ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2012-05-01

ハンドワイアードのLittle Green Wonder、即納可能!

Mad Professorのオーバードライブの中で、最も幅広い対応力があり、様々なジャンルでご使用いただける驚異のモデル、Little Green Wonderが再入荷しました!

LGWは、クランチからフルドライブまで、1台で作り出すことの出来るペダルです。そのサウンドは太く、力強い音色で、BJFらしいBODYコントロールによってサウンドを微調整できる、とても使いやすいモデルとなっています。

D

スタックアンプの奏でる、張りの強さと繊細さが同居する、美しいギターサウンド。

そのサウンドを小さなアンプでも作ることができるのはもちろん、マーシャル等のフルスタックアンプと接続すればさらにその特性を活かしたギターサウンドを実現します。

D


LGWの幅広い対応力は、数々のサンプルサウンドが示しています。

Download

Download

Download

Download

Download

Download

Download

Download

Download

Mad Professor Little Green Wonderは、今なら即納可能です!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-04-23

まさに定番のオーバードライブ!Little Green Wonder再入荷!

Mad Professorにラインナップされている3種類のオーバードライブは、どれも違った顔を持っています。

一番人気のモデルは、先日ご紹介させていただいたSHODなのですが、非常に早いピッキングレスポンス、低めのゲインということで、アンプを生かした甘いドライブサウンドが特徴のモデルです。

対して、こちらのLGWはスタックアンプの迫力を凝縮したようなドライブサウンドを作り出すモデルとなっていて、塊感があり、ザクザクとした刻みから伸びやかなリードトーンまで、幅広く対応できるオーバードライブです。

いわゆる、オーバードライブというジャンルの真ん中に位置する、定番かつ至高のサウンドを得ることが出来るペダルなのです。

D

D

ブルージーなトーンからロック全開のサウンドまで、まさに1台でこなせるドライブペダルです。

リードからバッキングまで、ブルース、HR/HM、プログレ、フュージョンからメロコア、パンク等、ジャンルを問わずギターのおいしいところを絞り出すことができます!

LGWの底力、一度体験してみてはいかがでしょうか。

もちろん今なら即納可能です!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-01-11

BJFの考える「定番」

定番と呼ばれる数々の名機。世界中のプレイヤーに気に入られ、その足下で活躍するエフェクターは、まさに名機と呼ぶにふさわしいモデルです。

一方、別の見方をすると、万人向けに作られたそれらのペダルは、より深く音を追求するプレイヤーにとっては物足りないと感じることがあるのも確かです。そのため、無数のエフェクターブランドがそれぞれの求める音色に近づけるべく、「名機」を元にアレンジを重ね、独自のアイディアを盛り込んだ製品を作り出しています。

BJFは、世界中のコアなエフェクター好きから多くの支持を集める、希有のエフェクトビルダーです。

そんなビルダーが、定番をアレンジするとどうなるでしょうか。

そこからはアレンジやモディファイ等といった言葉では言い表せない、完全な「別物」が生み出されました。

D

Little Green Wonderは、数多くのオーバードライブの礎となっている名機、Tube Screamerのスタイルを継承したペダルです。

Tube Screamerといえば、ミッドレンジが強調された、スムーズで伸びやかな音色が特徴のオーバードライブで、それ単体ではあまり歪みは強くなく、チューブアンプをブーストするペダルとして高い人気を維持しつづけています。

一方、ギターサウンドの周波数特性を大きく変えてしまい、また歪みが弱いため、そこに物足りなさを感じるプレイヤーも多数おられます。そのため、Tube Screamerを元に、周波数特性を見直し、歪みを強く変更されたペダル…TS系と呼ばれるオーバードライブが、今ではもう一つの定番として存在しています。

では、LGWはどうでしょうか。いわゆるTS系ペダル同様、たしかにTube Screamerよりもギターサウンドに影響を与えず、それでいてゲインも高く設定されています。しかし、LGWの音を聞いて、すぐにTS系だと言い当てるのは難しいでしょう。

LGWのサウンドは、迫力があり、張りのあるローエンドと、どこまでも抜けてゆくようなミッドレンジ、伸びやかなハイミッドを実現しています。よく聞く「謳い文句」のような文章になってしまいましたが…何が言いたいかというと、「フルスタックチューブアンプ」を大音量で鳴らしたような音が出ます。

