ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2015-11-14

ギタリストが求めるトーンを創りだす!待望のMad Professor Golden Cello入荷!即納可能です!

これまで何度もお問い合わせをいただいていた、あのペダルが遂に!

海外でのみ展開されていたMad Professor Golden Celloが待望の入荷となりました!

Mad Professor Golden Celloは、通常は複数の機材を組み合わせて作られるトーンをまとめたユニークなペダルです。

どれほど極上のオーバードライブペダルであっても、それだけで音を作ろうとしても足りないことがあります。そして、そこにギタリストが求めるもの、それが空間的な広がりです。

Golden Celloは美しく歌い上げるオーバードライブトーンに、ハイクオリティでテープエコーライクなディレイエフェクトを組み合わせました。もちろんオーバードライブとディレイエフェクトは完全にチューニングされ、主役のオーバードライブを空間的に広げるためのディレイエフェクトというバランスで設定されています。

このペダル1つで、ゲインレンジが広くハイレスポンスで扱いやすい、Mad Professorらしいオーバードライブトーンと、そのサウンドに立体感を与えるためだけに作られた贅沢なディレイエフェクトが手に入ります。

オーバードライブを引き立てるためだけに新たなディレイペダルを導入する必要もありませんし、そのセッティングにかける時間も必要ありません。

Golden Celloをクリーンアンプにプラグインすれば、そこには極彩色に溢れたリードトーンが広がります。ペダルボードにはコンパクトペダル1台分のスペースがあれば十分です。

ディレイエフェクトは完全にカットすることも可能で、ディレイタイムやフィードバックは内部トリムポットでコントロールできます。

●コントロール

Volume:オーバードライブ、ディレイを含めた全体のアウトプットレベルを調整します。

Tone:トレブルを中心に音色をコントロールします。音をソフトにしたりシャープにすることができます。

Distortion:歪みの強さとサステインの長さをコントロールします。軽いクランチからハードな飽和感を持つオーバードライブまで、広いゲインレンジを設定できます。

Delay:オーバードライブにかかるディレイエフェクトのレベルをコントロールします。

・ペダル内部にはrepeat、length、volumeトリムポットがあります。これらはディレイエフェクトのフィードバック、ディレイタイム、ディレイレベルを微調整します。

Electrical Specifications:

Current draw @9VD:V 43mA

Input impedance: 70K Ohms

Output impedance: 50K 0hms

Supply voltage: 9-12VDC

Complete true bypass and input of circuit grounded in bypass

Golden CelloはDC9〜12V、センターマイナス2.1mmプラグのアダプター、または9V電池で駆動します。

内部トリムポットの操作は精密ドライバーを使用し、慎重に行って下さい。

D

ただいま即納可能!