります。

・左側のトグルスイッチ:サンプルリダクションのゲートがリセットされるかどうかを設定します。右側のポジションではサンプルリダクションは常に有効で、左側のポジションでは音が入力されている間はリセットされます。Freqノブを9:30〜3:00(サンプルリダクションが聞き取れる前後)に設定し、Cycleノブを上げるとトレモロのような音を作ることもできます。


それにしても存在感がすごいです。

D

(動画はトグルスイッチのない初期バージョン)

今なら即納可能です!

2015-12-10

クラシックから個性派、さらにランダムトレモロも設定可能!Copilot Fx Polypus!タップテンポにも対応!

タップテンポにも対応する個性的なトレモロペダル。

トレモロというとサーフミュージックなどを連想するかもしれませんが、このペダルならクラシカルなトレモロだけでなく、もっと独創的な揺れ方もできます!

UP, DOWN, UP, DowN, uP……サウンドにアップダウンを付ける、Polypusはトレモロペダルです。

タップテンポによる操作にも対応し、LFOシェイプはスクエア、サイン、ステップ、トライアングル、エスカレート、ランダム、ランプアップお6種類から選択できます。

PolypusはトグルスイッチでRateの設定を変更できます。スイッチが上ポジションの時にはRATEノブでスピードを設定し、下ポジションの時、RATEノブはタップテンポ入力へのRatioコントロールとなり、実際に設定されるスピードがタップ入力の1、2、3、4、8、1/2倍から選択できます。

Polypusは、ファズをはじめとした歪み系エフェクターのサウンドを損なうことなく、本来のサウンドを発揮できるよう設計されています。また特定の周波数帯域をカットすることによりローファイなトレモロサウンドを演出します。ゆっくりなテンポにするとサウンドの違いが良く分かります。

PolypusはスタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。電池はご使用になれません。

トゥルーバイパス仕様。

トグルスイッチ:Tap/Rateスイッチです。このスイッチではRateコントロールをノブでおこなうかタップテンポで行うかを切替えます。上ポジションではRateノブ、下ポジションではタップテンポモードとなります。

WAVE:トレモロの波形を選択します(6種類)

VOL:音量を調整します

RANGE:エフェクトのかかり具合を調整します

RATE:2種類の役割があります。SWITCHが上ポジションの時はこのノブでLFOのスピードを調整します。下ポジションの時は、タップテンポ入力へのRatioコントロールとなり、実際に設定されるスピードがタップ入力の1、2、3、4、8、1/2倍から選択できます。

※WAVE、RATIOコントロールのノブは連続的に動きますが、上記コントロールの設定を選択するもので、ノブの位置に応じて徐々に変化するようなものではありません

D

ただいま即納可能!

2015-11-18

かわいくて、そして凶暴に生まれ変わりました。ベースサブシンセとしてもいけるCopilot FX MANTIS II!

超個性的なエフェクトで、多くのマニアックなプレイヤーを虜にするCopilot Fx。そのラインナップの中でも強力で凶暴なベースファズがさらにパワーアップしました!

異様に可愛らしいカマキリがデザインされています。この可愛さに騙されみるのも良いかも知れませんが……

このペダルは凶暴なサブオクターブファズペダルです!

Copilot Fx Mantis IIは、“マルチウェーブオクターブダウンスクエアウェーブファズ”です。

オクターブ下のベースシンセサイザーのように使うことのできるペダルで、ストレートなファズサウンドと1オクターブダウン、2オクターブダウンの3ボイスを組み合わせることが出来ます。

各ボイスは独立しており、2つのオクターブダウンサウンドはパルス幅を変調することができます。そして、3つの独立したシグナルはVolノブでミックスし、出力されます。

サブシンセからヘヴィゲーテッドファズ、さらに電子音のようなトーンまで、多くの個性的な音を作ります。

2つのエクスプレッション/CVジャックで、2つのオクターブダウンサウンドのパルス幅をそれぞれコントロール可能。PWM(パルス幅変調)によるアナログシンセのようなトーンを簡単に作ることができます。

