ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2011-08-11

One Control Hook & Loop再入荷!

One Control Hook & Loop

エフェクターボードを快適に使い、そして綺麗にまとめるためには、きっちりとペダルを固定する必要があります。

移動中にバラバラになってしまったり、スイッチを踏んだ瞬間にペダルが動いてしまっては、とても使いにくいペダルボードになってしまいます。

One Controlではペダルをしっかりと固定するためのマジックテープを多数ご用意しております。

その中でも目玉の、ペダルボード側の粘着力を高めるマジックテープ、Hook & LoopのLoopモデルが再入荷しました!

この写真は、Guitar Magazine 7月号に掲載された、9mm Parabellum Bulletの菅原さんが使用するエフェクターボードです。

踏みやすく手前に設置されたエフェクターの下に見える、黒地にブルーのOne Controlロゴは、Hook & Loopと名付けられたエフェクター専用マジックテープです。

マジックテープは、エフェクターを固定するためのものです。

エフェクターがボードに固定されていなければ、スイッチを踏んだときに動いてしまったり、最悪の場合はプラグが抜けたりしてしまうことがあります。

One ControlのHook & Loopは、エフェクターをボードに固定するためだけに開発されてたマジックテープです。

ペダル側に貼るHOOKとボード側に貼るLOOP、必要に応じて別々に、お好みの長さだけご注文いただけます

エフェクターの為に設計されているため、幅も一般的なエフェクターに合わせて作られています。

また、この幅は

このように使うこともできます。

全て、エフェクターを使うプレイヤーにとって使いやすく、そしてがっちりとペダルをホールドできるよう作られています。

足下をしっかりと固定して、快適なステージパフォーマンスを実現しましょう!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-01-20

Test Run販売、開催中!

  • Test Run販売とは

通常、弊社がエフェクターを正規輸入品として販売させていただく場合、海外のメーカーや全国の販売店と連携して販売をいたします。この場合、弊社直営店であるナインボルトも、全国の販売店の1つとなり、全国で同時に発売されます。

Test Run販売は、エフェクターが正規取扱となる前に、ナインボルトでのみ数量限定や期間限定で販売させていただくものです。この際、全国への流通コストがかかりませんので、正規取扱となった後よりもお安く販売させていただくことができます。

世界中には、たくさんのエフェクターブランドがあります。そして、その中には確かな実力を持ちながらも日本全国に流通させるにはどうしても時間がかかってしまうブランドがたくさんあります。

そういったエフェクターブランドを見つけ出し、そしてより早く、興味を持ったお客様に触れていただきたい。そういった思いから、Test Run販売という形を始めました。

と、いうことで開催中のTest Run販売。ただいまPedal TankOne Control Hook & Loopの各モデルが、期間限定特価にて販売中です。

One Control Hook & Loop

驚異的な大反響をいただいております、One Controlのオリジナルマジックテープ、Hook & Loopは、エフェクターをボードに固定し、そしてプレイヤーがストレス無く使用できる。それだけを考えて開発されたマジックテープです。

例えば、これまでボードに付けられているフェルトにそのまま固定していたとしたら、ボード側にLoop(メス)を貼り付けるだけで、より強く固定することができますし、もちろんエフェクターに貼り付けるHook(オス)側にもハイグレードなものを使用していますので、両方をあわせてお使いいただければがっちりとペダルを設置することができます。

また、切り売りのマジックテープだけでなくペダルの4隅に貼り付けるためのマジックテープも角型丸型の2種類をラインナップしています。そして、持ち運びだけでなく、ステージ上でも余ったケーブルが絡まったりするトラブルを防止できるCable Tie

エフェクターを使用するプレイヤーの方が、気持ちよくプレイしていただけるよう、今後もOne Controlは協力をさせていただきたいと思います。

Hook & LoopのTest Run販売は今月まで!是非お早めに!

Pedal Tank

Test Run販売の第一弾取扱ブランド、Pedal Tankも期間限定特価を継続中です。こちらは2月15日までと決定いたしました。

全モデル、実際に音を出し、こちらでも何度かレビューを書かせていただきましたが、どのモデルも予想以上のクオリティを実現しております。

どれも使いやすく、正統派の音色を実現しており、「物足りない」と感じることはありませんでした。

それどころか、各モデルそれぞれ、驚かされるような機能が搭載されております。

各モデル、在庫ございます。(人気のBblue Overdriveはオフィシャルショップにて即納可能です!)

是非、ご利用下さい!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ

2011-01-17

「エフェクターに貼るための」マジックテープ!

発売から間もないですが、大変な人気となっています、One Controlのオリジナルマジックテープ

Hook & Loop」。その中に、丸型角型というマジックテープがあります。

Hook & Loopはすべて、エフェクターをボードに固定するために作られていますが、中でもこの2つは、完全にエフェクターのためだけに設計されたマジックテープなのです。使い方は…

こんな感じ。タテヨコ20mmの角型と、直径22mmの丸型、どちらもエフェクター4台分(オス・メス各16枚ずつ)で1セットです。

大きく太いマジックテープよりも、ペダルの4隅につけるだけのこのタイプなら、最低限でしっかりと本体を安定させることができます。しかし、エフェクター側に貼り付ける「オス」はともかく、なぜ同じ形のメスタイプが必要なのでしょうか。

ボード側には通常、メス(Loop)タイプのマジックテープ(もしくはフェルト)が使われていて、そこにオス側(Hook)を引っかけて取り付けることで、ペダルを接着させます。

では、このメス型は…勘の良い方は気付かれたかもしれませんが、これを使うことで、一度ペダルを取り外しても、また「同じ場所」にペダルを設置することができる、というわけです。

珍しい形をしている、とはいえ、これらはマジックテープです。どんな風に使うかはあなた次第!

ただいま、楽天ナインボルトおよびオフィシャルショップでは、コンパクトエフェクター1台につき、角型のHook & Loop、エフェクター1台分のマジックテープが付属します!

(楽天は21日23:59まで、オフィシャルショップでは19日10:59までです)

是非このHook & Loopで、これまでに無い、新しいマジックテープの使用感を体感してください!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