ザクザクと刻むバッキングから、強力なソロまで、チューブアンプのブーストにも使えるクランチサウンドから、トランジスタアンプを化けさせるフルドライブサウンドまで、LGWはその迫力と存在感のあるサウンドを常に保ちながら、様々な使い方に対応することができます。

プレミアムクオリティのハンドワイアードモデル、音の特性を保ったままリーズナブルになったNewシリーズ共に在庫有り、即納可能です。

BJFの考える「定番ペダル」。虜になるプレイヤー続出です。

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ

2010-07-05

MAD PROFESSOR New Little Green Wonder vs Little Green Wonder

MAD PROFESSORからLittle Green Wonderが入荷しましたので、改めてNew Little Green Wonderと比較してみました!

ずっしりとした重さのあるオリジナルモデルと、一般的なエフェクターと同等の重さの新モデル。基板やジャックなどの違いはありますが、回路は全く同じで、基板上のコンポーネント等へのこだわりの高さに変わりはありません。

おそらく誰もが興味を持っている、「音の違い」について述べたいと思います。

並べて弾き比べてみたところ、ローミッドの出方に違いがあるようです。オリジナルモデルは、ローミッドが強く張り出し、メリハリのある立体的なサウンドを奏でます。他のオーバードライブでは聞くことのできない、特徴的なサウンドです。

新モデルももちろん同じ傾向で、独特で気持ちのいい音色を作り出しますが、若干全体的にマイルドさが増し、音全体がやわらかくなったような印象を持ちます。間違いなく「LGWの音」ですが「オリジナルモデルの音」とは若干の違いがあります。といっても、「抜けが悪い」とか「音がこもる」ような違いではありません。

もう一つのLGW完成系のサウンドです。

どちらの方が良いとは言えませんね。お好みに合わせて選んでいただきたいです。メリハリがあり、弦振動があらわになるような音色がお好みならオリジナルモデル、よりスムーズでやわらかなオーバードライブがお好みなら新モデルがおすすめです。

今ならどちらも即納可能です!

2008-06-29

人気エンジニア兼プロギタリスト、岩谷啓士郎さんがMAD PROFESSORを使用中です。

プロギタリストとしての活動もさることながら

エンジニアとしても名高い岩谷啓士郎さんがMAD PROFESSOR LITTLE GREEN WONDER

を使用中です!

LOVES公式サイト

便宜上、ここでは一番有名なバンドを載せておきますが、

現在7つのバンドで活動中、さらにはレコーディングエンジニアとして

まさに引っ張りだこの人気ミュージシャンです。

こういった実力あるミュージシャンに認められるのはやはり

非常にうれしいですね!

まだ置いているお店も少なく手に入りにくい状態が続いてはいますが

徐々に解消されると思います。

ぜひよろしくお願いいたします。

18Vアダプター、専用輸送箱がついてます。

サンプルサウンド

2008-04-18

MAD PROFESSOR恐るべきポテンシャル!

あまりに嬉しいんで2日続けてのMP特集です。

このマッドプロフェッサー、技巧派ギタリスト御用達

といっても過言ではないすごいブランドなんです。

ちょっと私の意見なのですが

最近ではブティックと呼ばれるペダルもだんだん増えてきましたが

その中には、ただマイナーなだけ、というようなペダルなんかも入っていて

混沌としているのも事実なのですが、

このMPはその中でダントツの実績、知名度を

誇り、本当の大物なのです。

どうこう言っても音を聞かないことにはわかりませんよね。

とりあえず、一個だけペダルを紹介します。

LITTLE GREEN WONDER

1

2

3

4

5

6

7

8

9

TSスタイルなのですが、BJFがクリエイトする音は違います。

あえて言えばコンプレッション感の少ないきわめてクリーンな

生々しい音が印象的でしょうか?私の少ない語彙であれこれ言っても

皆さんの創造意欲の邪魔になりますのでこの辺にしておきますね。

これほど自身に満ち溢れているブランドってそうそうないと思います。

はっきり言って値段も一般的なものより高いです。

ただ、この音を聞けばすべて納得できるのではないでしょうか?

すごいのはこのブランド、これだけではないんです。。

ディストーションはもっとすごいです。ちょっと書ききれません、

また今度細かく書きますね!