1.インプット:ギターその他楽器からの入力を接続します。
2.パワージャック:アダプターを接続します。15mA以上のスタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。
3.アウトプット:他のエフェクターやアンプへの出力です。
4.RANGE▼:1オクターブダウンボイスのパルス幅を変調します。エクスプレッション/CVコントロールでこのパラメータをコントロールする場合、右側のジャック(11)を使用します。右側のエクスプレッション/CVジャックにプラグが接続されていると、このノブは無効になります。
5.▼:1オクターブダウンボイスの音量を調整します。全体のアウトプットバランスにも影響します。
6.▼▼:2オクターブダウンボイスの音量を調整します。全体のアウトプットバランスにも影響します。
7.GATE:インプットシグナルのインテンシティやファズ/オクターブのサステインをコントロールします。
8.VOL:オクターブファズと全体の音量バランスを調整します。
9.:RANGE▼▼:2オクターブダウンボイスのパルス幅を変調します。エクスプレッション/CVコントロールでこのパラメータをコントロールする場合、左側のジャック(12)を使用します。左側のエクスプレッション/CVジャックにプラグが接続されていると、このノブは無効になります。
10.LEDインジケータ:エフェクトのON/OFFを表示します。
11.RANGE▼エクスプレッションジャック:1オクターブダウンボイスのパルス幅を外部コントロールで変調します。TRS(ステレオ)エクスプレッションペダル、または0〜5vのCVソースを使用できます。Copilit Fx Broadcastも接続可能です。
12.RANGE▼▼エクスプレッションジャック:2オクターブダウンボイスのパルス幅を外部コントロールで変調します。TRS(ステレオ)エクスプレッションペダル、または0〜5vのCVソースを使用できます。Copilit Fx Broadcastも接続可能です。
13.フットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えるスイッチです。

※Mantis IIはモノフォニックです。トラッキングできるのは単音のみです。1つの音をプレイして、次の音に移るときなどはミュートをしっかりと行ってください。

あえて和音をプレイすると破壊的なサウンドを作ることもできます。

D

ただいま即納可能

2015-11-10

個性を求めるベーシストに!Copilot FX Orbit FUZZ、入荷しています!ひなっちも愛用中!

個性派ベーシストにも大人気のあのベースファズが入荷しています!

軌道という意味を授けられたこのOrbitは、「フリーケンシーモジュレートファズ」という、ほかでは類を見ないエフェクターです。

オシレーターを自在に操ることができ、アナログシンセサウンド、ビットクラッシャーからえげつないファズサウンドまで自由自在!

ベースとの相性も非常に良く、効果的です!

EXPペダルをつなげば、FREQ.コントロールを足下でコントロールでき情熱的なプレイを実現させることができます。

1.インプット:楽器からの信号を接続します。

2.アウトプット:他のエフェクターやアンプへの出力です。

3.GATE:ファズ・トリガーセクションへと入るシグナルの量をコントロールします。最小設定では最もサステインが短く、ブチブチと途切れるサウンドになります。上げていくとサステインが長くなり、VCOからの出力も長くなります。フルアップではVCOのトリガーを行いますので、トリガリングの間違いを避けるため、フルアップから少し下げた状態までで通常は設定してください。

4.EXP.:VCOの周波数を微調整します。

5.FRQ:VCOの中心周波数を設定します。

6.DRY:エフェクトにドライシグナルを付加します。

7.ノブ:何も書かれていないノブです。このノブはFUZZコントロールで、ゲーテッドファズを出力に追加することができます。

8.VCO:全体の出力にVCOを加えます。FRQ、EXPでその周波数を調整し、GATEノブでトリガーの調整をします。

9.LEDインジケータ:エフェクトのON/OFFを表示します。

10:エクスプレッションペダル:ステレオ、またはモノラルのエクスプレッションペダルを接続します。10〜50kΩのタイプで、Broadcastペダルにもお使いいただけます。CVには対応していません。

11.パワージャック:アダプターを接続します。スタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。

12.フットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えるスイッチです。

ひなっちこと日向さんも、Nothing's Carved In Stoneの最新ペダルボードで使用中!長いこと変わること無く愛用いただいています!

D

ただいま即納可能!

2015-09-21

周りを圧する強烈なトーンを生み出すマシン!Copilot FX Antenna 2 8knob Version!

