ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2012-04-04

Mastery Bridgeの考える画期的なテレキャスター用ブリッジが入荷!

ジャズマスターやムスタング等での弦落ちを防ぎ、またさらに音を良くする画期的なブリッジを考案したMastary Bridgeから、さらなる新作ブリッジが入荷しました!

数多くのご要望に応えて発売された新型ブリッジ、M3は、通常のテレキャスター用に作られたブリッジです。

サドル(駒)は他のMastary Bridge同様、3本の弦をまとめて支える特殊で画期的なものを採用。特許取得済みです。

4つの調整ネジによって、オクターブチューニングも完璧に調整可能です。もちろん弦落ちもなく、常に安定したプレイを実現します。

ブラス削りだしによるこのサドルと、一切の妥協無く仕上げられたベースプレートを使用することで、音響特性も抜群。弦振動を余すことなくボディに伝達し、ギターの持つ本来のポテンシャルを引き出します。

全てのパーツは最高級品質の非腐食性素材を使用しているので、ハードに使っても長年ご使用いただけます。

Fender Telecasterが開発された当初、ブリッジといえば直線的に固定されたものしか存在しませんでした。

それは、アコースティックギターならではの音響特性とアンビエンス効果によって、オクターブチューニングの精度を求める必要がなかったからです。

ところが、弦振動を電気信号に変えてアンプで増幅するエレキギターだと、オクターブチューニングの細かなずれによる音の違いが顕著になってしまいました。

そこで考案されたのが、テレキャスターに用いられている3駒のブリッジサドルです。

現在では、ご存知の通りストラトキャスターの6駒ブリッジやTune-O-Maticのように、各弦ごとに個別のオクターブチューニングが求められるほど、精度に対する感覚が鋭くなっています。

Mastary Bridge M3は、その新機構によって6駒形のブリッジと同様の精度でオクターブチューニングを実現していますが、それだけにとどまらず、クラシカルなテレキャスターらしい外観を保つというもう一つの課題もクリア。

その上素材とパーツ自体の精度の高さから、ギターのポテンシャルを最大限に発揮させるためのパーツとしても完成しています。

まさに夢のようなテレキャスターブリッジ。

今なら即納可能です!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから