ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2008-05-26

MAD PROFESSOR FIRE RED FUZZ

MAD PROFESSORつながりで、スウェーデンにあるおもしろい楽器屋を

紹介してもらいました。

そこにある音源、名前を出すことを前提に使っていいとのことでしたので

今日はそれを使って記事を書いてみたいと思います。

THESE GO TO 11さん、ありがとうございます!

(しかしすごい名前ですね・・。)

ちょっと余談なんですが、真っ先に浮かぶ日本のブティックブランドって

なんですか?という話をしていたんですが、

A.Y.Aの名前が出てきました。

HSWであったり、TAKKY(SAMURAI SOUND)であったりするのかな、と思っていましたが

実に意外でした。


さて、BJFデザインのファズです。

BJFというと、BJF時代にすでにさまざまな

ファズを作っています(それもすべてが最高傑作、といっても過言ではないレベルで。)

どこがちがうのか?

結論から言うと、これまでにつくったBJFのFUZZペダル

のトーンをすべてこの一台に凝縮することに成功したペダル、

と考えることが出来るかと思います。

サンプルを使っての検証です。

BJF PINK PURPLE FUZZ

BJF CANDY APPLE FUZZ

BJF時代からすべて色を名前につけることによってで音のニュアンスを名前でも伝えてきたわけですが、

名前から思い浮かぶニュアンスどおりのサウンドかと思います。

そしてこれがMAD PREFOSSOR FIRE RED FUZZ

MAD PROFESSOR FIRE RED FUZZ SAMPLE1

MAD PROFESSOR FIRE RED FUZZ SAMPLE

MAD PROFESSOR FIRE RED FUZZ SAMPLE2

基本、キャンディアップルよりやや明るい毛色ではありますが、途中でTONEをいじっているんでしょうか?

見事にすべてのニュアンスを表現できているのがわかります。

古典的でありながらすばらしいポテンシャルを伴った

MAD PROFESSOR FIRE RED FUZZ。

6月中に入荷です!