ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2015-09-22

極上のリングモジュレーターなら!Fairfield Circuitry Randy's Revenge!

リングモジュレーター。“掛け算”が当たり前の波形の世界に“足し算”の概念を加え、独創的で過激な音作るエフェクトです。

ただの飛び道具と言ってしまえばその通りかもしれません。しかし、そのサウンドに徹底的にこだわると、こんな美しい音が生まれます。

D

Fairfield Circuitry Randy's Revengeほどのリングモジュレーターはなかなか存在しません。まさに最高級のリングモジュレーターをコンパクトな筐体に納めたペダルです。

スタンダードな9Vアダプターで駆動し、完全にアナログ回路で製作された、ピュアなサインウェーブオシレーター、ローパスフィルターが、上質で音楽的なサウンドを作ります。そこには、ワープスピードの宇宙旅行のような世界が待っています。それがRandyのハードウェアを扱う際の常識です。

LFO(Lower Oscillator Frequencies)は、リッチなトレモロ/バイブエフェクトを作ります。超絶にスローな揺れから、リズミカルな味わいを持つ揺れにまで対応。周波数が上がるごとに、まさに鐘のような音色やシンセサイザーのようなサウンドが作られていきます。

そして、ローパスフィルターのカットオフ周波数やDry/Wetのミックスを調整していくと、変わった音になったり、理想通りの音になったり、様々な変化を見せます。

さらに、CV(Control Voltage)によるエクスプレッションコントロールに対応。他のCVデバイスでコントロールすることができます。ステレオCVに対応し、エクスプレッションペダルや2チャンネルのCVポートをお使いいただけます。オシレータとローパスフィルターはどちらもCVコントロールが可能で、さらに本体のオシレータはスタンドアローンのVCO(Voltage Controlled Oscillator)へと出力することもできます。

CVによるコントロールや内部オシレータの出力は、本体内部にあるDIPスイッチでプログラムできます。

特徴

・voltage controlled oscillatorのフリーケンシーをFreqコントロール、もしくはCV Inputにてコントロール可能

・フリーケンシーレンジをHigh/Lowで切り替え可能

・スクエア波/サイン波を切り替え可能

・ローパスフィルター搭載

・ウェット音とドライ音のブレンドをMixノブでコントロール可能

・トゥルーバイパス・スイッチング

・9Vセンターマイナスアダプタ(EPA-2000推奨)に対応

※電池駆動はできません。

D

ただいま即納可能

Amazonでも販売中

※発送やお問い合わせの返信は9/24以降となります。ご了承ください。

2014-12-16

極限までこだわったアナログディレイ、Fairfield Circuitry Meet Maude、アウトレットで即納可能!

Fairfield Circuitryがこだわり抜いた人気のアナログディレイMeet Maudeのアウトレットモデルが入荷しています!

外箱にほんの少しの傷があるもので、本体等はとてもきれいなモデルです。

色にダークでテープライクなクオリティを。

Meet Maudeアナログディレイはリッチで分かりやすいサウンドキャラクターを実現します。

それは独善的で、時に堕落した、まさに贅沢三昧なサウンドです。

Fairfield Circuitry Meet MaudeはToneやFeedback(FEED)コントロールにより、インプットシグナルをコピーするよりも遥かに詳細に形作ることができます。

フィードバックのスレッショルドを超えれば、とどろく雷鳴や辺りにこだまする叫び声のような発振が湧き出します。ゆっくりと消え行くエコーや、ダイナミックアウトプットフィルタによりリピートごとに深くダークに沈んでいく残響音の美しさを堪能できます。

ランダムディレイタイムモジュレーションは、本物のテープエコーのフィールをディレイに加えます。オープンリールモーターのスピンの不完全さが作るワウ・フラッターです。

フルCV機能は、ディレイタイムやフィードバックをエクスプレッションペダル等の外部ソースでコントロールできます。


●コンプレッサー

ディレイエフェクトのファーストステージは、ディスクリートJFETフィードバックコンプレッサーです。このセクションではシグナルのダイナミクスを調整し、ディレイステージでのシグナルの歪みを抑えます。ドライシグナルはこのステージを通りません。

●ToneとFeedback

Meet MaudeのToneコントロールは、ディレイシグナルの音色を調整します。周波数は時計回りで高く、反時計回りで低くなります。センターポジションではほんの少しだけローミッドが減衰します。

Feedback(FEEDノブ:ディレイのリピート回数の調整)とToneコントロールはそれぞれ相互に働きます。全てのリピートはToneセクションを通ります。実際にご使用いただければ分かりますが、ToneコントロールがFeedbackに与える影響は2つあり、1つはフィードバックの音色を変えること、もう1つは発振のしやすさが変わることです。

●ディレイタイムモジュレーション

ランダムモジュレーションはディレイタイムを可変することができます。このモジュレーションはディレイタイムに加算する方向に働くオフセットタイプです。予測不能なディレイタイムの変調を行います。

●VCF(Voltage Controlled Filter)

ディレイセクションで発生した高周波ノイズをカットするため、アウトプットセクションでは電圧制御のローパスフィルタを通ります。このフィルタはシグナルの音量が大きくなると開き、高域のノイズ成分をカットします。これは、プレイしていない時のノイズをカットするためにも有効です。また、このフィルタを通すことでディレイサウンドがダークになります。ソフトにプレイするとフィルタの効きがよく分かります。

●CVジャック

デフォルトではCV(Control Voltage)ジャックはFeedbackコントロールをエクスプレッションペダルで行うよう設定されています。内部のマイクロスイッチを切替えることで、CVジャックの役割を変更することができます。

●CVジャックを使う

CVジャックには、大きく2種類の役割があります。1つは外部コントロール端子で、もう1つがエフェクトループです。

デフォルトでは外部コントロール端子に設定されています。

●CVジャックのプログラミング

CVジャックのプログラミングを行う際は、ペダルを傷つけないため、明るく清潔な場所で以下のように行います。

  1. まず裏蓋を外し、安全な場所に置きます。
  2. 基板を確認し、6つのマイクロスイッチを探します。
  3. ドライバーやペン先を使い、スイッチを切替ます。この時、回路部に触れないよう注意してください。(“│”がON、“○”がOFFです。)
  4. 裏蓋を閉じます。ネジを締めすぎないよう注意してください。

●外部コントロールモード

このオペレーションモードでは、ディレイタイムやフィードバックコントロールをエクスプレッションペダルや外部ソースから変更できます。このモードを有効にするには、スイッチ3と4をONにし、5と6をOFFにします。

その後、スイッチ1と2でCVジャックからどのコントロールを操作するかを設定します。スイッチ1がONならばFeedback(FEEDノブ)、スイッチ2がONならばディレイタイム(TIMEノブ)をコントロールできます。同時にコントロールすることも出来ますが、それぞれを独立して同時に外部コントロールに設定することはできません。

その後、エクスプレッションペダル(ステレオケーブルのタイプ)、またはCVソースをCVジャックに接続します。

●エフェクトループモード

このオペレーションモードではCVジャックを外部エフェクトループとして使うことができます。このモードを有効にするには、スイッチ1から4までをOFFにし、5と6をONにします。このエフェクトループはディレイシグナルのみに効果があり、Toneコントロールの後ろに設置されます。

エフェクトループを使用するにはステレオY字ケーブルを用意してください。TIP側がSEND、RING側がRETURNとなります。

●PHYSICALS

  • true true bypass
  • 1/4” mono input/output jacks
  • 1/4” stereo CV jack
  • 2.1mm DC connector
  • 4.7” x 3.8” enclosure dimensions

●TECHNICALS

  • input impedance 1 MΩ
  • output impedance 1 kΩ
  • power supply 9 to 9.6 VDC
  • current draw 60 mA
  • delay time 50 to 500 ms

●電源について

Meet Maudeは、スタンダードなセンターマイナスの9〜9.6Vアダプタで動作するよう設計されています。ペダルには極性反転時の保護回路が組み込まれていますが、お使いになる前にパワーサプライが間違っていないか、常にチェックするようにしてください。電池駆動はできません。

D

D

D

D

2014-08-24

ダークでテープライクなアナログディレイなら、Fairfield Circuitry Meet Maude!

美しいテープエコーサウンドを再現する、上質なアナログディレイが入荷しました!

色にダークでテープライクなクオリティを。

Meet Maudeアナログディレイはリッチで分かりやすいサウンドキャラクターを実現します。

それは独善的で、時に堕落した、まさに贅沢三昧なサウンドです。

Fairfield Circuitry Meet MaudeはToneやFeedback(FEED)コントロールにより、インプットシグナルをコピーするよりも遥かに詳細に形作ることができます。

フィードバックのスレッショルドを超えれば、とどろく雷鳴や辺りにこだまする叫び声のような発振が湧き出します。ゆっくりと消え行くエコーや、ダイナミックアウトプットフィルタによりリピートごとに深くダークに沈んでいく残響音の美しさを堪能できます。

ランダムディレイタイムモジュレーションは、本物のテープエコーのフィールをディレイに加えます。オープンリールモーターのスピンの不完全さが作るワウ・フラッターです。

フルCV機能は、ディレイタイムやフィードバックをエクスプレッションペダル等の外部ソースでコントロールできます。


●コンプレッサー

ディレイエフェクトのファーストステージは、ディスクリートJFETフィードバックコンプレッサーです。このセクションではシグナルのダイナミクスを調整し、ディレイステージでのシグナルの歪みを抑えます。ドライシグナルはこのステージを通りません。

●ToneとFeedback

Meet MaudeのToneコントロールは、ディレイシグナルの音色を調整します。周波数は時計回りで高く、反時計回りで低くなります。センターポジションではほんの少しだけローミッドが減衰します。

Feedback(FEEDノブ:ディレイのリピート回数の調整)とToneコントロールはそれぞれ相互に働きます。全てのリピートはToneセクションを通ります。実際にご使用いただければ分かりますが、ToneコントロールがFeedbackに与える影響は2つあり、1つはフィードバックの音色を変えること、もう1つは発振のしやすさが変わることです。

●ディレイタイムモジュレーション

ランダムモジュレーションはディレイタイムを可変することができます。このモジュレーションはディレイタイムに加算する方向に働くオフセットタイプです。予測不能なディレイタイムの変調を行います。

●VCF(Voltage Controlled Filter)

ディレイセクションで発生した高周波ノイズをカットするため、アウトプットセクションでは電圧制御のローパスフィルタを通ります。このフィルタはシグナルの音量が大きくなると開き、高域のノイズ成分をカットします。これは、プレイしていない時のノイズをカットするためにも有効です。また、このフィルタを通すことでディレイサウンドがダークになります。ソフトにプレイするとフィルタの効きがよく分かります。

●CVジャック

デフォルトではCV(Control Voltage)ジャックはFeedbackコントロールをエクスプレッションペダルで行うよう設定されています。内部のマイクロスイッチを切替えることで、CVジャックの役割を変更することができます。

●CVジャックを使う

CVジャックには、大きく2種類の役割があります。1つは外部コントロール端子で、もう1つがエフェクトループです。

デフォルトでは外部コントロール端子に設定されています。

●CVジャックのプログラミング

CVジャックのプログラミングを行う際は、ペダルを傷つけないため、明るく清潔な場所で以下のように行います。

1:まず裏蓋を外し、安全な場所に置きます。

2:基板を確認し、6つのマイクロスイッチを探します。

3:ドライバーやペン先を使い、スイッチを切替ます。この時、回路部に触れないよう注意してください。(“│”がON、“○”がOFFです。)

4:裏蓋を閉じます。ネジを締めすぎないよう注意してください。

●外部コントロールモード

このオペレーションモードでは、ディレイタイムやフィードバックコントロールをエクスプレッションペダルや外部ソースから変更できます。このモードを有効にするには、スイッチ3と4をONにし、5と6をOFFにします。

その後、スイッチ1と2でCVジャックからどのコントロールを操作するかを設定します。スイッチ1がONならばFeedback(FEEDノブ)、スイッチ2がONならばディレイタイム(TIMEノブ)をコントロールできます。同時にコントロールすることも出来ますが、それぞれを独立して同時に外部コントロールに設定することはできません。

その後、エクスプレッションペダル(ステレオケーブルのタイプ)、またはCVソースをCVジャックに接続します。

●エフェクトループモード

このオペレーションモードではCVジャックを外部エフェクトループとして使うことができます。このモードを有効にするには、スイッチ1から4までをOFFにし、5と6をONにします。このエフェクトループはディレイシグナルのみに効果があり、Toneコントロールの後ろに設置されます。

エフェクトループを使用するにはステレオY字ケーブルを用意してください。TIP側がSEND、RING側がRETURNとなります。

●PHYSICALS

  • true true bypass
  • 1/4” mono input/output jacks
  • 1/4” stereo CV jack
  • 2.1mm DC connector
  • 4.7” x 3.8” enclosure dimensions

●TECHNICALS

  • input impedance 1 MΩ
  • output impedance 1 kΩ
  • power supply 9 to 9.6 VDC
  • current draw 60 mA
  • delay time 50 to 500 ms

●電源について

Meet Maudeは、スタンダードなセンターマイナスの9〜9.6Vアダプタで動作するよう設計されています。ペダルには極性反転時の保護回路が組み込まれていますが、お使いになる前にパワーサプライが間違っていないか、常にチェックするようにしてください。電池駆動はできません。

D

 

2013-11-24

どんなシグナルにも必要なコンプレッサー!Fairfield Circuitry The Accountant入荷!

Fairfield Circuitryの新製品が入荷しています!

The Accountantは、小さなコンプレッサーです!

どんな仕事をするにも、会計士(The Accountant)は必要です。シグナルチェーンも例外ではありません。この小さな会計士は、何も聞かずにボードにすんなり溶け込みます。そして、静かに仕事を始めます。いざとなれば数字を改竄し、帳簿を誤魔化して必要な数字を叩き出します。

もちろん、実際の世界でそんなことをしてはいけませんが、音声シグナルの場合、それは非常に有用なことです。

こんな洒落の効いた紹介文、Fairfieldにしか書けませんね。

音色のダイナミクスコントロールを楽しんだり、強くコンプレッションをかけたり。小さなペダルですが、The Accountantは様々なスタイルに合わせて使えるコンプレッサーです。

オールアナログ回路で、JFETを用いたコンプレッサーです。The Accountantはギターだけでなくベース、ヴォーカル、シンセサイザーなど全てのシグナルソースに有効にお使いいただけます。

シンプルなコントロールインターフェイスで、コンプレッションレシオやゲインを簡単に設定できます。

コンプレッションは、ダイナミクスの形をコントロールするエフェクトです。つまり、大音量のパーツと小音量のパーツの間を調整するものです。

多くの場合、シグナルのトランジェント(つまりアタックなどの最初の部分)が最も音量が高く、そこの音量を歪む直前のところでどの程度抑えるかをセットします。コンプレッションはトランジェントを大きすぎないように調整し、結果的にアンプに入力された時の音量を高め、シグナル全体をラウドに、より分厚く、そしてコンプレッションの強さによっては軽い歪みを付加することができます。

こういった働きは、シグナルレベルが値を超えた時にのみ行われます。この値をスレッショルド(しきい値)と言います。

The Accountantのスレッショルドは固定されています。

PADとRATIOコントロールは、コンプレッションの動作を設定するものです。PADはコンプレッションされる前の音色をシンプルにアッテネートします。ラウドなシグナルほどコンプレッションが強くかかりますので、PADセッティングでコンプレッションのかかりやすさを設定できます。

RATIOは、ラウドな部分をどの程度圧縮(コンプレス)するかを選択します。例えば、6:1のセッティングでは、スレッショルドを超えた部分のシグナルが6dBだった場合、それを1dBまで圧縮するという意味です。つまり、コンプレッションの強さを設定します。

そしてVolumeコントロール。これはアウトプットレベルを調整するものです。コンプレッションエフェクトには影響しません。

The Accountantは、様々な状況に合わせて使うことができます。ここでは、いくつかの例を載せますが、それぞれの使い方やスタイルに合わせ、いろいろなセッティングを試してみてください。

・Light Compression(PAD:0、RATIO:0)

このタイプのコンプレッションは、場合によってほとんどエフェクトがかかっていないように聞こえるかもしれません。ほんの少しだけ色付けを行いますが、ほとんど音を変えません。このセッティングは、音色全体を調和させたい場合などに使ったり、他の楽器とのアンサンブルで馴染みの良いサウンドにするために使います。小さくプレイする部分も聞き取れるようにできます。

・Heavy Compression(PAD:2、RATOI:2)

この設定では、コンプレッションがかかっていることが分かりやすくなります。エフェクトをかけると明らかに音がリッチになり、歪みと組みあわせれば、歪みがより強くなります。音もより大きくできます。アタックとリリースも強くなり、プレイのメリハリをつけやすくなります。

・Limiter(PAD:0、RATIO:2)

