ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2015-02-24

幻想的で美しいポリフォニックオシレーター!Electro-Faustus EF109 Drone Thingご予約受付中!

独創的ノイズマシン、オシレーターを手頃に作る、Electro-Faustusから幻想的なオシレーターが入荷します!

WHAT'S THAT NOISE?

Electro-Faustusは、あまりに高額なノイズマシンと同等の超絶な音を作るデジタルガジェットを、もっと手頃な価格で提供します。

そして、ノイズのおもしろさ、音を作ることの楽しさを多くのプレイヤーに広めていきたいと考えています。

EFFECTS & DEVICES THAT ARE BUILT TO BLAST!

単体使用でも、他のペダルと組み合わせても、Electro-Faustusのペダルは常に、アーティストの感性を刺激し新しい音を産み出します。

DTMマニアからレコーディングアーティスト、さらにライブやスタジオで、Electro-Faustusのペダルのノイズや歪みを思う存分爆発させてください!

Electro-Faustus EF109 Drone Thingは6つのオシレーターをコントロールし、幻想的で美しいポリフォニックトーンを作ることの出来る、新世代のエレクトリック楽器です!まるで全く新しいエレクトリックギターのように、最大6つの和音を自在にコントロールできます。

1.Power:このスイッチで、ユニットの電源をON/OFFします。インジケータが点灯し、オシレーターが動きます。

2.Volume:全体の音量を調整します。

3.Pitch Control:EF109 Drone Thingは6つのポリフォニックオシレーターを内蔵しています。6つのノブがそれぞれのピッチを個別にコントロールします。最初のオシレーター(一番左側のノブ)はLFOです。ここの周波数は他の5つよりも低くなっています。独創的なリズミックパターンを刻むことができ、他の5つのオシレーターと同期したり影響したりします。ノブを時計回りに回せばピッチが上がります。

4.Oscillator On/Off:それぞれのオシレーターは個別にON/OFFできます。

5.Tone:ローパスフィルターです。反時計回りで高域がカットされ、ベースギターのような音色になります。時計回りに回せば、より明るくトレブリーな音色となります。

6.Power Starve:ICチップに供給される電源を調整します。反時計回りに回せば電圧が下がり、ホワイトノイズの入った音色やゲートのかかった音色を作ることができます。時計回りに回せばチップのパワーを最大限に発揮し、クリアな音色となります。このとき、オシレーターの音色は典型的なスクエアウェーブとなります。

 

●プレイングテクニック

まず、Power Starveは最大に設定します。Pitch Controlで出したい音色を調整します。左から順にオシレーターをONにし、1つずつ音を足していきます。最初は全てのオシレーターで同じ音階(同音程やオクターブ違いの音色)を出してみてください。様々な音を作ることができます。気に入った音が出たら、一番左側のノブを下げてみます。すると様々なパターンのリズムを刻み始めます。Volumeコントロールで音量を変えると、また違った音が見つかります。

さらに、アウトプットから別のエフェクターを通し、いろいろな音を出してみましょう。

●電源

EF109 Drone Thingは一般的なエフェクターで使用される、センターマイナスDC9Vアダプター(別売)で駆動します。電池はご使用になれません。

D

ただいまご予約受付中

Amazonでも出品中です

2014-04-14

Electro-Faustus新製品、EF106とEF108が入荷しました!

ノイズ系を中心に個性派ペダルを扱うElectro-Faustusの新製品が入荷しています!

破壊的なデジタルの狂気と、シンプルなマイクを組み合わせるとどうなるか。その答えがStrangulatorです。

ボコーダーでは得られなかった、極上のプレジャーを想像してみてください!

手の中で獰猛なパワーが溢れてきます!

EF106 Strangulatorは、ピエゾディスクを用いた、最も原始的なマイクロフォンです。

・使い方

EF106のOUTPUTを、アンプに接続します。

ATTACKボタンは、モメンタリーのON/OFFスイッチです。このスイッチを押している間、ユニットがONになります。INPUTホールに向けて声や音を出せば、頭のなかに聞こえる音とは違う奇妙な音声がアンプから出力されます。

CHOKEノブはユニットのコントロールです。オシレーション(自己発振)を付加し、さらにおかしな音を出せます。

反時計回り最大で、オシレーションも最大となります。

・何が起きているのか

EF106 Strangulatorは、ピエゾエレクトリックエフェクト、圧電効果と呼ばれる現象を利用します。これは多くのピエゾ・ピックアップなどでも利用されています。クリスタル/メタリックディスクにより、機械的な振動を拾い上げます。

これらの振動は電気シグナルに変換され、アンプやコンピュータへと送られます。

EF106に内蔵されているディストーション、オシレーションエフェクトが、音に狂気を与えます。

・電源

EF106 Strangulatorは、9Vバッテリーで動作します。アダプターはご使用になれません。

 

フットスイッチで簡単にシグナルレベルをダウン!マニュアル操作でランダムなヴィブラートも思いのまま!