ノイズ、発振、爆音、轟音……それらを愛するプレイヤーから長年にわたり高い評価を受け続けるCopilot Fxの最新作!

Copilot FX Antenna 2 8knob Version。このペダルが作る世界は、突然の揺れや空間の歪みなどに満ちたカオスな世界。その覇者として振る舞うのは、プレイヤーだけです。

opilot Fx Antenna2は、破壊的な個性派サウンドで知られるAntennaをさらに進化させたペダルです。

新たに追加されたLFOにより、センターフリーケンシーの上下をコントロール。新たな個性派サウンドが生まれます。

Antenna2は、ローファイリングモジュレーションとサンプルリダクション、さらにテルミンのような音色をミックスできます。このペダルから溢れ出る音色は、全てプレイヤーのイマジネーション次第。デジタライズサウンドや古いビデオゲームのような音色からアンビエントな音色まで様々な音がだせます。

強烈な音色を作りながらもコンパクトで扱い易いペダルです。

ギターやベースだけでなく、ドラムマシンにエフェクトをかけても面白いです。

1.インプット:楽器からの信号を接続します。
2.パワージャック:アダプターを接続します。スタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。10mA以上の電流が必要です。
3.アウトプット:他のエフェクターやアンプへの出力です。
4.CRK:アウトプットシグナルのスムースさを調整します。特に最初の40%はシグナルのクリッピングのフィルタリングを調整します。そこからさらに設定すると、低域を絶妙に可変します。
5.Cycle:クリーンシグナルとエフェクトシグナルのミックスを調整します。最小設定ではエフェクトシグナルのみが出力され、時計回りにまわしてくとクリーンシグナルが混ざります。
6.Rate:LFOのモジュレーションスピードを調整します。
7.Wave:LFOの波形を設定します。スクエア、サイン、サンプル/ホールド、トライアングル、ステアケース(階段)、ランプアップを設定できます。
8.Mix:エフェクトの深さを調整します。CRKノブと合わせて設定することで様々なトーンが得られます。
9.VOL:出力音量の調整です。
10.Freq:サンプルリダクションの周波数を設定します。
11.Range:Freqノブのモジュレーション/スウィープを設定します。
12.LEDインジケータ:エフェクトのON/OFFを表示します。ONの時、LEDが赤ならばLFOが有効に、緑ならば無効となります。
13.特にありません。
14.Bypassフットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えるスイッチです。
15.LFOフットスイッチ:LFOの有効/無効を切替えます。

D

ただいま即納可能

Amazonでも販売中

※発送やお問い合わせの返信は9/24以降となります。ご了承ください。

2012-03-10

ベースサウンドをさらにオクターブダウン!Copilot fx最新作、CUBIC入荷!

常に独創性を求め、圧巻のサウンドを作り出すエフェクターの数々を製作するCopilot fxから新製品、CUBICが入荷しました!

CUBICはベース用のオクターブダウンペダルです。

ただでさえ低音のベースを、さらにオクターブダウンさせ、極太の超低音サウンドを作り出します。


そんな低音にしたら音が濁って使い物にならない、と思われるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

Blendノブを搭載しているので、原音と混ぜ合わせ、音程を保ちながら太い音作りを可能としています。


CUBICは、コントロールノブの間にあるスイッチで2つのモード切替が可能です。

まずはスイッチを上側に。2オクターブ下の超低音を作り出すモードです。

このモードでは、場合によって4th、5thサウンドが加わり、独特のサウンドを得ることが出来ます。

下側にすれば、1オクターブ下の音を出力可能。地を這い、地面が轟くようなサウンドを得ることが出来ます。


またインプットジャックとアウトプットジャックの間にあるトグルスイッチを使えば甘くウェットなオクターブダウンサウンドと、よりカオスなサウンドを切り替える事ができます。

さらに、CUBICにはフィルターを搭載していて、それによりファンキーなサウンドからベースシンセ、さらに摩訶不思議なサウンドまで作ることが出来ます。


D

楽曲の中で、ベースサウンドの働きは非常に大きな物です。

楽曲全体の雰囲気を一変させる、独創的なベースオクターバーCUBIC、いまなら即納可能!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから