ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr




2016-01-20

Neunaberペダルを8プリセットのマルチエフェクターに!Neunaber Audio Effects ExP Controller即納可能!

1台でいろいろなペダルに変わる、Neunaberペダルを8プリセットのマルチエフェクターに変える魔法のペダルが入荷しました!

ExP Controllerは、Naunaber Audio Effectsのv2ステレオペダルを飛躍的に多機能化することのできるペダルです。4つのエフェクトをプログラム可能で、各エフェクトごとに2種類のプリセットを保存でき、3つのエクスプレッションペダルインプットとプリセットを切替えるPreset Morphエクスプレッションインプットを搭載。マルチカラーLEDで視覚的に選択されているエフェクト/プリセットを操作できます。

ExP Controllerは、v2ステレオペダルと簡単に接続できます。付属のケーブルを用いて接続するだけで動作し、電源も不要です。収録するエフェクトとプログラムは、Pedal Customizer Softwareで編集することができます。また、選択するエフェクトごとに、本体側のフットスイッチの動作を設定することもできます。例えば、Echelon Echoを選択中は本体のフットスイッチをタップテンポとし、SeraphimではホールドでShimmerをかけるような使い方が出来ます。

また、Preset Morph端子にエクスプレッションペダルを接続することで、スムースに2つのプリセットの間を可変することができます。つまり、ExP Controllerを使うと、v2ステレオペダルが無限大の可能性を創造します。

●特徴

・4つのエフェクトを選択できるEffectフットスイッチ

・エフェクトごとに2つのプリセットを切替え可能

・3つのノブにそれぞれ対応する3つのエクスプレッションインプット

・Preset Morphエクスプレッションインプット

・専用ケーブル(30cm)付属

・電源不要

・最大5台までのv2ペダルをコントロール(専用PentaPortが必要)

・コンパクトケース

・Made in Orange County, California USA

●エフェクトの設定

ExP ControllerのEffectフットスイッチは、4種類のエフェクトを保存し、切替えることができます。下図のカラーと番号が、LEDカラーとエフェクトナンバーに対応します。

4つのエフェクトはPedal Customizer Softwareによってプログラムします。

・v2ステレオペダルとExP Controllerを接続します。

・USBケーブルをお使いのv2ステレオペダルに接続し、Pedal Customizer Softwareを開きます。

・プログラムしたいエフェクトナンバーを選択します。

・設定したいエフェクトを選択し、Updateボタンを押します。

・他のエフェクトナンバーについても同様に行います。

それぞれのエフェクトは、2つのプリセットとミックス、およびフットスイッチの役割が記録されます。デフォルト設定とは違ったミックスとスイッチの役割をプログラムしたい場合、ステレオペダル側でそれぞれの設定を変更する必要があります。

●プリセットの設定

ExP Controllerで選択できる4種類のエフェクトには、それぞれAとB、2つのプリセットが保存できます。Presetフットスイッチを使い、2つのプリセットを切替えることができます。それぞれのプリセットと選択時のLEDカラーは下図のとおりです。

プリセットは、単純に各ノブの設定を保存するものです。プリセット選択中にノブを動かせば、その設定が自動的に新たなプリセットとして保存されます。このとき保存されるのは、動かしたノブの値のみで、他のノブはそれまでの設定が継続されます。

●エフェクト選択をプリセットとして使う

同じエフェクトの中に、2種類以上のプリセットを保存したい場合は、エフェクト設定で同じエフェクトを設定しておきます。最大で8種類のプリセットを保存することができます。

●エクスプレッションインプット

ExP Controllerのエクスプレッションインプットは、主にRoland EV-5、またはM-Audio EX-Pで動作を確認していますが、同様のステレオケーブルを使用するエクスプレッションペダルを接続することができます。

ExP Controllerのエクスプレッションインプットは、それぞれのノブを個別にコントロールします。例えば、左側のエクスプレッションインプットは、ステレオペダル本体の左側のノブをコントロールします。

エクスプレッションペダルが接続されると、本体のノブは、エクスプレッションペダルで調整できる最大レンジの設定となります。

ExP Controllerのプリセットは、各ノブの位置を保存していて、この値はエクスプレッションに対しても有効です。プリセットによってエクスプレッションペダルレンジを切替えることもできます。エクスプレッションペダルのコントロール自体はプリセットされませんが、ノブの値がプリセットされています。

3つのエクスプレッションペダル端子により、個別にそれぞれのノブの値をコントロールできますが、1つのエクスプレッションペダルで複数のノブをコントロールしたい場合は、Preset Morph端子を使用します。

●Preset Morph

Preset MorphインプットはEV-5エクスプレッションペダル、またはその互換エクスプレッションペダルに適合します。

この端子に接続されたエクスプレッションでは、他のエクスプレッションペダル端子同様ペダルのパラメータをリアルタイムコントロールできますが、各ノブごとのコントロールではなく、プリセットAとプリセットBの値の間をコントロールします。“Morph”の意味は、ノブの値がエクスプレッションペダルにより変異するということです。エクスプレッションペダルのトーダウンポジションではプリセットA、ヒールダウンポジションではプリセットBとなります。(使用するエクスプレッションペダルによって、逆の位置となる場合があります。)

Preset Morphを使用する場合、下記の設定を行う必要があります。

・必ずプリセットA(イエロー)を選択してください。

・ExP ControllerのPresetフットスイッチを切替える場合、Preset Morphに接続したエクスプレッションはトーダウンポジション(イエロー)に設定してください。

逆に、プリセットAからスタートするように設定しておけば、プリセットを自由に切替えることができます。

また、Preset Morphを使用中にもステレオペダル側のノブでプリセットの変更が可能です。ただし、プリセットの変更を行う場合、エクスプレッションペダルはトーダウン、またはヒールダウン側にあることを推奨します。エクスプレッションペダルが中央付近では、ノブを動かしても効果が分からないためです。

●複数のペダルをコントロール

ExP Controllerは、最大5台までのv2ステレオペダルを同時にコントロールすることができますが、その場合、別売りのNeunaber Audio Effects PentaPortが必要です。

ただし、2台までのペダルであれば、市販のRJ45 Splitterを使用してコントロールすることも出来ます。

●Specifications

Expression & Preset Morph

Connector 1/4" (6.35mm) TRS

Polarity Tip: control in

Ring: 3.3V out

Sleeve: 0V (ground)

Voltage Range 0V minimum

3.3V maximum

Cable (Expansion Port)

Type 8-pin Cat 5 (EIA 568B), 24 AWG

Length (inc.) 12 inches (300 mm)

Length (max.) 33 feet (10 m)

Power

Input Powered by Stereo Pedal

Physical

Dimensions 2.9" W, 4.6" L, 2.0" H

(73 mm W, 117 mm L, 51 mm H)

Weight 7.0 oz (195 g), without cable

※スペックは予告なく変更される場合がございます。

D

ただいま即納可能!

Amazonでも販売中!