リミッターは、コンプレッサーの一種ですが、特にスレッショルドを高く、レシオも10:1以上の高い値に設定されています。この設定で、リミッターをエミュレートする事ができます。リミッターとして使いたい場合は、実際に音を出しながらヴォリュームの設定を調整してください。



The Accountantは、スタンダードなセンターマイナスのレギュレートされた9〜9.6Vのアダプターに適合して作られています。ペダルは逆極性のものに対してプロテクトされています。(センタープラスのものを接続しても動作しませんが、それで故障しないように作られています。)しかし、ご使用の際にはパワーサプライが適合しているかどうか確認してください。電池はご使用になれません。

D

今なら即納可能!

2013-07-23

最高級のリングモジュレーター、Randy's Revengeがさらに強力になって復活しています!




常に芸術的で、そして丁寧にエフェクターを製作するFairfield Circuitry。

その中でも特に人気の高いペダルが、Randy's Revengeです。

Randy's Revengeは、多くのプレイヤーに惜しまれながらも一度生産が終了したことがありました。


そのときにもたくさんの方からお問い合わせをいただいたものです。


今、Randy's Revengeは復活を遂げています。

それも、以前のモデルよりも強力になって。






どんなアングルで撮っても芸術的なペダルです。

このセンスはFairfield Circuitryの真骨頂。本当に美しいエフェクターをよく知っています。




なにが新しくなったのか。それはこの内部に秘密がありました。




このDIPスイッチ。これが、Randy's Revengeをさらに強力にしています。


普通に、インプットとアウトプットにケーブルをつないで使用する分には、以前のモデルと変わらず最高の音質のリングモジュレーターペダルとしてお使いいただけます。


CVコントロールを使い、エクスプレッションペダルなどでRandy's Revengeを操作する際、ここの設定で様々なプログラムができます。

ステレオの端子にコントロールを割り当てることで、様々な使い方ができます。

例えば、以下のような設定でお使いいただけます。




内部のオシレータを出力して外部のVCOをコントロールすることもできるようになりました。

まさに究極、最強となった最高級のリングモジュレーターなのです!



D

D

D

D

D


今ならこの最高峰のリングモジュレーターが即納可能です!

2013-07-11

Fairfield Circuitry各種再入荷!

Fairfield Circuitryから、各ペダルが再入荷しました!

このたび再入荷したのは3機種です!


Fairfield Circuitry Barbershop Overdrive

Barbershop Overdriveは、電圧を変えるSAGノブを搭載し、クリーンからローゲインまで美しいサウンドを作るペダルです。

そもそもの歪み特性がとても美しく、さらにSAGノブによりファズ的な音まで実現します。

 

D

D

D


Fairfield Circuitry The Unpleasant Surprise

このペダルは、かなり変わったファズペダルです。2つのノブと3つのスイッチで、音を切り刻み、個性的、独創的な音を作ります。その音は明らかにメインストリームではありませんが、どこか甘美な響きでついついONにしてしまいたくなります。


D

D


Fairfield Circuitry Four Eyes

とても多機能で多才なファズペダルです。インプットを3つのバンドに分け、それぞれで個別にファズをかけることができます。そして超強力なフィルターを搭載し、スタンダードなファズから轟音、独創的な音までを実現。エクスプレッションペダルを使えば、これ1台でファズワウペダルのように使うこともできます!


D

D

3機種とも、ただいま即納可能!

また、超ハイクオリティなリングモジュレーター、Randy’s Revengeも即納可能です!

D

2012-07-11

究極リングモジュレーター、Randy's Revengeついに再入荷!

まさに唯一無二のサウンド、立体感のある「鐘の音」サウンドを作り出すFairfield Circuitry Randy's Revengeが、入荷いたしました!

一時期生産が中断されていたこのモデル、本当に大変長い間お待たせいたしました。ついにこの音が帰ってきました!

D

D

リングモジュレーターというジャンルでは考えられないヒットモデルとなったRandy's Revenge。

その圧巻のサウンドが多くのプレイヤーを魅了し続け、入荷しない間も多数のお問い合わせをいただいておりました。

一見シンプルに見えるこの外観も実はとても手間をかけて作られていて、実際に手にとってみると、本当に美しいエフェクターだと実感します。

ただいま即納可能

 

毎回お得なクーポン付!メルマガ登録はこちらから!