EF108 Step Childは、フットスイッチでコントロールするスタッターペダルです。予め設定したレベルまで、フットスイッチで即座にシグナルを下げることができます。

・使い方

EF108 Step ChildのOUTPUTを、アンプに接続します。

モメンタリータイプのフットスイッチを踏んでいる間、シグナルレベルが下がります。

下がるシグナルレベルはLEVELノブで設定可能。シグナルを完全にカットすることもできます。

Electro-Faustusのペダルに「正しい使い方」は存在しません。感性の赴くまま、自由にお使いください。

・電源

EF108 Step Childはパッシブペダルです。電源は必要ありません。

 

今ならどちらも即納可能!

2011-04-12

シンプル、コンパクトなテルミン、入荷!

手を触れず、楽器と手の距離を調整して音を出す独創的な楽器「テルミン」。

大がかりなものから小型のものまで、今ではいろいろな種類が作られています。

Electro-Faustus EF-102 Photo Thereminは、アンテナではなく、光学式のセンサーを用いた、シンプルで使いやすいテルミンです。

D

通常のテルミンと同じように、センサーに手や足を近づけたり遠ざけたりすることで音程を変えることができます。

さらに、光源を使って本体を振ったり、角度を変えたりすることでもセンサーに当たる光量が変わり、それによって音程を調整することも可能!

ペンライトやライターを使ったり、使い方は自由自在です。

ステージでのパフォーマンスとしても、レコーディングで個性的な音を作るためにもお使いいただけるこのテルミン、EF-102はただいま即納可能です!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2010-11-16

Electro-Faustusから新作オシレーター登場!

シンプルで手頃なノイズ/オシレーターが人気のElectro-Faustusから、新作オシレーター「EF104 Quad Oscillator」がこのたび入荷して参りました。

D

今度の新作は、なんと4つの独立するオシレーターのサウンドを組み合わせて、さまざまなバリエーションのサウンドを作り出すモデルです。

Oscillator1〜Oscillator4のノブがそれぞれのオシレーターに対応し、自由にそれらを組み合わせたら中央のPower/Volumeノブで音量を調整するだけ!

この上なくシンプルで、それでいてこの上なく奥の深い音作りに対応するオシレーターです。

大変分かりやすく、使いやすいコントロールが特徴ですので、ノイズ系に初めて触れるという方にもおすすめ!

もちろん、上級者の方には奥の深い音作りを楽しんでいただくこともできます。

EF104 Quad Oscillatorはただいま即納可能です!

2010-02-18

新作ブランドラッシュ!今度はノイズブランドです!

昨日、新ブランドのMOENの紹介をさせていただきました。

おかげさまで、大反響です。

いろいろな質問をいただいております。

順に質問に答えていきたいと思います。

さて、実は連日で新ブランド入荷のご案内をさせていただきます。

アメリカの新鋭ブランド、Electro-Faustus。

製作者であるJOE氏は元々、ミュージシャンであり、Nano Frogというバンドで活躍

されていた方で(今でもItunesで購入できるそうです。)

現在は主にプログラマー、Iphone Appsのプログラミングで生計を立てている方だそうです。

商品の説明なんですが、それよりもまず、この値段にびっくりしてしまいます。

コンセプトが非常にわかりやすいのですが、

シンプルで安く。デザインにも機能美がうかがえますね。

さてそれではそのシンプルな機材の紹介を。

Electro-Faustus EF101 Dual Oscillator

プログラマーらしく、デジタル回路で構成したという発振回路を2つ組み合わせた、オシレーターです。

D

たった2つのシンプルなノブで、無限に世界観が広がるようなさまざまな音が炸裂します!

シンプルだからこそ、さまざまな機材と合わせればこんなことも可能です!

D

Electro-Faustus EF102 Photo Thermin

こちらは、驚くほどシンプルでリーズナブルな「光学式テルミン」です!

D

センサー部に当たる光量でピッチを操作します。ノブはVolumeだけで、余計な物は何もない、本当にシンプルなモデルです。

もちろん、どちらも即納可能です!

 

毎回お得なクーポン付!メルマガ登録はこちらから!